エドモントンLRT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドモントンLRT
ETS Car1039 SD160.jpg
エドモントンLRTの車輌(シーメンスSD-160
基礎情報
所在地 カナダの旗カナダアルバータ州エドモントン市
種別 LRT
路線数 2
駅数 18
日乗客数 100,760人(2013年[1]
運営
開業日 1978年4月22日
仕様
路線総延長 24.3km
軌間 1435mm
テンプレートを表示
エドモントンLRT計画路線図
川を渡るLRT電車
ヘルス・サイエンシス駅に停車する旧型車輌(Siemens–Duewag U2型

エドモントンLRT(英:Edmonton Light Rail Transit、略称:Edomonton LRT)は、カナダアルバータ州エドモントンにあるライトレール鉄道路線に与えられた名称で、エドモントン・トランジットシステム (ETS) のもとで運営されている。

概要[編集]

1974年に建設が始まり、1978年に開通した。現在まで延伸が続けられており、2015年現在、2路線、総延長24.3km、18駅で運行されている。全部で5路線が計画されている。将来的にはウエストエドモントンモールエドモントン国際空港などへの延伸も計画されている。

現在の路線は、高床車輌に対応するよう各駅のプラットフォームは作られている。車輌はSiemens–Duewag U2シーメンスSD-160(2009年より)を用いている(双方とも高床型)。

ベイ/エンタープライズスクエア駅
コロナ駅

路線と駅[編集]

キャピタル線[編集]

1978年に開通した最初の路線。クレアビュー駅からセンチュリー・パーク駅までを結び、スタジアム駅を出てダウンタウンに入ると地下鉄となり、グランディン駅を過ぎて、ノースサスカチュワン川の手前で地上に出る。橋を渡ると再び地下に入りユニバーシティー駅を過ぎると地上に出る。

営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
クレアビュー駅(Clareview) 0.0 1981年 地上
ベルヴェデル駅(Belvedere) 1978年 地上
コロシアム駅(Coliseum) 1978年 地上
スタジアム駅(Stadium) 1978年 コモンウェルス・スタジアム 地上
チャーチル駅(Churchill) 1978年 メトロ線 地下
セントラル駅(Central) 1978年 メトロ線 地下
ベイ/エンタープライズスクエア駅
(Bay/Enterprise Square)
1983年 メトロ線 地下
コロナ駅(Corona) 1983年 メトロ線 地下
グランディン/ガバメントセンター駅(Grandin/Government Centre) 1989年 メトロ線 地下
ユニバーシティー駅(University) 1992年 メトロ線アルバータ大学 地下
ヘルス・サイエンシス/ジュビリー駅
(Health Sciences/Jubilee)
2006年 メトロ線アルバータ大学 地上
マッケナ/ベルグラビア駅(McKernan/Belgravia) 2009年 地上
サウスキャンパス/フォート・エドモントンパーク駅(South Campus/Fort Edmonton Park) 2009年 アルバータ大学 地上
サウスゲート駅(Southgate) 2010年 地上
センチュリー・パーク駅(Century Park) 21.0 2010年 地上

メトロ線[編集]

2015年に開通し新たに3駅が設けられたキャピタル線から北部に伸びる支線。チャーチル駅から先はキャピタル線と直通運転を行う。

営業キロ 開通年 接続路線、施設 方式
NAIT駅(NAIT) 0.0 2015年 エドモントン市中央空港 地上
キングスウェイ/ロイヤルアレックス駅(Kingsway/Royal Alex) 2015年 地上
マックエワン駅(MacEwan) 2015年 地上
チャーチル駅(Churchill) 3.3 1978年 以下キャピタル線・ヘルス・サイエンシス/ジュビリー駅まで直通運転 地下

脚注[編集]

外部リンク[編集]