マイク・タイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・タイソン
Mike Tyson
Mike Tyson 2019 by Glenn Francis.jpg
2019年
基本情報
本名 マイケル・ジェラルド・タイソン
(Michael Gerard Tyson)
通称 アイアン
キッド・ダイナマイト
The Baddest Man on the Planet
(地球上で最強/最高の男)
階級 ヘビー級
身長 178cm[1][2][3]
リーチ 180cm[4]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1966-06-30) 1966年6月30日(54歳)
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区
スタイル 右ファイター(ピーカブー
プロボクシング戦績
総試合数 58
勝ち 50
KO勝ち 44
敗け 6
無効試合 2
テンプレートを表示
マイク・タイソン
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年1月17日 -
登録者数 約151万人
総再生回数 約9194万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年10月19日時点。
テンプレートを表示

マイク・タイソンMike Tyson1966年6月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサーニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。元WBAWBCIBF世界ヘビー級統一王者
現在はスタンドアップコメディアンとして活動。自身の大麻農園「タイソン農園」の経営もしている[5][6]

ボクシングスタイル[編集]

身長178cm、リーチ180cm、周囲50cm超の首を誇る。ヘビー級としては小柄ながら巨漢ボクサーをガードごと薙ぎ倒す桁外れのパンチ力に加え、ヘビー級では並外れたフットワークとスピード、急所を正確にコンビネーションで打ち抜く高度なオフェンス技術、そして相手のパンチをガードのみに頼らず、ボディーワークでことごとく空に切らす鉄壁のディフェンス技術を武器に次々に大男たちをキャンバスに沈めた。

フロイド・パターソンと同門下であり、ともに小柄であることやピーカブースタイルなど、両者には共通点が多い。

来歴[編集]

カス・ダマトー
ドン・キング

幼少時代[編集]

生い立ち
1966年6月30日アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区に生まれる。
家族には5歳年上の兄ロドニーと2歳年上の姉デニスがいる。兄は医師助手で、タイソンは兄についてインタビューされた際に「兄貴とは深い絆で結ばれている。兄貴はいつも立派だったが自分は何もなかった」と述べている。
父親のジミー・カークパトリックはタイソンが2歳のときに家族を捨て蒸発している。以後、家族は母親のローナ・スミス・タイソン、他兄弟と育つが、タイソンは「母親はふしだらな女だった。周りの家も、母親とそのボーイフレンドで、父親がいない家庭ばかりだった。親は売春斡旋業を営んでいた。家の中も安全とは言えなかった。姉と寝るために客が来て、俺を殴った。」と、引退後に”Champ”というドキュメンタリー番組で語っている。なお姉デニスは心臓麻痺で1991年に24歳で死去。母親はタイソンが16歳のときに死去している。
タイソンが幼い頃、一家はブルックリン区内に住んでいた。経済的な問題で、家を転々とした後に、タイソンが7歳の時に当時のアメリカ合衆国の中でも最悪のゲットーと呼ばれていたブルックリン区ブラウンズヴィルに落ち着き、タイソンはそこで育つことになる。
いじめにより非行へ
幼少の頃はその内向的な性格で、現在でもその独特の甘えたようなイントネーションにその名残がうかがえる。スポーツジャーナリストの二宮清純はタイソンへの取材を通じてタイソンに対し自閉症児の様な印象を受けたと語っている。実際、タイソンは自閉症ではないが躁うつ病と診断されており、長期に渡り治療を受けていた。
内向的な性格や、大きな近眼鏡を着用していたことから、いじめっ子達に嘲笑されいじめの対象となり小学校1年生で学校に通わなくなる。そして街をふらついているときに絡まれた不良少年グループのパシリとなるが、タイソンが大事にしていたペットのを年上の不良少年に目の前で殺され、我を忘れて人生初めてとなった喧嘩でその不良少年を殴り倒したことから自身の強さに気付くと、徐々に物取りから強盗や麻薬の売人へと悪行がエスカレートしていった[7]
ボクシングとの出会い
12歳までに51回も逮捕され、ニューヨーク州でも最悪の少年が収容されるトライオン少年院に収監。そこで更生プログラムの一環として行われていたボクシングの担当教官だったボビー・スチュワー英語版にボクシングで叩きのめされたことから教えを請うようになる。最初の考えは『ボクシングは喧嘩で使えるため』だったが、めきめきと上達。その才能を見抜いたスチュワートは1980年3月にタイソンをカス・ダマトに紹介すると、ダマトはタイソンの才能に驚愕。13歳のときタイソンが少年院を仮退院すると、身元引受人となったダマトの家で、他の青年達とタイソンの共同生活が始まる。
アマチュアでの活躍
まずはアマチュアボクシングでキャリアをスタートし、13歳で初試合を行った。数年間キャリアを積んでいき、ジュニア・オリンピックのタイトル等を獲得。その後ロサンゼルスオリンピックへの参加を狙うが、国内予選の最終選考会の決勝戦でダウンを奪いながら判定負けを喫し、オリンピックは補欠となり、参加は叶わなかった。
タイソンのアマチュアでの通算成績は記録に残っている中では52戦47勝5敗。ただし、USアマチュアボクシング連盟の管理下にない非公式の試合も多く戦っているため、正確な戦績は不明。

プロボクサー時代[編集]

