ブル・ラモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブル・ラモス
プロフィール
リングネーム ブル・ラモス
"アパッチ" ブル・ラモス
デューク・ラモス
本名 マニュエル・ラモス
ニックネーム 殺人アパッチ
身長 183cm
体重 132kg - 159kg
誕生日 1937年8月3日[1]
死亡日 (2006-05-27) 2006年5月27日(68歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州ヒューストン
スポーツ歴 ボクシング
トレーナー ダニー・マクシェイン
デビュー 1956年
引退 1982年
テンプレートを表示

"アパッチ" ブル・ラモス"Apache" Bull Ramos、本名:Manuel Ramos1937年8月3日 - 2006年5月27日)は、インディアンの血を引くメキシコ系アメリカ人プロレスラーテキサス州ヒューストン出身。生年は1935年ともされる[2]

インディアン・ギミックのレスラーでは珍しくヒールのポジションで活動し、ミル・マスカラスブルーノ・サンマルチノなどの大人気スターを相手に狂乱ファイトを繰り広げた。日本での異名は「殺人アパッチ」。

来歴[編集]

学生時代からボクシングで鳴らし、テキサス州ゴールデングローブで優勝した実績を持つ[2]。プロレスファンの叔父の勧めでヒューストンのプロモーターだったポール・ボーシュにコンタクトを取り、プロレスラーのダニー・マクシェインのトレーニングを受けて1956年にデビュー[3]。当初は「ジョン・アルバーノ」なるイタリア系レスラーとして売り出される予定だったが、インディアンの出自をもとに "アパッチ" ブル・ラモスをリングネームとした[3]

デビュー当時は100kgにも満たなかったものの、キャリアを重ねるにつれてスーパーヘビー級のウエイトとなり、その巨体を見込まれ1967年よりニューヨークWWWFに登場。翌1968年2月19日、新造されたマディソン・スクエア・ガーデンでのオープニング興行において、メインイベントでブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に挑戦した[4]。以降もサンマルチノとは東部各地で抗争を繰り広げ、エドワード・カーペンティアスパイロス・アリオンビクター・リベラヘイスタック・カルホーンとも対戦[5]。タッグではキラー・コワルスキープロフェッサー・タナカバロン・シクルナルーク・グラハムケンタッキー・ブッチャーなどのヒール勢と共闘した[5]

1969年からはロサンゼルス地区に進出し、当時西海岸で大旋風を巻き起こしていたミル・マスカラスと熾烈な抗争を展開[6]。マスカラスの覆面を破り裂き、髪と覆面を賭けて闘う「ヘアーvsマスク(カベジェラ・コントラ・マスカラ)」の遺恨戦に持ち込むも、試合に敗れ髪の毛を切り落とされた[3]。マスカラスとは、得意のチェーン・マッチでも闘ったことがある[7]1970年はテキサス西部のアマリロ地区にて活動[8]、7月1日にテリー・ファンクからNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を奪取し[9]ドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座にも度々挑戦[10]ワフー・マクダニエルとのインディアン・ストラップ・マッチも行われた[11]1971年はロサンゼルスに戻り、ミル・マスカラスとの遺恨戦を再開、3月24日のオリンピック・オーディトリアムにおけるテレビマッチではマスカラスから勝利を収めている[12]。また、当時ベビーフェイスのポジションにいたフレッド・ブラッシーとも抗争を展開した[13]

1972年より、オレゴン州ポートランドおよびワシントン州シアトルを拠点とする太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングを主戦場に活動。ダッチ・サベージジミー・スヌーカを抗争相手に、フラッグシップ・タイトルのNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を通算4回獲得した[14]。その間、テキサスをはじめオクラホマニューメキシコなど南西部のテリトリーにも参戦。1974年には同じメキシコ系アメリカ人のリッキー・ロメロとロッキー・マウンテン・ヘビー級王座を争い[15]、同年4月にはトライステート地区にてリップ・タイラーから北米ヘビー級王座を奪取した[16]

一貫してヒールだったラモスだが、1978年ダラス地区でベビーフェイスとなり、12月17日にタイガー・コンウェイ・ジュニアと組んでマーク・ルーイン&キラー・カール・クラップを破りNWAテキサス・タッグ王座を獲得[17]。しかし、翌1979年にはヒールに戻って古巣のロサンゼルスを襲撃、6月28日にアル・マドリルからNWAアメリカス・ヘビー級王座を奪取した[18]1980年ビル・ワットが主宰していたMSWAにて、因縁のワフー・マクダニエルをはじめ、テッド・デビアスポール・オーンドーフジェリー・オーツジャンクヤード・ドッグらと対戦[19]、3月26日にはマイク・シャープを破りミシシッピ・ヘビー級王座を獲得している[20]

