鶴見五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶴見 五郎
プロフィール
リングネーム 鶴見 五郎
ゴロー・タナカ
ホー・チン・ロー
本名 田中 隆雄
ニックネーム はぐれ熊
身長 181cm
体重 135kg
誕生日 (1948-11-23) 1948年11月23日(68歳)
出身地 神奈川県横浜市
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1971年7月12日
引退 2013年8月22日
テンプレートを表示

鶴見 五郎(つるみ ごろう、1948年11月23日 - )は、日本男性プロレスラー、元トレーニングジム経営者。東海大学理学部卒業[1]神奈川県横浜市出身。本名は田中 隆雄。身長181cm、体重135kg。

経歴[編集]

東海大学理学部物理学科に入学。勉学と同時にレスリングに打ち込んでいたが、同大学にレスリング部がなく、場所を転々としながら独自に練習していた。1971年6月、サンダー杉山の知り合いのつてで国際プロレスに入門。

7月12日札幌中島スポーツセンターでの大磯武戦にてデビューする。

1973年3月、八木宏(後の剛竜馬)と共に海外武者修行のため、ヨーロッパに渡り、主に西ドイツにて活動するが、この時期、イギリスに渡り『蛇の穴』と呼ばれたビリー・ライレージムにてランカシャーレスリングを学ぶ。その後ヨーロッパからメキシコに転戦。このメキシコ遠征の際にNWA世界ライトヘビー級王座をドクトル・ワグナーより奪取するが試合後の計量でウエイトオーバーが判明し、タイトルを剥奪される。「そもそも最初から王座に挑戦していない」との説もあるが真偽は不明。大半の日本人レスラーがメキシコ遠征にあっては食事が合わず体重を落としていた傾向があるなか鶴見は増量して帰ってきたという逸話も残している。

1975年、帰国して中堅レスラーとして活動するが、1979年10月3日の青森県黒石市大会で会場入りした際に自分のカードが組まれていなかったことに激怒し、国際プロレス社長の吉原功に抗議。それを止めようとした稲妻二郎と殴り合い、その結果選手会を除名される。鶴見はこれに腹を立て、吉原を暴行[2]。これがきっかけで稲妻二郎と抗争を展開して、それまで着用していた青いレスリングギアを胸に髑髏のマークを付けた黒いコスチュームに変えてヒールに転向。1980年1月4日に引退していた大位山勝三をパートナーに、ミスター珍をマネージャーに迎えて『独立愚連隊』を結成[2]。日本人による初のヒール軍団の一員として活躍した。しかしそれら一連の出来事は、国際プロレスが経営難となり、外国人レスラーに支払うギャラや旅費の工面に悩む吉原社長が自ら考え出したアングルであったと、後に鶴見自身が語っている(日本人自らがヒールとなり、外国人側の役どころを代行すれば経費が抑えられると考えていた)[3]

国際プロレス解散の半年前となる1981年3月19日の和歌山県御坊市大会をもって大位山が再度引退したため『独立愚連隊』は解散。最終興行となった8月9日の北海道羅臼町大会では、テリー・ギッブスを相手にメインイベントの金網デスマッチに登場、国際プロレス最後の試合を務めた。その後、ドイツCWAカルガリースタンピード・レスリングなど海外転戦を経て、フリーランスとして全日本プロレスに登場。当初は外国人サイドにつき、タイガー・ジェット・シン上田馬之助との共闘や全日本に入団したマイティ井上阿修羅・原との抗争を行う。

1983年3月1日、秋田市立体育館大会で、上田と天龍源一郎によるランバージャック・デスマッチに上田のセコンドとして参加した際に試合中の上田に凶器を渡したことから後日、PWFから6ヶ月間の(全日本マット)出場停止処分を受けている。同じく1983年にはザ・モンゴリアン1984年には来日中止となったバズ・ソイヤーの代打としてワンマン・ギャングと組み、世界最強タッグ決定リーグ戦に参加する。1984年のリーグ戦の最終日には、ラッシャー木村アポロ菅原、剛と共に『国際血盟軍』を結成するが、全日本における日本人選手が飽和状態となり、1986年3月をもって初期メンバーである剛、菅原、1985年6月に加入した高杉正彦の3人が整理解雇されたことにより、同軍団は事実上解散。1986年に全日本のアジアタッグ争奪リーグ戦に剛とのコンビで参戦するも、三つ巴の最下位(ピンフォールを取られたのはすべて剛)に終わる。以後、同団体内で中途半端なポジションに甘んじることとなるが、地方興行のメインで行われる6人タッグにたびたび起用されて地味ながらも役目をこなす。