破竹の勢いで王座へ
1985年3月6日に18歳でプロデビューし、ヘクター・メルセデスに1RTKO勝ちで初戦を白星で飾る。デビューから11連勝を飾った直後の1985年11月にトレーナーのカス・ダマトが死去。
その後、通算27連勝し1986年11月22日、28戦目にしてトレバー・バービックに2RTKO勝利し、WBC世界ヘビー級王座を獲得。史上最年少(20歳5か月)で世界ヘビー級王者となる。翌年、1987年3月7日にはジェームス・スミスに判定勝ちし、WBA世界ヘビー級タイトルを獲得。さらに同年8月、トニー・タッカーに判定勝ちしてIBF世界ヘビー級タイトルを獲得して3団体統一に成功(WBOは1988年に設立され、当時はマイナー団体だったので、事実上の主要団体統一王者)。6月21日、駐車場の女性従業員にキスを迫り男性従業員を殴ったとして起訴され、罰金105,000ドルを支払う。
1988年2月に、元ファッションモデルで女優のロビン・ギヴンズと結婚(TVでギヴンズを見かけて一目惚れしたのが始まりという)。しかし、すぐに離婚した。タイソンが支払った慰謝料は1000万ドルだった[8]
ドン・キングによるプロモート
通算9度の防衛に成功することになるが、1988年に行われたマイケル・スピンクス戦後、カス・ダマトがその生前「グリズリーには近づいても、ドン・キングには近付くな」と絶対に組んではいけないと言っていたドン・キングにプロモートを受ける。それ以来、精彩を欠くようになり、一般的にこの1988年頃までがタイソンの全盛期と言われている[要出典]
この年の前半、ボクシングを始めた頃からの後援者であったビル・ケイトン英語版と共にタイソンのマネージメントを担当し、そしてダマト以外では最もタイソンから信頼されていたジム・ジェイコブス(英語版)が白血病により突然死去。その頃からドン・キングがタイソンの獲得を狙いタイソンの妻であったロビン・ギヴンズに頻繁に接触し取り入ったため、タイソンのチームに亀裂が入り始める。そしてこの年の後半、ダマトの死後からそのボクシング理論を引き継いでタイソンに教えていたケビン・ルーニー英語版を突然解雇。家族同然だったルーニーはボクシングのトレーナーとしてだけでなく、タイソンのモラルや私生活の監視役でもあった。そして、マネージャーのビル・ケイトンも解雇し、ダマトが残したチームはバラバラとなる。
その後、タイソンはドン・キングとの契約を正式に結ぶことになる。新しいチーム態勢ではタイソンの周囲に金目当ての「イエスマン」ばかりが集まり、タイソンの私生活は急激に乱れる。離婚騒動、訴訟沙汰、自殺未遂、交通事故、放蕩、練習不足、度重なった試合の延期など、リング外でのトラブルの話題が増えて行く。
1988年8月23日、プロ21戦目で対戦したミッチ・グリーンとハーレムの路上で喧嘩になり、タイソンは右手を骨折。このため同年10月8日に予定されていたフランク・ブルーノとの試合が延期となった[9]。9月5日、運転していた車を木に激突させる事故を起こし、その際に失神する[10]。10月7日、別居中だったロビン・ギヴンズが離婚を申請。翌月にはタイソンに対して1億2500万ドルの名誉毀損訴訟を起こした。
栄光から挫折へ
8ヶ月のブランクを経た1989年年2月25日のフランク・ブルーノ戦で勝利。同年7月21日のカール・ウイリアムス戦では、豪快な左フックでウイリアムスをロープまで吹っ飛ばして倒し、第1ラウンドTKO勝利する。
しかし次戦、タイソンは同年11月18日に決定していたドノバン・ラドックとのタイトルマッチを急にキャンセルするなどゴタゴタが続き、1990年2月11日に日本東京ドームジェームス・ダグラスと対戦するために来日、日本で2度目のタイトルマッチとなった。
世界中がタイソンのKO勝利を確信し(ラスベガスのミラージュの賭け率では、タイソン勝利が42対1)、もはや計画されていた、イベンダー・ホリフィールドとの調整試合程度とみなされていた。しかし、日本に来たタイソンの調子にトレーニング中から異変が感じられた。動きに精彩がなく、練習のスパーリング中にダウンを喫してしまう(パートナーはグレッグ・ペイジ)。
果たして試合が始まると、タイソンは、いつもの相手の懐に入り込むステップインや、体を振るスタミナが感じられず、30㎝のリーチ差を活かしたダグラスの攻撃に、一方的に捕まってしまう。しかし第8ラウンドが終わりかけたとき、タイソンの右アッパーが、ダグラスの顎を捕らえてダウンさせる。リングサイドのタイムキーパーがカウントを数えると、10カウントでダグラスは立てなかった。しかし、レフリーがカウントを取り始めるのが遅く、KOにならず第8ラウンドが終了してしまう。危険を脱したダグラスは、第10ラウンド、コンビネーションパンチでタイソンを捕らえてノックアウト、ダグラス勝利となった。これがタイソンのプロキャリアにおける初黒星となる。タイソン陣営は試合後、レフリーのスローカウントに対して抗議したが、結果は覆らなかった。
レイプ事件により収監
1990年12月9日、ケーブルテレビ局Showtimeと1億2千万ドルで8試合から10試合の長期大型ペイ・パー・ビュー契約を締結したと発表[11]
1991年、強敵ドノバン・ラドックとの2連勝の後、タイソンは同年11月8日に対戦することで正式決定していたイベンダー・ホリフィールドとの試合を、トレーニング中に肋軟骨を痛めたとしてキャンセル。乱れた生活を送っていたタイソンは、18歳のディズィリー・ワシントンをホテルの一室でレイプしたとして1991年7月に逮捕され、1992年3月26日に有罪判決を宣告され刑務所へと収監された。6年の懲役刑を言い渡されたが、3年間服役後の1995年3月25日に仮釈放される。なお、服役中にイスラム教に改宗し、マリク・アブドゥル・アシスという名を持った。
1995年8月19日に無名のピーター・マクニーリーと復帰戦を行い勝利するが、25歳というアスリートとしてこれからという時期に、約4年のブランクを作ってしまったタイソンは、出所後は以前の攻防のバランスの取れたボクシングは崩れ、ただハードパンチに頼るボクサーとなってしまった。
王者返り咲きも陥落
仮釈放から翌年の1996年3月16日、フランク・ブルーノを3RKOで破り、WBC世界ヘビー級王座を再度獲得し、世界王者へと復権するが、レノックス・ルイスとの対戦を避けたためWBC王座を剥奪される。同年9月7日、ブルース・セルドンを1ラウンドTKOで破り、WBA世界ヘビー級タイトルを獲得。再び王者になったが、11月7日にイベンダー・ホリフィールドに11ラウンドTKOで敗れ、WBA王座から陥落した。30歳のタイソンに対し、ホリフィールドは34歳で、ホリフィールドは、マイケル・モーラーに判定で敗れるとレイ・マーサーにも苦戦し、リディック・ボウにもTKO負けを喫していたことから、全盛期を過ぎたとみなされており、賭け率でも8対1でタイソン圧倒的有利で、50名近いボクシング記者による試合前の勝利者予想でもホリフィールドが勝つと予想したのはわずか1人だけであった[12][13]
