バンクーバー・スカイトレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バンクーバー・スカイトレイン
(Vancouver SkyTrain)
Bombardier ART Mark III
Bombardier ART Mark III
基本情報
カナダの旗 カナダ
所在地 ブリティッシュコロンビア州
種類 ラピッド・トランジット新交通システム
開業 1985年12月11日
運営者 トランスリンク
詳細情報
総延長距離 79.5km
路線数 3路線
駅数 53駅
1日利用者数 488,900人(2017年
軌間 1,435 mm(標準軌)
電化方式 直流650V 第三軌条方式
(カナダ・ラインのみ直流750V)
最高速度 90 km/h
(カナダ・ラインのみ80km/h)
テンプレートを表示

バンクーバー・スカイトレイン: SkyTrain)は、カナダバンクーバーの中心街と、バーナビーニューウェストミンスターサレーリッチモンドなどのバンクーバー周辺都市やバンクーバー国際空港とを結ぶ鉄道系の公共輸送機関。メトロバンクーバーの交通行政を管轄するトランスリンクと呼ばれる組織が運営している。

エキスポ・ラインのコロンビア駅
ミレニアムラインのスパーリング-バーナビー・レイク駅
Bombardier ART Mark II車両
カナダラインの車両

概説[編集]

スカイトレインは、カナダの鉄道車両製造技術とコンピューター制御技術を世界に誇示するために、1986年のバンクーバー国際交通博覧会(Expo 86)に関連して、中規模都市のためのマス・トランジット・システム(大量輸送機関)のモデルとして計画・完成された。開通当時のルートは、バンクーバー市のウォーターフロント駅とニューウェストミンスター市のニューウェストミンスター駅間のみであった。なお、この交通博を記念して、基幹となっている部分の線をエキスポ・ラインと呼んでいる。

編成は2両、4両、6両となっている。列車はコンピュータ制御で自動運転され、2016年にはドバイ・メトロを凌ぐ世界で1番目に長い距離を走る無人(コンピュータ制御)鉄道となった。一般的な鉄道で使われている固定式の閉塞を用いないため列車同士が非常に近づくことができ、2分から6分という短い間隔で列車がやってくる。

車両は鉄車輪と鉄レールで支持・案内されるが、エキスポ・ライン、ミレニアム・ラインでは駆動は車上のリニアモーターで行う鉄輪式リニアモーターカー方式が採用されている(カナダ・ラインは一般的な電車と同じ駆動方式が採用されている)。インフラ関係の建設は、SNC-ラバリン社が行っている。

路線と駅[編集]

バンクーバー・スカイトレインには全部で3路線(エキスポ・ラインミレニアム・ラインカナダ・ライン)がある。エキスポ・ラインはバンクーバー中心部(ダウンタウン)で地下を走り、その他の地域では高架になっている。カナダ・ラインはバンクーバー市内の住宅地を通るため、ほとんどが地下を走り空港には高架で入る。

エキスポ・ライン、ミレニアム・ラインは同じ車両とシステムを採用しており相互乗り入れが可能であるが、カナダ・ラインは車両が異なる。

Vancouver SkyTrain Map.svg

エキスポ・ライン(Expo Line)[編集]

バンクーバーの中心にあるウォーターフロント駅からキングジョージ駅までを結ぶスカイトレインとして、1986年開催のバンクーバー国際交通博覧会に合わせて1985年に最初に完成した。2002年にミレニアム・ラインが完成するまでは、路線名は付かずにスカイトレインと名乗っていた。バンクーバーの中心街から大規模ショッピングセンターのあるメトロタウン、高層住宅が立ち並ぶバーナビーと歴史的な都市のニューウエストミンスターを通り、バンクーバー最大の衛星都市であるサレーとまでを結ぶ路線である。

ウォーターフロント駅からスタジアム-チャイナタウン駅までのバンクーバー中心部(ダウンタウン)では地下を走り、その他の大部分は高架を走るためスカイトレインの命名理由となっている。ミレニアム・ラインから連なるエバーグリーン延伸区間が開通する以前は、始発のウォーターフロント駅から途中のコロンビア駅まではミレニアム・ラインが乗り入れていたが、開通後はウォーターフロント駅からキング・ジョージ駅プロダクション・ウェイ-ユニバーシティ駅までの2支線に分かれた運行となっている。

