ヴォルク・アターエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴォルク・アターエフ
基本情報
本名 ヴァジキット・アターエフ
(Bazigit Atajev)
通称 戦慄のロシアンウルフ
破壊神
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1979-12-03) 1979年12月3日(38歳)
出身地 ダゲスタン共和国
所属 リングス・ロシア
ロシアン・トップチーム
身長 185cm
体重 100kg
階級 ヘビー級
バックボーン 散打コマンドサンボ
テンプレートを表示

ヴォルク・アターエフVolk Atajev1979年12月3日 - )は、ロシア男性総合格闘家ダゲスタン共和国出身。ロシアン・トップチーム所属。

ヴォルク・ハンの弟子であり、ヴォルクの意)の異名を受け継いだ。

リングの上での恐ろしさとは裏腹に、普段は物静かでおとなしい。その性格故か、または強すぎる故か、一般的なパウンドありの総合格闘技ルールには否定的である。

来歴[編集]

幼少の頃から全寮制の国立格闘技学校で散打を学んだ格闘エリート。

リングス・ロシアに所属し、リングスで活躍。強力な打撃は「相手の頭蓋骨を砕いた」「足を骨折させた」等の逸話を残すほどであり、「破壊神」との異名を持つ。2001年には散打世界選手権を全試合KOで優勝。

2001年6月15日、リングスで初来日。メイナード・マルコムと対戦し、左フックで失神KO勝ち。

2001年12月21日、リングスで高阪剛と対戦し、判定勝ち。

2002年7月7日、シュートボクシングS-cup 2002」において、リングスKOKルールでクリス・ブランコと対戦。ネックロックで一本勝ち。

2002年12月23日、PRIDE初参戦となったPRIDE.24アリスター・オーフレイムと対戦し、左膝蹴りでKO負け。

2003年11月14日、リトアニア・ブシドーにて、ミンダウガス・クリカウスカスと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2005年8月20日に、ニコライ・ズーエフ主催のリングス・エカテリンブルク興行において、ジェファーソン・"タンク"・シウバと対戦し、パウンドによりKO勝利。

2007年4月8日のPRIDE.34にてギルバート・アイブルと対戦予定であったが、内臓疾患により欠場した[1]

2008年7月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIK-1デビュー。スーパーファイトでレミー・ボンヤスキーと対戦するも、3RKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
17 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 9 6 1 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ヴァルダス・ポセビュチス 1R 2:02 KO(パンチ連打) HERO'S Lithuania 2006年11月11日
ジェファーソン・"タンク"・シウバ 1R TKO(パウンド) Rings Russia: CIS vs. The World 2005年8月20日
ミンダウガス・クリカウスカス 1R 腕ひしぎ十字固め Shooto Lithuania: King of Bushido Stage 1 2003年11月14日
× アリスター・オーフレイム 2R 4:59 KO(ボディへの膝蹴り) PRIDE.24 2002年12月23日
アルボーシャス・タイガー 2R 2:58 フロントチョーク Bushido Rings 5: Shock 2002年11月9日
クリス・ブランコ 1R 2:31 ネックロック SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002 2002年7月7日
高阪剛 5分3R終了 判定2-0 リングス WORLD TITLE SERIES 2001年12月21日
アーロン・ブリンク 1R 1:09 KO(後ろ回し蹴り) リングス WORLD TITLE SERIES 〜旗揚げ10周年記念特別興行〜 2001年8月11日
メイナード・マルコム 1R 1:08 KO(左フック) リングス WORLD TITLE SERIES 2001年6月15日
ローマン・ゼンツォフ 1R 0:10 KO(ハイキック) BARS: Moscow vs. St. Petersburg 2001年5月30日
Rolandas Digrys 1R 腕ひしぎ十字固め Rings Lithuania: Bushido Rings 2 2001年5月8日
ディミタール・ドイチノフ 1R 4:12 TKO Rings Russia: Russia vs. Bulgaria 2001年4月6日
イスラム・ダダロフ 1R 0:48 ギブアップ(パンチ連打) IAFC: Pankration Russian Championship 2001 2001年2月8日
Vitali Shkraba 1R 2:45 TKO(タオル投入) IAFC: Pankration Russian Championship 2001 2001年2月8日
Yuri Zhernikov 1R 2:26 ギブアップ(パンチ連打) IAFC: Pankration Russian Championship 2001 2001年2月8日
チーホン・グラードコフ 1R 1:40 TKO(パンチ連打) IAFC: Pankration Russian Championship 2001 2001年2月8日
アルナス・ジュスカヴィチュス 1R KO(パンチ連打) Rings Lithuania: Bushido Rings 1 2000年10月24日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
1 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0
1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× レミー・ボンヤスキー 3R 0:33 KO(右跳び膝蹴り) K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEI
【スーパーファイト】
2008年7月13日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]