耳噛み事件
翌年6月28日に行われたダイレクトリマッチでは、ホリフィールドのWBA世界ヘビー級王座に挑戦するが、耳噛み事件(雑誌等で世紀の噛み付きとも称された)を起こし、右耳を噛みちぎった1回目の耳噛みは2ポイント減点され試合が続行されるが、2回目の左耳への耳噛みにより3R終了時に失格負けとなった[14]。それでも怒り狂ったタイソンはホリフィールド陣営に殴りかかり、リング上は大混乱となり、耳噛みについては、ホリフィールドが頭突きを繰り返したことに対する報復だとした。この反則行為により、タイソンは3000万ドルのファイトマネーから300万ドルの罰金と、1998年10月18日に再交付が認められるまで約1年3ヶ月間のライセンス停止処分を受けた。後年、ホリフィールドとはこの件に関しては和解しておりカメラの前で当時の事を冗談交じりに語り合う姿が写し出されている。
1997年4月、小児科医で、共和党の政治家マイケル・スティールの妹であるモニカ・ターナーと結婚(2003年離婚)。
1998年3月5日、数千万ドルを搾取されたとして、ドン・キングに対して1億ドルの訴訟を起こした。
ライセンス停止期間中の1998年3月29日にプロレス団体WWEレッスルマニアXIVにレフェリーとして出場。共闘したヒール役のショーン・マイケルズを殴打してノックアウトした。タイソンには試合のギャランティーとして300万ドルが支払われた。
暴行事件により収監、リング内外で荒れるタイソン
1999年1月16日にフランソワ・ボタ戦で復帰するも、1R終了間際にボタの左腕を抱えて捻り上げる反則行為を行った上に、1Rが終了したためレフェリーが割って入るもそれを無視してそのまま腕を離さずボタを殴り、これにボタが殴り返したことで両陣営がリングになだれ込む混乱を起こした。タイソンはその後もこの左腕を捻り上げる反則行為を何度も繰り返し減点を取られるが、試合は5R終了間際にKOで勝利する。しかし試合終了までのジャッジは3者共に(36-40、36-40、36-39)とボタの一方的なリードと採点しており、格下のボタを相手に衰えをみせた形となった[15]
1999年2月5日、タイソンは前年の8月に3台の自動車事故に巻き込まれたときに、62歳の運転手を殴り、もう1人の運転手の股間を蹴り上げたとして、1年の懲役刑を言い渡され[16]、4ヶ月間服役後の6月に仮釈放される。同年10月23日、オーリン・ノリスとの試合では、タイソンは1R終了のゴングが鳴った後のパンチでノリスをダウンさせる反則を犯し2ポイントの減点を課せられ、ノリスがこのダウンで膝を負傷して試合続行不能となったため、ノーコンテストとなった。
2000年6月24日、ルー・サバリーゼに1RにレフェリーストップでTKO勝ちするが、その際に試合を止めるために両者の間に割って入ったレフェリーを殴ったとして、187,500ドルの罰金を科された。同年10月20日、アンドリュー・ゴロタが2回終了時に戦意喪失し、セコンドが必死に制止するも試合を放棄(試合後に左頬の骨折、脳震盪、首の負傷が判明する[17])したためTKO勝利となるが、タイソンは試合前の尿検査を拒否していたために3ヶ月間の出場停止処分を受け[18]、さらにその後、タイソンの試合後の尿検査から大麻の陽性反応が検出されたことで、試合結果がノーコンテストに変更された[19]
2002年4月6日、ネバダ州ラスベガスでレノックス・ルイスと対戦することが決定していたが、1月22日にニューヨークで行われた公開記者会見のステージ上で、タイソンがいきなり足早にルイスに歩み寄って、襲いかかろうとするも、ボディーガードに阻止されるとタイソンはそのボディーガードに向かって殴りかかり、そこからタイソンとルイスがパンチを放ち合い床に転がり取っ組み合いになると両陣営が入り乱れた大乱闘に発展した。タイソンは乱闘が一段落すると、ステージの先頭に立ち、記者席にいたルイスの母親か女性フォトグラファーに向かって股間を掴みながら下品な罵り言葉を発し、そして、ある記者のタイソンには拘束衣を着せるべきだとの言葉を聞きつけると、その記者に向かって差別用語や卑俗な言葉を浴びせ悪態をついた。この乱闘に巻き込まれ、歯を折った上にテーブルに頭をぶつけて失神したWBC会長ホセ・スレイマンは、タイソンにつばを吐きかけられ殺すと脅されたとして、後にタイソンとルイスを相手取り、5600万ドルの訴訟を起こした[20]。また、タイソンは乱闘の最中にルイスの太ももに噛み付いたことを認め、335,000ドルの罰金を支払っている。この乱闘によりネバダ州アスレチック・コミッションはタイソンへのライセンス交付を拒否、このため試合は延期となり、他の州のアスレチック・コミッションにもライセンス交付を拒否されるも、最終的にテネシー州メンフィスで開催されることとなった。
2002年6月8日、35歳でレノックス・ルイスの持つWBC、IBF、IBO世界ヘビー級王座に挑戦。タイソンの衰えは顕著で一方的な試合となり8RKO負け。
2003年2月22日、顔面に刺青を入れた姿でリング初登場し、クリフォード・エティエンヌにKO勝利。この後レノックス・ルイスから再戦のオファーを受けるが、タイソンは再戦を断っている。6月、暴行容疑で再度逮捕[21]。7月、ドン・キングのボディーガードからタイソンに殴られ顔を骨折したとして訴えられる[22]。8月2日、米連邦裁判所に破産を申請。
2004年4月15日、K-1の試合出場契約を結ぶ。日本国内でのプロモート契約であるが、レイプと薬物犯罪者という理由で日本に入国できなかったため、アメリカ合衆国での開催も検討されるが実現しなかった[23]。7月30日、ダニー・ウィリアムズと対戦。賭け率では9対1とタイソンは圧倒的有利だったが、1ラウンド中盤で左靭帯断裂。その怪我が響き、4ラウンドKO負け。2004年12月、器物損壊容疑で逮捕。
事実上の引退
2005年6月11日、前回の試合で傷めた膝を手術し復帰。無名のケビン・マクブライドを相手に戦うも、動きに精彩を欠き、6ラウンド終了後棄権しTKO負け。タイソンは2008年制作のドキュメンタリー番組でこの試合について、金のためだけに戦った、勝てると思っていなかった、体調不良でありボクシングに真剣に取り組むことにうんざりしていた、など語っている。試合後のリング上でのインタビューで「もう再び戦うつもりはない、もう戦うガッツも勇気もない」と、引退を示唆した[24]。正式な引退発表はしなかったが、結局はこれが最後の試合となり、1985年のプロデビューから2005年まで丸20年のプロキャリアに終止符を打った。
2008年、カンヌ国際映画祭にて

