ジム・ナイドハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジム・ナイドハート
ジム・ナイドハートの画像
プロフィール
リングネーム ジム "ジ・アンヴィル" ナイドハート
フー(Who)
本名 ジェイムズ・ヘンリー・ナイドハート
身長 183cm[1]
体重 125kg(全盛時)[1]
誕生日 (1955-02-08) 1955年2月8日
死亡日 (2018-08-13) 2018年8月13日(63歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州タンパ
ヒルズボロ郡タンパ[2]
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー スチュ・ハート
デビュー 1979年
テンプレートを表示

ジム "ジ・アンヴィル" ナイドハートJim "The Anvil" Neidhart、本名:James Henry Neidhart1955年2月8日 - 2018年8月13日)は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身[2]

1980年代半ばから1990年代にかけて、WWFを主戦場にブレット・ハートとのタッグチーム "ハート・ファウンデーション" などで活躍した。妻はスチュ・ハートの長女エリー・ハート。娘はWWE所属のナタリアことナッティ・ナイドハート

来歴[編集]

NFLオークランド・レイダーズダラス・カウボーイズに在籍した後、ハート・ファミリーの総帥スチュ・ハートのトレーニングを受け、1979年カナダカルガリースタンピード・レスリングでデビュー。1981年10月には西ドイツハノーバーに遠征し、スティーブ・ライトミレ・ツルノパット・ローチエイドリアン・ストリートビッグ・ジョン・クインムース・モロウスキーザ・UFOゴロー・タナカなどと対戦している[3]

1982年4月にはスタンピード・レスリングとの提携ルートで新日本プロレスに初来日[4]。当時は無名の存在だったため、ほとんど注目されることはなかったが[5]1983年1月の再来日時には、外国人エース格のブラックジャック・マリガンマスクド・スーパースターのパートナーとなって時折メインイベントにも出場した[6]

1983年下期からはアメリカ南部にも進出。ルイジアナMSWAミスター・レスリング2号テッド・デビアステネシーCWAジェリー・ローラーオースチン・アイドルらと対戦してネームバリューを高める。MSWAでは1983年10月12日、ブッチ・リードと組んでジム・ドゥガン&マグナムTAを破り、ミッドサウス・タッグ王座を獲得[7]NWA圏のフロリダ地区では1984年8月12日にアンジェロ・モスカから南部ヘビー級王座を奪取し[8]、10月3日にはクラッシャー・クルスチェフと組んでUSタッグ王座を獲得した[9]

1985年、スタンピード・レスリングがビンス・マクマホンに買収されたことに伴いWWFと契約[2]。テネシーCWA時代の盟友ジミー・ハートマネージャーに、同時期にWWF入りした義弟ブレット・ハートとのヒール・ユニット "ハート・ファウンデーション" を結成。豪力派の強面ナイドハートと技巧派の二枚目ブレットという、パートナー同士が互いの個性を追求した新しいタイプのタッグチームとして頭角を現す(ナイドハートは自分達のことを「ブレットはポルシェ、俺はタンク」と表現していた)。1987年1月26日にはブリティッシュ・ブルドッグスダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス)からWWF世界タッグ王座を奪取[10]。同年10月27日にストライク・フォース(ティト・サンタナ&リック・マーテル)に敗れるまで、9か月間に渡り同王座を保持した。

1988年4月、ヒールのバッドニュース・ブラウンとブレットの対立アングルが組まれたことを機に、揃ってベビーフェイスに転向。デモリッションアックス&スマッシュ)、ブレーン・バスターズ(タリー・ブランチャード&アーン・アンダーソン)、リズム&ブルース(ホンキー・トンク・マン&グレッグ・バレンタイン)、パワー&グローリーハーキュリーズ&ポール・ローマ)らと抗争を展開する。1990年8月27日のサマースラム1990では、リージョン・オブ・ドゥームのフォローでデモリッションに勝利、WWFタッグ王者チームに返り咲いた[10]

しかし、翌1991年3月24日のレッスルマニアVIIナスティ・ボーイズジェリー・サッグス&ブライアン・ノッブス)に敗れ王座から陥落。その後チームを解散して、ブレットはシングルプレイヤーに転向。ナイドハートはブレットの実弟オーエン・ハートと新チーム "ニュー・ファウンデーション" を結成するがブレイクには至らず、1992年WCWへ転出する。WCW在籍中の1992年8月には新日本プロレスに久々に来日、G1クライマックスNWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場した(1回戦で佐々木健介に敗退)。同年10月のSGタッグ・リーグ戦にもトム・ジンクと組んで参加している[11]

