ジョン・テンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・テンタ
ジョン・テンタ.jpg
プロフィール
リングネーム ジョン・テンタ
アースクエイク
カナディアン・アースクエイク
ジ・アバランシュ
ザ・シャーク
ゴルガ
ビッグ・ジョン・テンタ
本名 ジョン・アンソニー・テンタ
ニックネーム 地震男
身長 196cm - 201cm
体重 170kg - 210kg
誕生日 1963年6月22日
死亡日 (2006-06-07) 2006年6月7日(満42歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州の旗 ブリティッシュコロンビア州サレー
スポーツ歴 相撲
レスリング
トレーナー ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
テリー・ゴディ
デビュー 1987年5月1日
引退 2004年
テンプレートを表示

ジョン・テンタJohn Anthony Tenta1963年6月22日 - 2006年6月7日)は、カナダブリティッシュコロンビア州サレー出身、佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士、元プロレスラー

力士時代の最高位は東幕下43枚目。プロレス転向後はアースクエイクビッグ・ジョン・テンタなどのリングネームで活躍した。得意技はヒップドロップ

来歴[編集]

力士時代[編集]

琴天太俊克
琴天山俊光
Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 琴天太→琴天山
本名 John Anthony Tenta
ジョン・アンソニー・テンタ
生年月日 1963年6月22日
没年月日 (2006-06-07) 2006年6月7日(満42歳没)
出身 カナダの旗 カナダブリティッシュコロンビア州サレー
所属部屋 佐渡ヶ嶽
成績
現在の番付 廃業
最高位 幕下43枚目
生涯戦歴 21勝0敗0休(3場所)
優勝 序ノ口序二段三段目各1回
データ
初土俵 1985年11月場所
引退 1986年7月場所
引退後 プロレスラーに転向
備考
2012年11月14日現在

元レスリングのカナダジュニアチャンピオンという肩書きを持ち、1985年ルイジアナ州立大学を中退して佐渡ヶ嶽部屋に入門。白人力士としては3人目であった[要出典]琴天太(後に琴天山)の四股名で1985年11月場所にて初土俵。以降、序ノ口序二段三段目でいずれも7戦全勝で優勝し、21連勝を達成(前相撲を含めると24連勝)。しかし相撲界の雰囲気になじめず、また左腕の刺青を皮膚移植で消すことを要求され、1986年7月場所には東幕下43枚目に昇進するも土俵に上がらず通訳の女性との失踪騒動をおこし、初土俵後無敗のまま廃業した。

プロレス転向後[編集]

相撲廃業後すぐに「プロレス入り」が噂され、1986年7月4日の新日本プロレス、翌5日の全日本プロレスの興行に連日来場。新日本のワールドプロレスリング中継では、アントニオ猪木と握手する姿が生放送されるなど歓迎ムードであったのに対し、全日本に来場した際はジャイアント馬場との接触もなく、あっさりしたものであったという。しかし、7月10日に全日本がテンタの入団を発表[1]。この経緯には様々な説があるが、プロレスマスコミは「両団体が天秤にかけられるとはプロレスもなめられたものだ」という旨の皮肉をこめた記事を書いている。

デビュー戦は1987年5月1日、ジャイアント馬場とタッグを組んで、ラッシャー木村&鶴見五郎と対戦した。このデビュー戦のリングコスチュームとシューズは天龍源一郎からプレゼントされた。同年9月には地元ブリティッシュコロンビア州バンクーバーでUWAヘビー級王座を、11月には同カナディアン・ヘビー級王座を獲得している。

全日本在籍時の1987年には「世界最強タッグ決定リーグ戦」にも参加。テンタのパートナーはアメリカでの実績が豊富なザ・グレート・カブキが務めた。この時期、全日本に参戦していたブルーザー・ブロディはテンタと対戦した際、テンタが持つアマレス仕込みの基礎と相撲で培った瞬発力を見抜き、週刊プロレスの記者に「いい選手が入ったな。俺とアイツのシングルマッチで客が呼べる日も近いぜ」と漏らし、テンタのプロレスラーとしての素質を高く評価していた。

