ブラジリアン・トップチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラジリアン・トップチームBrazilian Top Team)は、ブラジルリオデジャネイロ市に所在する総合格闘技のチーム。略称はBTT2000年カーウソン・グレイシー柔術アカデミーから独立した選手たち(マリオ・スペーヒームリーロ・ブスタマンチヒカルド・リボーリオベベオ・ドゥアルチなど)で結成された。

リオデジャネイロ市のラゴア区、ブラジル銀行アスレチック・クラブ(AABB)内にトレーニングセンターを構える。

概要[編集]

総合格闘技だけでなく、ブラジリアン柔術グラップリングムエタイといった様々なクラスが存在し、打撃専門の選手も在籍している。

在籍するプロ選手はファイトマネーの10%をマネージメント料・施設使用料としてチームに納付するルールがあるが、このルールが元でトラブルになり、一時多くの選手が離脱する騒ぎとなった。また、2007年以降の総合格闘技界の再編に伴い、チームの主力選手が相次いで脱退する事態となった[1][2]

ブラジルにおいて比較的富裕層に生まれ育った選手が多く集うためか、貧困層の選手が多いシュートボクセ・アカデミーとは仲が悪く、いろんな面で張り合う事も多い。

主な所属選手[編集]

ブラジリアン・トップチーム[編集]

ブラジリアン・トップチーム・フランス[編集]

ブラジリアン・トップチーム・スウェーデン[編集]

BTTカナダ[編集]

かつての所属選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エースであったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに関してはファイトマネーの40%を納付する決まりとされ、ノゲイラはマネージメントは自ら行うとしてマネージメント料を除いた施設利用料20%への減額を主張するも折り合いが付かず、チームを脱退した。(Number 681、2007年7月5日号)
  2. ^ 一方で後日このノゲイラに関する情報は誤報であり、実際は40%よりはるかに低い数字であるという記事も出ている。(kamiproHand)