営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
ウォーターフロント駅(Waterfront Station ) 0.0 1985年 カナダ・ラインウエストコーストエクスプレスシーバス
ギャスタウンバンクーバー・ハーバー水上空港カナダプレースブリティッシュコロンビア工科大学ハーバーセンター
地下
バラード駅(Burrard) 1985年 地下
グランビル駅(Granville) 1985年 バンクーバー美術館バンクーバー公共図書館 地下
スタジアム-チャイナタウン駅
(Stadium–Chinatown)
1985年 チャイナタウンBCプレイス・スタジアム
ロジャーズ・アリーナ
バンクーバー・コミュニティ・カレッジ
高架/地表/地下
メイン・ストリート-サイエンス・ワールド駅
(Main Street–Science World)
1985年 パシフィック・セントラル駅(VIA鉄道アムトラックロッキーマウンテニア鉄道)
バンクーバ・ダウンタウン・歴史鉄道(路面電車)
高架
コマーシャル・ブロードウェイ駅
(Commercial–Broadway)
1985年 ミレニアムライン 高架/地上
ナナイモ駅(Nanaimo) 1985年 高架/地上
29番アベニュー駅 (29th Avenue) 1985年 地上
ジョイス・コリングウッド駅(Joyce–Collingwood) 1985年 高架
パターソン駅(Patterson) 1985年 高架
メトロタウン駅(Metrotown) 1985年 メトロポリス・アット・メトロタウン 高架
ロイヤルオーク駅(Royal Oak) 1985年 高架
エドモンズ駅(Edmonds) 1985年 高架
22番ストリート駅(22nd Street) 1985年 高架
ニュー・ウエストミンスター駅(New Westminster) 1985年 高架
コロンビア駅(Columbia) 1989年 エキスポライン・ローヒード支線 半地下
スコット・ロード駅(Scott Road) 1990年 高架
ゲートウェイ駅(Gateway) 1994年 高架
サリー・セントラル駅(Surrey Central) 1994年 サイモンフレーザー大学 高架
キング・ジョージ駅(King George) 1994年 高架
ローヒード支線
営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
コロンビア駅(Columbia) 0.0 1989年 エキスポライン本線 半地下
ザッパートン駅Sapperton) 2002年 高架
ブレイド駅(Braid) 2002年 高架
プロダクション・ウェイ-ユニバーシティ駅
(Production Way–University)
2002年 ミレニアムラインサイモンフレーザー大学 高架
ローヒード・タウンセンター駅
(Lougheed Town Centre)
2002年 ミレニアムライン 高架

ミレニアム・ライン(Millennium Line)[編集]

ミレニアム・ラインのプロダクション・ウェイ-ユニバーシティ駅のホーム
ミレニアム・ラインのザッパートン駅
ミレニアム・ラインの車両

2002年に開通した路線で、VCC-クラーク駅からラファージ湖 - ダグラス駅までの運行となっている。エバーグリーン延伸区間が開業する以前は始発のウォーターフロント駅からコロンビア駅まではエキスポ・ラインに乗り入れ同じ駅に停車し、そこからサイモンフレーザー大学などのあるバーナビー北部を通り、VCC-クラーク駅までの運行形態としていた。

開通前はエバーグリーン・ラインと呼ばれていたエバーグリーン延伸区間は、コキットラム市を走る新線として2012年に着工され、2016年12月2日に開通した。もともとはトラムとして計画されていたが、エキスポ・ラインやミレニアム・ラインと同じシステムとして建設されることとなった。開通後はミレニアム・ラインと統合された。

また、VCC-クラーク駅からバンクーバー市外にあるブリティッシュコロンビア大学(UBC)への延伸が検討されている。

営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
VCC-クラーク駅(VCC–Clark) 0.0 2006年 高架
コマーシャル・ブロードウェイ駅
(Commercial–Broadway)
2002年 エキスポライン 高架
レフリュー駅(Renfrew) 2002年 高架
ルパート駅(Rupert) 2002年 高架
ギルモア駅(Gilmore) 2002年 高架
ブレントウッド・タウンセンター駅
(Brentwood Town Centre)
2002年 高架
ホルドム駅(Holdom) 2002年 高架
スパーリング-バーナビー・レイク駅
(Sperling–Burnaby Lake)
2002年 高架
レイク・シティ・ウェイ駅
(Lake City Way)
2003年 高架
プロダクション・ウェイ-ユニバーシティ駅
(Production Way–University)
2002年 エキスポライン・ローヒード支線、サイモンフレーザー大学 高架
ローヒード・タウンセンター駅
(Lougheed Town Centre)
2002年 エキスポライン・ローヒード支線 高架
バーキトラム駅(Burquitlam) 2016年 高架
ムーディー・センター駅(Moody Centre) 2016年 ウエストコーストエクスプレス 高架
インレット・センター駅(Inlet Centre) 2016年 地上
コキットラム・セントラル駅
(Coquitlam Central)
2016年 ウエストコーストエクスプレス 高架
リンカーン駅(Lincoln) 2016年 高架
ラファージ湖 - ダグラス駅
(Lafarge Lake–Douglas)
31.2 2016年 高架