引退後[編集]

マイク・タイソン
2006年3月18日、総合格闘技団体「WCFC」でレフェリーを務めた。
2006年4月3日中華人民共和国毛主席記念堂を訪問する[25]。服役中に読んだ毛沢東を崇拝するタイソンの右腕には毛沢東の入れ墨も彫られている[26]
2006年8月、ラスベガスのアラジン・ホテルで、ランチタイムにビュッフェレストランの脇に設置されたリングで「タイソンズ・トレーニング・キャンプ」と題した、ミット打ちなどのトレーニング風景を披露する定期余興を行う[27][28]
2006年10月20日、元スパーリングパートナーのコーリー・サンダースと4ラウンドのエキシビション試合で対戦。試合は、サンダースはヘッドギアを着用したが、タイソンはヘッドギアを着用せずに行われた。当初は「マイク・タイソン・ワールド・ツアー」と称され、世界中を回るツアーを行うとしていたが、この1試合で終了している[29]
2006年12月29日、自動車でナイトクラブから帰宅する途中にパトカーと衝突しかけた折りに取り調べを受けた際、麻薬影響下の運転およびコカイン所持(再犯)が発覚したことにより逮捕された。逮捕時にタイソンはコカインを常用しており中毒であると認めた[30][31]2007年11月19日、禁錮1日と執行猶予3年の判決。
2008年5月16日、ジェームズ・トバック監督によるドキュメンタリー“マイク・タイソン THE MOVIE”が第61回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映された。同日行われた記者会見では、タイソン本人が作品の題材となった自らの人生について語った。
2009年6月6日、ラスベガスでラキハ・スパイサーと3度目の結婚式を挙げた[32]。11月11日、ロサンゼルス国際空港で自分と家族の写真を撮ろうとしたカメラマンともみ合いになり暴行をした疑いで逮捕されたが[33]、その後証拠不十分のため不起訴処分となった。
2010年1月11日、WWEに再登場し、RAWでヒールのクリス・ジェリコと組み因縁の残るD-ジェネレーションXショーン・マイケルズトリプルH組と対戦。しかしタイソンはクリス・ジェリコを裏切って殴打し、ノックアウトした。
2010年7月2日、メッカ巡礼のためサウジアラビア入りをする[34]
2011年3月6日、アニマルプラネットでタイソン主演のリアリティ番組「マイク・タイソンと鳩レース」放送開始[35]。この番組は話題を呼び、2014年からは大人向けのアニメチャンネルでタイソンと鳩を主人公にしたアニメ「Mike Tyson Mysteries」が放送されている[36]
2011年6月12日、国際ボクシング殿堂への殿堂入りを果たす。
マイク・タイソン
2012年3月31日、ボクシングライセンス停止中の1998年3月29日にアメリカのプロレス団体WWEの『レッスルマニアXIV』のメインイベントにて特別レフェリーを務めた経緯から、WWE殿堂に迎えられた。
2012年8月、ラスベガスでスタンダップコメディのワンマンショーデビュー後、スパイク・リーとのコラボレーションでブロードウェイ・シアターでも公演を行う。2013年2月から「Mike Tyson: Undisputed Truth」と題した、公演で36都市を回る全米ツアーを行う。
マイク・タイソン
マイク・タイソン
マイク・タイソン
2013年8月、記者会見において「俺は死にたくない。俺は悪質なアルコール依存症で死にかけている」と告白[37]。11月12日、自叙伝「Undisputed Truth」を出版。同書の日本語訳は2014年7月18日、「マイク・タイソン自伝 真相」のタイトルで出版されている[38]
2013年9月、FOXスポーツ1で全6回のドキュメンタリー「BEING MIKE TYSON」が放送された[39]。同番組は、イベンダー・ホリフィールド、ジム・ブラウン、モハメド・アリ、総合格闘技団体UFCとの交流、若手ボクサー指導やブロードウェイ挑戦の模様などを撮影したものである。
2015年12月に香港をはじめ世界で公開されたドニー・イェン主演の人気映画シリーズ「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」に続くパート3「イップ・マン 継承」に出演、劇中ドニー・イェンとのアクションを披露した。映画はアジアの国々で大ヒットとなった[40]
2017年11月9日、アクション映画の授賞式に出席する予定だったチリで犯罪歴を理由に出入国管理法違反で入国を禁じられる。2012年にはニュージランドで入国ビザが下りず、2013年にはイギリスでも入国拒否をされている[41][42]
2018年1月、大麻が合法化されたカリフォルニア州で40エーカーの土地を購入して大麻農園「タイソン農園」を開いた[43][44]。2019年5月には世界アンチ・ドーピング機関に対して、大麻の主成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を禁止薬物から除外するよう求める嘆願書に150人以上のスポーツ選手と共に署名し提出した[45]

エキシビションで復帰[編集]

2020年4月24日、ラッパーT.I.とのインスタグラムのライブ配信で、「トレーニングをしてリングに上がろうとしてるんだ。チャリティーのために、3、4ラウンドのエキシビションのボクシングをやるための身体を作ってるのさ。チャリティー・エキシビションで金を稼いで、ホームレスや俺みたいな薬物中毒野郎を助けてやるんだ」と語った[46]。5月12日、ミット打ちを行うトレーニング動画を自身のインスタグラムで公開。動画の最後で「俺は戻ってきた」と述べ、復帰を示唆した[47][48]
2020年6月20日、インスタグラムのライブ配信で、「いいか聞いてくれ。UFCはボクシングよりも人気があって、視聴率もより高いよな?。でもUFCの選手は(ボクシングの)ファーストクラスの選手より裕福になることはない。1億ドルを稼ぐために、コナー・マクレガーフロイド・メイウェザー・ジュニアと戦わなければならなかった。(UFC世界ライトヘビー級王者)ジョン・ジョーンズはスーパーマネーを稼ぎたいなら、俺と戦わなければならない」と語った[49]。これにジョーンズはインスタグラムで「(ボクシングの)対戦が終わった後に、オクタゴンでリアルファイトをしてくれると約束をしてくれるなら、あなたとリングでボクシングをします。あなたをとても尊敬しているので、あなたを壊すことはないと約束します」と返事をした[50][51]。この他にも、タイソン自身が「素晴らしい試合になる」とイベンダー・ホリフィールド戦を示唆したり[52]ベアナックル・ボクシングの団体BKFCがタイソンに2000万ドル(約21億円)でヴァンダレイ・シウバとの試合オファーを出したり[53][54]タイソン・フューリーがESPNから1000万ドル(約11億円)でタイソン戦のオファーを受けたことを明かすなどした[55][56]
2020年5月27日、プロレス団体オール・エリート・レスリングに出場。10年前にタイソンがWWEで裏切ってノックアウトした因縁の相手クリス・ジェリコと挑発合戦を展開した[57]
2020年7月23日、米国版TikTokTrillerが主催する同年9月12日の興行で、元4階級制覇のロイ・ジョーンズ・ジュニアを相手にエキシビションマッチを行うことが報じられ[58][59][60]、翌日にはタイソンが大麻を吸いながら契約書にサインする映像が公開された。報酬について、ジョーンズ・ジュニアはペイ・パー・ビューの売り上げが好調であれば自身の報酬は1000万ドル(約11億円)に到達すると語り、タイソンは自身の報酬は全て慈善団体に寄付すると語ったが、タイソンの代理人は寄付の金額は試合後に決められるとしている[61]
2020年8月11日にロイ・ジョーンズ・ジュニアとのエキシビションマッチが9月12日から11月28日に延期されることが発表された[62][63][64]
2020年10月26日、WBCがこの試合のために特別に制作した、中央部にブラック・ライヴズ・マターの文字が刻印されたフロントライン・バトル・ベルトが賭けられることが発表された[65]。また、試合の時間が通常の1ラウンド3分ではなく、1ラウンド2分に短縮して行われることが発表された[66][67]
2020年11月20日、公式試合では州のアスレチック・コミッションからジャッジが派遣されるが、このエキシビション試合ではWBCが選んだ、クリスティ・マーチンチャド・ドーソンビニー・パジェンサの3人の元世界王者が遠隔地からジャッジを務めること、通常ヘビー級で使用される10オンスのグローブではなく、12オンスのグローブを使用すること、またVADA(ボランティア・アンチ・ドーピング協会)による薬物検査が実施されるが、タイソンが大麻の愛用者であるため大麻は検査から除外されることが発表された[68]

評価[編集]

1998年にリングマガジンが発表した「史上最高のヘビー級(The Greatest Heavyweights of All-Time)」では14位にランキングされている。同じくリングマガジンが2002年に発表した「過去80年間のベストファイター80(the 80 Best Fighters of the Last 80 Years)」では72位にランキングされている[69]。同じくリングマガジンが2003年に発表した「史上最高のパンチャー100(100 greatest punchers of all time)」では16位にランキングされている[70]

アイアン・マイク・プロモーションズ[編集]

2012年1月にプロモーターのギャリー・ジョナスがアクウェインティ・スポーツというボクシングプロモーションを設立。

2013年8月にジョナスがタイソンと共同経営の契約を結び、プロモーション名をアイアン・マイク・プロモーションズに変更[71]