その後、ジャイアント馬場と木村のファミリー軍団入りを直訴して認められそうになった矢先の1990年SWSへ移籍する。なお、引き抜かれたのではなく、自ら将軍KYワカマツに連絡し入団したという。

1990年9月、SWSプレ旗揚げ戦にてジョージ高野と対戦して裏拳の連発でジョージを追い込み、負けたものの高い評価を得るが、ほどなくSWSは崩壊、当時、所属していた『道場・檄』と高野が率いる『パライストラ』のメンバーと共にNOWに参加するがNOWもほどなく崩壊。その後、IWA格闘志塾を旗揚げしてインディー団体の統括組織であるレスリング・ユニオンに加盟する。1994年には一時期ではあるがFMWに参戦。ターザン後藤と抗争を繰り広げた。またPWCでは「宇宙パワー」としても活躍した。

レスリング・ユニオンが活動を停止したのに伴い、団体名を国際プロレスプロモーションと変えて地元横浜市鶴見区茅ヶ崎市を中心にトレーニングジムの経営と平行しつつ、小規模ながら地道な活動を続けていたが2006年7月に引退を表明。

2009年8月23日、ダークマッチながらも高木三四郎との師弟タッグでDDTプロレスリング両国国技館大会「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」に出場予定だった。しかし、鶴見が大会の開催日を間違えていたため遅刻。約1年半ぶりの試合機会であったが欠場となってしまった(鶴見の代役は小笠原和彦が務めた)。その後、試合会場には到着して第5試合(高木対ザ・グレート・サスケ戦)の途中、リング外でマミーと乱闘をしつつの乱入という形で登場。また同大会エンドロール映像にも姿を見せていた。

2009年9月、GENTAROの強い希望も有り、VKF KING of WRESTLE NANIWAのタイトルに挑戦。国際プロレスの売店を襲うというGENTAROの頭脳プレイによってリングアウト負けを喫している。

2010年7月25日、DDT両国国技館大会に前年の轍を踏むことなく予定通り会場入り。しかし、出場試合の入場直前にトイレにこもっておりその間に試合は開始。鶴見はトイレからリングに向かうが、ロープをまたいでリングインした瞬間、タッグパートナーである松永智充ハチミツ二郎のアンクルホールドにギブアップ。結局、鶴見は一切試合を行わないまま敗退となった。

2010年9月5日、西調布格闘技アリーナにおける頑固プロレスでの対大久保一樹戦及び、その流れで6人タッグマッチとなった鶴見&大久&BENTEN対デモニオ・ウノ&ザ・スカルパー&ザ・ギザー戦。大久保とのシングル戦では足の負傷で満足な動きができないながらも裏拳やランカシャーレスリング流の足関節技、そして、大技のゴロースープレックスを繰り出すなど健在ぶりを披露。6人タッグマッチでも怪奇派に裏拳を叩き込み、大久保の勝利をアシスト。

そのキャリアのほとんどを素顔のヒールの鶴見五郎として歩んできたがユニオンプロレスマッスルなどのリングでプロデュースされて『メカゴロー』、『ツルティモ・ドラゴン』といったキャラクターへの変身を見せたこともある。

2013年8月22日新宿FACEにてDDTとプロレスリングFREEDOMS全面協力の下で引退試合を行った[4][5]。なお、引退試合の後のマイクで長男をプロレスラーとしてデビューさせると言った。

