信用照会端末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
INFOXで使用されている東芝テックの信用照会端末 CT4100

信用照会端末(しんようしょうかいたんまつ、英語: Credit Authorization Terminal)とは、クレジットカード加盟店で、カードの有効性を確認するため、カードの情報をオーソリゼーション(信用照会)を行うセンター等に問い合わせし、続けて決済する装置である。

概要[編集]

日本において、CATおよびその土台となるネットワーク網CAFISが登場する1980年代前半まで、クレジットカードを用いて加盟店で買い物する際は、インプリンタにクレジットカードと複写式売上伝票を挟み、カードの凸凹状に刻印された番号や会員名義など(エンボス)を店員が転写し[1]、金額・署名の記入後に、売上を取り纏めるカード会社(アクワイアラ)へ郵送しなければならなかった。

しかしながら、この手法では偽造クレジットカードなど不正なカードか否かは、高額取引による電話承認を行わなければ見抜けない事(重過失が無く不正使用された場合はカード会社側の負担となる)と、アナログ的なやりとりに時間を要するため、百貨店などでの高額商品の購入程度にしか、クレジットカードは普及せずにいた。

しかしながら情報通信技術の進捗により、クレジットカード発行会社(イシュア)各社のホストコンピュータを横断的に接続したCAFISと、そこへオンライン通信を行う事で、カードの有効性が即時確認できるCATが登場したことにより、カード決済時のセキュリティと利便性は大幅に向上することになり、バブル景気の消費拡大のタイミングも合わさり、クレジットカード加盟店のインフラストラクチャーは一挙に拡大する事になる。その後、1990年代から現在にかけて、書店飲食店美容院などの専門店や、コンビニエンスストアスーパーマーケットなど加盟店が飛躍的に増加し、日常生活に浸透したクレジットカードの利用には、必要不可欠なインフラとなっている。

当初は、内蔵モデム一般加入電話回線交換方式で、ダイヤルアップ接続する形態しかなかったため、CAT端末を使用しても信用照会には2分近く時間を要したが、1990年後半からは専用線ISDN回線、DoPaパケット通信)、2000年代からはブロードバンドルーター経由でADSL光ファイバーブロードバンドインターネット接続し、独自のIP-VPNでデータ暗号化を保ちながら高速通信する方式が登場し、加盟店のランニングコストの低減に貢献している。

ちなみに、端末の入手・設置にはアクワイアラあるいはクレジットカード決済代行会社と加盟店契約を締結することで、購入・貸与を受けることができるが、譲渡は禁止されている。

2000年前後にはキャバクラなど風俗色の強い店を中心に、旧型の端末を分解し基板上にスキマー機能を取り付ける細工を施し、実際に使用した真正なカード番号を基に、偽造クレジットカードを作成して不正使用する事件が発生したことがあった[2][3]。このため、全てのCAT/CCT端末には、機器分解の痕跡が確認できる様に「封印シール」が貼られている。

なお、百貨店・ショッピングセンター・コンビニエンスストア・スーパーマーケット家電量販店など各種量販店では、本項で述べるCAT/CCT端末ではなく、POSレジに機能が組み込まれている。

商品小計の画面でクレジットカード決済のキーを選択し、カードリーダーにカードを読み取らせ、支払金額や支払回数を入力して実行キーなどを押すと、CAFISやハウスカードのオーソリゼーションシステムへ接続し、売上承認となった場合は商品の売上と共にクレジットカードの情報がPOSに記録され、発行される商品レシートにカード売上票もあわせて印刷されるようにしている店舗が多い。これは各店舗のPOSシステム内部にCAT/CCT装置に相当するシステムが構築されており、ストアコンピュータと共用の専用線で接続されているためであるが、回線が専用線であることもあり売上承認のレスポンスが早く、操作も簡便である等の利点が多い。同様の仕組みはJRみどりの窓口マルスや航空会社の発券端末にも組み込まれている。

種類[編集]

CAT (Credit Authorization Terminal)[編集]

NTTデータが運営するCAFISと接続しているクレジットカード処理端末で、日本独自の規格[4]である。クレジットカードの磁気ストライプを読み込み、CAFISを経由してクレジットカード発行会社へオンラインで問い合わせを行う。クレジットカード会社からの応答を元に、伝票を印字する。なお、CATには以下の種類がある。

