新東京プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新東京プロレス(しんとうきょうプロレス)は、日本プロレス団体。設立時期により東京プロレス(とうきょうプロレス)、新東京プロレス石川一家(しんとうきょうプロレスいしかわいっか)に分かれる。また東京プロレスの流れを組んで発足する予定であったFFF(トリプルエフ、ファイティング・フォー・フューチャー、日本プロレスリング共同機構)についても、この項で記述する。

歴史[編集]

東京プロレス[編集]

WARに所属していた石川敬士(現:石川孝志)が団体の運営方針を巡り天龍源一郎らと対立。また「相撲軍団」を率いてWARに参戦していた団長の坂下博志(後に副社長)らと共に離脱して設立。1994年12月5日福井県三国町で旗揚げ戦を開催する予定であったが諸事情から中止となり12月7日、旗揚げ第2戦として開催する予定であった石川産業展示館で旗揚げ戦を行った。団体名は1度聞いたら忘れないという理由から首都である東京都とプロレスを合わせて東京プロレス(とうきょうプロレス)と命名(かつて存在した東京プロレスとは無関係)。

所属選手は石川の他にWARで相撲軍団のメンバーとしてリングに上がっていた(初代、移籍と同時にダンク・タニと改名、さらに後に大黒坊弁慶へ改名)、元NOW所属選手など8人を確保。さらにレスリング・ユニオンと中京格闘技連盟(CMA)の協力を仰ぎ陣容を整える。また旗揚げの記者会見に青柳政司が率いる誠心会館が乱入して抗争を展開する構図となった。

1995年5月5日に行われるFMW川崎球場での大仁田厚引退試合(電流爆破マッチ)の対戦相手に石川が名乗りをあげたり(実現せず)[注釈 1]、後述する公称・時価3億円相当のチャンピオンベルトを使用したTWA認定世界タッグ王座の創立と王座決定トーナメントの実施、石川がガッツ石松異種格闘技戦での対戦を呼びかける(実現せず)など注目を集める様になった。

1996年10月8日大阪府立体育会館高田延彦アブドーラ・ザ・ブッチャーという異次元対決が実現。さらに石川と安生洋二との「社長争奪マッチ」(安生が勝利し社長となる。ただし経営権が本当に委譲されたかどうかは不明)などが行われた。しかし大物選手の招聘を続出させた事などで人件費がかさみ順調に見えた運営も内情は苦戦が続く事になる。

「FFF」インディー統一構想と挫折[編集]

1996年11月1日、東京プロレスのオーナーからFFF(トリプルエフ、ファイティング・フォー・フューチャー、日本プロレスリング共同機構)(FFFプロレスリングとは無関係)の設立を発表。当時の東京プロレスのオーナーとI.W.A.JAPANを離脱した佐藤昭雄が組み乱立するインディー団体を統一する構想として機構を設立したものであった。この構想に呼応する形でI.W.A.JAPANなどを主戦場としていたターザン後藤が率いる「真FMW」、天龍源一郎との確執でWARを離脱した冬木弘道が率いる「冬木軍」などが参加を表明。折原昌夫田村忍のタッグチーム「ヤング・デストロイヤーズ」[注釈 2]を含む石川、ザ・グレート・カブキら東京プロレスに継続参戦していた安生が率いるユニット「ゴールデン・カップス」、一部のフリー選手を加えた陣容となっていた。

これに対して前述の通り石川らが離脱して東京プロレスが設立された経緯に加えて看板選手でもあった冬木軍を事実上引き抜かれたこともあり対立関係が悪化していたWARは、FFFに対抗する形でプロレス連合會(プロレスれんごうかい)を設立。これにはWARと同様に専務であった佐藤や看板選手であった後藤ら真FMWを失ったI.W.A.JAPAN、WARと提携していた武輝道場のほかに冴夢来プロジェクトレッスル夢ファクトリー大日本プロレス(後に離脱)が参加してインディー統一に向けての受け皿が分裂するという混迷の中での始動になった。

12月7日両国国技館大会が東京プロレス主催として最後の興行となり翌年以降はFFFの旗の下での興行が予定されていた。しかし石川、弁慶、奥村茂雄川畑輝鎮ら一部の東京プロレス勢はFFFに参加しない事を両国国技館大会の開催前に表明(後述の「新東京プロレス軍団」の登場へ至る)、またカブキも大会後にFFFを離脱してI.W.A.JAPANへ入団するなど早くもFFFの足並みが乱れる形になった。

