冨宅飛駈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冨宅 飛駈
プロフィール
リングネーム 冨宅 飛駈
冨宅 祐輔
本名 冨宅 裕介
身長 180cm
体重 80kg
誕生日 (1969-01-30) 1969年1月30日(48歳)
出身地 大阪府堺市
所属 パンクラスMISSION
スポーツ歴 柔道
陸上
野球
トレーナー 藤原喜明
デビュー 1990年8月13日
テンプレートを表示

冨宅 飛駈(ふけ たかく、1969年1月30日 - )は、日本プロレスラー総合格闘家。本名:冨宅 裕介(ふけ ゆうすけ)。

来歴[編集]

少年時代は柔道を経験、1989年UWF新人テストを受けて合格。同期には垣原賢人長井満也がいる。

1990年8月13日、冨宅祐輔のリングネームで、横浜アリーナでの垣原賢人戦でデビュー。同年末〜翌年初頭の第2次UWF解散では船木誠勝に従い、プロフェッショナルレスリング藤原組へ参加。1991年7月にはムエタイのラフィ・ナ・パタヤと異種格闘技戦を行う。

1993年に船木らと共に藤原組から離脱、パンクラスを旗揚げ。元来がプロレスファンということもあり、1995年にはヨーロッパでプロレスも行っており、帰国後の12月に行われた船木誠勝戦では試合開始直後にロープに走り、ドロップキックを放ったこともある。1998年には鈴木みのるに勝利している。

旗揚げ当初は勝ち星を重ねてはいたが、徐々に選手層とレベルが上がるにつれて低迷した。2003年2月16日星野勇二戦を最後に総合格闘技の試合は行っていない。

現在はパンクラスMISSION所属の上で道頓堀プロレスを中心にエンターテインメントとしてのプロレスで活躍している。

戦績[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 星野勇二 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年2月16日
× 芹沢健一 2R 2:41 腕ひしぎ逆十字固め PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年8月25日
熊谷真尚 10分1R終了 ポイント0-0 TRIAL-空手の逆襲!- 2002年7月6日

得意技[編集]

足4の字固めアキレス腱固めの複合技。

タイトル歴[編集]

  • J2000王座
  • JWF認定タッグ王座
  • J2Kヘビー級王座

人物[編集]

  • 「冨宅飛駈は何者かと問われたら、冨宅飛駈としか言い様がない」と言われる程、独特の世界観を構築している。
  • 週刊プロレス選手名鑑のアンケートで毎年ボケをかましているが、そのほとんどが下ネタである。
  • 2004年8月16日、同期の垣原賢人とタッグ(もう1人のパートナーは成瀬昌由)を組み、新日本プロレスに参戦、相手組のロッキー・ロメロのミドルキックを顔面に喰らい、失神KO負けとなった。
  • 鈴木みのる20周年興行で解説を務めた金澤克彦が冨宅飛駈のデビュー時、彼の試合が第1試合だったため試合後にインタビューを取りに行ったところ、数十分間にわたって喋り続け、第2試合を見逃したと恨み節(?)を炸裂させていた。