カナダ・ライン(Canada Line)[編集]

現代ロテム製のカナダ・ラインの車両
カナダ・ラインのランズダウン駅
カナダ・ラインの車両内装
カナダ・ラインのイエールタウン・ラウンドハウス駅
カナダ・ラインのランガラ・49番アベニュー駅

2010年のバンクーバーオリンピック開催に合わせ、バンクーバーの中心部と郊外のリッチモンドにあるバンクーバー国際空港を結ぶ空港連絡鉄道として整備され、2009年に開通した。計画段階ではRAV・ライン=Richmond-Airport-Vancouver Rapid Transit Lineと呼ばれていた。始発駅のウォーターフロント駅からマリンドライブ駅の手前までの区間は地下を走り、その先は地上に出てフレーザー川を越え、ブリッジポート駅でリッチモンド市中心部へ向かってリッチモンド・ブリグハウス駅まで行く本線とバンクーバー国際空港へ向かう空港支線の二つの路線に分かれている。

本線
営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
ウォーターフロント駅(Waterfront Station ) 0.0 2009年 エキスポラインウエストコーストエクスプレスシーバス
地下
バンクーバーシティセンター駅(Vancouver City Centre) 2009年 ロブソン通りバンクーバー公共図書館 地下
イエールタウン・ラウンドハウス駅
(Yaletown–Roundhouse)
2009年 イエールタウン 地下
オリンピックビレッジ駅(Olympic Village ) 2009年 バンクーバ・ダウンタウン・歴史鉄道(路面電車)
オリンピック選手村
地下
ブロードウェイ・シティホール駅
(Broadway–City Hall)
2009年 バンクーバー市庁舎 地下
キングエドワード駅(King Edward) 2009年 クィーンエリザベス公園 地下
33番アベニュー駅(33rd Avenue) 計画中 地下
オークリッジ・41番アベニュー駅(Oakridge–41st Avenue) 2009年 地下
ランガラ・49番アベニュー駅 (Langara–49th Avenue) 2009年 ランガラ・カレッジ 地下
57番アベニュー駅(57th Avenue) 計画中 地下
マリンドライブ駅(Marine Drive) 2009年 高架
ブリッジポート駅(Bridgeport) 11.1 2009年 カナダライン・空港支線
高架
アバディーン駅(Aberdeen) 2009年 高架
ランズダウン駅(Lansdowne) 2009年 高架
リッチモンド・ブリグハウス駅(Richmond–Brighouse) 14.4 2009年 高架
空港支線
営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
ブリッジポート駅(Bridgeport) 11.1 2009年 カナダライン・リッチモンド方面
高架
テンプルトン駅(Templeton) 2009年 地上
シーアイランドセンター駅(Sea Island Centre) 2009年 地上
YVR3駅(YVR3) 計画中 高架
YVRエアポート駅(YVR–Airport) 15.1 2009年 バンクーバー国際空港 高架

供用路線の主要データ[編集]

路線 開業年 延長(km) 駅数 ターミナル駅 車両 閉塞方式 運行間隔(分) 旅行時間(分)
ピーク オフピーク
エキスポ・ライン 1985 29.7 20 ウォーターフロント キング・ジョージ/プロダクション・ウェイ-ユニバーシティ 鉄輪式リニアモーター駆動 コンピュータ制御 2-3 3–5 40
ミレニアム・ライン 2002 23.5 17 VCC-クラーク ラファージ湖 - ダグラス 同上 同上 2-3 5–10 34
カナダ・ライン* 2009 19.2 16 ウォーターフロント リッチモンド・ブリグハウス /
YVRエアポート
鉄輪式通常モーター駆動 3-4** 4–10** 25 / 26
* カナダ・ラインでは、リッチモンド中心街方面との運行および空港方面との運行がそれぞれ交互に行われる。そのため、分岐駅より先の区間での運行頻度は、分岐駅までの区間の1/2となる。

特徴[編集]