1982年に膝を負傷して現役を引退[2]。リタイア後は地元のヒューストンで救援サービス業に就いていた[21]2006年5月27日、肩の感染症により死去[21]。68歳没[1]。晩年は糖尿病の影響で足を切断し、盲目となっていた[21]。1970年代にテキサスやロサンゼルスで闘ったチャボ・ゲレロのホームページ上での弔辞によると、ラモスは周囲を陽気にさせるムードメイカーであり、ドレッシングルームの規律を正す牢名主的存在でもあったという[22]

日本での活躍[編集]

日本には通算8回来日している。初来日となる1969年2月の日本プロレスでは、2月26日に大阪府立体育館にてザ・デストロイヤーと組み、ジャイアント馬場アントニオ猪木BI砲が保持するインターナショナル・タッグ王座に挑戦した[23]。シリーズ終了後には韓国に遠征し、3月17日にソウル大木金太郎アジアヘビー級王座にも挑戦[23]。以降も日本プロレスに度々参戦し、1972年8月の来日時はクリス・マルコフを相手に乱闘事件を起こしている(マルコフの人種差別的な態度に激昂したことが原因とされている)[24]

1973年6月には全日本プロレスに参戦。以降は全日本を日本での主戦場とするようになり、1975年8月の来日では同タイプの巨漢ラフファイターのキング・イヤウケアとタッグを結成。「カメハメハ王朝の末裔・イヤウケア」と「インディアン酋長の子孫・ラモス」というキャラクター設定から、両者のチームはザ・タイクーンズと名付けられた。1977年4月にはチャンピオン・カーニバル第5回大会に出場、5月17日の大阪大会では、公式戦で対戦したアブドーラ・ザ・ブッチャーと組んで馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑戦した[25]1978年1月の最後の来日では、1月11日に鹿児島県立体育館、1月22日に函館市民体育館にて、イヤウケアとのタイクーンズで大木金太郎&キム・ドクの同王座に連続挑戦している[26]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回[18]
  • NWAアメリカス・タッグ王座:2回(w / ブラック・ゴードマン)[27]
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAテキサス・ブラスナックル王座:1回[28]
  • NWAロッキー・マウンテン・ヘビー級王座:1回[15]
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:2回[9]
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ザ・ビースト)[29]
NWAビッグタイム・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
NWAトライステート / MSWA
  • NWA北米ヘビー級王座:1回[16]
  • ミッドサウス・ミシシッピ・ヘビー級王座:1回[20]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Bull Ramos”. Wrestlingdata.com. 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P40(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c "Apache" Bull Ramos still battling”. SLAM! Sports (October 13, 2004). 2009年9月22日閲覧。
  4. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1963-1979”. The History of WWE. 2009年9月22日閲覧。
  5. ^ a b The WWE matches fought by Bull Ramos in 1968”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  6. ^ The NWAHW matches fought by Bull Ramos in 1969”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  7. ^ 『別冊ゴング 1978年5月号』P134-137「ミル・マスカラス思い出の名勝負 海外編3」(1978年、日本スポーツ出版社)
  8. ^ The Amarillo matches fought by Bull Ramos in 1970”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  9. ^ a b NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  10. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1970”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月3日閲覧。
  11. ^ Bull Ramos vs. Wahoo McDaniel”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  12. ^ 『Gスピリッツ Vol.42』P74(2016年、辰巳出版ISBN 4777818128
  13. ^ The NWAHW matches fought by Bull Ramos in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  14. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  15. ^ a b Rocky Mountain Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。
  16. ^ a b North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。
  17. ^ a b NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。
  18. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  19. ^ The UWF matches fought by Bull Ramos in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年10月15日閲覧。
  20. ^ a b Mid-South Mississippi Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  21. ^ a b c ""Apache" Bull Ramos dies”. SLAM! Sports (May 28, 2006). 2009年9月22日閲覧。
  22. ^ R.I.P. "Apache" Bull Ramos”. The Official Website of Chavo Guerrero Sr. 2009年9月22日閲覧。
  23. ^ a b 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P154-155(1986年、ベースボール・マガジン社
  24. ^ 『別冊ゴング 1978年11月号』P144-146「ロシアの妖怪クリス・マルコフの無頼漢人生」(1978年、日本スポーツ出版社)
  25. ^ Bull Ramos at AJPW 5th Champion Carnival”. Cagematch.net. 2014年12月21日閲覧。
  26. ^ Bull Ramos at AJPW New Year Giant Series 1978”. Cagematch.net. 2014年12月21日閲覧。
  27. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月21日閲覧。
  28. ^ NWA Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。
  29. ^ NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月21日閲覧。
  30. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]