三遊亭圓丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三遊亭 圓丸(さんゆうてい えんまる)は、落語名跡。当代は2代目(本人のオフィシャルHPのプロフィールやその他資料では3代目となっているが、落語芸術協会のHPでは2代目となっている)。

初代[編集]

初代 三遊亭圓丸(生没年不詳大正の末に没) - 盲目三味線弾きの音曲師

初代 三遊亭さんゆうてい 圓丸えんまる
本名 安井 国太郎
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
師匠 3代目三遊亭圓生
三遊亭圓朝
初代三遊亭小圓遊
初代三遊亭圓右
名跡 1.三遊亭遊三郎(不詳)
2.三遊亭圓丸(不詳)
3.春風亭柳丸(? - 1901年)
4.三遊亭小斎(1901年 - 1903年)
5.三遊亭右多助(1903年 - 1907年)
6.三遊亭圓丸(1907年 - ?)
7.三遊亭右多丸(不詳)
活動内容 音曲
所属 三遊派
柳派
三遊派

経歴[編集]

人物[編集]

6代目三遊亭圓生によると「出来心」をよくやっていたという。その他にも圓生によると、圓朝の口演した「心眼」はこの人がモデルになって創作されたという。


2代目[編集]

2代目 三遊亭さんゆうてい 圓丸えんまる
本名 河野 聖文
生年月日 (1966-11-25) 1966年11月25日(53歳)
出身地 日本の旗 日本
奈良県大和郡山市
師匠 三遊亭小遊三
名跡 1. 三遊亭いるか(1983年 - 1997年)
2. 2代目三遊亭圓丸(1997年)
出囃子 半ぞめのおくり
活動期間 1983年 -
所属 落語芸術協会
公式サイト 三遊亭圓丸の縁はいなもの味なもの

2代目 三遊亭 圓丸1966年11月25日 - )は落語芸術協会所属の落語家。本名は河野 聖文(こうの まさふみ)。奈良県大和郡山市出身。出囃子は「半ぞめのおくり」。

  • 1983年6月 - 三遊亭小遊三に入門。前座名は「三遊亭いるか」。(※小遊三の惣領弟子)
  • 1987年9月 - 二つ目昇進。
  • 1997年5月 - 真打昇進し2代目襲名。

備考[編集]

出典[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  • 古今東西噺家紳士録

外部リンク[編集]