イアン・フリーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアン・フリーマン
IanFreeman.png
基本情報
本名 イアン・ウィリアム・フリーマン
(Ian William Freeman)
通称 ザ・マシーン (The Machine)
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 1966年10月11日(48歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
サンダーランド
所属 トータル・マーシャル・アーツ・アカデミー
→マシーンMMA
身長 180cm
体重 93kg
階級 ヘビー級
ライトヘビー級
スタイル ボクシング
テーマ曲 The Machine
(オリジナル)[1]
テンプレートを表示

イアン・フリーマンIan Freeman、男性、1966年10月11日 - )は、イギリス総合格闘家イングランドサンダーランド出身。マシーンMMA所属。元Cage Rage世界ヘビー級王者、元Cage Rage英国ライトヘビー級王者。

イギリス人で初めてUFCレギュラーを勝ち取った英国MMA界のパイオニアであり、40歳を超えてなお試合に出場し続けている。

来歴[編集]

2000年7月23日、パンクラスに初参戦。ボブ・スタインズと対戦し、パンチでKO勝ち。

2001年2月4日、パンクラスで渋谷修身と対戦し、1RTKO負け。

2001年11月17日、HOOKnSHOOTスーパーヘビー級王座決定戦でカーロス・バヘットと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した[2]

2002年7月13日、地元イギリス初開催となったUFC 38のセミファイナルでフランク・ミアと対戦し、足関節狙いのミアにパウンドを浴びせてTKO勝ち。試合前日に死去した父に捧げる勝利となった[3]

2002年11月22日、UFC 40アンドレイ・アルロフスキーにTKO負け。

2004年11月27日、Cage Rage 9でライアン・ロビンソンに勝利し第2代世界ヘビー級王者となるも、ライトヘビー級への転向のため王座を即日返上。

2006年7月1日、Cage Rage 17でメルヴィン・マヌーフと世界ライトヘビー級タイトルマッチで対戦し、フックでKO負け。

2006年9月30日、Cage Rage 18でマーク・エプスタインと英国ライトヘビー級タイトルマッチで対戦し、判定勝ち。第2代英国ライトヘビー級王者となる。その後、現在は英国ライトヘビー級王座を失っている(返上・剥奪のいずれの理由であるかは不明)。

2008年5月10日、Cage Rage 26で1年7か月ぶりに復帰。英国ライトヘビー級タイトルマッチでポール・カフーンと対戦し、判定勝ち。第4代英国ライトヘビー級王者となった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 8 7 4 0 1 0
7 4 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ポール・カフーン 5分3R終了 判定3-0 Cage Rage 26: Extreme
【Cage Rage英国ライトヘビー級タイトルマッチ】
2008年5月10日
マーク・エプスタイン 5分3R終了 判定3-0 Cage Rage 18: Battleground
【Cage Rage英国ライトヘビー級タイトルマッチ】
2006年9月30日
× メルヴィン・マヌーフ 1R 0:17 KO(パンチ連打) Cage Rage 17: Ultimate Challenge
【Cage Rage世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2006年7月1日
ウィル・エルワーシー 1R TKO(パンチ連打) House of Pain: Fight Night 1 2004年12月12日
ライアン・ロビンソン 1R 2:44 TKO(パンチ連打) Cage Rage 9: No Mercy
【Cage Rage世界ヘビー級タイトルマッチ】
2004年11月27日
キース・デース 2R 2:44 TKO(パンチ連打) Cage Warriors 5 2003年11月2日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 5分3R終了 判定1-1 UFC 43: Meltdown 2003年6月6日
ゲルハルト・エットル 1R 1:40 腕ひしぎ十字固め FFAA: Fight Night Championships 4 2003年2月22日
× アンドレイ・アルロフスキー 1R 1:25 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 40: Vendetta 2002年11月22日
フランク・ミア 1R 4:35 TKO(パウンド) UFC 38: Brawl at the Hall 2002年7月13日
カーロス・バヘット 5分3R終了 判定3-0 HOOKnSHOOT: Kings 1
【HOOKnSHOOTスーパーヘビー級王座決定戦】
2001年11月17日
スタニスラブ・ヌシック 1R 1:57 フロントチョーク FFAA: Fight Night Championship 3 2001年7月14日
× スタニスラブ・ヌシック 1R 0:20 KO(パンチ) M-1 MFC: Russia vs. the World 1 2001年4月27日
× ヴァレンタイン・オーフレイム 1R 1:42 TKO(ドクターストップ) 2 Hot 2 Handle: Simply The Best 2001年3月18日
× 渋谷修身 1R 3:51 TKO(肋骨の負傷) パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年2月4日
× ボブ・シュライバー 1R 1:28 TKO(ドクターストップ) IT'S SHOWTIME: Christmas Edition 2000年12月12日
テッド・ウィリアムス 5分3R終了 判定3-0 UFC 27: Ultimate Bad Boyz 2000年9月22日
ボブ・スタインズ 1R 2:38 KO(パンチ) パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年7月23日
ネイト・シュローダー 2R 2:13 ギブアップ(パウンド) UFC 26: Ultimate Field of Dreams 2000年6月9日
× スコット・アダムス 1R 3:09 ヒールホールド UFC 24: First Defense 2000年3月10日
トラビス・フルトン 2R終了時 TKO(試合放棄) MB 1: The Beginning 1999年12月5日
デイブ・ショートビー 1R 2:02 TKO(パンチ連打) Total Fight KRG 5 1999年10月3日
キース・デース 1R 0:46 フロントチョーク British Vale Tudo
【決勝】
1999年8月28日
マーク・ランボーン 1R 0:55 フロントチョーク British Vale Tudo
【1回戦】
1999年8月28日
カマル・ロック 1R 3:55 アンクルホールド British Grand Prix '99
【決勝】
1999年6月27日
スコッティ・スミス 1R 0:09 TKO(パンチ連打) British Grand Prix '99
【準決勝】
1999年6月27日
トニー・ベイリー 1R 1:32 フロントチョーク British Grand Prix '99
【1回戦】
1999年6月27日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「イアン・フリーマン」 『2004「総合&組技格闘技」選手名鑑』、日本スポーツ出版社、2003年11月
  2. ^ Ufc World Welterweight Championmatt Hughes Full Contact Fighter 2001年11月9日
  3. ^ フリーマン、試合前日に父を亡くす BoutReview 2003年7月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
マーク・エプスタイン
第2代Cage Rage世界ヘビー級王者

2004年11月27日 - 2004年11月27日

空位
次タイトル獲得者
アントニオ・シウバ
前王者
マーク・エプスタイン
第2代Cage Rage英国ライトヘビー級王者

2006年9月30日 - 不詳

空位
次タイトル獲得者
ポール・カフーン
前王者
ポール・カフーン
第4代Cage Rage英国ライトヘビー級王者

2008年5月10日 - 2008年10月20日

次王者
王座廃止