ワフー・マクダニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワフー・マクダニエル
プロフィール
リングネーム ワフー・マクダニエル
"チーフ" ワフー・マクダニエル
本名 エドワード・ヒュー・マクダニエル
ニックネーム 狼酋長
身長 183cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1938年6月19日
死亡日 (2002-04-19) 2002年4月19日(満63歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オクラホマ州の旗 オクラホマ州
デラウェア郡バーニス
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ドリー・ファンク・シニア
デビュー 1961年
引退 1996年
テンプレートを表示

ワフー・マクダニエル"Chief" Wahoo McDaniel、本名:Edward Hugh McDaniel1938年6月19日 - 2002年4月19日)は、アメリカ合衆国プロレスラーアメリカンフットボール選手。オクラホマ州バーニス出身のチョクトーチカソーインディアン[1]

プロレスラーとしての現役選手時代は、羽飾りのコスチュームや得意技のトマホークチョップなど、自身の出自であるインディアン・スタイルで活躍。ラフファイトにも強いベビーフェイスとして絶大な人気を誇った。日本では「狼酋長」の異名を持つ。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

学生時代からレスリングアメリカンフットボールを両立させながら活躍。カレッジ卒業後にAFLのヒューストン・オイラーズ(現・テネシー・タイタンズ)にラインバッカーとして入団[1]。フットボールと並行してドリー・ファンク・シニアからレスリングのトレーニングを受け、1961年にプロレスラーとしてデビュー。以降1968年まで、AFLのオフシーズンにプロレスの試合を行うという二足のわらじで活動する。また、1966年マイアミ・ドルフィンズ創設時のメンバーでもある。

1965年のオフシーズンには、1月末から7月末にかけて半年間WWWFに出場し、ワルドー・フォン・エリックカウボーイ・ビル・ワットゴリラ・モンスーンジン・キニスキーなどの強豪ヒールと対戦[2]WWWF世界ヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノともタッグを組み、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンではボリス・マレンコドクター・ジェリー・グラハムから勝利を収めた[3]

1969年からはプロレスに専念し、フリッツ・フォン・エリックが主宰していたテキサス州ダラス地区を主戦場に活動。NWAテキサス・ヘビー級王座を争ったジョニー・バレンタインをはじめ、キラー・コワルスキーキラー・カール・コックスバロン・フォン・ラシクブル・ラモストール・タナカ、ヒール時代のダスティ・ローデスらと抗争を展開する[4][5]。タッグでは黒人サンダーボルト・パターソンイタリア人トニー・パリシとのマイノリティ・コンビで活躍し、1970年にはロサンゼルスからテキサスに転戦してきたミル・マスカラスとも共闘した[6]。同年3月3日には、フリッツ・フォン・エリックの代打でドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座に挑戦、60分時間切れ引き分けの死闘を演じている[6][7]

1970年代[編集]

1972年よりAWAを主戦場に、ブラックジャック・ランザクリス・マルコフラリー・ヘニングラーズ・アンダーソンテキサス・アウトローズイワン・コロフらと対戦[8][9]。同年11月から始まったスーパースター・ビリー・グラハムとの抗争劇はAWAのドル箱カードとなり、得意のインディアン・ストラップ・マッチでも雌雄を決した[10]ビル・ロビンソンクラッシャー・リソワスキーペドロ・モラレスドクターXらをパートナーに、ニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスが保持していたAWA世界タッグ王座にも再三挑戦している[11]

1973年11月、AWAとの提携ルートで国際プロレスに初来日。11月9日に和歌山にて、ストロング小林を破りIWA世界ヘビー級王座を獲得する[12]。14日の長野でのリターン・マッチでは引き分けで防衛に成功、30日に後楽園ホールにて小林に奪還されたものの、小林の連続防衛記録を25回でストップさせた[13]。シリーズ中はAWAでの戦友レッド・バスチェンと組んでラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座にも挑戦し、草津を相手にケージ・マッチ形式でのインディアン・ストラップ・マッチも行った[14]