2014年11月以降興行を主催しておらず活動を停止した。

主な元所属選手

日本の格闘技団体等との関係[編集]

  • タイソンのネームバリューを狙った、K-1やPRIDEなどの日本の格闘技団体がタイソン招聘を望んでいた。
  • 2003年8月15日、K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGASではボブ・サップキモとの試合後に、リングサイドで観戦していたタイソンがリングに入り込んだ事で、サップが殴りかかり「Tyson, you're next!!(タイソン、次はお前だ!)」と挑発。タイソンが「Sign the contract big boy.(契約書にサインしな、デカい坊や)」と返答したことからサップとの対戦が行われるのではと期待を煽ったが、高額なファイトマネーや、タイソンの犯罪歴による入国不可問題により、対戦は実現しなかった。サップは当初から対戦が頓挫すると予想していたが、これ以来タイソンとサップは共に食事に出かけるなど友人関係を築き上げている[72]

人物[編集]

  • かつて日本テレビ系で放送されていた『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』にゲストとして出演したことがある。
  • 1987年に元々は景品用だったファミコンのゲームソフト、『パンチアウト!!』を、日本国内ではタイソン自身がゲーム中に出てくる『マイクタイソン・パンチアウト!!』として一般販売された。CMやパッケージにもタイソンが起用されていたが、肖像権や数々の不祥事によりバーチャルコンソール等で移植される際は全て景品版になっている。
  • ストリートファイターII』に登場しているマイク・バイソン(MIKE BISON, M.BISON)は彼がモデルとなっているが、海外版では肖像権等の影響で名前のみバルログ(BALROG)に変更されている。
  • 2009年に娘を事故で失い、そのショックから立ち直り人生を変えるため、肉食を絶ちヴィーガン(菜食主義)になっていたが、2013年にヴィーガンをやめ鶏肉を食べていると語っている。
  • 自叙伝「Undisputed Truth」の中で、現役時代に試合前に禁止薬物を服用し、偽物の性器と他人の尿を使って薬物検査をパスしていた事を明かした。2002年1月のレノックス・ルイスとの会見での乱闘騒ぎや、2004年にダニー・ウィリアムズに敗れた試合でも、直前まで薬物を使用し、「完全なコカイン中毒だった」と語っている[73][74]
  • UFC代表のダナ・ホワイトと親交があり、計量会場やリングサイドによく出没している[75]。ダナ・ホワイトに悪戯したりもする[76]
  • PS4/XBOXONE対応ゲームソフト『EA SPORTS UFC 2』に非MMA選手ながら予約特典として登場。通常の購入の場合は、キャリアモードを殿堂入りしてクリアすることにより、全盛期のタイソンと現在のタイソンを使用することができる。テイクダウンやサブミッションを使用できないという特殊なキャラクターで、圧倒的なパンチスピードと破壊力抜群のパンチを誇る。
  • 2016年アメリカ合衆国大統領選挙では、右派ドナルド・トランプ共和党)を支持した[77]
  • 顔面のトライバル柄の入れ墨は、2003年2月22日のクリフォード・エティエンヌ戦の数日前に思い立ち入れたものだが、タイソン本人は当初は顔面にハート型の入れ墨を彫ろうとしていたが、彫師に思い止まるように言われ、代わりに提案されたトライバル柄をタイソンも気に入り彫ったものである[78]
  • 自著『真相 マイク・タイソン自伝』にはセックス、ドラッグ、アルコールなど現役時代の無軌道な生活ぶりの数々が描写されている。カス・ダマトが死去した翌年には一度に300万ドルを使って宝飾品を買い、街ですれ違った女性までもその場ですぐにベッドに連れ込み、誕生日にはホテルに20近い寝室を用意させた。レイプ事件を受けての刑務所暮らしですらも、所内で恐喝を行ったり、面会に来たファンの女性とセックスを行ったり、獄中でイスラム教に改宗したにもかかわらず儀式直後に聖歌隊の少女を籠絡したりとやりたい放題であった[79]

私生活[編集]

最初の妻ロビン・ギヴンズとの結婚生活は、1988年2月7日に結婚してから1989年2月14日に離婚するまでわずか1年しか続かなかった。1988年9月にタイソンと一緒に出演したテレビ番組でギヴンズが、タイソンとの結婚生活は「生き地獄、純粋な地獄」と訴えたことで早くも夫婦間の軋轢が表面化すると、ギヴンズはさらに、タイソンから暴力や虐待を受けている、タイソンは躁うつ病であるなどと主張し、離婚を申し立てた[80]。一方のタイソンも後に暴力を振るっていたことは認めるが、ギヴンズは財産目的で結婚したのであり、妊娠をしたと嘘を付かれたとして、結婚の無効を主張した[81]

2人目の妻モニカ・ターナーとの結婚生活は、1997年4月19日から2003年1月14日まで続いた。ターナーが2002年1月に、5年間の間に浮気をされたとして離婚を申請した。

2009年5月26日、4歳の娘が事故で死去する。自宅のプレイルームでトレッドミルのコードが首に巻きついて意識を失っている状態で発見され、母親が救急車を呼び病院に運ばれるが、翌日に亡くなった[82]

娘の死去からわずか11日後の2009年6月6日に、死去した娘の母親とは別の長年付き合っていた女性ラキハ・スパイサーと結婚した[83][84]

タイソンはレイプ事件で有罪判決を下された際に、裁判官から命じられて精神鑑定を受け、双極性障害と医師から診断されている[85]

2011年3月に、酒や薬物を絶った生活を送っており、ヴィーガンダイエットなどで生活が改善していると語っていたが、2013年8月に、「ここ数年断酒していると話してきたけれど嘘だった」「しらふで生活したい。死にたくない。重度のアルコール中毒であるため、死の淵にいる」「6日間、アルコールも薬物も摂取していない。これは自分にとって奇跡」と述べ、薬物とアルコールの中毒で命が危ぶまれている状態であると公表した[86][87]。その後2013年12月には、規則正しい生活を送り依存症克服のため12ステップのプログラムに通っていると語っているが、ヴィーガンについては、「4年間ヴィーガンだったがもうそうではない、時々鶏肉を食べている」とヴィーガンは止めたと語った[88]

戦績[編集]