CAT
標準CAT、旧型CATとも呼ばれる。認証のみオンラインで行うが、売上決済機能がないため別途加盟店からカード発行会社へ伝票送付等の対応が必要。旧型の端末であるため、ICカードを読み取る機能がない。
S-CAT (Simple CAT)
簡易CATとも呼ばれる。CATをさらに簡易型としたもので、伝票印字機能がない。カード発行会社からの承認番号をディスプレイに表示する。
G-CAT (Gathering CAT)
CATの問題点を解決するために、1993年に開発されたもので[4]、認証と同時に売上決済処理が可能な端末[5]。1998年よりJ-Debitにも対応している。ただし、ICカードを読み取る機能がない。なお、CAT・G-CATあわせて2003年11月末時点では、約40万台利用されていた[5]

CCT (Credit Center Terminal)[編集]

JET-S端末 (Panasonic ZEC-15)

各社独自のクレジットカード情報処理センターと接続し、それを介してCAFISと接続している信用照会端末。日本独自規格であるCATとは異なり、世界標準化された規格である。後発の規格であるため、G-CATと同様に認証と同時にギャザリング(売上決済処理)が可能である。

2002年以降に導入された機種では、ICクレジットカードをPINパッドに差し込み、署名の代わりにテンキーで入力した暗証番号で認証する機能が搭載されているものが多く、FOMA無線パケット通信により、可搬ができるハンディ端末も存在する[6][7]。以下に、主なCCTの種類を記述する。

製造メーカーとして、NECインフロンティア[7]パナソニック(旧:松下通信工業)、東芝テック[6]の3社が複数の決済センターに対応した機種(基本的な外観・操作手順は共通)をアクワイアラやクレジットカード決済代行会社を通じて加盟店へ発売・リースしている。

