膀胱癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
膀胱癌
分類及び外部参照情報
膀胱癌の病理写真
ICD-10 C67., C67.9
ICD-9 188, 188.9
OMIM 109800
DiseasesDB 1427
eMedicine radio/711 med/2344 med/3022
MeSH D001749
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

膀胱癌(ぼうこうがん、: Bladder cancer)は、膀胱から発生する上皮性悪性腫瘍

原因[編集]

第9染色体長腕ヘテロ接合性の消失、第17染色体短腕ヘテロ接合性消失が関与するタイプも指摘されている

発癌の危険因子としては、不衛生な環境、化学物質、ビルハルツ住血吸虫による感染症、喫煙、などが指摘されている。

症状[編集]

排尿痛などの見られない、無症候性肉眼的血尿が唯一の症状であることも多い。上皮内癌や浸潤癌では頻尿や排尿痛などを伴うこともある。

疫学[編集]

2004年における10万人毎の膀胱がんによる死亡者数(年齢標準化済み)[1]
  データなし
  1.5以下
  1.5-3
  3-4.5
  4.5-6
  6-7.5
  7.5-9
  9-10.5
  10.5-12
  12-13.5
  13.5-15
  15-16.5
  16.5以上
  • 死亡数は、男性が悪性腫瘍の第11位、女性は第14位。
  • 発生率は男性が女性の3倍多い。
  • 70歳代での発症が多く、50歳以下の若年発症はまれ。

病理組織学[編集]

病期分類[編集]

TNM分類によって決定される。T1N0M0である場合表在癌とされる。T2以上では浸潤癌とされる。

  • 原発腫瘍の壁内進達度
T0 腫瘍なし
Ta 非浸潤性乳頭癌
Tis 上皮内癌
T1 粘膜下結合組織までの浸潤
T2 筋層への浸潤
T2a 筋層半ばまで
T2b 筋層半ばを越える
T3 膀胱周囲への浸潤
T3a 顕微鏡レベルの浸潤
T3b 肉眼的レベルの浸潤
T4 前立腺、子宮、膣、骨盤壁、腹壁のいずれかに浸潤
T4a 前立腺、子宮、膣のいずれかに浸潤
T4b 骨盤壁、腹壁のいずれかに浸潤
  • 所属リンパ節転移
N0 リンパ節転移なし
N1 2cm以下の1個の所属リンパ節転移
N2 2cmを超え5cm以下の1個の所属リンパ節転移または5cm以下の複数の所属リンパ節転移
N3 5cmを超える所属リンパ節転移
  • 遠隔転移
M0 遠隔転移なし
M1 遠隔転移あり

検査[編集]

治療[編集]

外科的治療
  • 内視鏡手術(経尿道的腫瘍切除術、TUR-Bt) 
    • 腰椎麻酔をかけて尿道から膀胱に内視鏡を入れて観察し電気メスで腫瘍を切り取るまたは焼き尽くす手術で、表在性膀胱がんに対する治療である。ただし、膀胱上皮内がんや浸潤性の診断のためにも行う必要がある。
    • 1回の手術では肉眼で確認できない腫瘍が残存している可能性もあるため、期間をおいてさらに広範囲に施行することもある。
  • 膀胱全摘除術 
    • 膀胱上皮内がんでBCG療法が無効なもの、浸潤性膀胱がんの治療として行う。
    • 膀胱だけでなく男性では前立腺精嚢、女性では子宮も同時に摘出する。また骨盤内のリンパ節も摘出する。また、尿道も摘除することがある。男性は勃起不全(旧称インポテンツ)になる場合が多かったが、勃起機能の温存手術もある。ただし、前立腺、精嚢をとってしまうため、射精不可能になる。
放射線療法
  • 局所療法であるので、効果はあるがこれだけで根治する事は困難な療法でもある。
抗がん剤による化学療法
  • 再発リスクを減少させるため、(術後)補助化学療法として、外科的手術と併用する場合も多い。
膀胱内注入療法 
  • 膀胱内に抗がん剤BCG(いわゆる弱毒性結核菌)を注入してがんの治療あるいは再発予防をはかる治療。
  • 膀胱上皮内がんを対象とし、BCGを用いる。表在性膀胱がんの手術後の再発予防としてこの治療を行うこともある。

膀胱全摘除の尿路変向(変更)術[編集]

  • 主な方法は次の通りである。
  1. 回腸導管:回腸の末端部付近を約30cm程切り取り、口側を閉鎖、両側尿管をそれぞれその付近に吻合。反対側(肛門側)を腹部にストーマとして開口、開口部ストーマより排尿する。パウチの貼付が必須である。
  2. 尿管皮膚瘻:尿管をそのまま腹部皮膚に開口、開口部(ストーマ)より排尿する。パウチの貼付が必須である。
  3. 自排尿型新膀胱:回腸で人工的な膀胱を作り尿道につなぎ、手術前と同様に尿道より排尿する(ストーマはない)。
  4. 導尿型新膀胱:回腸で人工的な膀胱を作り、コックを付け腹部に開口。開口部(ストーマ)にその都度カテーテルを挿入し、カテーテルにより排尿する。パウチの貼付は原則として不要である。

予後[編集]

表在癌は再発率が高く、細胞異型が高いほど、癌が進行しているほど再発しやすい。TUR-Btのみを行った場合、G1、G2で約50%、G3で80%の確率で再発する。また、浸潤癌への伸展も同様の傾向がある。特に上皮内癌は再発率、浸潤癌への伸展率ともに高い。

関連する人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。