WAR (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

WAR(ダブル・エー・アール)は、かつて存在した日本プロレス団体。設立当初は「Wrestle and Romance(レッスル・アンド・ロマンス)」の略とされていたが後に「Wrestle Association R(レッスル・アソシエーション・アール)」に変更された。

歴史[編集]

SWSの崩壊後、その一派である「レボリューション」のメンバーが中心となり設立。1992年7月14日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催[1]。SWS時代から友好を保っていたWWFの選手を招聘したり、SWSの親会社であったメガネスーパーからも期間限定ながら資金援助も受け[2]、旗揚げ戦後、間もなくして天龍源一郎を中心に他団体へ積極的な交流路線に乗り出し、順調な観客動員を記録。旗揚げ直後、越中詩郎らの平成維震軍(反選手会同盟)が参戦して来たことを契機に、天龍らWAR勢は新日本プロレスに積極的に参戦。後に長州力との約6年ぶりの対決(1993年)や、アントニオ猪木との対戦(1994年)を実現させた[1][3]

新日本プロレスとの対抗戦が一段落した後は、FMWをはじめとしたインディペンデント団体、UWFインターナショナル、女子団体であるLLPW(現:LLPW-X)など幅広く交流を進めた[4]。その中でも天龍は団体の代表として、大仁田厚との電流爆破デスマッチ(1994年)、高田延彦との二度にわたる一騎討ち(1996年)などジャンルを問わず、精力的に参戦[4]。また、団体内対抗勢力として、それまで天龍の側近的存在であった冬木弘道邪道外道らと共に冬木軍を結成し天龍と対決する構図を作り上げ、冬木は「理不尽大王」の異名を取るなど脚光を浴びた。このほかに「相撲軍団」・「反WAR軍」なども活動していた。これ以外にも、LLPWとの男女混合タッグトーナメント開催や6人タッグ王座の創立、一連の抗争劇による代表の武井正智の試合出場など幅広い路線で話題を振り撒いた。しかしこれらの路線の全てが成功したわけではなく、徐々に観客動員数は下降線を辿っていった。

もともと天龍を一枚看板とした団体であり、団体内におけるライバルや後継のエースが育たなかった[5][6]ことが、最終的に観客動員の低下に繋がってしまう。また旗揚げ当初は、社長兼エースである天龍を中心として一枚岩を誇っていたが、天龍の義弟である武井正智が社長に就任した頃から団体内部に亀裂が生じてしまい、1994年には石川敬士が離脱して東京プロレスを設立。さらに後に冬木弘道、折原昌夫らの退団を招く形となった。

1998年1月26日、全選手所属の解雇を発表[6]。また、今後は興行会社として活動していくことを発表。2000年7月16日、後楽園ホールで開催された旗揚げ8周年記念大会で興行会社として余力のある内に経営を停止。2006年7月27日、後楽園ホールで天龍が最高顧問を務めるDRAGON GATEの支援を受けて開催されたファイナル興行を最後に、けじめをつけたとして活動停止[7]。会場は旧来のファンが集い超満員となり、天龍も2試合に出場。これにより、けじめをつけたとして活動停止[7]

「夢の懸け橋」を巡る対応[編集]

1995年4月2日東京ドームで開催されたベースボール・マガジン社主催の「夢の懸け橋」の興行についてWARは参加せず、当初より決定していた隣の後楽園ホール大会を優先した。最初は主催者側より参加要請されたが、SWS時代に「週刊プロレス」編集長であったターザン山本(山本隆司)の編集方針に対して、取材拒否をした経緯から参加を拒否。この日WARの興行に新日本プロレスから長州力越中詩郎らが参加し、こちらも超満員を記録。試合会場に入りきれないファンのために、後楽園ホール内の別の場所でクローズドサーキットによる同時上映も開催されている。武井が後年の発言で(「噂の真相」のターザン関連の記事や「週刊プロレス」で連載したエッセイなど)、参加要請に難色を示したところ、ターザン山本から「断られるのなら最初から声を掛けなきゃ良かった」「これでWARもマイナーに追い込むしかないよね」といったことを口にされ、この発言を伝え聞いた天龍も激怒して参加拒絶となったと語っている。因みに参加拒否を明確にした直後、天龍は実話雑誌のインタビューで、WAR(天龍)が「週刊プロレス」の取材を解禁した事情について、平成維震軍のWAR参戦により、同誌の方から取材させてほしいと依頼してきたと話している。なお、取材解禁後初のターザン山本による天龍へのインタビューは、ぎこちない雰囲気の中で行われたと武井は証言している。 また、1996年に新日本プロレスが起こした『週刊プロレス』に対する取材拒否騒動に対しても、UWFインターナショナルと共に同調して同誌に取材拒否を行った。

プロレス連合會の発足[編集]

1996年11月1日東京プロレスのオーナーとI.W.A.JAPANを退団した佐藤昭雄FFFを発足。これは乱立するインディー団体を統一する構想として機構を発足したもので、佐藤の動きに呼応する形で、WARを離脱して間もない冬木軍やWARにも参戦していたターザン後藤が率いる真FMWも参加を表明。これに対し、東京プロレス設立の経緯に加えて、看板選手であった冬木軍を事実上引き抜かれたのも同然と考えたWARはFFFに対抗するべく、交流しているI.W.A.JAPAN、格闘技塾 武輝道場大日本プロレスレッスル夢ファクトリー剛竜馬が率いる冴夢来プロレスに働きかけてインディー団体の集合体であるプロレス連合會(プロレスれんごうかい)を発足。プロレス連合會はFFFへの不参加を表明した石川敬士ら東京プロレスの残党を参戦させるなど、FFFとの対決姿勢を見せたが発足わずかで、大日本プロレスが方向性の相違からプロレス連合會を離脱するなど、足並みが乱れる。さらに肝心な対抗相手であったFFFが資金難などから、旗揚げ戦も行えずに崩壊したことから、プロレス連合會も有名無実化し、1997年には自然消滅の形となった。

タイトル[編集]

所属選手[編集]

旧「レボリューション」からの参加[編集]

中途加入[編集]

参考文献[8]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

アルバイト[編集]

来日外国人選手[編集]

参考文献[8]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「天龍源一郎 引退記念特別号 下巻」pp22 - 26 『WAR旗揚げと新日本との一大戦争』
  2. ^ WARは2年間の、反天龍派の『道場「檄」』と『パライストラ』所属選手主体のNOWは1年間の資金援助を約束されていた
  3. ^ この新日本との交流の最中に、メガネスーパーサイドからWARに対し、プロフェッショナルレスリング藤原組の東京ドーム大会の目玉カードとして、天龍対藤原喜明戦を考えており、天龍の出場を要請したが、新日本との抗争が始まったばかりという事もあり、新日本との対戦を主にしたい天龍が要請を断ると、すぐに約束されていた資金援助は打ち切られたと後に天龍は告白している
  4. ^ a b 「天龍源一郎 引退記念特別号 下巻」pp36 - 38 『ロマン大爆発』
  5. ^ WARの後続エースに荒谷信孝を抜擢して売り込んだが、大成はしなかった。
  6. ^ a b 「天龍源一郎 引退記念特別号 下巻」pp46 - 47 『IWGPヘビー初戴冠新日本の頂点に立つ!』
  7. ^ a b 「天龍源一郎 引退記念特別号 下巻」pp64 - 65 『プロレス大満喫!』
  8. ^ a b 「天龍源一郎 引退記念特別号 下巻」pp40 - 41 『WARを読む』(文:高木圭介