INFOX(インフォックス)
NTTデータの運営するINFOX-Netと接続している端末で、1999年にサービス開始された[8]。日本国内では現在三井住友カードVJA各社、クレディセゾンイオンクレジットサービスをメインの売上取り纏め会社(アクワイアラ)とする加盟店に多く設置されている。加盟店契約のうえ、端末にFeliCaリーダ/ライターを接続する事でiDSuicaショッピングサービス決済などほとんどの非接触式電子マネーに対応する。製造メーカーは上記3社と、NTTデータ。2009年6月現在では、約62万台設置されている[8]
ビューカードSuicaショッピングサービス決済端末
JR東日本グループ駅ナカルミネエキュートアトレブックガーデンなど)やJR東日本ホテルズ駅レンタカー東日本ジェクサースポーツクラブなどに設置されている。INFOXと使用機種は同一であるが、クレジットカードのアクワイアラについてはJR東日本みどりの窓口と同じSMC/UC/VIEWであり、ビューカード以外はINFOX網を経由する。2003年のSuicaショッピングサービス試験運用当初から2006年頃までニューデイズではクレジット決済機能を省いた専用端末を使用していた(POSレジ直結のR/Wに移行)。現在もPASMO電子マネーに加盟する鉄道駅構内(フランチャイズ)のコンビニエンスストアや、かつてのam/pm(現在はファミリーマートに転換したことによりPOSレジ直結化、運営にPASMO各社が関わっていない店舗ではR/WのPASMOロゴの上にSuicaのロゴを貼った店舗もある)などではクレジット決済を省いた同じ端末(POSレジ連動)が使用されている。
SG-T
VISAインターナショナルとクレディセゾン、ユーシーカードダイエーOMCDCカードミリオンカード住友クレジットサービスらの合弁で1995年に設立された株式会社ジー・ピー・ネットが運営するGPnetと接続している端末。日本国内では現在の三菱UFJニコスを売上取り纏め会社とする加盟店に多く設置されていた。製造メーカーは日立オムロンターミナルソリューションズ(旧:日立製作所)、フランスのインジェニコ[9]。日立製端末については、端末にFeliCaリーダ/ライターを接続する事でSmartplusVisa TouchEdyの決済に対応する。2016年3月にサービスを終了し、J-Mupsなどへの移行が行われている。
JET-S
ジェーシービー子会社でクレジット決済業務請負会社の日本カードネットワークが運営するCARDNETと接続している端末。JCBやトヨタファイナンスを売上取り纏め会社とする加盟店に多く設置されている。ロイヤルホールディングス各店、佐川フィナンシャルeコレクトなどで使用されている。製造メーカーは上記3社の他に日立オムロンターミナルソリューションズ(旧:オムロン)、富士通と、インジェニコが製造する小型モデル「JET-MOBILE」もある。[10]加盟店契約のうえ、端末にFeliCaリーダ/ライターを接続する事でQUICPaynanacoの決済に対応する。2010年11月現在では、約46万台設置されている[11]。加盟店契約のうえ専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをJET端末として用いる「JET-Smart」も登場している。[12]
C→REX
ジェイティービーが運営する端末で、独自網を経由してCARDNETと接続している[13]。ジェイティービーグループ販売店(旅行代理店窓口)、JTB協定あるいは全国旅館生活衛生同業組合連合会加盟のホテル、旅館、観光地の売店(土産物店)、ダイヤスタンプ加盟店を対象に営業活動を行っており、とりわけJTBのカウンターでは全てこの端末が使われ、ジェイデビットにも対応している。
CREPiCO(クレピコ)
セイコーインスツル子会社のセイコーソリューションズ(旧エスアイアイ・データサービス[14])が運営する決済システム専用端末で[15]、独自網を経由してCAFISと接続している。タクシー東京四社などの大都市圏の各社、飛鳥交通グループ)を中心に採用されており、メーター運賃(ETC通行料を含む)が端末に自動的に打ち込まれる(有料道路代は別途手入力する事で合算決済が可能)。製造メーカーはモバイル型がセイコーソリューションズ、タクシーメーター連動型は二葉計器
GMO-FG
GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルゲート(旧シーオーシー)が運営する決済システム専用端末。1台完結の小型端末を主力としており、2016年より導入されている台湾Castles Technology製の端末は北國銀行が開拓を行った加盟店で使用されているほか、イケアの日本国内各店舗でPOSレジに接続されている端末もGMO-FGの決済網に接続されている[16]
J-Mups(ジェイマップス)
Joint Multi Payment Processing System。
三菱UFJニコスJR東日本メカトロニクス(JREM)が共同開発し、日本カードネットワークおよびJREMで運営する決済サービスで、2012年8月より開始。インターネット接続を介したクラウドコンピューティング上にCCTの機能を置き、高速なクレジット売上承認を可能とするとともに柔軟な拡張性を有している。加盟店契約によりクレジットカードのほか、交通系電子マネーiD楽天EdyQUICPaynanacoWAONに対応。2015年7月より導入されている端末はパナソニック システムソリューションズ ジャパンとJREMの共同開発であり、5インチのフルカラータッチパネルディスプレイで操作を行う。
Payoss(ペイオス)
端末の機種名はP400。
寺岡精工とアメリカの端末大手「ベリフォン」が共同開発したクラウド型マルチ決済端末で[17]、寺岡決済ゲートウェイセンターを経由する。VisaMasterCardのほか、交通系電子マネーiD楽天EdynanacoWAONに一括対応。JCB等のブランドは直接加盟店契約を結ぶ必要がある。サンマルクカフェ等で採用されている。
JPT
日本ポステックが運営し、自社の決済処理データセンターを経由して決済する端末[18]。国際5大ブランドのほか、一部端末では中国銀聯にも対応する。LANWi-Fiで接続するE530、ソフトバンクの3G回線で接続し、中国銀聯にも対応するE550、スマートフォンタブレット (コンピュータ)Bluetoothにて接続し、中国銀聯にも対応するM36などの端末がある。また、E530、E550は前期モデルがモノクロ液晶、後期モデルがカラー液晶である。サービス開始初期リリースの端末は、香港PAX Global社製の端末S90をJPT仕様にしたJPT-S90であり、本家端末では液晶の左下にPAX社のロゴが印字されているが、JPT版ではそこにJPTロゴが印字されている。
さっとシステム
さっとシステム株式会社が開発したタクシー専用の端末で[19]オンライン決済とオフライン決済の2つの方法を利用できる。オンライン決済の場合はINFOX-Netと接続して決済し、オフライン決済の場合はタクシー会社にある収集機(親機)で売上データを取りまとめ、さっとシステム決済センターを経由してCAFISに接続している。無効カード等で決済不可となった「不良カードデータ」はさっとシステム決済センターからタクシー会社に送信される。端末の種類は、オンラインオフライン両方の機能があるPPS-500とPPS-600(後者はポイント・プリペイドカード機能もあり。)、旧型でオフライン決済のみのPPS-101の3種類ある。PPS-101は近年のCCT端末にしては珍しく、紫色のインクでドット印字される古いレジスターに見られるタイプのレシートが印字される。(初期の端末に見られた3枚重ねの伝票タイプではなく、1枚の普通紙ロール紙にドット印字されるタイプ)
KAZAPi(かざっぴ)
株式会社エム・ピー・ソリューションがNEC出資の元運営しているサービス。従来は電子マネー専用端末のMRL-010RW、MRL-010KPが主流だったが、現在はクレジットカードにも対応するモデル、S920も登場している。クレジットカード対応モデルは国際5大ブランドに対応、電子マネーは交通系電子マネーiD楽天EdynanacoWAONに対応する。ちなみに、電子マネー専用モデルでは札幌の交通機関専用のSAPICAも使用可。[20]

