トロント市地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トロント地下鉄
(Toronto subway and RT)
トロント地下鉄に導入された新型車両
トロント地下鉄に導入された新型車両
基本情報
カナダの旗 カナダ
所在地 オンタリオ州トロント市
種類 ラピッド・トランジットLRT
開業 1954年3月30日
運営者 トロント交通局
詳細情報
総延長距離 76.9 km (19 km建設中)
路線数 4路線(1路線建設中)
駅数 75駅(22駅建設中)
輸送人員 302,806,300人/年(2017年
1日利用者数 915,000人/日(2017年
軌間 1,495 mm(1,2,4号線)
1,435 mm(3,5号線)
電化方式 第三軌条方式(1,2,4号線)
リニアモーター(3号線)
架空電車線方式(5号線)
路線図
TTC subway map 2015.svg
テンプレートを表示

トロント地下鉄(英称:Toronto subway)は、カナダトロントにある、トロント交通局が運営する地下鉄である。

概要[編集]

1954年にカナダ初の地下鉄として開業し、その後、路線は延伸され4路線が運行中である。そのうち、スカボローRTは地下鉄ではなく、地上を走る新交通システムとなっており他線とは区別されている。また、エグリントン線が5番目の路線としてLRTタイプの路線として建設中である。

ヨーク・ユニバーシティ駅駅舎
ヨーク・ユニバーシティ駅
ダンズビュー・パーク駅構内
パイオニアビレッジ駅入り口
パイオニアビレッジ駅構内
ハイウェー407駅
フィンチ・ウェスト駅
ミュージアム駅
改装後のミュージアム駅
吹き抜けになったダンズビュー駅のプラットホーム
最新型車両1
最新型車両2
最新型車両のトロントロケットの内装
スカボローRT線のマッカワン駅
スカボローRT線の車両
1995年に導入されたT1地下鉄車両

歴史[編集]

1954年にカナダ初の地下鉄としてヤング線としてエグリントン駅とユニオン駅間の12駅がヤング・ストリートに沿って開通した。当初は市電の地下化路線として計画がすすめられたが、後に本格的な地下鉄路線としての整備に変更された。1966年にはブロア・ダンフォース線が開通。1985年にはスカボロー線が開通。2002年にはシェパード線が開通した。

路線と駅[編集]

番号 路線名 種類 開業年 距離 駅数 区間
1号線 ヤング・ユニヴァーシティ 地下鉄 1954年 38.8 km 38 Vaughan Metro Centre ↔ Finch
2号線 ブロア・ダンフォース 地下鉄 1966年 26.2 km 31 Kipling ↔ Kennedy
3号線 スカボロー   ライトメトロ 1985年 6.4 km 6 McCowan ↔ Kennedy
4号線   シェパード 地下鉄 2002年 12.7 km 8 Sheppard–Yonge ↔ Don Mills
5号線   エグリントン ライトレール 建設中 19 km 25 Mount Dennis ↔ Kennedy
6号線   フィンチ・ウェスト ライトレール 計画中 12.7 km 8 Humber College ↔ Finch West

<T>のマークのある駅では、陸上機関への乗継ぎにトランスファー・チケット(乗換票)が必要である。

一号線ヤング・ユニヴァーシティ[編集]

一号線ヤング・ユニヴァーシティ(Line 1 Yonge-University)は1954年に開業、最近では1996年に拡張。8.6 km、6駅が2017年12月17日に開業した。U字型の路線を描く。ラインカラー黄色。ライン番号は1。

