この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

デビットカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デビットカード: debit card)とは、預金口座と紐付けられた決済用カードである。金融機関(一般的に銀行)が発行し、このカードで決済すると代金が即座に口座から引き落とされる仕組み。

概要

銀行に預金口座を開設した際に発行されるキャッシュカードを決済に利用するというものである。原則として口座残高を超えない範囲で使用できる。そのため、無審査とするカード企業が多い。ただし、当座貸越カードローンと組み合わせて自動借入のサービスを行っている発行金融機関もある。

カードの種類 決済種別 備考
クレジットカード 事後決済 要審査
デビットカード 即時決済 無審査とするカード企業が多い
プリペイドカード 事前決済 無審査・口座不要


デビットカードの種類

比較表

デビットカードの種類 決済機構 加盟店数 備考
ブランドデビット VISA VISA 世界3800万ヶ所 「VISAデビット」は姉妹ブランド
MasterCard MasterCard 世界3810万ヶ所 「Maestro」は姉妹ブランド
JCB JCB 世界2700万ヶ所
その他の主なデビット 銀聯 中国銀聯 世界1000万ヶ所(内中国300万ヶ所)
J-Debit 対応金融機関 日本45万ヶ所 利用可能時間に制限あり

VISAやMasterCardなどの国際ブランドは、クレジットカードだけではなくデビット・プリペイドカード発行各社にも広く自社ブランドと決済機構を提供している。そのため、各ブランドの加盟店であれば原則としてクレジットやデビットといったカードの種別に区別なく決済ができる(定期的な支払い登録などでは例外がある)。


国際ブランド(VISA・MasterCardなど)

アメリカ・欧州各国・オーストラリアといった先進諸国では、キャッシュカード(英:ATM card、Bank card)の大半にVISAやMasterCardといった国際ブランドの決済機能が標準で搭載されており、デビットカードとして利用できる。 そのため、こうした国々ではデビットカードの普及や利用が進んでいる。アメリカを例にすると、カード決済(国際ブランドが付いたプリペイド、デビット、もしくはクレジットカードによる決済)のうち決済件数ベースで最も普及しているのはデビットカードであり、非現金決済の35%に達する(クレジットは20%、プリペイドは5%)[1]。 (日本以外の多くの国では、クレジットカードを利用した場合は1回払いから金利が発生したり、1回払いで金利が発生しないプランには年会費がかかったりすることがある。) また、こうしたデビットカードで決済を行う際、レジで自分の口座から現金を引き出す(キャッシュアウト)サービスが提供されている国もある。 オーストラリアなど一部の国では、デビットカードでの支払い時に利用者が自ら普通預金・当座預金・クレジットのどれを利用して支払うのかを選択する形態を取っている。

日本における状況

日本では、キャッシュカードに国際ブランドのデビット決済機能が付与されない期間が長く続いたために普及は進んでいない。クレジットカードでも1回払いは一般に無金利であり、利用に応じた特典が提供され(ポイントやマイルなど)、さらに年会費が不要のカードも多数発行されていることも、デビットカードへの需要が生まれなかった要因と考えられる。一方で、近年では[いつ?]ネット銀行を中心に国際ブランドのデビット機能を搭載したキャッシュカードの提供が増えている。

J-Debit

日本においては、国際ブランドなどに対応していないキャッシュカードがそのまま使える「J-Debit(ジェイデビット)」と呼ばれるサービスが2000年3月より提供されている。ただし、加盟店数では約45万店(日本国内)と、国際ブランド・VISAの約300万(同国内)に比べると大きく劣っている。さらに、加盟店やカード発行元によっては利用可能な曜日や時間帯に制限がある場合もある。日本銀行は、デビットカードの利用率はクレジットカードや電子マネーに比べ低いと指摘している[2]


その他アジア

  • 直払カード(韓国)
  • Smart Pay(台湾)
  • EON(フィリピン) - VISAエレクトロンと提携
  • 実利(朝鮮民主主義人民共和国、東北アジア銀行、2005年)

脚注

関連項目