Anywhere A9

リンク・プロセシング社が2019年夏にリリースする端末。スマートフォンのようなディスプレイ(PINパッド)、カードリーダー、レシートプリンターの一体型。Android7.1.2で動作する。カメラも内臓されており、各種クレジットカードの他、電子マネー、QRコード決済にも対応。更に、端末のサービスとしては異例の「PINレス・サインレス」機能も利用可能で、1万円未満の決済の場合は暗証番号・サイン不要となる。[21]

PAYGATE Station

大和ハウスグループのロイヤルゲート社から出ている端末。こちらもAndroidベースのマルチ決済端末で、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応。更に、PONTA、dポイント、楽天ポイントの共通ポイントにも一括加盟。オプションサービスとして、大和ハウスの契約・精算サービスも扱っている。[22]

MCS-TX01

モバイル・コマース・ソリューション社が自社開発したマルチ決済端末。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応する。OSはAndroidだが、上記2つがタッチパネルのみなのに対して、この端末はカラーディスプレイとテンキーという従来のモバイル型CCT端末の造りとなっている。[23]タクシーメーターと連動する機能もある為、タクシー用モバイル型端末としても売り出している。[24]

A8

アルファノート社からリリースされているポータブルマルチ決済端末。Android 5.1で動作し、クレジットカードは19年7月現在VISA・Masterのみ対応するほか、paypayやpring等のQRコード決済にも多数対応。[25]

決済機付きタブレット

日本最大のタクシー配車アプリ『全国タクシー』を展開するJapanTaxi株式会社が独自開発したタクシー専用の端末。主に助手席の背もたれの裏に設置され、左後部座席に座った乗客が操作できるようになっている。フルカラーのタッチパネルで乗客自身で決済方法の選択から、カードの挿入、暗証番号の入力といった一連の操作が出来るように設計されており、走行中には広告が放映される。各種クレジットカード、銀聯、交通系、電子マネー、主要QRコード決済まで幅広く網羅しており、日英中韓の4言語表記にも対応。18年7月より全国展開を開始し、東京都内では約4500台のタクシーに設置されている。[26]

VP6800

米国ID TECH社が開発した自動精算機用の端末。日本ではフライトシステムコンサルティング社がID TECH社と共に開発した日本版を販売しており、IC・磁気クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の読み取り機能がある。[27]

UPT1000

台湾Castles Technology社が開発した無人決済端末。自動販売機やた自動精算機用の端末として販売されており、2.4インチでPINパッド搭載のUPT1000と、3.5インチでタッチパネル式のUPT1000 Touchの2種類ある。IC・磁気クレジットカード、コンタクトレス決済に対応。[28]