一号線ヤング・ユニヴァーシティ
駅名 接続路線 開通年 方式
ヴォーン・メトロポリタン・センター駅
Vaughan Metropolitan Centre
2017年 地下
ハイウェー407駅Highway 407 2017年 地下
パイオニア・ビレッジ駅Pioneer Village 2017年 地下
ヨーク・ユニバーシティ駅York University 2017年 地下
フィンチ・ウェスト駅Finch West 2017年 地下
ダンズビュー・パーク駅Downsview Park GOトレインバリー線 2017年 地下
シェパード・ウェスト駅Sheppard West
※開業から2017年までは「ダンズビュー駅:Downsview」
1996年 地下
ウィルソン駅Wilson 1978年 地上
ヨークデール駅Yorkdale <T> 1978年 地上
ローレンス・ウェスト駅Lawrence West 1978年 地上
グレンケーン駅Glencairn <T> 1978年 地上
エグリントン・ウェスト駅Eglinton West 1978年 半地下
セント・クレア・ウェスト駅St Clair West 1978年 地下
デュポント駅Dupont <T> 1978年 地下
スパダイナ駅Spadina 二号線ブロア・ダンフォース 1978年 地下
セント・ジョージ駅St George 二号線ブロア・ダンフォース 1963年 地下
ミュージアム駅Museum <T> 1963年 地下
クィーンズ・パーク駅Queen's Park <T> 1963年 地下
セント・パトリック駅St Patrick <T> 1963年 地下
オズグッド駅Osgoode <T> 1963年 地下
セント・アンドリュー駅St Andrew <T> 1963年 地下
ユニオン駅Union <T>
GOトレイン全線
ユニオン・ピアソン・エクスプレスVIA鉄道
1954年 地下
キング駅King <T> 1954年 地下
クィーン駅Queen <T> 1954年 地下
ダンダス駅Dundas <T> 1954年 地下
カレッジ駅College <T> 1954年 地下
ウェルズリー駅Wellesley 1954年 地下
ブロア・ヤング駅Bloor - Yong 二号線ブロア・ダンフォース
1954年 地下
ローズデール駅Rosedale 1954年 地上
サマーヒル駅Summerhill <T> 1954年 地下
セント・クレア駅St Clair 1954年 地下
デービスヴィル駅Davisville 1954年 地上
エグリントン駅Eglinton 1954年 地下
ローレンス駅Lawrence 1973年 地下
ヨーク・ミルズ駅York Mills 1973年 地下
シェパード・ヤング駅Sheppard – Yonge シェパード線 1974年 地下
ノース・ヨーク・センター駅North York Centre <T> 1987年 地下
フィンチ駅Finch 1974年 地下

二号線ブロア・ダンフォース[編集]

二号線ブロア・ダンフォース(Line 2 Bloor-Danforth)は1966年に開業し最近では1980年に拡張。トロントを東西に跨る。ラインカラーは。ライン番号は2。

二号線ブロア・ダンフォース
駅名 接続路線 開通年 方式
キプリング駅Kipling GOトレインミルトン線  1980年 地上
イスリントン駅Islington   1968年 地下
ロイヤル・ヨーク駅Royal York   1968年 地下
オールド・ミル駅Old Mill <T>  1968年 地下/高架
ジェーン駅Jane <T>  1968年 地下
ラニーミード駅Runnymede <T>  1968年 地下
ハイ・パーク駅High Park <T>  1968年 半地下
キール駅Keele   1966年 高架
ダンダス・ウェスト駅Dundas West GOトレインキッチナー線ブロア駅
ユニオン・ピアソン・エクスプレスブロア駅
1966年 地下
ランズダウン駅Lansdowne <T>  1966年 地下
ダファリン駅Dufferin <T>  1966年 地下
オシントン駅Ossington   1966年 地下
クリスティー駅Christie <T>  1966年 地下
バサースト駅Bathurst   1966年 地下
スパダイナ駅Spadina 一号線ヤング・ユニヴァーシティ  1966年 地下
セント・ジョージ駅St George 一号線ヤング・ユニヴァーシティ  1966年 地下
ベイ駅Bay <T>  地下
ブロア・ヤング駅Bloor - Yong< <T>
一号線ヤング・ユニヴァーシティ
1966年 地下
シェルボーン駅Sherbourne <T>  1966年 地下
キャッスル・フランク駅Castle Frank   1966年 地下
ブロードビュー駅Broadview   1966年 地下
チェスター駅Chester   1966年 地下
ペープ駅Pape   1966年 地下
ドンランズ駅Donlands   1966年 地下
グリーンウッド駅Greenwood   1966年 地下
コックスウェル駅Coxwell   1966年 地下
ウッドバイン駅Woodbine   1966年 地下
メイン・ストリート駅Main Street GOトレインレイクショア・イースト線
(こちらの線ではダンフォース駅) 
1968年 地下
ヴィクトリア・パーク駅Victoria Park   1966年 高架
ウォーデン駅Warden   1966年 高架
ケネディー駅Kennedy 三号線スカボローGOトレインスタウフビル線  1980年 地下

