この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

中国銀行 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

株式会社中国銀行
The Chugoku Bank, Ltd.
Chūgoku Bank Logo.svg
Chyugoku Bank honten.JPG
本店(岡山市) 2005年10月
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8382
1987年12月1日上場
略称 中銀
本店所在地 日本の旗 日本
700-8628
岡山市北区丸の内一丁目15番20号
業種 銀行業
法人番号 1260001006093
金融機関コード 0168
SWIFTコード CHGKJPJZ
事業内容 1930年(昭和5年)12月21日
(株式会社中國銀行として設立)
代表者 代表取締役頭取 宮長雅人
資本金 151億49百万円
(2018年3月31日現在)
発行済株式総数 1億9527万2千株
(2018年3月31日現在)
純利益 連結:212億58百万円
単独:194億9百万円
(2018年3月31日現在)
純資産 連結:5,385億34百万円
単独:5,234億22百万円
(2018年3月31日現在)
総資産 連結:8兆4,672億95百万円
単独:8兆4,395億46百万円
(2018年3月31日現在)
従業員数 連結:3,437人
単独:2,961人
(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行 8.37%
日本マスタートラスト信託銀行 3.20%
岡山土地倉庫 2.81%
日本生命保険 2.50%
明治安田生命保険 2.50%
(2018年3月31日現在)
主要子会社 #関係会社参照
外部リンク https://www.chugin.co.jp/
テンプレートを表示
中国銀行のデータ
法人番号 1260001006093
店舗数 162店
(本支店・出張所)
貸出金残高 4兆365億87百万円
預金残高 6兆114億26百万円
特記事項:
(2016年3月31日現在)
『株式会社中国銀行 有価証券報告書 ‐ 第135期』に拠る。
テンプレートを表示
高松支店及び四国地区本部
高松市丸亀町

株式会社中国銀行(ちゅうごくぎんこう、英称The Chugoku Bank, Ltd.)は、岡山県岡山市に本店を置く地方銀行。岡山県の指定金融機関である。広島県(特に備後地方)と香川県の全域にも多くの店舗を展開する。通称中銀(ちゅうぎん)。

概要

岡山県及び広島県備後地方や香川県にあった数多くの中小銀行が、合併と買収を繰り返すことによって成長した地方銀行で、1930年(昭和5年)12月21日に第一合同銀行と山陽銀行が合併して中国銀行として設立されて以降、岡山県内最大の銀行として存在している。

本拠地の岡山県内に本社のある企業における主取引銀行となっている数が最も多く、帝国データバンクが2014年(平成26年)に発表したメインバンク実態調査では23,873社のうち11,156社で46.73%を占めた[1]

本行最古の前身は高梁市に設立された第八十六国立銀行であるが、同時期に岡山市では第二十二国立銀行が設立されており、当時はこちらが岡山県最大の銀行として地域経済に多大な影響力を有していたが、日清戦争後に発生した恐慌の煽りを受けて経営状態が急激に悪化したため、安田財閥の救済を受ける形で系列入りし、1923年(大正12年)11月1日安田銀行(現みずほ銀行)へ統合されたことにより、地方銀行としては岡山県から消滅した。

店舗

本店をおく岡山県内のほか、岡山県に隣接(香川は瀬戸大橋を通じて)している広島県・香川県兵庫県にも複数の店舗を有する。大都市圏店舗は大阪市東京都に各1。このほか、四国中央市愛媛県川之江市)・米子市鳥取県)にも店舗を有する。海外店舗は1(香港)。

倉敷美観地区にある倉敷本町出張所(旧第一合同銀行倉敷支店)は、1922年大正11年)に竣工したルネサンス風建築であり、国の登録有形文化財(建造物)。

備後地方(広島県の東部)は中国銀行にとっては準地元で、製造業を中心とした中堅・中小企業が多いことから、従来より重点エリアと位置づけており、福山市内ほかに多数の店舗を配置し、広島銀行ほかと競争を繰り広げている。福山市役所近くの国道2号と駅前通の交差点では、中国銀行福山支店と広島銀行福山営業本部が大通りを挟む形で立地している。みずほ銀行・山口銀行・百十四銀行も隣で同じく大通りに向かい合ってある。