電車内、駅構内はすべてバリアフリーで、全駅にエレベータが設置されている。ホームは線路が直線の区間に配置されている。その為、電車とホームの間は2cmから5cmと狭く、車椅子でも手助けなしで乗降できる。列車の運行は全てコンピュータ制御なので、発車時間になると車内で発車サイン音が鳴りドアが自動的に閉まる。人や物が挟まれたり、無理に乗り込もうとすると自動でドアを少し開けて再開閉する。

駅に駅員がいないことから治安が悪い交通機関とされたため、全駅に防犯カメラを設置しスカイトレイン警察隊が結成された。この警察隊は普通の警察官と同じく法律による拘束力があり、犯人の逮捕もできる。当初この警察隊は拳銃を所持しなかったが、最終的には所持することになった。車内には「サイレントアラーム」という身に危険が迫った時に犯人に気付かれずに通報できるシステムがある。これは窓枠の黄色いストラップ状のボタンを押すことで作動し、数分で警察隊が現場に急行する。

電車内では喫煙とスピーカーでのオーディオ類の使用が禁止になっているが、携帯電話の使用は制限されておらず車内ではしばしば着信音や話し声が聞こえる(車内での通話がマナー違反とされるのは日本以外にほとんど例がない)。ペットを乗せる場合は小さいケージに入れる必要がある。

エキスポ・ライン、ミレニアム・ラインの車両はリニアモーター駆動、無人運転(コンピュータ制御)で最高時速90km。カナダ・ラインの車両は通常モーター駆動、無人運転で最高時速は80km/h。ピーク時を除いて、1車両につき2台まで自転車を乗せることができる。Mark I 及びMark II の一部車両には方向幕が設置されていないが、停車中に車内の自動放送が路線名と行き先を案内する。電光掲示板の多くは、電車が来ない時は時計と案内スクロールの交互表示となっている。また、治安上の理由から駅には化粧室が設置されていない。

バンクーバー国際空港に隣接するYVRエアポート駅

運賃[編集]

導入が進む自動改札機
自動券売機
トランスリンクの運賃ゾーン

切符は駅のコンコース、またはホームにある券売機で購入して乗車する。もともとスカイトレインの駅には改札がなく信頼乗車であったが、自動改札の導入が進み、2016年には全ての駅で改札が導入された。時々職員による検札が行われることがあり、特に休日は職員と警察によって行われやすい。無賃乗車が発覚した場合には$175ほどの罰金が課せられる。

一度運賃を払えばトランスリンクの乗り物であるスカイトレイン、バス、シーバスは90分間同一ゾーン内の乗り降りが自由となる。

スカイトレインの自動券売機では、1セントを除く全ての硬貨と$5,$10,$20紙幣が使える。また、デビットカードクレジットカードも使える。6ヶ国語に対応しており日本語表示もあるが、機械による自動翻訳のため不自然な表示になる場合もある。

カナダ・ラインでバンクーバー国際空港の敷地内の3駅から市内までの区間を利用する場合は、通常運賃に加えて$5の追加運賃がかかる。また、カナダ・ラインのバンクーバー国際空港の敷地内の3駅(テンプルトン駅、シーアイランドセンター駅、YVRエアポート駅)の区間内の利用は無料である。

大人[編集]

運賃はゾーン内での利用か別のゾーンへの利用かによって料金が変わり、3つのゾーンに分かれている。同一ゾーン内利用が$2.85、2ゾーンをまたいでの利用が$4.10、3ゾーンをまたいでの利用が$5.60となっており、平日の午後6時半以降と土日祝日は全ゾーン一律で$2.85と安くなる。

割引運賃(子どもとシニア(65歳以上) )[編集]

運賃は同一ゾーン内利用が$1.80、2ゾーンが$2.80、3ゾーンが$3.80となっており、子どもまたはシニア用の定期券を所持している場合や平日の午後6時半以降と土日祝日は全ゾーン一律で$1.80と安くなる。

大人運賃、割引運賃のいずれも支払い時に受け取る切符(トランスファー・チケット)を所持する事で同一ゾーン内の乗り降りが自由となる。

使用車両[編集]

エキスポ・ラインおよびミレニアム・ライン[編集]

同路線はボンバルディア社のARTシステム英語: Bombardier Advanced Rapid Transit) を使用しており、リニアモーター式で運行される。営業最高速度は時速90kmであり、表定速度は時速45kmである。

UTDC ICTS Mark I[編集]