三号線スカボロー[編集]

三号線スカボロー(Line 3 Scarborough)は二号線ブロア・ダンフォースの東端が始点で、1975年に開業。一部の線路が高架化されている新交通システム。ラインカラーは。ライン番号は3。

三号線スカボロー
駅名 接続路線 開通年 方式
ケネディー駅Kennedy 二号線ブロア・ダンフォース 1985年 高架
ローレンス・イースト駅Lawrence East 1985年 地上
エルズミア駅Ellesmere <T> 1985年 地上
ミッドランド駅Midland <T> 1985年 高架
スカボロー・センター駅Scarborough Centre 1985年 高架
マッカワン駅McCowan <T> 1985年 高架

四号線シェパード[編集]

四号線シェパード(Line 4 Sheppard)は2002年に開業。ラインカラーは。ライン番号は4。

シェパード線
駅名 接続路線 開通年 方式
シェパード・ヤング駅Sheppard - Yonge 一号線ヤング・ユニヴァーシティ 2002年 地下
ベイビュー駅Bayview <T> 2002年 地下
ベサリオン駅Bessarion <T> 2002年 地下
レスリー駅Leslie 2002年 地下
ドン・ミルズ駅Don Mills 2002年 地下

建設・計画中路線[編集]

五号線エグリントン[編集]

エグリントン線(Eglinton_Line)は建設中路線でLRTタイプ。2021年開業予定。ラインカラーはオレンジ。ライン番号は5。

1990年代半ばには、エグリントン・ウェスト線の工事が着工したが、この建設は主要な工程を経ないまま頓挫した。しかし2007年序盤に、ライトレール案として再度着工が議論され(Eglinton Crosstown LRT)、路線の中ほど(キール通り-レイヤード・ドライブ間)は地下を走り、それ以外は地上を走り、ピアソン空港からスカボローまで概ね市内を東西に横断する路線が提案された。この案はエグリントン線の名で半分を地下線、半分を地上を走り、Kennedy駅でスカボローRTと接続する路線として現在建設が進んでおり、2021年の完成を見込んでいる。路線番号はトロント地下鉄5号線となる。

5号線エグリントン
駅名 接続路線 開通年 方式
マウント・デニス駅Mount Dennis GOトレインキッチナー線
ユニオン・ピアソン・エクスプレス
2021年開業予定 地上
キールズデール駅Keelesdale 2021年開業予定 地下
カレドニア駅Caledonia GOトレインバリー線  2021年開業予定 地下
フェアバンク駅Fairbank 2021年開業予定 地下
オークウッド駅Oakwood 2021年開業予定 地下
セダーベール 駅Cedarvale 一号線ヤング・ユニヴァーシティ 2021年開業予定 地下
フォレスト・ヒル駅Forest Hill 2021年開業予定 地下
チャプリン駅Chaplin 2021年開業予定 地下
アベニュー駅Avenue 2021年開業予定 地下
エグリントン駅Eglinton 一号線ヤング・ユニヴァーシティ 2021年開業予定 地下
マウント・プレザント駅Mount Pleasant 2021年開業予定 地下
リーサイド駅Leaside station 2021年開業予定 地下
レアード駅Laird 2021年開業予定 地下
サニーブルック・パーク駅Sunnybrook Park 2021年開業予定 地上
科学センター駅Science Centre 2021年開業予定 地下
アーガー・ハーン公園・博物館駅Aga Khan Park & Museum 2021年開業予定 地上
ウィンフォード駅Wynford 2021年開業予定 地上
スローン駅Sloane 2021年開業予定 地上
オコナー駅O'Connor 2021年開業予定 地上
ファーマシー駅Pharmacy 2021年開業予定 地上
ハキム・レボビッチ駅Hakimi Lebovic 2021年開業予定 地上
ゴールデン・マイル駅Golden Mile 2021年開業予定 地上
バーチマウント駅Birchmount 2021年開業予定 地上
オンビュー駅Ionview 2021年開業予定 地上
ケネディー駅Kennedy 三号線スカボロー二号線ブロア・ダンフォース
GOトレインスタウフビル線 
2021年開業予定 地下

