ジャイアント・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャイアント・シルバ
Silva Clothesline.jpg
基本情報
本名 パウロ・セザール・ダ・シウバ
(Paulo César da Silva)
通称 219cm 世界最大の格闘家
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1963-07-21) 1963年7月21日(53歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
所属 フリーランス
身長 219cm
体重 180kg
階級 ヘビー級PRIDE
バックボーン プロレスバスケットボール
テーマ曲 ジャイアントプレス
テンプレートを表示

ジャイアント・シルバGiant Silva1963年7月21日 - )は、ブラジルプロレスラー総合格闘家。元バスケットボール選手。サンパウロ州サンパウロ出身。フリーランス。

格闘技界史上最大の選手というギミックを持つが、バスケットボール選手時代の登録身長は219cmである。また、「格闘技界」にプロレスを含めた場合、これより大きな公称身長を標榜した選手は複数いる。

来歴[編集]

ソウルオリンピックバルセロナオリンピックバスケットボールブラジル代表として出場した。

その後WWF(現在のWWE)にスカウトされプロレスラーに転向、ドリー・ファンク・ジュニアトム・プリチャードのコーチを受け、1998年にデビュー。クルガンゴルガとの怪物ユニット「ヒューマン・オディティーズ」の一員となり、当初はヒール、後にベビーフェイスとしてカイエンタイなどと抗争した。WWF退団後はメキシコCMLLにも参戦。

2001年9月に蝶野正洋に勧誘され、TEAM 2000のメンバーとして新日本プロレスに参戦した。同じく巨人レスラーのジャイアント・シンとのタッグチームは「クラブ・セブン」と名付けられた(共に身長が7フィート以上のため)。

2003年12月31日、総合格闘技デビュー及びPRIDE初参戦となったPRIDE SPECIAL 男祭り 2003ヒース・ヒーリングと対戦し、スリーパーホールドで一本負け。

2004年4月25日、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦のヘビー級グランプリ1回戦で戦闘竜と対戦し、チキンウィングアームロックで一本勝ち。

2004年6月20日、PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUNDのヘビー級グランプリ2回戦で小川直也と対戦し、マウントパンチでTKO負け。

2006年4月2日、PRIDE 武士道 -其の拾-美濃輪育久と対戦し、グラウンドの膝蹴りでTKO負け。

2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!と対戦し、チキンウィングアームロックで一本勝ち。

ハッスルにも高田モンスター軍の一員として参戦している。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 2 0 0 0 0
6 4 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
1R 1:02 チキンウィングアームロック K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
× 美濃輪育久 1R 2:23 TKO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE 武士道 -其の拾- 2006年4月2日
× ジェームス・トンプソン 1R 1:28 TKO(サッカーボールキック) PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI- 2005年12月31日
× チェ・ム・ベ 1R 5:47 肩固め PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- 2004年12月31日
× 杉浦貴 1R 2:35 TKO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
× 小川直也 1R 3:29 TKO(マウントパンチ) PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND
【ヘビー級グランプリ 2回戦】
2004年6月20日
戦闘竜 1R 4:04 チキンウィングアームロック PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦
【ヘビー級グランプリ 1回戦】
2004年4月25日
× ヒース・ヒーリング 3R 0:35 スリーパーホールド PRIDE SPECIAL 男祭り 2003 2003年12月31日

マネージャー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]