Mark I(2008年3月)
Mark I車両の内装

片側2ドアの12.7m車両である。エキスポライン開業時である1984年からキング・ジョージ駅開業の1994年までに、計150両が製造された。2両固定編成であり、最大6両編成で運行される。

  • 外観 : 前面形状は窓を埋めたような形状で、車体断面は車体上部に向かって絞られている。前照灯は丸型のものが下方に、尾灯は上方に設置されている。先頭部分が機械室になっており、前面の窓が貫通扉にしかなく前面展望性は悪い。
  • 内装 : 白色の壁に赤い仕切り板が用いられており、ドアの内側も赤く塗装されている。ドア横の仕切り板にはアクリル板が設置されており、横に立った人と接触しないようになっている。シートは一人分に分かれた藍色のビニール素材のものであり、クッション性がある。蛍光灯は広告と一体化した電球色のものであり、車内は若干暗い。非冷房車であり、天井には大きなファンデリアが設置されている。順次に修繕工事が行われており、車上装置の更新、台車交換、車内照明のLED化や、赤から灰色への内装色の変更が行われている。
  • メーカー : アーバン・トランスポーテーション、ディベロップメント・コーポレーション英語: Urban Transportation Development Corporation
  • ドア : 外吊り式片側2ドア
  • シート配置 : 車両中央を向く形の集団見合型セミクロスシートとなっており、先頭部の貫通扉部分には折りたたみ式の補助シートが設けられている。
  • 制御装置 : GTO素子VVVFインバータ
  • その他 : 車両間は繋がっていないため、走行中に他の車両へ移動することは不可能。車内には路線図があるが案内表示器などは設置されていない。

Bombardier ART Mark II[編集]

ミレニアム・ラインを走るMark II車両

ミレニアムライン開業時の2002年から製造された。

  • 外観 : 大きめな縦長一枚窓の丸い形状の前面となっている。前面下部に四角い前照灯があり、尾灯は窓の上部に一体化している。先頭部の窓脇は、Mark Iと同様に機械室となっている。スカイトレインで初めての冷房車両となった。2009/2010モデルの車両には、車体前面に三色LEDの方向幕が設置されている。
  • 内装 : 全体的にホワイトでまとめられている。手すりの形状は曲線を帯びており、上部が黄色く塗られている。シートは布製の藍色で、Mark Iよりも座り心地が改善されている。蛍光灯は広告と一体となったものの、他にダウンライトが設置されているためMark Iよりも明るくなった。2009/2010モデルの車両には一両に4台の防犯カメラも取り付けられており、車内に案内表示器を搭載するなど、それ以前のモデルの車両と内装も異なる。
  • メーカー : ボンバルディア・トランスポーテーション
  • ドア : 外吊り式片側3ドアで、幅がMark Iよりも若干広い。
  • シート配置 : ほとんどの座席は、進行方向右側は進行方向、左側は逆向きを向く形のクロスシートとなっている。先頭部には前面展望用の一人がけのシート、その脇には中央向きの一人がけシートがそれぞれある。また、先頭部付近に車椅子スペースが用意されている。2009/2010モデルでは座席のデザインと配置の変更が行われている。
  • 制御装置 : IGBT素子VVVFインバータ
  • その他 : 車両の間が繋がっており、走行中に他の車両への移動が可能である(4両以上の併結運転時には編成間の移動はできない)。

Bombardier Innovia Metro 300 (ART Mark III)[編集]

  • 外観 : Mark IIと比べ、前面はより横幅の広い窓の作りとなっている。またMark II 2009/2010モデルと同様、車体前面に三色LEDの方向幕も搭載している。
  • 内装 : 車両間の連結通路がほぼ車両幅いっぱいに広げられた。その為、4両固定編成でありながら車内は一続きの空間の様になっている。これによって乗車後の移動が行い易くなった。また、両端の車両は一部の座席が撤去され、車いすやベビーカー、自転車の持ち込みを容易にしている。座席のデザインや配置は、基本的にMark IIの2009/2010モデルと同じで、防犯カメラも一両に4台ずつ設置されている。
  • メーカー : ボンバルディア・トランスポーテーション
  • ドア : 外吊り式片側3ドア。
  • その他 : より効率の良い空調設備と車両の密閉度により、高いエネルギー効率と騒音の低減を実現している。また、従来型より多くの人の輸送を可能としている。

カナダ・ライン[編集]

Hyundai Rotem EMU[編集]

カナダ・ラインの車両は現代ロテム社製の車両を使用している。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]