六号線フィンチ-ウェスト[編集]

フィンチ-ウェスト線(Finch West_Line)は計画中路線でLRTタイプ。2023年開業予定。ラインカラーはシルバー。ライン番号は6。超低床電車シタディス・スピリットが導入予定。

2023年の路線図

その他の延伸計画[編集]

ヤング・ユニヴァーシティ線、ブロア・ダンフォース線、スカボロー線、シェパード線それぞれに延伸計画がある。スカボロー線は独自のシステムを持つために、老朽化やコストの問題からブロア・ダンフォース線の延伸による置き換えが検討されている。

その他、リリーフ線ジェーンLRTシェパード・イーストLRTウォーターフロント・ウェストLRTイースト米フロントLRT等の建設計画があり、既存の市電のLRT路線化も含めて様々な計画が持ち上がっている。

トロント地下鉄の地下路線はもともとクイーン通りの地下を走る路面電車として計画されたもので(後の1964年には電車を用いたフル規格の地下鉄として開業している)、ハンバー・ループからグリーンウッドの間をカーブしてブロア・ダンフォース線と接続するというものだった。建設は一部で当時始まっており、建設途中の駅はヤング通りとクイーン通りの地下に未だ残っており、またヤング通りのオスグッド駅の地下には駅準備工事の跡を見ることができる。このクイーン通りの地下鉄案は1974年にノースヨークの地下鉄建設案に取って代わられたが、残された2つの駅は未完成ながらも、今後20年の間に、将来の利用者数増加への対応のための駅拡張工事に使用される案がトロントとオンタリオ州から出されている。

車両[編集]

地下鉄3路線で合計678台の車輌がある。シェパード線およびスカボローRTは4両編成、ヤング・ユニヴァーシティ・スパダイナ線およびブロア・ダンフォース線では6両編成で運用されている。地下鉄3路線をつなぐ連絡線があり、技術も共用している。スカボローRTは28台の車輌を保有しており、駆動方式が違うため、地下鉄線内での運用はできない。そのため、地下鉄線と設備、線路ともに接続・共有していない。

トロントロケットと言う最新型車両は2011年に納入された。しかし、T1と呼ばれる1995年に納入した車両が主力車両である。それ以前の1970年代から1980年代に製造された旧式の車両は2014年に運営から退いた。しかし、新交通システムであるスカボローRTには1985年以来同じタイプの車両が使われている。

営業時刻[編集]

  • 平日/土曜日 6:00AMごろ - 1:30AMごろ
  • 日曜日 9:00AMごろ - 1:30AMごろ

地下鉄全線は毎日運行されており、運行時間は概ね午前5時45分から翌日午前1時30分までである(最終列車は上下線ともに概ね午前1時45分に走る。)。日曜日は別ダイヤであり、始発は午前9時である。終電後は、線路のメンテナンスや駅整備のために駅に立ち入ることはできない。深夜帯はブルーナイトネットワーク(Blue Night Network)路線と呼ばれる深夜バスが運行されているので、そちらを使用することとなる。それらのバスには300番台の番号が振られており、深夜バスの停留所には通常のバス停に青帯が付されていたり、同じデザインの色違い(青色)のものが置かれていたりする。

その他[編集]

トロント地下鉄はしばしばニューヨーク地下鉄として映画では撮影される。映画『サブウェイ・パニック』の1998年版などがそうである。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]