ジョン・ノード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ノード
プロフィール
リングネーム ザ・バーザーカー
ビッグ・ジョン・ノード
ユーコン・ジョン・ノード
ノード・ザ・バーバリアン
ザ・バーバリアン
ザ・ヴァイキング
本名 ジョン・ノード
ニックネーム 北海の狂神
身長 198cm
体重 143kg(全盛時)
誕生日 (1959-10-18) 1959年10月18日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州セントクラウド
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー エディ・シャーキー
デビュー 1984年
テンプレートを表示

ジョン・ノードJohn Nord1959年10月18日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミネソタ州セントクラウド出身。

WWFではザ・バーザーカーThe Berzerker)、日本ではビッグ・ジョン・ノードBig John Nord)などのリングネームで知られた。

来歴[編集]

ジェシー・ベンチュラロード・ウォリアーズらのトレーナーとして知られるエディ・シャーキーのコーチを受け、1984年に地元ミネソタAWAでデビュー。1985年よりビル・ワットが主宰するMSWAに移り、ザ・バーバリアンThe Barbarian)のリングネームで活動。大型の若手ヒールとして、テッド・デビアスジム・ドゥガンらと対戦する。同年11月、当時MSWAとの提携ルートを持っていた新日本プロレスに初来日。ハクソー・ヒギンズと組んでIWGPタッグ・リーグ戦に参加した[1]

1986年よりノード・ザ・バーバリアンNord the Barbarian)として古巣のAWAに参戦。髪と髭を伸ばし、コスチュームは毛皮のベストとブーツという、ブルーザー・ブロディそっくりの野獣スタイルに変身する。同年4月20日にミネアポリスメトロドームで行われた "Wrestle Rock 86" では、そのブロディとのタッグでジミー・スヌーカ&グレッグ・ガニアと対戦した[2]。後のリップ・モーガンロン・パワーズザ・プレデター矢野啓太などもブロディを模したキャラクターとして知られるが、その先駆者ともいえるノードは、風貌や体格などのビジュアル面においてはブロディのクローンのような存在だった。

AWAではシーク・アドナン・アル=ケイシーマネージャーボリス・ズーコフモンゴリアン・ストンパーと共闘し、ロード・ウォリアーズ、サージェント・スロータージェリー・ブラックウェルスコット・ホールカート・ヘニングらと抗争[3]。その後、テキサス州ダラスのWCCW参戦を経て1989年にAWAに復帰した際は、ネルシャツジーンズ姿のランバージャックをイメージしたユーコン・ジョン・ノード"Yukon" John Nord)に改名。1990年3月には、このスタイルで新日本に再来日している(リングネームはノード・ザ・バーバリアンのままだった)[4]

1991年下期にWWFと契約。今度はヴァイキングギミックに変身し、北欧神話に登場する狂戦士ベルセルクの英語読みであるザ・バーザーカーThe Berzerker)を名乗る[5]ミスター・フジをマネージャーに迎え、角の付いた兜を被り、白い毛皮のブーツを履いて剣と楯を手に入場。ギミックこそ変更したものの、髪と髭はさらに伸びてますますブロディに近い風貌となり、試合中および入場時には "Huss! Huss!" というブロディを真似たシャウトを連呼した。

WWFではジ・アンダーテイカーブリティッシュ・ブルドッグとのミニ抗争が組まれ、アンダーテイカー戦では剣をリングに突き刺すなどの蛮行を見せたが[5]、不器用な試合ぶりが災いしてか[6]、本格的な抗争アングルには発展しなかった。ブルドッグとは1992年4月5日のレッスルマニア8で対戦が組まれるも、時間抑制のため当日になって中止にさせられている[7]。1992年はSWSおよびWARにも来日したが[8][9]、同年下期からはミスター・フジもヨコズナのマネージャーに専念するようになり、活躍の機会を与えられないまま1993年2月にWWFを退団した[10]

1994年1月、全日本プロレスビッグ・ジョン・ノードBig John Nord)の名前で来日。4月開幕のチャンピオン・カーニバルにも出場し、スタン・ハンセンスティーブ・ウィリアムスとも対戦した[11]1997年からは髪を短めのブロンド・ヘアーにして本名のジョン・ノード名義でWCWに登場[12]。しかし、ミッドカード戦線にすら絡むことのないジョバーの扱いで、翌1998年に解雇された[13]

その後は兄弟の経営する自動車販売会社 "Nord East Motors" に勤務しつつ[14]2005年頃までミネソタ州のインディー団体にスポット参戦していた[7]

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The NJPW matches fought by Nord the Barbarian in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年12月22日閲覧。
  2. ^ AWA WrestleRock”. Cagematch.net. 2015年2月7日閲覧。
  3. ^ The AWA matches fought by Nord the Barbarian in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  4. ^ The NJPW matches fought by Nord the Barbarian in 1990”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  5. ^ a b Revenge of the Nord”. WWE.com: May 25, 2007. 2009年6月9日閲覧。
  6. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P242(1996年、日本スポーツ出版社
  7. ^ a b Wrestler Profiles: John Nord”. Online World of Wrestling. 2009年9月12日閲覧。
  8. ^ The SWS matches fought by Nord the Barbarian in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  9. ^ The WAR matches fought by Nord the Barbarian in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  10. ^ The WWE matches fought by Nord the Barbarian in 1993”. Wrestlingdata.com. 2014年12月22日閲覧。
  11. ^ The AJPW matches fought by Nord the Barbarian in 1994”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  12. ^ The WCW matches fought by Nord the Barbarian in 1997”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  13. ^ The WCW matches fought by Nord the Barbarian in 1998”. Wrestlingdata.com. 2015年2月7日閲覧。
  14. ^ Pro Wrestlers: Dead or Alive? - Nord the Barbarian”. Alternative Reel. 2009年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]