モントリオール事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モントリオール事件 (Montreal Screwjob) は、アメリカのプロレス団体WWFの興行中に起こった、会社によるシナリオ破り事件の通称。1997年11月9日サバイバー・シリーズでのブレット・ハートショーン・マイケルズWWF王座を賭けた試合にて起こった出来事で、興行が行われたカナダモントリオールの地名を取って、モントリオール事件と呼ばれる。また事件の被害者といえるブレット側の視点から『モントリオールの悲劇』と呼ばれる場合もある。

概要[編集]

背景[編集]

1995年、WWFの先行番組「WWFマンデーナイト・ロウ (Monday Night RAW)」に対抗する為、ライバル団体WCWは同一時間帯に名称すら似せた「WCWマンデー・ナイトロ (Monday Nitro)」をぶつけ、両者の間に苛烈な視聴率戦争、いわゆる「マンデー・ナイト・ウォーズ」が勃発した。そして事件が起きた97年当時、WWFは劣勢に立たされて経営は逼迫していた。

WWFはWCWに対抗するために、それまでのファミリー路線から下品で過激さを持つアティテュード路線へ転換していき、D-ジェネレーションXなどを強烈にプッシュしていった。この路線に対して、プロレスは健全であるべきと考えるブレットは反発し、WWFとの関係は悪化していった。また資金的に困窮していたWWFにとって、俸給その他の経費面で複数の看板レスラーの存在は重荷になり始めていた。ショーン・マイケルズ、ジ・アンダーテイカー、ブレット・ハートの3人のトップレスラーのうちアティテュード路線に反対していたブレットが標的となり、彼は1996年に締結したはずの20年契約を破棄されて解雇されることになった。

WWF王座問題[編集]

ブレットは1997年のサバイバー・シリーズを最後にWWFを退団することが決定していたが、当時ブレットが保持していたWWF王座を移動させなければいけない問題があった。以前、WWF女子王座にあったアランドラ・ブレイズに、WCW移籍のパフォーマンスとしてWCWの番組中にベルトを捨てられたこともあり、WWFの経営者であったビンス・マクマホンは移籍前のタイトル移動は絶対、としていた。

当初はサバイバー・シリーズでショーン・マイケルズに敗れての王座移動というストーリーラインが書かれたが、地元カナダでの敗戦をブレットは拒否。そのためサバイバー・シリーズではD-ジェネレーションXとハート・ファウンデーションの乱入により無効試合としてショーンへの王座移動はなし、翌日のRAWで王座返上する、というストーリーラインに変更されたはずだった。

事件当日[編集]

サバイバー・シリーズ当日、試合はストーリーライン通りに進むかと思われたが、ショーン・マイケルズがブレットの必殺技であるシャープ・シューターを繰り出した瞬間、リングサイドにいたビンス・マクマホンがレフェリーのアール・ヘブナーにゴングを要請し、サブミッションによりショーン・マイケルズの勝利、と宣告された。ヘブナーはすぐに控室に逃走、ショーンも係員に控室へ連れられていった。

ビンスにハメられ、王座を失ったことに気が付いたブレットは、しばし呆然とし、リング上から離れようとしなかった。その後ブレットはリングサイドにいたビンスにを吐き掛け、放送用機材を壊し、控え室に戻っていった。ショーンを問い詰めた後、更に怒りの収まらないブレットはビンスの控え室まで行きビンスを殴った。

事件後[編集]

事件後、ハート・ファウンデーションのメンバーもオーエン・ハートを残してWCWに移籍した。

ショーン・マイケルズは事件当日にブレットに詰問された際には、計画については何も知らなかったと答えていたが、後年WWE・コンフィデンシャルでのインタビューで事前に知らされていたことを告白している。

2週間後のWWFでHBKでは許してくれないがDXでは許してくれる。という事がおこり、当時のHBKは涙をうかべていた。

2004年、モントリオールで行われたバックラッシュでは、前月のレッスルマニア20で世界ヘビー級王者となったハート道場出身のクリス・ベノワがマイケルズ、トリプルHを相手に防衛戦を行い、マイケルズからシャープシューターでタップアウトを奪って因縁に一応の結末を与える形となった。

和解[編集]

2006年ブレットは自分の過去の試合が埋もれていくことを防ぐために、ビンス・マクマホンとの一応の和解をする。そして、自身で選んだ試合とブレット自身の半生を収録したDVDをWWE側から発売することとなった。また同年度のレッスルマニア前夜に行われたWWE Hall of FameにてWWEの殿堂入りを果たし、その際に会場に現れた(しかし、レッスルマニア自体には現れなかった)。しかし、この時点でショーン・マイケルズ、トリプルHとの確執は解消されておらず、両者共にこの話題になると相手を非難する発言をしていた(最近はブレットも友好的な発言も目立つようになった)。カナダのファンも最近のカナダ興行ではDジェネレーションXに対して非常に友好的な態度を見せているが、マイケルズに対するヒール扱いは続いており、現在でもモントリオールなどの興行では"You screwed Bret!"(お前はブレットをハメた)チャントが発生している。

そして事件から12年後、2010年01月04日のRAWの番組内においてこの回のゲストホストとして迎えられ久々にWWEのリングにたったブレットはついにショーン・マイケルズと対面し、感動的な和解を果たした。

レスリング・ウィズ・シャドウズ[編集]

この時期、ブレットは自身のドキュメンタリー映画の撮影を行っていた。WWFがバックステージでの撮影を許可していた事もあり、事件前後のバックステージの様子が克明に撮影されていた。映画『レスリング・ウィズ・シャドウズ (Wrestling with Shadows)』[1]では、バックステージでトリプルHに「ハンター、あなたもいつか報いを受けるわよ」と詰めよるブレット夫人[2]、ただならぬ雰囲気に泣き出すブレットの息子など、生々しい様子を見ることが出来る、

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 監督・ポール・ジェイ『レスリング・ウィズ・シャドウズ』ASIN B00005G03H
  2. ^ その際、トリプルHは「(このブックについては)知らない」と発言したが、後年マイケルズ同様に知らされていた事を告白している

関連項目[編集]