サレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サレー
Surrey, BC City Hall (2014b).jpg
Cresbeach-groyne.jpg
Peacearch-canadaside.jpg
City of Surrey Museum 2010a.jpg
Newton Town Ctr 72 Avenue.jpg
左上からサレー市庁舎、クレセントビーチ、ピースアーチ州立公園、サレー博物館、ニュートンタウンセンター
標語"The Future Lives Here"

GVRD Surrey.svg
メトロバンクーバー内の位置)
座標:北緯49度11分 西経122度50分
基礎データ
Flag of Canada.svg カナダ
Flag of British Columbia.svg ブリティッシュコロンビア州
行政区 メトロバンクーバー
都市名 サレー
英語名 City of Surrey
創設日 1879年(設立)
1993年(市制)
面積 316.41 km²
標高 海抜 0-134 m
人口 2016年[1]
 - 市域 517,887 人(国内12位)
 - 人口密度 1,636.8 人/km²
時間帯 太平洋標準時(PST)、UTC-8
夏時間 太平洋夏時間(PDT)、UTC-7
郵便番号 V3R–V3X, V4A, V4N, V4P
市外局番 +1-604+1-778、+1-236
公式サイト
キング・ジョージ駅周辺の街並み
サレー中央図書館と市庁舎
サレー・セントラル駅

サレー(英語:Surrey)または、サリーは、カナダブリティッシュコロンビア州南西岸に位置する都市。メトロバンクーバーに属し、バンクーバー都市圏の一部を構成している。サーレーサーリースーリーの表記もみられる。

スカイトレインや高速道路でバンクーバーの中心部と結ばれており、住宅街が広がるベッドタウンのひとつでもある。市内には6つのタウンセンターと呼ばれる市街地があり、それぞれフリートウッド、ウォーリー・シティセンター、ギルフォード、ニュートン、クローバーデール、サウス・サレーとある。

地理[編集]

サレー市北西部は、フレーザー川を境界とし、ニューウエストミンスター市およびコキットラム市と隣接しており、橋やスカイトレインなどで結ばれている。サレー市南部の境界線はアメリカ合衆国との国境となっており、ダグラス・ピースアーチ(乗用車専用)およびパシフィック・ハイウェイ(貨物車)国境検問所がある。

サレー市は、愛称を「公園の町」としているように、市内には600を超える公園(22 km²)や、15のゴルフコースが広がっている。スポーツ施設も数多くあり、年間を通して様々なスポーツイベントが開催される。また、土地のおよそ35%は農地として設計されていたが、都市の成長とともに開発の波が徐々に押し寄せている。

人口動勢[編集]

2016年の人口調査では、51万7887人が計上され、州内第2位、カナダ国内では第12位の人口を有する。

人口増加率は1996年から2001年までの間で14.2%、2001年から2006年は13.6%と10年間でおよそ10万人増えており、比較的高い成長率を見せている。

民族[編集]

ヨーロッパ系が人口の45%を占めるが、少数民族では南アジア系が最も多く、2011年統計で全人口の30.7%、次に中国系6.1%、フィリピン系5.7%と続く。日系は0.5%とごく少数。

宗教[編集]

宗教では2001年統計でシク教が19.2%と最も多く、カトリックの16.2%、プロテスタントの11.0%と続く。

市内にはシク教徒ヒンドゥー教徒が多いことを反映して、パンジャーブ地方で盛んなスポーツ、カバディの専用スタジアムがある。

教育[編集]

サレー教育委員会は100の小学校と21の中学校の公立校を管轄としており、州内では最大の学校区をもつ。

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Surrey, City [Census subdivision, British Columbia and British Columbia [Province]]”. Statistics Canada (2016年). 2017年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]