インプリンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インプリンタ(インプリンタ、英語: Imprinter、省略してインプリとも呼ばれる)とは、クレジットカードキャッシュカード等の表面に浮き出たエンボス文字を、処理伝票に転記する際に使用する器具である。口座番号や会員番号及び氏名、有効期限等を転写するために使用される。

ジャノメクレディア製インプリンター M220でクレジットカードの表面をインプリントした様子
インプリントされた売上伝票

概要[編集]

カード及び伝票を差し込むためのポケットとインクの付いたローラーで構成されており、伝票などを差し込んでからインクローラーをスライドして転写する。クレジットカード決済で使用される伝票は3枚程度のカーボン紙で、2枚目及び3枚目の伝票はローラーとエンボスとの間の圧力で印字される。3枚はCATを使う場合と同じく、それぞれクレジットカード会社へ郵送するもの、クレジットカード会員へ渡すもの、加盟店で保管するのものとなる。

現在ではクレジットカード処理端末(CAT)が主に使用されるため、日本国内で使われるケースは稀である。ただし、一部のCATが導入されていない加盟店や、発展途上国では日常的に使用される。また、外回りの営業マンがインプリンタを携帯し、CATのない場所で、クレジットカード決済を行う例も見られる。なお、CATを採用している店舗でも、停電や端末の故障に備えてインプリンタを備えている場合がある。

手動決済のため、フロアリミット(決済にオーソリゼーションが不要な金額)を超えた額の決済ではアクワイアラのオーソリセンターに電話をかけてオーソリゼーションを取得し、伝えられた承認番号を手書きで記入する。

一般的なインプリンタの使用方法[編集]

  1. カードと伝票をインプリンタにセットする
  2. インプリンタの蓋を閉じる
  3. インプリンタのインクローラーを左から右へ、軽く押し付けながらスライド(インプリント)する
  4. 蓋を開き、伝票とカードを取り出す

エンボスレスカードの扱い[編集]

一部クレジットカード及びデビットカードでは、CAT利用を前提としてエンボス加工がなされていないエンボスレスカードも出現している。日本国内ではVIEW Suicaカードなど、交通系IC乗車券の機能があるカードやVISAデビットカードが代表的である。この場合はインプリンタが使用できず、必然的に会員番号その他は手書きとなる。

その他の利用[編集]

古いキャッシュディスペンサー現金自動預け払い機の内部にも搭載されていたものがある。また、規模の大きな病院において、電子カルテ普及前には、プラスチック診察券の番号・患者氏名を、診療録へ転写する際に使用されていたことがある。