  • プロボクシング:58戦 50勝 44KO 6敗 2無効試合
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1985年3月6日 1R 1:47 TKO ヘクター・メルセデス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 1985年4月10日 1R TKO トレント・シングルトン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 1985年5月23日 4R KO ドナルド・ハルビン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 1985年6月20日 1R 0:39 KO リッキー・スペイン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
5 1985年7月11日 2R TKO ジョン・アンダーソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 1985年7月19日 3R 2:04 KO ラリー・シムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7 1985年8月15日 1R 1:05 KO ロレンゾ・キャナディ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 1985年9月5日 1R 0:39 KO マイケル・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 1985年10月9日 1R 1:28 TKO ドニー・ロング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 1985年10月25日 1R 0:37 TKO ロバート・コーリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 1985年11月1日 1R 0:54 TKO スターリング・ベンジャミン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
12 1985年11月13日 1R 1:17 KO エディ・リチャードソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13 1985年11月22日 2R TKO コンロイ・ネルソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
14 1985年12月16日 1R 1:19 TKO サミー・スカフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
15 1985年12月27日 1R 0:50 TKO マーク・ヤング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
16 1986年1月11日 1R 2:16 TKO デビッド・ジャコ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
17 1986年1月24日 5R 0:46 TKO マイク・ジェームソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
18 1986年2月16日 6R 1:19 TKO ジェシー・ファガーソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
19 1986年3月10日 3R 2:39 KO スティーブ・ゾウスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
20 1986年5月3日 10R 判定3-0 ジェームス・ティリス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
21 1986年5月20日 10R 判定3-0 ミッチ・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
22 1986年6月13日 1R TKO レジー・グロス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
23 1986年6月28日 1R 2:03 KO ウィリアム・ホシー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
24 1986年7月11日 2R 1:43 KO ロレンゾ・ボイド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
25 1986年7月26日 1R 0:30 KO マービス・フレージャー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
26 1986年8月17日 10R TKO ホセ・リバルタ  キューバ
27 1986年9月6日 2R 1:41 TKO アルフォンソ・ラトリフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
28 1986年11月22日 2R 2:35 TKO トレバー・バービック カナダの旗 カナダ WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
29 1987年3月7日 12R 判定3-0 ジェームス・スミス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC・WBA世界ヘビー級タイトルマッチ / WBC防衛1
30 1987年5月30日 6R 2:00 TKO ピンクロン・トーマス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛2・WBA防衛1
31 1987年8月1日 12R 判定3-0 トニー・タッカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC・WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
WBC防衛3・WBA防衛2
32 1987年10月16日 7R 2:59 TKO タイレル・ビッグス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛4・WBA防衛3・IBF防衛1
33 1988年1月22日 4R 2:55 TKO ラリー・ホームズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛5・WBA防衛4・IBF防衛2
34 1988年3月21日 2R 2:54 TKO トニー・タッブス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛6・WBA防衛5・IBF防衛3
35 1988年6月27日 1R 1:31 KO マイケル・スピンクス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛7・WBA防衛6・IBF防衛4
36 1989年2月25日 5R 2:55 KO フランク・ブルーノ イギリスの旗 イギリス WBC防衛8・WBA防衛7・IBF防衛5
37 1989年7月21日 1R 1:33 TKO カール・ウィリアムス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛9・WBA防衛8・IBF防衛6
38 1990年2月11日 10R KO ジェームス・ダグラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC・WBA・IBF王座陥落
39 1990年6月16日 1R 2:47 KO ヘンリー・ティルマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
40 1990年12月8日 1R 2:27 TKO アレックス・スチュワート アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
41 1991年3月18日 7R 2:22 TKO ドノバン・ラドック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
42 1991年6月28日 12R 判定3-0 ドノバン・ラドック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
43 1995年8月19日 1R 失格 ピーター・マクニーリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
44 1995年12月16日 3R 2:32 KO バスター・マシスJr アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
45 1996年3月16日 3R 0:50 TKO フランク・ブルーノ イギリスの旗 イギリス WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
46 1996年9月7日 1R 1:49 TKO ブルース・セルドン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA世界ヘビー級タイトルマッチ / WBC防衛1
47 1996年11月7日 11R TKO イベンダー・ホリフィールド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA王座陥落
48 1997年6月28日 3R 失格 イベンダー・ホリフィールド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA世界ヘビー級タイトルマッチ
49 1999年1月16日 5R 2:59 KO フランソワ・ボタ  南アフリカ共和国
50 1999年10月23日 - 1R 3:00 NC オーリン・ノリス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
51 2000年1月29日 2R 1:03 TKO ジュリアス・フランシス イギリスの旗 イギリス
52 2000年6月24日 1R 0:38 TKO ルー・サバリーゼ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
53 2000年10月20日 - 2R NC アンドリュー・ゴロタ ポーランドの旗 ポーランド
54 2001年10月13日 7R TKO ブライアン・ニールセン  デンマーク
55 2002年6月8日 8R 2:25 KO レノックス・ルイス イギリスの旗 イギリス WBC・IBF・IBO世界ヘビー級タイトルマッチ
56 2003年2月22日 1R 0:49 KO クリフォード・エティエンヌ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
57 2004年7月30日 4R 2:51 KO ダニー・ウィリアムズ イギリスの旗 イギリス
58 2005年6月11日 6R 3:00 TKO ケビン・マクブライド アイルランドの旗 アイルランド
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • WBC世界ヘビー級王座
  • WBA世界ヘビー級王座
  • IBF世界ヘビー級王座

主な表彰[編集]

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ
1988年6月27日 マイク・タイソン vs. マイケル・スピンクス 70万件[89]
1991年3月18日 マイク・タイソン vs. ドノバン・ラドック 1 96万件[89]
1991年6月28日 マイク・タイソン vs. ドノバン・ラドック 2 125万件[89]
1995年8月15日 マイク・タイソン vs. ピーター・マクニーリー 155万件[89]
1996年3月16日 マイク・タイソン vs. フランク・ブルーノ 137万件[89]
1996年9月7日 マイク・タイソン vs. ブルース・セルドン 115万件[89]
1996年9月11日 マイク・タイソン vs. イベンダー・ホリフィールド 1 159万件[89]
1997年6月28日 マイク・タイソン vs. イベンダー・ホリフィールド 2 199万件[89]
1999年1月16日 マイク・タイソン vs. フランソワ・ボタ 75万件[89]
2000年10月20日 マイク・タイソン vs. アンドリュー・ゴロタ 45万件[89]
2002年6月8日 マイク・タイソン vs. レノックス・ルイス 197万件[89]
2003年2月22日 マイク・タイソン vs. クリフォード・エティエンヌ 10万件[89]
2004年7月30日 マイク・タイソン vs. ダニー・ウィリアムズ 15万件[89]
2005年6月11日 マイク・タイソン vs. ケビン・マクブライド 25万件[89]

