MasterCardコンタクトレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MasterCardコンタクトレス(マスターカード コンタクトレス)は、MasterCardの非接触決済サービスである。旧名はPayPassペイパス)。

概要[編集]

MasterCardが2002年に開始したサービスであり、現在はアメリカカナダイギリスフランスイタリアスペインスイストルコ日本韓国中国台湾フィリピンインドネシアマレーシアタイレバノンオーストラリアなどで実証試験や本格展開が行われている。特に普及しているのはアメリカで、ガソリンスタンドマクドナルドドラッグストアなど多くの加盟店で利用する事が出来る。

類似のサービスとしては、VISAのVisa payWaveアメリカンエクスプレスExpressPayがある。

利用方法[編集]

MasterCardコンタクトレスを搭載したMasterCardブランドのクレジットカードを加盟店に置かれた端末にかざす事により決済が行われる。

尚、MasterCardコンタクトレスを搭載したMasterCardブランドのクレジットカードは、磁気ストライプおよびICチップも搭載しているのでMasterCardブランドのクレジットカードとして利用する事も出来る。

日本に於けるMasterCardコンタクトレス[編集]

日本に於ける非接触決済サービスは、株式会社NTTドコモiDモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayなどが先行していて、PayPassはあまり普及していない。

2009年7月の時点では、日本の携帯電話おサイフケータイ)などで利用する事は出来なかった。これは、日本で普及している決済端末がFeliCaのみに対応していたことが原因であったが、2009年段階ではNFC(FeliCaおよびISO/IEC 14443に上位互換)対応の決済端末の配置が進んできたことから、PayPassの普及に弾みがつくと期待されていた。

2012年10月、NTTドコモは2013年度上半期から同社のNFC決済対応スマートフォンに設定したiDでPayPassサービスを利用可能にすると発表[1]した。その後、2014年2月5日よりサービスを開始することを明らかにした。本サービス開始に先立ち、2013年12月に開催のホノルルマラソンにあわせ、ハワイにおいて先行サービスを開始した[2]。2015年3月現在では3社が参入し、クレジットカード一体型と、スマートフォンでの決済に対応している。

ドコモのスマートフォンで使用する場合は、MasterCardコンタクトレスに参加しているクレジットカード会社のMasterCardを保有し(カード自体にMasterCardコンタクトレスが組み込まれている必要はない)、iD用のアクセスコードとパスワードの発行を受けた上で、ピンク色のminiUIMカード(TypeA/Bの決済に対応)を挿入、NFC/おサイフケータイ設定の「NFC R/W P2P」をオフにする必要がある。アプリはiDと共通であるため、最新版であればダウンロードは不要。

日本で発行されているMasterCardコンタクトレス[編集]

日本で発行されているPayPassを搭載、またはアプリで使えるMasterCardブランドのクレジットカードは、次表の通りである。

名称 発行会社 カード アプリ 提携会社
UPty PayPass オリエントコーポレーション
対応
OricoCard PayPass
NIFTY Card NIFTY
NIFTY Card Gold
イクスピアリカード イクスピアリ
コレットマーレカード ティーオーシー
M card 千葉ロッテマリーンズ
Skywalker Card エイチ・アイ・エス
その他MasterCard 非対応
対応
ジャックスカード MasterCard PayPass ジャックス
対応
PLANTカード PLANT
その他MasterCard 非対応 非対応※1
dカード NTTドコモ 非対応 対応※2
dカード GOLD

※1: ジャックスは現段階ではアプリ非対応だが、実証実験は実施済[3]
※2: dカードおよびdカード GOLDでは、カード自体の国際ブランドがVisaブランドであってもアプリで利用可能

日本に於ける主な加盟店[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]