カーロス・バヘット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カーロス・バヘット
基本情報
本名 カルロス・バヘト
(Carlos Barreto)
通称 カルラオン (Carlão)
クモ男
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1968-07-22) 1968年7月22日(49歳)
出身地 リオデジャネイロ州
所属 カーウソン・グレイシー柔術
ブラジリアン・トップチーム
ブラック・ハウス
身長 194cm
体重 114kg
階級 ヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

カーロス・バヘットCarlos Barreto1968年7月22日 - )は、ブラジル男性総合格闘家リオデジャネイロ州出身。ブラック・ハウス主宰。ブラジリアン柔術二段。元IVCヘビー級王者。

長身と長い手足を利用した寝技を得意としており、ニックネームは「クモ男」。

来歴[編集]

1997年10月17日、UFC 15のヘビー級トーナメントに出場。1回戦でデイブ・ベネトゥーと対戦し、判定負け。

1999年1月20日、IVCヘビー級王座決定戦でブランドン・リー・ヒンクルと対戦し、フロントチョークで一本勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

1999年2月、アブダビコンバットに出場。1回戦でリコ・ロドリゲスと対戦し、ポイント差により敗退。

1999年7月4日、PRIDE初参戦となったPRIDE.6イゴール・ボブチャンチンと対戦し、1-2の判定負け。

2000年12月22日、リングスKING of KINGSトーナメント1回戦でクリストファー・ヘイズマンと対戦し、判定負け。

2001年11月17日、HOOKnSHOOTスーパーヘビー級(-120kg)王座決定戦でイアン・フリーマンと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[2]

2002年7月7日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002ヴォルク・アターエフとリングスKOKルールで対戦予定であったが欠場となった[3]

2005年5月21日、Jungle Fightウラジミール・マティシェンコと対戦し、膝の負傷によりTKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 4 9 1 0 0 0
9 2 0 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ウラジミール・マティシェンコ 1R 0:26 TKO(膝の負傷) Jungle Fight 4 2005年5月21日
× マルトゥン・マルホージャン 5分2R終了 判定0-3 M-1 MFC: Heavyweight GP
【ヘビー級グランプリ 1回戦】
2004年12月4日
× エメリヤーエンコ・アレキサンダー 5分3R終了 判定0-3 M-1 MFC: Middleweight GP 2004年10月9日
ボビー・ホフマン 2R ギブアップ(パンチ連打) Jungle Fight 2 2004年5月15日
× トラビス・ビュー 5分3R終了 判定0-3 Heat FC 2: Evolution 2003年12月18日
ベン・ロズウェル 1R KO(ハイキック) Heat FC 1: Genesis 2003年7月31日
マルセロ・ソウザ 1R 7:08 TKO(ドクターストップ) Meca World Vale Tudo 6
【Mecaヘビー級王座決定戦】
2002年1月31日
× イアン・フリーマン 5分3R終了 判定0-3 HOOKnSHOOT: Kings 1
【HnSスーパーヘビー級王座決定戦】
2001年11月17日
× ギルバート・アイブル 1R 2:20 KO(跳び膝蹴り) 2H2H 2: Simply the Best 2001年3月18日
× クリストファー・ヘイズマン 5分2R終了 判定0-3 リングス KING of KINGS Bブロック
【1回戦】
2000年12月22日
トレイ・テリグマン 10分2R終了 判定 PRIDE.9 2000年6月4日
ゲーリー・マイヤーズ 1R 8:13 ギブアップ(脚の負傷) IVC 12: The New Generation of Middleweights
【IVCヘビー級タイトルマッチ】
1999年8月26日
× イゴール・ボブチャンチン 10分2R+延長5分終了 判定1-2 PRIDE.6 1999年7月4日
ペドロ・オタービオ 1R 6:19 ギブアップ(パンチ連打) IVC 10: World Class Champions
【IVCヘビー級タイトルマッチ】
1999年4月27日
ブランドン・リー・ヒンクル 1R 4:32 フロントチョーク IVC 8: The Road Back to the Top
【IVCヘビー級王座決定戦】
1999年1月20日
× デイブ・ベネトゥー 15分1R終了 判定0-3 UFC 15: Collision Course
【ヘビー級トーナメント 1回戦】
1997年10月17日
ポール・ヴァレランス 1R 2:33 TKO(マウントパンチ) Brazil Open '97 1997年6月15日
ケビン・ランデルマン 1R 22:24 三角絞め Universal Vale Tudo Fighting 6
【決勝】
1997年3月3日
ダン・ボビッシュ 1R 7:47 三角絞め Universal Vale Tudo Fighting 6
【準決勝】
1997年3月3日
ゲーザ・カクルマン 1R 3:02 フロントチョーク Universal Vale Tudo Fighting 6
【1回戦】
1997年3月3日
アレクサンドル・ラフルスキー 1R 1:00 TKO(タオル投入) Martial Arts Reality Superfighting 1996年11月22日
ジョン・ディクソン 1R 1:38 ギブアップ(マウントパンチ) Universal Vale Tudo Fighting 2 1996年6月24日
イリューヒン・ミーシャ 2R 3:15 チョークスリーパー Universal Vale Tudo Fighting 1 1996年4月5日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ショーン・アルバレス 10分終了 ポイント(-1)-0 ADCC 2000
【無差別級 1回戦】
2000年3月3日
× リコ・ロドリゲス 10分終了 ポイント0-1 ADCC 2000
【99kg以上級 1回戦】
2000年3月1日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ルイス・ドス・サントス 判定 K-1 WORLD GP 2003 世界地区予選 ブラジル大会
【1回戦】
2003年2月23日

獲得タイトル[編集]

  • UVF 6 優勝(1997年)
  • 初代IVCヘビー級王座(1999年)
  • Mecaヘビー級王座(2002年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]