行名に「本店 岡山市」が併記された例。大阪支店。

東京・大阪・神戸(ほか兵庫県南東部)の各支店の看板には、日本にも進出している中華人民共和国の商業銀行である中国銀行(バンクオブチャイナ)と区別するため、他の店舗にはない「本店 岡山市」の文字が書き添えられている[注釈 1]

ニューヨークにはかつて、世界貿易センタービルに支店があったが、アメリカ同時多発テロで同ビルが倒壊したため、海外駐在員事務所に格下げしている。海外駐在員事務所は、上海、シンガポールにもあり、上海においては、「バンクオブチャイナ」との区別のため、「日本CHUGOKU銀行」と表記している。

営業政策

個人市場

クレジットカード一体型ICキャッシュカード「DREAMe-W」(ドリーミーダブル)のTVCMには永島旭頭取(当時)が自ら出演していた。また2011年には在阪テレビ局各社にて、兵庫県の明石支店の新設告知(2011年6月)を案内したCMにも永島が出演し、さらに、在阪ラジオ局でも出演のCMが流されるなど、広告塔を担っていた。

現頭取の宮長雅人も在阪局向けのラジオCMに出演している。

地元金融機関との提携

2008年(平成20年)6月2日に、岡山県内に本店を置く金融機関のうち、中国銀とトマト銀行・岡山県下全信用金庫おかやま水島津山玉島備北吉備日生備前)および笠岡信用組合のあわせて11金融機関におけるATM・CD相互出金利用手数料無料提携を行うことを発表した。

沿革

  • 1878年(明治11年)12月9日 - 第八十六国立銀行高梁市に設立される。
  • 1891年(明治24年) - 倉敷銀行が、倉敷市に設立される。
  • 1919年(大正8年)9月 - 倉敷銀行を中心として鴨方倉庫銀行・倉敷商業銀行・茶屋町銀行・天満屋銀行、日笠銀行の6行が合併し株式会社第一合同銀行が倉敷市に設立される。
倉敷支店倉敷本町出張所(旧 第一合同銀行倉敷支店)は、国の登録有形文化財となっている。

店舗の動き

※廃止日は最終営業日

ATMの提携

歴代頭取

氏名 期間 備考
1 大原孫三郎 1930年12月21日 - 1940年1月 元第一合同銀行頭取 元倉敷紡績社長
2 公森太郎 1940年1月 - 1946年4月 朝鮮銀行副総裁
3 守分十 1946年4月 - 1977年1月
4 守分勉 1977年1月 - 1987年6月 守分十の娘婿
5 稲葉侃爾 1987年6月 - 1999年3月 1920年生 京都帝大法卒 岡山県出身
6 山本吉章 1999年4月 - 2000年3月 病気により辞任
7 稲葉侃爾 2000年3月 - 2000年6月 会長兼任
8 永島旭 2000年6月 - 2011年6月 日本銀行出身
9 宮長雅人 2011年6月 - 1954年生 早大法卒 岡山県出身

関係会社

連結子会社

  • 中銀リース(岡山市)
  • 中銀証券(岡山市)
  • CBS(岡山市)
  • 中銀事務センター(岡山市)
  • 中銀保証(岡山市)
  • 中銀カード(岡山市)
  • 中銀アセットマネジメント(岡山市)

非連結子会社

  • 中銀投資事業組合3号
  • 中銀投資事業組合4号
  • ちゅうぎんアグリサポートファンド投資事業有限責任組合

関連会社

  • ベネッセ・中銀投資事業有限責任組合1号
  • おかやまキャピタルマネジメント

関連財団

  • 一般財団法人岡山経済研究所(岡山市)
  • 公益財団法人吉備路文学館(岡山市)

バリアフリー

障がい者のうち、ATM操作ができないなどの理由で窓口対応せざるを得ない者に対し、窓口対応であっても手数料はATM利用時と同じ料金体制としている。また、視覚障がい者でもATM利用できるように、音声案内機能が付いたATMを設置している[5]

