中国銀聯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 中國銀聯
  • 中国銀聯
  • 中国銀連
中国銀聯股份有限公司
China UnionPay
UnionPay logo.svg
種類 公開株式会社
略称 銀聯 CUP
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
200135
上海市浦東新区含笑路36号 銀聯ビル
設立 2002年3月26日
業種 金融業
代表者 劉廷煥(董事長)
許羅德(総裁)
外部リンク http://jp.unionpay.com/
テンプレートを表示
中国銀聯
各種表記
繁体字 中國銀聯
簡体字 中国银联
拼音 Zhōngguó Yínlián
英文 China UnionPay
テンプレートを表示

中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)は、中華人民共和国(中国)を中心に拡大しているオンライン決済システムを運営する企業である。

概要[編集]

銀聯ネットワーク[編集]

中国国務院の同意を得て中国人民銀行により批准され、2002年3月26日に中国の銀行カード産業の発展を目的として設立された金融機関の連合(聯合)組織である。総本部は上海。設立から徐々に加盟機構数を増やし、現在は国内外の400近くの組織が加盟している[1]

銀聯設立より以前は、中国の金融機関での決済は各地域・各金融機関でシステムやルールが統一されていなかった。異なる金融機関間の取引(残高照会、預け入れ、引き出し、送金など)や、同じ金融機関でも異なる地域間の取引については、一部または全部の決済が出来ない場合があるといった問題があった。しかし、2002年3月に中国国内の80強の金融機関が共同で銀聯を設立することで、バラバラだった金融機関間の決済システムやルールを統一して標準化し、銀聯に加盟した金融機関同士をオンラインで結ぶことで銀聯設立以前にあった問題を解決した。

銀聯カード[編集]

「銀聯」(ぎんれん)のロゴがあるキャッシュカード及びクレジットカードは「銀聯カード」(银联卡/銀聯卡)と呼称されている。中国では与信審査が未発達であるため、銀聯カードの多くはデビットカードである。中国以外にも、日本アメリカ合衆国大韓民国タイシンガポールドイツフランスオーストラリアなど約20カ国に加盟店を広げており、VISAMasterCardのような国際ブランドに近い存在となりつつある。日本国内では、三井住友カード三菱UFJニコスが銀聯カードを発行している。また、銀聯キャッシュカードを用いた国外での現金引き出しには上限額の制限がある[2]

カード発行メンバー[編集]

「銀聯カード」は以下の金融機関によって発行。

中国本土以外での利用[編集]

現在、中国本土以外で利用ができる加盟店は多くはないが、東アジア日本を含むアジアを中心に加盟店ネットワークを拡大している。ディスカバーカードと相互提携しており、アメリカ合衆国内での加盟店舗、ATMが多い。

香港・マカオ[編集]

香港マカオ銀通(JETCO)というATMネットワークと接続している。

日本[編集]

日本のATM[編集]

次の銀行のATMを利用することができる。

日本の加盟店[編集]

日本では、次の各社が中国銀聯と提携し、加盟店を開拓、又は開拓を予定している。

日本の主な加盟店[編集]

日本で発行される銀聯カード[編集]

日本では、次の銀聯カードが発行されている。

その他[編集]

  • かつて、日本のクレディセゾン上海現地法人である世尊商務諮詢(上海)有限公司は、中国の中国銀行と提携し、「長城-SAIS◎Nクレジットカード」の名称で発行していた[6]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国银联概况 http://corporate.unionpay.com/infoComIntro/infoCompanyIntroduce/file_3945122.html
  2. ^ 銀聯、国外での現金引き出し制限強化 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX30H09_Q5A930C1FFE000/
  3. ^ “三菱UFJニコス、中国銀聯と日本国内での加盟店業務で提携!今秋から銀聯カード決済サービス開始!” (PDF) (プレスリリース), 三菱UFJニコス株式会社, http://www.cr.mufg.jp/corporate/news/pdf/2010/20100701_01.pdf 2010年11月6日閲覧。 
  4. ^ “イオンクレジットサービス 中国銀聯との日本およびアジア諸国における業務提携について” (PDF) (プレスリリース), イオンクレジットサービス株式会社, http://www.aeoncredit.co.jp/aeon/corp/news/data/news101001.pdf 2010年11月6日閲覧。 
  5. ^ 『日本で広がる「銀聯」決済 東京の百貨店で続々』2008年4月2日付配信 サーチナ・中国情報局
  6. ^ 上海在住の日本人向け「元」決済のクレジットカード「長城-SAIS◎Nクレジットカード」発行 (PDF)” (日本語). 2010年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]