フロントチョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタンドでのフロント・チョーク。
グラウンドでのフロント・チョーク。

フロント・チョーク(Front Choke)は、格闘技における絞め技の一つである。別名「ギロチン・チョーク」、「フロント・スリーパーホールド」、「前方裸絞め」、「前方首絞め」、「前方首固め」。その他にも「フロント・ネックロック」、「フロント・フェイスロック」、「フロント・ヘッドロック」など様々な呼称が存在するが本項では同一の技として解説する。

概要[編集]

掛け方[編集]

掛け方は、正面から前屈みにした相手の頭部を抱え込んで、前腕部を頸部)に回し、もう片方の腕で相手の片腕の上腕部(肘付近)を抱え込む。

その状態で相手の頭部を抱えた腕を、腕を抱えている腕の前腕部を掴み、頸部に回した腕をやや上方へ向けながら、首(頚動脈気管)を絞めあげる(ただしプロレスにおいては、気管を圧迫する攻撃は反則なので、頚動脈のみを絞め上げるのが原則となっている)。

スタンド(立っている状態)、グラウンドポジションのいずれの体勢においても極める事が可能であり、絞め技(特にスタンド状態)が認められている格闘技ではポピュラーな技である。

グラウンド状態で掛ける場合、相手の胴へ自分の両足を回して挟み込む「胴締め」を織り込む事が多い。

これは、こうする事によって絞めやすくする事と、相手に逃げられにくくする効果を狙ったものである。

相手の着衣を掴む事が許されている格闘技の場合、左(右)手で右(左)上腕部肘付近の代わりに、相手の右(左)肩付近上衣を掴む事で更に脱出は困難になる。

柔道の木村政彦が得意としていた。

両手をクラッチして絞めあげるスタイルもあるが、体勢の固定が難しくなり逆に極め難くなるという意見がある。

特徴[編集]

ヘンゾ・グレイシー菊田早苗にこの技で勝利しているが、ヘンゾは左腕を相手の右脇下を差して(通して)両手をクラッチして絞めていた。

この体勢は日本では前述の両手をクラッチして絞めあげるスタイルよりも更に極め難い「使えない」形のフロント・チョークとされていたため、グレイシー柔術独自の“奥義”ではないかと日本格闘技界を驚かせた。

この技はPRIDE公式サイトでも、フロント・チョークではなく首固めと表記されていた[1]

その後、ヘンゾと同じブラジル出身のアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラがこの変則フロント・チョークで快進撃を見せ、ブラジルではポピュラーな技術であることが判った。

このスタイルは、ガードポジションに移行しても極め易く、重心のコントロールが容易になるため防御された際の反撃のリスクが軽減されるといわれている。

この技の欠点として、脱出を許した場合不利な体勢(一方的にテイクダウンされる、無防備な状態で正対するなど)に陥りがちな点や、防御され膠着した際の体力の消耗が大きい点などがしばしば挙げられている。

また、相手の顔が見えないので、相手の表情から状況を判断できない心理的な欠点もある[2]

技名称について[編集]

プロレスにおいて、相手の気管を圧迫する攻撃はチョーク攻撃と呼ばれ、反則となっている。そのため頚動脈を絞め上げる形でこの技を使用するが、「フロントチョーク」をいう名称だと、気管を絞め上げるイメージがあるため「フロントスリーパーホールド」などの名称を使用する場合が多い。

また、フロント・ネックロック、フロント・フェイスロック、フロント・ヘッドロックといった技名称も、いずれもフロント・チョークの別名として使用される。

しかし、これらは元来フロント・チョークに酷似した別の効果を与える技であった。

見た目が酷似しているため、結果としてフロント・チョークの別名として使用されるようになったと考えられる。

これらの名称で使用する例としては、プロレスラーの秋山準が首(頸動脈)を絞める技(フロント・チョーク)としてフロント・ネックロックの名称で使用している。

以下は元来の使用法について紹介する。なお、いずれも首を絞める絞技ではなく、関節技(締め技)に分類される技である。

フロント・ネックロック(フロント・ネックチャンスリー
フロント・チョークと同様の体勢から首を絞めるのではなく、相手の首を曲げることにより、頸椎へのダメージを狙う首関節技である。ネックロックの派生技。チョーク技が禁止されているキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの技術として発展。総合格闘技の試合などではフロント・チョークを仕掛けたが、結果的にフロント・ネックロックになるケースもある。なお、この技は別名「フロント・ネックチャンスリー」とも呼ぶが、フロント・チョークをフロント・ネックチャンスリーと呼ばない。
フロント・ヘッドロック
フロント・チョークと同様の体勢から頭部に片腕を回して抱え込み、頭蓋骨を締め上げてダメージを与える技。スタンディングや中腰できめる場合が多い。ヘッドロックの派生技。
フロント・フェイスロック
フロント・チョークと同様の体勢から頭部に片腕を回して抱え込み、前腕部を顔面に当て、顔面を締め上げてダメージを与える技。フロント・ヘッドロックと同一とする場合もある。上記同様スタンディングや中腰できめる場合が多い。フェイスロックの派生技。

派生技[編集]

ノース・サウス・チョーク
上四方固めから上下逆方向にフロント・チョークを極める場合、ノース・サウス・チョークとも呼ばれる。ポジションによって若干の差が生じるが、多くの場合完成した際の形は柔道後袈裟固崩袈裟固に似る。ジェフ・モンソンなどの抑え込みを得意とする選手が多用しており、アメリカ国内ではグラウンドの攻防において普遍的なテクニックである。
首極め腕卍固め
相手の両腕をクラッチした状態で極める変型フロント・チョーク。リングスなどで活躍したヴォルク・ハンが使用して日本における知名度が上昇した。
ワンハンド・チョーク
相手の上に乗って、前腕部を首に押し付けて体重をかける技。総合格闘技路線に転向して間もない時期の安田忠夫が、ジェロム・レ・バンナからギブアップ勝ちを奪った技として知られる。この技をギロチン・チョークと呼ぶことがあるが、厳密には誤用である。この技を何と呼ぶのか、格闘技マスコミでも統一されていない。技の構造が単純で防御されやすいこともあり、この技で試合が決するのは稀である。前腕チョークとも呼ばれる。
ネクタイ・チョーク
ネクタイ型チョーク。
ニンジャ・チョーク
ラバーガードの体勢から極める変型のフロント・チョーク。勝村周一朗が得意にしている。

主な使用者[編集]

その他[編集]

  • 柔道に首挫という名称があったが現在削除されている。
  • カール・ゴッチによれば「最も速やかに人を殺す事が出来る技」とされ、実戦的な極技の一つとしてフロント・チョークを伝授された弟子も多い。孫弟子にあたるハルク・ホーガンはプロレスを小馬鹿にした米テレビ司会者をこの手法で絞め落とし後頭部を床で打たせ流血させたこともある。

脚注[編集]

  1. ^ PRIDE.2試合結果 PRIDE公式サイト 2014年8月11日閲覧
  2. ^ 『極め方のコツがわかる!総合格闘技入門』147頁。

関連項目[編集]