1989年よりWWFに参戦し、当初はカナディアン・アースクエイク、後にアースクエイクEarthquake)のリングネームでヒールとして活躍。マネージャージミー・ハート、パートナーにはディノ・ブラボーを迎え、ハルク・ホーガンアルティメット・ウォリアーと抗争した。1991年からはタイフーンと「ナチュラル・ディザスターズ」なる超大型タッグチームを結成、リージョン・オブ・ドゥームとも激闘を展開した。

1991年には当時WWFと提携していたSWSにも登場し、北尾光司と対戦するが、試合は全く噛み合わず、北尾が試合中にレフェリーを蹴り、反則負けを宣せられた挙句、リングを降りて手にしたマイクでテンタに向かって「八百長野郎この野郎!!八百長ばっかりやりやがって!」と発言、さらに観客に向かって「お前ら、こんなもの(八百長試合)見て面白いのか!」と叫ぶなど、非常に後味の悪い結果となった。なお、北尾とは1994年に再戦するが、互いが終始いきり立ち格闘色の際立つ展開となってしまい、呆気ない幕切れとなるなど、初対戦時の後味の悪さは払拭できなかった。

1992年からはベビーフェイスに転向し、7月にタイフーンとのコンビでテッド・デビアスIRSのマネー・インコーポレーテッドからWWF世界タッグ王座を奪取した。その後はヨコズナとの相撲マッチなども行うが、1993年にWWFを離脱する。

1994年からはWCWジ・アバランシュThe Avalanche)として参戦。ケビン・サリバンのダンジョン・オブ・ドゥームに加入し、前年にWCWに移籍していたハルク・ホーガンとの抗争を再開する。WCWではザ・シャークThe Shark)とも名乗り、後に本名のジョン・テンタ名義で1997年上期まで在籍するが、WWF時代ほど活躍の機会には恵まれなかった。

その間、1990年代中頃から後期にかけて、日本ではWAR、新日本プロレス、UWFインターナショナルなどに参戦している。

1998年からは再度WWFに登場。マスクを被り覆面レスラーゴルガGolga)に変身し、クルガンジャイアント・シルバとの怪物軍団「ヒューマン・オディティーズ」で活躍するも、1999年に解雇される。その後はヨーロッパで活動するが、セミリタイア状態となりフロリダ州サンフォードでプロレスリング・スクールを運営していた。

2001年4月、WWFのレッスルマニアX-Sevenで行われたギミックバトルロイヤルにアースクエイクとして出場。2002年からは新体制になった全日本プロレスに登場。主に天龍源一郎とのタッグで活躍したが、2004年、体調不良のため現役を引退した。

2006年6月7日、フロリダで膀胱癌のため42歳の若さで死去。

改名歴[編集]

  • 琴天太 俊克(ことてんた としかつ)1985年11月場所-1986年3月場所
  • 琴天山 俊光(ことてんざん としみつ)1986年5月場所-1986年7月場所(廃業)

戦歴[編集]

相撲[編集]

各段優勝[編集]

  • 三段目優勝:1回(1986年5月場所)
  • 序二段優勝:1回(1986年3月場所)
  • 序ノ口優勝:1回(1986年1月場所)

場所別成績[編集]

琴天山 俊光
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1985年
(昭和60年)
x x x x x (前相撲)
1986年
(昭和61年)
西 序ノ口 #40
優勝
7–0
東 序二段 #54
優勝
7–0
西 三段目 #53
優勝
7–0
東 幕下 #43
引退
––
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

プロレス[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小佐野景浩 (2008年5月7日). “<第157回>悔しい誤報!?その時、馬場さんは…(08.5.7)”. 2014年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]