VPOS Touch

イスラエルのNAYAX社が開発した自動販売機用のクレジットカード決済端末。日本ではGMOペイメントゲートウェイ株式会社とNAYAXの日本法人が共同で仕様変更した日本仕様の製品を販売している。18年1月段階では伊藤園が自社の自販機に採用すると発表していた。小型ながらIC・磁気クレジットカード等の多数の決済方法に対応。[29]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GPnet. “最先端テクノロジーの活用”. 2011年2月16日閲覧。
  2. ^ security-joho.com. “大阪の風俗店、クレジット磁気情報転写しカード偽造”. -引用:中日新聞2002/05/20-. 2011年2月17日閲覧。
  3. ^ security-joho.com. “都内の風俗店でカードを『スキミング』、客のデータを盗み取り”. -時事通信:02/12/11-. 2011年2月17日閲覧。
  4. ^ a b cardportal.jp. “クレジットカード参考書”. 2011年2月17日閲覧。
  5. ^ a b 株式会社NTTデータ (2003年12月17日). “NTTデータのカード決済総合ネットワーク「CAFIS®」小売業者向けに、ネットワーク型決済サーバを提供”. 2011年2月16日閲覧。
  6. ^ a b NTTデータ. “CAFIS - カード決済端末INFOX”. 2011年2月15日閲覧。
  7. ^ a b 日本カードネットワーク (CARDNET). “端末機器のご案内 - オンライン端末サービス”. 2011年2月15日閲覧。
  8. ^ a b 株式会社NTTデータ (2009年8月21日). “カード決済サービス「INFOX®」サービス開始10周年 !”. 2011年2月16日閲覧。
  9. ^ GPnet. “カード端末サービス”. 2011年2月16日閲覧。
  10. ^ モバイル端末iWL250が、JET−MOBILEとして日本カードネットワーク社より発売開始” (日本語). Ingenico Japan 株式会社 (2016年3月31日). 2019年7月12日閲覧。
  11. ^ 14万台のオムロン製端末でもポイントサービスの対応開始(CARDNET)”. payment navi (2010年11月15日). 2011年2月17日閲覧。
  12. ^ 端末機器のご案内-オンライン端末サービス” (日本語). 日本カードネットワーク. 2019年7月12日閲覧。
  13. ^ JTB. “C→REX”. C→REXとは. 2011年2月15日閲覧。
  14. ^ システムソリューション事業の拡大をめざした事業会社の再編について” (日本語). セイコーインスツル株式会社. 2019年7月12日閲覧。
  15. ^ CREPiCO決済端末 | CREPiCO 決済サービス | セイコーソリューションズ” (日本語). セイコーソリューションズ株式会社. 2019年7月12日閲覧。
  16. ^ 株式会社TIプランニング (2011年3月8日). “イケア・ジャパン全店舗で決済端末導入実現(ネットアライブ)”. ペイメントナビ. 2019年1月2日閲覧。
  17. ^ サービス & クラウド | 寺岡精工 | クラウド型マルチ決済サービス”. www.teraokaseiko.com. 2019年7月12日閲覧。
  18. ^ 日本ポステック株式会社”. pos.pos-tec.jp. 2019年7月12日閲覧。
  19. ^ タクシーのクレジットカード決済端末<さっとシステム株式会社>”. sat.la.coocan.jp. 2019年7月12日閲覧。
  20. ^ 株式会社エム・ピー・ソリューション MP-Solution Inc.|サービス情報|KAZAPi概要” (日本語). 株式会社エム・ピー・ソリューション MP-Solution Inc. (2017年5月12日). 2019年7月9日閲覧。
  21. ^ 株式会社リンク・プロセシング. “Anywhere A9 概要” (日本語). 株式会社リンク・プロセシング. 2019年7月12日閲覧。
  22. ^ 株式会社インプレス (2018年11月2日). “1台でほとんどのキャッシュレス決済に対応する「PAYGATE Station」。ポイント対応も” (日本語). Impress Watch. 2019年7月12日閲覧。
  23. ^ マルチ決済端末機 MCS-TX01 – モバイル・コマース・ソリューション株式会社” (日本語). 2019年7月12日閲覧。
  24. ^ マルチ決済端末機” (日本語). タクシー会社向けサービス総合案内サイト. 2019年7月12日閲覧。
  25. ^ ポータブルマルチ決済端末”. www.alpha-note.co.jp. 2019年7月18日閲覧。
  26. ^ 業界初・決済機付きタブレット新登場 2018年9月より全国展開”. japantaxi.co.jp. 2019年7月18日閲覧。
  27. ^ ICカード対応の自動精算機向けマルチ決済端末、フライトシステムコンサルティングが提供” (日本語). 財経新聞 (2019年2月8日). 2019年7月18日閲覧。
  28. ^ 無人決済端末 UPT1000シリーズ” (日本語). ヒット株式会社. 2019年7月18日閲覧。
  29. ^ 自動販売機向けの組込型決済端末を提供開始 | GMOペイメントゲートウェイ株式会社” (日本語). GMOペイメントゲートウェイ. 2019年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 西ヶ谷葉子『クレジット・金融用語辞典』金融財政事情研究会、2003年。ISBN 978-4322103557