出演作品[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mike Tyson breaks hed attack Tyson Fury fight peak powers”. MailOnline (2020年4月29日). 2020年5月18日閲覧。
  2. ^ Mike Tyson: I always thought of myself as a big guy, as a giant, I never thought I was five foot ten”. Doghouse Boxing (2013年8月22日). 2020年5月25日閲覧。
  3. ^ MIKE TYSON EXCLUSIVE: NO MORE MR BAD ASS”. Mirror Online (2012年2月3日). 2020年5月25日閲覧。
  4. ^ 『ボクシングヘビー級最強伝説』 ベースボール・マガジン社、2009年5月29日、13頁
  5. ^ マイク・タイソンがリング復帰?波乱万丈のボクシング人生”. 【SPAIA】スパイア (2020年5月2日). 2020年11月16日閲覧。
  6. ^ マイク・タイソンがマリファナ農園をカリフォルニアに開拓”. Rolling Stone Japan (2019年1月23日). 2019年7月31日閲覧。
  7. ^ タイソンはこのときのことを後に、「お袋はストリートで新しい服をかっぱらってきた俺のことを喜んではいなかった。俺はお袋とそのことについてどう思うかと話したり知ろうとする機会がなかった。プロとして自分のキャリアには影響していないが、精神的・個人的に自分の重荷となった」と語っている。
  8. ^ マイク・タイソン、ベッドで妻とブラッド・ピットを発見!三角関係を激白 Movie Walker 2012年12月4日 17時04分 配信
  9. ^ Mike Tyson Recalls What Happened In His Street Fight With Mitch Green”. SPORT Bible (2020年3月26日). 2020年6月21日閲覧。
  10. ^ Tyson Scheduled for More Hospital Tests After Car Accident”. AP (1988年9月7日). 2020年6月21日閲覧。
  11. ^ Tyson Will Fight Ruddock Next : Boxing: Former heavyweight champion also will sign $120-million deal with Showtime, King says.”. L.A.TIMES (1990年12月10日). 2020年6月21日閲覧。
  12. ^ Evander Holyfield vs. Mike Tyson I: 20th anniversary”. ESPN (2016年11月10日). 2020年6月21日閲覧。
  13. ^ Holyfield makes history”. BBC (2001年12月26日). 2020年6月21日閲覧。
  14. ^ タイソン失格、ホリフィールドの耳かみちぎる/復刻 日刊スポーツ 2016年6月30日(1997年6月30日付)
  15. ^ Mike Tyson vs. Francois Botha”. BoxRec (1999年1月16日). 2020年6月21日閲覧。
  16. ^ World: Americas Tyson jailed over road rage”. BBC NEWS (1999年2月6日). 2020年6月21日閲覧。
  17. ^ Doctor Confirms Golota's Injuries”. AP通信 (2000年10月22日). 2020年6月21日閲覧。
  18. ^ Michigan board suspends Tyson's boxing licence”. CBC (2001年1月16日). 2020年6月21日閲覧。
  19. ^ Mike Tyson Tested Positive for Marijuana”. ABC News (2001年1月18日). 2020年6月21日閲覧。
  20. ^ Tyson brawl sparks $56m lawsuit”. BBC SPOTT (2002年8月3日). 2020年6月21日閲覧。
  21. ^ Tyson arrested after hotel brawl”. BBC (2003年6月21日). 2020年6月21日閲覧。
  22. ^ King's bodyguard sues Tyson over fight injuries”. Deseret News (2003年7月13日). 2020年6月21日閲覧。
  23. ^ Finkel Speaks About Details On Tyson Comeback: McBride and Mesi fights close”. Tyson Talk (2004年4月22日). 2020年6月21日閲覧。
  24. ^ Tyson quits boxing after defeat”. BBC SPORT (2005年6月12日). 2020年6月21日閲覧。
  25. ^ “Big Mike shakes off the pounds – and his lethargy”. BBC NEWS. (2006年4月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/4871610.stm 2016年11月8日閲覧。 
  26. ^ “元ボクシング王者マイク・タイソン氏、今後は「歌って踊りたい」”. AFPBB News. (2012年9月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/2900568 2016年11月8日閲覧。 
  27. ^ Tyson reduced to Vegas turn”. BBC SPORT (2006年9月13日). 2020年6月21日閲覧。
  28. ^ Tyson becomes just another attraction on Vegas Strip”. ESPN (2006年8月30日). 2020年6月21日閲覧。
  29. ^ Debt-ridden Tyson returns to ring”. BBC SPORT (2006年9月29日). 2020年6月21日閲覧。
  30. ^ Former boxer Tyson arrested on DUI, cocaine charges”. Reuters (2007年1月21日). 2020年6月21日閲覧。
  31. ^ Mike Tyson pleads guilty to drug possession”. Reuters (2007年9月25日). 2020年6月21日閲覧。
  32. ^ タイソン氏3度目の結婚 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月12日
  33. ^ Mike Tyson Arrested in Airport Scuffle”. TV GUIDE (2009年11月12日). 2020年6月21日閲覧。
  34. ^ マイク・タイソンさん、メッカ巡礼 服役後に入信[リンク切れ] 朝日新聞デジタル 2010年7月4日
  35. ^ タイソン氏「ハトは人生の一部」、TV番組で意外な一面披露 ロイター通信 2011年3月4日
  36. ^ マイク・タイソンを直撃、自身のアニメと過去を振り返る! シネマトゥデイ 2014年10月19日
  37. ^ 'I'm a vicious alcoholic on the verge of dying': Boxing legend Tyson reveals he's been lying for years about being sober”. Mail Online (2013年8月25日). 2019年3月5日閲覧。
  38. ^ 真相――マイク・タイソン自伝 ダイヤモンド・オンライン
  39. ^ マイク・タイソンに密着したドキュメンタリー 【BEING MIKE TYSON】 FOXスポーツ&エンターテイメントで日本独占放送! PR TIMES 2014年6月10日
  40. ^ 海外で「最も売れた中国語映画」に!人気シリーズ最新作「イップ・マン3」、各国で新記録を樹立―香港 レコードチャイナ 2016年2月24日
  41. ^ ボクシング=元ヘビー級王者タイソン氏、チリが入国拒否”. ロイター (2017年11月10日). 2018年3月20日閲覧。
  42. ^ マイク・タイソン氏、チリで入国拒否される 犯罪歴を理由に”. AFPBB News (2017年11月10日). 2018年3月20日閲覧。
  43. ^ ROPE A DOPE Mike Tyson opens new 40-acre cannabis ranch after California legalises weed”. The Sun (2018年1月2日). 2019年7月31日閲覧。
  44. ^ マイク・タイソンが16ヘクタールのマリファナ畑をカリフォルニアに購入”. FNMNL (2018年1月4日). 2019年7月31日閲覧。
  45. ^ ドーピング=タイソン氏ら、禁止薬物から大麻除外を要望”. ロイター通信 (2019年5月24日). 2019年7月31日閲覧。
  46. ^ Mike Tyson Open To Doing Exhibition Fights For Charity”. Boxing Scene.com (2020年4月24日). 2020年6月21日閲覧。
  47. ^ 53歳のマイク・タイソン、リングに「復帰」か 練習動画を公開”. CNN.co.jp (2020年5月13日). 2020年6月21日閲覧。
  48. ^ 53歳タイソン、復帰仕様の“ド迫力ボディー”完成 激変理由は完全菜食主義”. Anser (2020年5月22日). 2020年6月6日閲覧。
  49. ^ "Jon Jones Got To Fight Me If He Wants Some Super Money”. Essentially Sports (2020年6月20日). 2020年6月21日閲覧。