1994年6月19日、キング・オブ・ザ・リング1994で行われたブレット・ハート対ディーゼルWWF世界ヘビー級王座戦において、王者ブレットのセコンドとしてWWFに復帰するが、試合に介入してヒールに転向[2]。同年にヒールターンしていたオーエンと結託し、ブレットとの骨肉の争いを開始した[12]1996年にはフーWho)なる覆面レスラーに変身したが、一時WWFを離脱してインディー団体を転戦。その後1997年、ブレットのヒール転向により再編されたハート・ファウンデーションのメンバーとして復帰する[2]。しかし、同年11月9日のモントリオール事件を最後に、ブレットやデイビーボーイ・スミスと共にWCWへ移籍することになった。

WCWでは『マンデー・ナイトロ』にてクリス・ジェリコが保持していた世界TV王座にも挑戦したが[13]、ミッドカードのポジションから脱することはできず、1998年に解雇されている[2]。その後はセミリタイア状態となり、インディー団体に単発的に出場。2000年代に入り、WWEの下部団体OVWで若手選手のコーチを務めていたこともあった。2007年12月10日には『RAW』15周年記念大会のオールドタイマーによるバトルロイヤルに出場している[14]

2009年11月12日、TNAの『iMPACT!』に登場、ジェイ・リーサルから勝利を収めた[15]2010年4月26日にはオンタリオ州のCWI(チャンピオンシップ・レスリング・インターナショナル)にて、WWF時代の盟友ブルータス・ビーフケーキとCWIヘビー級王座を争った[16]

2018年8月13日、63歳で死去[17][18]。死因は長年患っていたアルツハイマー病の発作による転倒だった[19]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ジム "ジ・アンヴィル" ナイドハート(2005年)
スタンピード・レスリング
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ワールド・レスリング・フェデレーション
インディー

逸話[編集]

  • 娘のナタリアによると、ナタリアの高校時代は下校時間になるとオートバイで迎えに来るほどの親バカであった(叔父のブレットも過保護でやさしかったという)。また、当初はレスラーになることは反対だったとのこと。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P56(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f Jim Neidhart”. Online World of Wrestling. 2015年12月19日閲覧。
  3. ^ The matches Jim Neidhart fought at Germany in the year 1981”. Wrestlingdata.com. 2015年12月19日閲覧。
  4. ^ The NJPW matches fought by Jim Neidhart in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年12月19日閲覧。
  5. ^ 『ザ・レスラー '83新春黄金シリーズ号』P13(1983年、新日本プロレス オフィシャル・マガジン)
  6. ^ The NJPW matches fought by Jim Neidhart in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年12月19日閲覧。
  7. ^ a b Mid-South Tag Team Title Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。
  8. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。
  9. ^ a b NWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。
  10. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月16日閲覧。
  11. ^ The NJPW matches fought by Jim Neidhart in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年12月19日閲覧。
  12. ^ The WWE matches fought by Jim Neidhart in 1994”. Wrestlingdata.com. 2015年12月19日閲覧。
  13. ^ WCW Monday NITRO #156”. Cagematch.net. 2015年12月19日閲覧。
  14. ^ WWE Monday Night RAW #759 - 15th Anniversary”. Cagematch.net. 2015年12月19日閲覧。
  15. ^ Wilkenfeld's TNA iMPACT! Report 11/12”. PW Torch. 2009年11月12日閲覧。
  16. ^ Brawl At The Bush - Laying The Smackdown On Cancer”. Cagematch.net. 2015年12月19日閲覧。
  17. ^ Jim “The Anvil” Neidhart passes away”. WWE.com (2018年8月13日). 2018年8月14日閲覧。
  18. ^ 新日本G1参戦のナイドハートさん死去 ブレット・ハートと名コンビ”. デイリースポーツ (2018年8月14日). 2018年8月14日閲覧。
  19. ^ Jim 'The Anvil' Neidhart, member of Hart Foundation, dies at 63”. ESPN.com. 2018年8月14日閲覧。
  20. ^ Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]