1974年よりジム・クロケット・ジュニアの主宰するノースカロライナミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリングに進出し、テキサス時代の仇敵ジョニー・バレンタインとの遺恨試合を再開。ブラックジャック・マリガンアンジェロ・モスカ、そして同時期にAWAから転戦してきたリック・フレアーとも抗争を繰り広げ、1975年から翌年にかけては、バレンタインから奪取したNWAミッドアトランティック・ヘビー級王座をフレアーと争った[15]。タッグではポール・ジョーンズルーファス・ジョーンズをパートナーに、ジン・アンダーソン&オレイ・アンダーソンミネソタ・レッキング・クルーからミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を奪取している[16]

1976年2月、NWAルートで全日本プロレスに初参戦し、3月8日に愛知県体育館にてジャイアント馬場PWFヘビー級王座に挑戦[17]。以降も全日本プロレスのトップ外国人の一人として度々来日、1977年10月の再来日では、10月3日に同じく愛知県体育館でジャンボ鶴田ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座に挑戦した[18]1979年11月開幕の世界最強タッグ決定リーグ戦ではフランク・ヒルとのインディアン・コンビで出場、ヒルが狙い打ちにされ戦績は振るわなかったものの、アブドーラ・ザ・ブッチャーとの抗争は話題を呼んだ[17]

その間、アメリカでは本拠地のミッドアトランティック地区にて、同時期のNWA世界ヘビー級王者だったテリー・ファンクハーリー・レイスに再三挑戦[19][20]フロリダエディ・グラハム主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)やジョージアジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)にも参戦し、フロリダでは1978年ザ・スポイラーボビー・ダンカン、ジョージアでは1979年スタン・ハンセンマスクド・スーパースターと抗争した[21][22]。大物ベビーフェイスとして業界誌の人気部門では常に上位にランクされ、旧敵だったダスティ・ローデスやアンドレ・ザ・ジャイアントとも、人気スター同士のドリーム・チームを組んだ[23]

1980年代[編集]

1980年代初頭は中南部や南西部地区でも活動し、ビル・ワット主宰のMSWAでは1980年キラー・カーンファビュラス・フリーバーズと対戦[24]。同年秋の全日本プロレスへの最後の参戦では、AWAでもタッグを組んだことのあるビル・ロビンソンをパートナーに、10月17日に岩手県営体育館にてジャイアント馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑戦している[25]。翌1981年には、主戦場の一つだったサンアントニオのサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングにて、テリー・ファンクと組んでジノ・ヘルナンデス&タリー・ブランチャードのダイナミック・デュオと南西部タッグ王座を争った[26]

1982年1月、新日本プロレスに来日。前年に新日本へ移籍してきたアブドーラ・ザ・ブッチャーとの遺恨試合やアントニオ猪木とのシングルマッチも行われ、同時参加していた因縁のスーパースター・ビリー・グラハムとのタッグチームも実現したが、アメリカでの活躍に反し、新日本のリングでは本領を発揮できなかった。シリーズ中は、6人タッグマッチで初代タイガーマスクとも対戦している[27]

以降もアメリカでは各地で活躍を続け、主戦場のミッドアトランティック地区ではロディ・パイパーサージェント・スローターと抗争を展開、新NWA世界ヘビー級王者のリック・フレアーにも再三挑戦した[28]1983年は古巣のAWAにて、ニック・ボックウィンクルのAWA世界ヘビー級王座にも連続挑戦している[29]1984年にはマーク・ヤングブラッドと組んでボブ・オートン・ジュニア&ドン・カヌードルジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコなどのチームを破り、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座に返り咲いたが[16]、同年下期より一時的なヒールターンを行い[30]リッキー・スティムボートマグナムTAUSヘビー級王座を争った[31]。翌1985年下期からはベビーフェイスに戻り、ロード・ウォリアーズニキタ・コロフリック・ルードなど新世代のヒールと抗争[30]フェイスターン後のウォリアーズとはトリオを組み、1986年7月12日のグレート・アメリカン・バッシュではザ・ラシアンズとの6人タッグマッチが行われた[32]

キャリア末期[編集]