  50. ^ I’ll box you in the ring if you promise to give me a real fight in the octagon afterwards”. ジョン・ジョーンズ公式インスタグラム (2020年6月22日). 2020年6月24日閲覧。
  51. ^ Jon Jones To Mike Tyson: I'll Box You - If You Face Me in Octagon Afterwards!”. Boxing Scene.com (2020年6月22日). 2020年6月24日閲覧。
  52. ^ “[https://www.tmz.com/2020/05/21/mike-tyson-evander-holyfield-fight-meditation/ HOLYFIELD REMATCH FOR CHARITY?!? 'That Would Be Awesome']”. TMZ (2020年5月21日). 2020年9月4日閲覧。
  53. ^ BKFC SAYS MIKE TYSON TURNED DOWN $20 MILLION OFFER TO FIGHT BAREKNUCKLE”. THE RING (2020年7月20日). 2020年9月4日閲覧。
  54. ^ BKFC to up $20 million offer to Mike Tyson, Wanderlei Silva pitched as potential foe”. MMAFighting (2020年5月24日). 2020年9月4日閲覧。
  55. ^ タイソン戦10億円オファー受けていた フューリーが暴露も対戦は否定「俺としては…」” (2020年6月25日). 2020年9月4日閲覧。
  56. ^ Tyson Fury: I Was Offered Peanuts For Mike Tyson Exhibition, It Was Crazy!”. Boxing Scene.com (2020年6月25日). 2020年9月4日閲覧。
  57. ^ 復帰意欲のタイソン氏、プロレスでも因縁相手と乱闘”. 日刊スポーツ (2020年5月29日). 2020年6月21日閲覧。
  58. ^ MIKE TYSON I'M FIGHTING ROY JONES JR.... Tyson Opens As Betting Favorite”. TMZ (2020年7月23日). 2020年9月4日閲覧。
  59. ^ タイソン氏「I AM BACK」対戦予告動画投稿”. 日刊スポーツ (2020年7月24日). 2020年9月4日閲覧。
  60. ^ ボクシング=タイソン氏、ジョーンズ・ジュニア氏と対戦へ”. ロイター (2020年7月24日). 2020年7月23日閲覧。
  61. ^ MIKE TYSON VS. ROY JONES Tyson Signed Contract ...WHILE SMOKIN' A JOINT!!!”. TMZ (2020年7月24日). 2020年9月4日閲覧。
  62. ^ MIKE TYSON EXPLAINS NEW DATE FOR ROY JONES FIGHT... Adds Badou Jack To Undercard”. TMZ (2020年8月11日). 2020年9月4日閲覧。
  63. ^ マイク・タイソン氏の“復帰戦”が11月に延期 「多くの人に見てもらう機会を与えられる」”. スポーツ報知 (2020年8月12日). 2020年9月4日閲覧。
  64. ^ 54歳タイソンの"破壊的"5連打 最新トレに米絶賛「ミットが破れんばかりに…」”. THE ANSWER (2020年8月20日). 2020年11月4日閲覧。
  65. ^ WHAT A BELTER Mike Tyson and Roy Jones Jr to fight for WBC Frontline Battle Belt with ‘Black Lives Matter’ engraved on it”. THE SUN (2020年10月26日). 2020年11月14日閲覧。
  66. ^ Mike Tyson and Roy Jones Jr say two-minute rounds are 'for women'”. BBC (2020年10月29日). 2020年11月14日閲覧。
  67. ^ タイソン立腹、ジョーンズJr戦のルールどうなる?”. 日刊スポーツ (2020年11月10日). 2020年11月14日閲覧。
  68. ^ Tyson-Jones: CSAC Won’t Score, Announce Winner, WBC Judges Revealed”. ESPN.com (2020年11月20日). 2020年11月24日閲覧。
  69. ^ Ring Magazine's 80 Best Fighters of the Last 80 Years”. Ring Magazine (2018年2月22日). 2020年6月21日閲覧。
  70. ^ Ring Magazine Top 100 Punchers Of All Time”. Ring Magazine (2018年9月7日). 2020年6月21日閲覧。
  71. ^ マイク・タイソン氏が来月プロモーター・デビュー Boxing News(ボクシングニュース) 2013年7月20日
  72. ^ ボブ・サップ『野獣の怒り』(双葉社
  73. ^ マイク・タイソン、試合前の薬物使用を認める 検査には他人の尿を使用”. シネマトゥデイ (2013年11月13日). 2018年3月20日閲覧。
  74. ^ マイク・タイソン自叙伝でボクシング界に激震。「薬物検査にはいつも側近の尿。俺はコカイン依存だった」!”. テックインサイト (2013年11月13日). 2018年3月20日閲覧。
  75. ^ 【UFC160】マイク・タイソンも登場。公開計量終了――。 MMAPLANET 2013年5月25日
  76. ^ Mike Tyson (again) punks Dana White on the UFC jet MMAjunkie 2014年6月18日
  77. ^ Mike Tyson - Celebrities who support Donald Trump CBS News
  78. ^ The story behind Mike Tyson’s infamous face tattoo with heavyweight legend originally wanting hearts”. talkSPORT (2020年5月22日). 2020年6月21日閲覧。
  79. ^ 650ページのタイソン自伝は全編桁外れなエピソードの連続 (1/2ページ) NEWS ポストセブン 2014.09.26 07:00 (SAPIO2014年10月号、2020年10月22日閲覧)
  80. ^ As Wife Robin Givens Splits for the Coast, Mike Tyson Rearranges the Furniture”. People (1988年10月17日). 2020年6月21日閲覧。
  81. ^ Mike Tyson vs. Robin Givens: the champ's biggest fight”. FindArticles (1989年1月). 2020年6月21日閲覧。
  82. ^ マイク・タイソンの4歳の娘、エクササイズ・マシンで窒息死”. シネマトゥデイ (2009年5月27日). 2020年6月21日閲覧。
  83. ^ Mike Tyson Marries Two Weeks After Daughter's Death”. TV GUIDE (2009年6月10日). 2020年6月21日閲覧。
  84. ^ 【イタすぎるセレブ達・番外編】マイク・タイソン娘の死からたった2週間、恋人とラスベガスで極秘結婚。”. TechinsightJapan (2009年6月10日). 2020年6月21日閲覧。
  85. ^ Who Is the 'New Mike Tyson'?”. ABC.NEWS (2006年9月14日). 2020年6月21日閲覧。
  86. ^ ボクシング=タイソン氏が薬物依存告白、「死のふちにいる」”. ロイター (2013年8月26日). 2020年6月21日閲覧。
  87. ^ Former heavyweight champion Mike Tyson: ‘I’m on the verge of dying because I’m a vicious alcoholic.’”. Yahoo.Sports (2013年8月26日). 2020年6月21日閲覧。
  88. ^ Mike Tyson talks religon: 'I need Allah'”. FOX NEWS (2013年12月6日). 2020年6月21日閲覧。
  89. ^ a b c d e f g h i j k l m n Post-Mayweather-Pacquiao, interest in boxing has sagged in 2015”. Bad Left Hook (2015年10月23日). 2015年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
トレバー・バービック
WBC世界ヘビー級王者

1986年11月22日 - 1990年2月11日

次王者
ジェームス・ダグラス
前王者
ジェームス・スミス
WBA世界ヘビー級王者

1987年3月7日 - 1990年2月11日

次王者
ジェームス・ダグラス
前王者
トニー・タッカー
IBF世界ヘビー級王者

1987年8月1日 - 1990年2月11日

次王者
ジェームス・ダグラス
前王者
フランク・ブルーノ
WBC世界ヘビー級王者

1996年3月16日 - 1996年9月24日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
レノックス・ルイス
前王者
ブルース・セルドン
WBA世界ヘビー級王者

1996年9月7日 - 1996年11月9日

次王者
イベンダー・ホリフィールド