2014年現在、うっ滞性潰瘍を患い神奈川県の病院に入院中。FREEDOMS、DDT、佐野魂が協力し合い、鶴見五郎エイドTシャツを販売して、その売上は鶴見の入院費と治療費にあてる協力をしている。

人物・エピソード[編集]

  • リングネームは当時暮らしていた横浜市鶴見区と渡哲也主演映画『無頼 人斬り五郎』(後に北村一輝主演でリメイク)から取って、自身で命名した。
  • 外見に似合わず、裁縫や料理(特に漬物)が得意。国際血盟軍の旗も自分で縫い、学生時代は不二家ショートケーキ作りのアルバイトをしていたという(趣味にワープロとも)。メキシコ遠征で体重を落とさなかったのは、食事をほぼ自炊でまかなったため栄養管理ができていたからである。
  • ジャイアント馬場は鶴見の気迫溢れるファイトや本格的なレスリングテクニック、スープレックスなどを高く評価しており、80年代前半は何度も「日本人サイドに付かないか」「全日に正式入団しないか」と誘われたが全て丁重に断ったという。その理由としては「当時は嫁さんがアメリカに住んでいたので、ギャラはドルで欲しかったから」だそうである[6]
  • 国際プロレスでは未払いのファイトマネーが所属選手中最高額だった[7]。吉原功が入院した際も、見舞いにはいつも訪れていた[7]
  • 酒井美羽作のレディースコミック『ママはやしの実わり』(全3巻。白泉社刊)に取材協力。同作内にて主人公の夫でプロレスラーのゴウ伊吹(モデル不明)をサポートする優しき先輩として鶴見をモデルとした鶴見五郎が登場、その家族や自らが率いる独立団体が青果市場で興行する模様なども描かれている。なお、同作にはゴウ伊吹のライバルとして、鬼童凶児(モデルは蝶野正洋)、ゴウ伊吹の所属団体社長で会社を倒産させた社長として、虎山熊ノ助(モデルは将軍KYワカマツ)なども登場する。
  • 神奈川県茅ヶ崎市の鶴見五郎ジムの看板には、いしかわじゅんによる鶴見五郎の似顔絵が描かれている。
  • 2010年4月29日、自宅の窓を開けようとした不審な男を鶴見五郎が発見。逃げた男を当時25歳の長男と2人で約50メートル追いかけて取り押さえ110番通報し警察に引き渡した[8]

得意技[編集]

アバランシュバックドロップ
雪崩式バックドロップと同型。
ゴロースープレックス
真横から相手の片方の太股を抱えるようにして股の下でクラッチして持ち上げて後方に反り投げる。
バックハンドブロー
アフロヘアーに髑髏の吊りパンツそしてアジャ・コングが装着しているものと同様の裏拳用グローブが鶴見のトレードマークであった。

タイトル歴[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロレスで活躍した鶴見五郎さん 日刊ゲンダイ 2013年4月8日付
  2. ^ a b 「忘れじの国際プロレス」P111 ベースボール・マガジン社 2014年。
  3. ^ 『Gスピリッツ Vol.17』P74(2010年、辰巳出版ISBN 4777808297
  4. ^ 2013年8月22日 国際プロレス 鶴見五郎最後の闘い. 国際プロレスプロモーションのYouTubeチャンネル.. (2013年5月28日). 該当時間: 1:19. http://www.youtube.com/watch?v=NiENd2ABGt8 2013年5月30日閲覧。 
  5. ^ 昭和の悪役・鶴見五郎引退/国際プロレス 日刊スポーツ 2013年8月22日閲覧
  6. ^ 『プロレス真実一路』 No.1678号 「G・馬場『ケチ説』を覆す全日本系レスラーの『真実のギャラ』一覧」 (2009年宝島社
  7. ^ a b 週刊プロレス』1987年5月5日号「吉原学校卒業生」(『忘れじの国際プロレス』P67に再録) ベースボール・マガジン社
  8. ^ “泥酔男自宅侵入…鶴見五郎が取り押さえた”. 日刊スポーツ. (2010年4月30日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20100430-623999.html 2016年9月22日閲覧。 

関連項目[編集]