折原昌夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
折原 昌夫
プロフィール
リングネーム 折原 昌夫
サスケ・ザ・グレート
本名 折原 昌夫
ニックネーム ミスタートンパチ
身長 175cm
体重 85kg
誕生日 (1969-06-16) 1969年6月16日(48歳)
出身地 群馬県邑楽郡
所属 MOBIUS
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ジャイアント馬場
天龍源一郎
デビュー 1990年2月22日
テンプレートを表示

折原 昌夫(おりはら まさお、1969年6月16日 - )は、日本プロレスラー。個人事務所「MOBIUS」所属。

経歴[編集]

初代タイガーマスクに憧れて関東学園大学附属高等学校ではレスリング部に所属。

1988年4月、東京三洋電機に入社して設計部に配属されて実業団レスリング部に所属。

1989年全日本プロレスに入門。入門後は天龍源一郎の付き人を務める。天龍からトンパチの異名を付けられる[1]

1990年2月22日、全日本プロレス浜松市体育館大会の対菊地毅戦でデビュー。7月、SWSに移籍。

1992年1月、メキシコに遠征。6月19日、SWSが解散。6月28日WARに入団。

1993年5月から6月、新日本プロレスで開催された「TOP OF THE SUPER Jr.」に出場。

1995年12月、試合で精彩を欠いたことを理由にWAR代表の武井正智から引退が発表されてWARを退団。

1996年東京プロレスに覆面レスラー「月光」として入団。その後、「月影」こと田村忍とタッグチーム「ヤング・デストロイヤーズ」を結成。7月、マスクを脱いで素顔になる。11月、FFFに移籍したが12月に旗揚げ前に解散。

1997年、自主興行「MOBIUS」の旗揚げ戦を開催。その後、小野武志とタッグチーム「トンパチ・マシンガンズ」の結成。

1998年みちのくプロレスに参戦して覆面レスラー「サスケ・ザ・グレート」として小野が扮する覆面レスラー「マスクド・タイガー」とタッグを組んでザ・グレート・サスケタイガーマスクを敵対していた。

1999年5月から6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。

2004年7月、みちのくプロレスのシリーズ参戦中に突然、耳鳴り、呼吸困難、全身硬直等の症状に襲われて職場放棄同然で失踪。後日、週刊誌に精神科でドメスティックバイオレンス症候群と診断されたことを告白。本当は格闘技が嫌いで小動物が好きな優しい性格なのに求められていた悪役像を維持するために全身にピアスの穴をあけて全身に刺青をいれるなどの反動が出たという。その後、小学生にレスリングを教えるなどのリハビリを行っていた。

2005年1月、EAGLEプロレスで復帰戦が行われた。

2010年11月28日DDTプロレスリング後楽園ホール大会で首を負傷して後縦靱帯骨化症と診断された。手術を希望したものの「手術に失敗すれば、プロレスラーどころか一般社会人として生活していくことも困難になる」として一時は病院をたらい回しにされる事態になった。

2011年3月、慶應義塾大学病院が手術に応じてに骨化部分の除去手術を受けた。7月21日リアルジャパンプロレス後楽園ホール大会で復帰戦が行われた[2]

2012年3月13日天龍プロジェクトの天龍が腰部脊柱管狭窄症の手術とリハビリのため、長期欠場に入ったことにより、天龍が復帰するまでの期間限定で天龍プロジェクトに入団。

2013年10月、天龍プロジェクトを退団。

2014年3月16日板橋グリーンホール百田光雄の個人事務所「リキエンタープライズ」との合同興行「MOBIUS with RIKI ENTERPRISE」を開催。

得意技[編集]

ムーンサルトプレス
オリドライバー
ジャンピングパイルドライバーと同型。
スパイダージャーマンスープレックス
ムーンサルトアバラッシュバスター
スパイダーネット
トンパチロック
コンソリクトコンソリクター
コンソリクトコンソリクターII

入場曲[編集]

  • 中継レポーター魂(FreeDomLife) - 2004年7月の失踪事件をモチーフにした曲

タイトル歴[編集]

エピソード[編集]

  • 爬虫類好きでショップを経営していた事もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「トンボにハチマキ」を語源とする相撲用語。トンボの頭は目ばかりだからハチマキをすると前が見えなくなることから転じて非常識、型破り、無鉄砲の意
  2. ^ 東京スポーツ 2011年6月26日付 5面
  3. ^ 爬虫類好きが昂じてヤモリをモチーフにした覆面レスラー「月光」となる。

外部リンク[編集]