その後、1980年代後半から1990年代初頭にかけては末期のAWAやプエルトリコWWCで活動。AWAでは世界ヘビー級王者のカート・ヘニングジェリー・ローラーラリー・ズビスコに挑戦[33][34]グレッグ・ガニアらをパートナーに、ポール・ダイヤモンド&パット・タナカのバッド・カンパニー、ウェイン・ブルーム&マイク・イーノスのデストラクション・クルーといった当時の若手タッグチームとも対戦した。

1992年5月には、W★INGプロモーションへの参戦で10年ぶりとなる最後の来日が実現。かつてストロング小林とIWA世界ヘビー級王座を争った後楽園ホールにて、5月7日にザ・グラップラー(リン・デントン)を相手にインディアン・ストラップ・マッチでKO勝ちを収めた[35]

1995年5月21日、ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリングの後継団体であるWCW殿堂入りを果たす。同日開催のPPV "Slamboree" では、ディック・マードックとのレジェンド対決に勝利した[36]

キャリア晩年は持病の糖尿病との闘いとなり、1996年に正式に現役を引退[1]2002年4月19日、糖尿病の合併症で死去[1]。63歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAビッグタイム・レスリング
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Edward "Wahoo" McDaniel”. Pro-Wrestlers.com. 2014年11月21日閲覧。
  2. ^ WWE Yearly Results 1965”. The History of WWE. 2014年11月20日閲覧。
  3. ^ The WWE matches fought by Wahoo McDaniel in 1965”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  4. ^ The WCCW matches fought by Wahoo McDaniel in 1969”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  5. ^ The WCCW matches fought by Wahoo McDaniel in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  6. ^ a b The WCCW matches fought by Wahoo McDaniel in 1970”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  7. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1970”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月20日閲覧。
  8. ^ The AWA matches fought by Wahoo McDaniel in 1972”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  9. ^ The AWA matches fought by Wahoo McDaniel in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  10. ^ Wahoo McDaniel vs. Billy Graham”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  11. ^ Wahoo McDaniel vs. Nick Bockwinkel and Ray Stevens”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  12. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月20日閲覧。
  13. ^ 『忘れじの国際プロレス』P101(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  14. ^ The IWE matches fought by Wahoo McDaniel in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  15. ^ a b NWA Mid-Atlantic Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月20日閲覧。
  16. ^ a b c NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月20日閲覧。
  17. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P23(2002年、日本スポーツ出版社
  18. ^ The AJPW matches fought by Wahoo McDaniel in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  19. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  20. ^ Wahoo McDaniel vs. Harley Race”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  21. ^ The CWF matches fought by Wahoo McDaniel in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  22. ^ The GCW matches fought by Wahoo McDaniel in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  23. ^ Wahoo McDaniel: Partners”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  24. ^ The Mid-South matches fought by Wahoo McDaniel in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  25. ^ AJPW 1980 Giant Series”. Puroresu.com. 2016年8月3日閲覧。
  26. ^ a b SCW Southwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  27. ^ The NJPW matches fought by Wahoo McDaniel in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  28. ^ The WCW matches fought by Wahoo McDaniel in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  29. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1983”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  30. ^ a b Wahoo McDaniel”. Online World of Wrestling. 2016年10月6日閲覧。
  31. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月20日閲覧。
  32. ^ NWA The Great American Bash 1986 - Tag 7”. Cagematch.net. 2014年11月21日閲覧。
  33. ^ The AWA matches fought by Wahoo McDaniel in 1988”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  34. ^ The AWA matches fought by Wahoo McDaniel in 1989”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  35. ^ The W★ING matches fought by Wahoo McDaniel in 1992”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  36. ^ WCW Slamboree 1995 - "A Legends Reunion"”. Cagematch.net. 2014年11月21日閲覧。
  37. ^ NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  38. ^ NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月20日閲覧。
  39. ^ NWA Florida Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  40. ^ NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  41. ^ NWA World Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  42. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  43. ^ NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  44. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  45. ^ NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  46. ^ NWA Georgia Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  47. ^ NWA National Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  48. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  49. ^ SCW Southwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  50. ^ SCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]