その他

バレーボール、Vリーグ1部(プレミアリーグ)の岡山シーガルズのメインスポンサーでもある。

銀座にある有名な「中銀カプセルタワービル」、山梨県の「山梨中銀スタジアム」などは、山梨中央銀行に由来する。中国銀行は無関係。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 東京・大阪・神戸・西宮の各支店案内サイトには「(銀行指南)歓迎光臨。我行是一家日本銀行,総行位于日本岡山市。 我行与中華人民共和国的中国銀行(BANK OF CHINA)是両家不同的銀行。(ご案内)弊行は本店が岡山県岡山市に存在する日本の銀行であり、中華人民共和国のBANK OF CHINA(中国銀行)とは関係ありません。」と中国語及び日本語で注意事項が記載されている。また神戸市には「バンクオブチャイナ」の支店が2011年11月に設置されたが、日本の中国銀行神戸支店所在地のすぐ裏手が中華街南京町という土地柄から、誤解を避けるためにバンクオブチャイナ進出前から書き加えられている。
  2. ^ この旧香川銀行は香川県内に本店を置くこと以外、現存する第二地方銀行香川銀行とは無関係で(現在の香川銀行は1943年(昭和18年)に香川県内の5つの無尽を合併して設立した香川無尽株式会社が発祥で、その後香川相互銀行を経て現行名に変更された経緯を持つ)、旧香川銀行は1926年(大正15年)に綾歌銀行と大内銀行が合併により設立した銀行である。
  3. ^ 業務継承店:観音寺支店
  4. ^ 業務継承店:三本松支店
  5. ^ 香川県内には原則として単独の店舗外ATMコーナーを設置していない(香川銀行幹事の共同ATM。ちなみに岡山県内では立場が逆になる)が、この両支店の廃止に関しては単独のATMコーナーを残している(引田は後にマルナカ引田店内に移転)。
  6. ^ 業務継承店:井原支店
  7. ^ 個人取引のみ、法人取引の業務継承店:倉敷支店
  8. ^ 業務継承店:岡南支店・倉敷支店
  9. ^ 業務継承店:玉島支店
  10. ^ 業務継承店:千年支店
  11. ^ ブランチインブランチとなる
  12. ^ 業務継承店:松永支店
  13. ^ 業務継承店:田ノ口支店
  14. ^ 業務継承店:福山胡町支店
  15. ^ 業務継承店:福山南支店
  16. ^ 業務継承店:津山支店。これに伴い、山陰合同銀行からの申し出により、中国銀行がそれに応える形で、中国銀行の勝山支店・久世支店・落合支店・湯原支店・北房支店・日本原支店・勝間田支店・林野支店・江見支店・大原支店・周匝支店へ取引銀行の変更手続きが容易にできるよう配慮された
  17. ^ 業務継承店:高松東支店
  18. ^ 旧店舗と屋島支店の建物はすでに解体され、跡地には高松信用金庫が新築移転している。
  19. ^ 法人取引の業務継承店:赤磐支店
  20. ^ 個人取引のみに変更。法人取引の業務継承店:笠岡支店。当面は仮店舗での営業となる。笠岡支店が移転した後、その跡地に新築移転
  21. ^ 業務継承店:笠岡支店
  22. ^ 業務継承店:府中支店
  23. ^ なお、仮店舗(旧・府中東支店)については2008年4月18日まで単独のATMコーナーを残している。
  24. ^ 三菱東京UFJ銀行高松支店(旧三和銀行UFJ銀行)跡。2012年2月現在は四国銀行高松支店の仮店舗となっている。
  25. ^ 業務継承店:観音寺支店
  26. ^ 広島ちゅうぎんビル3階。同ビル1階に広島支店が入居。
  27. ^ 旧川之江商工会議所跡。
  28. ^ 当面はブランチインブランチとなる
  29. ^ いちよし証券岡山支店ビル1階。
  30. ^ 業務継承店:倉敷駅前支店。これに伴い、建物は公益財団法人大原美術館に寄贈された。

出典

  1. ^ 小園長治(2014年1月8日). “メインバンク:県内企業、中国銀行がトップ46.73% 次点はおかやま信金”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ “バイオ企業の林原、私的整理を申請”. 日本経済新聞. (2011年1月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF2500I_V20C11A1I00000/ 2014年5月27日閲覧。 
  3. ^ “フィリピン・メトロポリタン銀行と業務提携 中国銀行”. かがわ経済レポート (香川経済レポート社). (2013年7月15日)
  4. ^ ちゅうぎんインターネットバンキング「晴れの国支店」の開設について中国銀行 ニュースリリース 2012年9月25日
  5. ^ 障がいをお持ちでATMのご利用が困難なお客さまに対する窓口受付時の振込手数料について (PDF) - 中国銀行(平成24年(2012年)8月22日閲覧)

関連項目

外部リンク