結局、FFFは資金調達を失敗[注釈 3]するなどの結果、旗揚げを前に崩壊するという前代未聞の事態となった。FFFに参加を予定していた選手は新たな組織を設立したり他の団体への参戦を余儀なくされた[注釈 4]

新東京プロレス - 新東京プロレス石川一家[編集]

1996年12月13日、両国国技館で開催されたWARの興行にはFFFに参加しなかった石川をはじめとする旧東京プロレスの選手が参戦。石川にとっては約2年2ヶ月振りのWAR登場となった。これを機に自らの軍団名を新東京プロレス(しんとうきょうプロレス)と命名。

1997年1月24日後楽園ホールにて行われたI.W.A.JAPANの興行に石川以下、新東京プロレス軍団が乱入して、これを機に軍団名を新東京プロレス石川一家(しんとうきょうプロレスいしかわいっか)とさらに改名[注釈 5]3月2日、後楽園ホールで石川一家の初の自主興行を開催するが徐々に観客動員の不振により規模が縮小していった。

1998年1月19日、石川の引退により解散。

タイトル[編集]

  • TWA認定世界タッグ王座
チャンピオンベルト1本あたりの時価が1億5千万円(但し真贋は不明)の宝石をあしらった豪華な王座(通称「3億円ベルト」と呼ばれていた)。1996年3月22日から4月2日にかけて16チーム参加の初代王者決定トーナメントを実施。藤原喜明&ミスター・ポーゴ組や石川隆士&安生洋二組などプロレス団体の垣根を越えた異色のタッグが実現して話題を集めた。結果は石川&安生の越境タッグがザ・グレート・カブキ&大黒坊弁慶組を破って初代王者になった。恐らくFFFでも使用する予定だったと思われるが旗揚げ前に頓挫した為、現在、チャンピオンベルトは所在不明となっている。
  1. 石川隆士&安生洋二組(1回防衛)
  2. アブドーラ・ザ・ブッチャー&大黒坊弁慶組(0回防衛)
  3. タイガーマスク(初代)&安生洋二組(1回防衛)
  • ジュニアフラッグ王座
ジュニアヘビー級選手を対象とした王座でチャンピオンベルトではなく時価3千万円相当(タッグ王座同様に真贋は不明)のフラッグを王者は所持する。初代王者決定戦は1996年10月8日折原昌夫山本健一(現:山本喧一)との間で争われて折原が勝利して初代王者になった。こちらもFFFでも使用する予定だったと思われるが旗揚げ前に頓挫した為、現在、フラッグは所在不明となっている。
  1. 折原昌夫(1回防衛)

所属選手、スタッフ[編集]

東京プロレス旗揚げ時点での所属選手、スタッフ[編集]

東京プロレスまたは新東京プロレスと新東京プロレス石川一家に所属した選手、スタッフ[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 引退試合の対戦相手に内定していたターザン後藤が直前にFMWを離脱して白紙となった為に大仁田厚が他団体選手に呼び掛けて、これに応じたもの。調印直前にハヤブサが名乗りを上げたため禅譲して自ら当日のアンダーカードに出場。
  2. ^ 両名とも引退という形でWARを退団して折原昌夫は覆面レスラー「月光」、田村忍は覆面レスラー「月影」の名義で東京プロレスに所属していた。
  3. ^ 当時のオーナーはバイク便会社の社長で他にも事業を手掛けていたが関連事業の業績悪化でFFFへの資金調達が難しくなり所属選手とスタッフを残して雲隠れしてしまったと言われる[1]
  4. ^ 参加予定選手のうちザ・ゴールデン・カップスUWFインターナショナル崩壊後に設立された「キングダム」に参加。冬木軍は冬木軍プロモーションを設立してFMWを主戦場とした。このほかターザン後藤はR2W(後の革真浪士団、ターザン後藤一派を経てスーパーFMW)、折原昌夫は個人事務所「MOBIUS」を設立して自主興行のほかにインディー団体を主戦場としている。
  5. ^ ただし構成員であった大黒坊弁慶は東京プロレスで師弟関係を結んでいたザ・グレート・カブキI.W.A.JAPANに所属していた為、石川一家を離脱してI.W.A.JAPANに移籍した。

出典[編集]