ローガン・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローガン・ポール
10.8.16LoganPaulByLuigiNovi1.jpg
人物
生誕 (1995-04-01) 1995年4月1日(24歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州、ウェストレイク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 YouTuber
公式サイト 公式サイト
YouTube
チャンネル
活動期間 2013年 -
ジャンル コメディ
登録者数 1979万人
総再生回数 46億4673万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年9月6日時点。
テンプレートを表示

ローガン・アレクサンダー・ポール (Logan Alexander Paul、1995年4月1日[1] - )は、アメリカ合衆国オハイオ州生まれ[2]YouTuber俳優である。ブランドの広告に出演[3]しており、弟のジェイク・ポール英語版も、YouTuberとして知られている。

フォックス放送の2017年ティーン・チョイス・アワード male web star/comedy web star/YouTuber受賞[4]

来歴[編集]

ポールは弟のジェイク英語版とともに中学校時代から趣味でYouTube動画製作をしていた[5]

オハイオ在住時にポールはVineに動画を投稿し[6]90万人以上のフォロワーを得た[5]。ビッグになるためオハイオ大学を中退してロサンゼルスに拠点を移し[7]、後にYouTubeFacebookへのコメディ動画投稿に注力した[8]。ポールはYoutubeが資金を提供する番組に出演し[9]、ポールの動画は有料番組配信サービスYouTube Red英語版プログラムにも含められていたが[9]、2017年12月末に日本の青木ヶ原で撮影した死体の動画に非難が集中(後述)し、広告ラインアップ Google Preferredから除名された[9][6]

年収14億円相当といわれる(2018年時点[10])。フォーブスによればポールはFacebook投稿1回で15万ドルを稼ぐ[3]

ボクシング[編集]

2018年8月25日、イギリス・マンチェスターマンチェスター・アリーナで、YouTubeボクシング王座を保持するKSIと、ヘッドギアと12オンスグローブを着用した3分6ラウンドのアマチュアボクシングの試合で対戦[11]。「歴史上最大のインターネットイベント」や「史上最大のアマチュアボクシングマッチ」と喧伝され[12][13]、アップロード・イベンツがメインプロモーターとなり、マイケル・バッファーがリングアナウンサーを務めた[14]。試合結果は、判定1-0(58–57、57–57、 57–57)の引き分けとなったが、YouTubeのペイ・パー・ビューにて視聴価格10ドルで世界配信され、販売件数が120万件に達する成功を収めた[15][16]

2019年11月9日、アメリカ・ロサンゼルスステイプルズ・センターで、KSIと再戦した。今回はアマチュアボクシングではなく、プロボクシングプロモーターのエディー・ハーンがプロモーターを務め、両者ともカリフォルニア州のアスレチックコミッションでプロ選手ライセンスを取得して、プロボクシングデビュー戦のクルーザー級6回戦として試合を行った。試合は、ポールは4回にダウンを奪うも、ダウンしたKSIに追撃のパンチを入れて反則を取られ2点減点されたのが響き、1-2(55–56、54–57、56–55)の判定で敗れた[17]。カリフォルニア州アスレチックコミッションへの申告では、KSIとポールのファイトマネーはそれぞれ90万ドル(約9800万円)とされている[18]

この試合が、プロボクシングの試合で、前座に、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースと、WBC世界ライト級王者デヴィン・ヘイニーの、世界王者の防衛戦を2試合組むと発表されると、ボクシング記者やファンから「ボクシングへの侮辱」「金儲け目的だけの試合」「プロボクシングの試合として相応しくない」などの批判を受けたが、カリフォルニア州アスレチックコミッションのエグゼクティブディレクター、アンディ・フォスターは「彼らがYouTubeのスターでなくても、この試合は、アメリカ中のどこの州でも、アスリートのデビュー戦として承認されていただろう」とプロボクシングの試合として何ら問題はないと述べ、ニューヨーク・タイムズでも「この試合は、停滞しているボクシングに、新規ファンを呼び込むことになるだろう」といった主旨の記事が掲載され[19]、プロボクサー側からも、デオンテイ・ワイルダーアンソニー・ジョシュアタイソン・フューリーアンディ・ルイス・ジュニアらが、ボクシングファン拡大などボクシングに利益をもたらすとして、この試合の支持を表明した[20][21]

また興行面でも、会場にジャスティン・ビーバーマイク・タイソンウィズ・カリファといった多くのセレブリティーが訪れ、試合は、アメリカではDAZNによって配信されたが、視聴者数が、サウル・アルバレスセルゲイ・コバレフや、アンソニー・ジョシュアアンディ・ルイス・ジュニアの試合を超え、DAZNが中継したボクシングの歴代最高視聴者数を記録した。Sky Sportsがペイ・パー・ビューで放送したイギリスでも、視聴価格は約半額であったものの、アンソニー・ジョシュア対アンディ・ルイス・ジュニア第一戦の販売件数を上回って、2019年の最高売上を記録した[22][23][24]

不祥事[編集]

青木ヶ原「自殺死体動画」[編集]

ポールは知人らとともに来日し、2017年12月末に青木ヶ原を散策し、男性の死体を発見。それらの様子の一部始終を撮影しており、死体にモザイクをかけて12月31日、Youtubeにアップロードした。また、動画の中でポールと一行はすぐに警察に通報し、遺体の様子にショックを受ける反面、この動画を「これは、YouTubeの歴史に残る瞬間になる」としたり、冗談を言い合う場面も見られた[25][26]

この動画はYouTubeで何百万人もの視聴者が見ることになり、ポールに対する批判も殺到。動画は即座に削除された。俳優のアーロン・ポールは「気分が悪い。多くの若い人がお前を尊敬しているなんて信じられない。(中略)お前は完全にゴミクズだ」とポールを強く批判。ピューディパイやフィリップ・デフランコといった他のYoutuber達からも、本件でのポールの態度が不謹慎であるとされ、また、日本で行った数々のいたずら行為を撮影した動画もまた批判の対象となった。

ポールはその後、謝罪文[25]や謝罪動画[26]をアップロードした。

なお、この事件をきっかけに「YouTubeは動画収益化の条件を更に厳格化する」ことになったと東京スポーツは報道しているが[27]、YouTube側は俗説だと公式に表明しており、長期的に検討を加えた結果で、たまたまポールの問題とタイミングが合っただけであるとしている[28]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Logan Alexander Paul (b. 1995) - Ohio Birth Index, 1908-2011
  2. ^ http://loganpaul.com/
  3. ^ a b https://www.forbes.com/profile/logan-paul/
  4. ^ Teen Choice Awards 2017: ‘Riverdale,’ Fifth Harmony Shut Out Competition August 13, 2017 7:22PM PT By Rebecca Rubin and JD Knapp
  5. ^ a b First-year student amasses more than 900,000 followers on Vine Sep 23, 2013 By Angie Brock オハイオ大学
  6. ^ a b The Social-Media Star and the Suicide Robinson Meyer Jan 2, 2018 The Atlantic
  7. ^ Logan Paul has conquered the internet, but he can’t figure out how to conquer the world - Business Insider Caroline MossJul. 29, 2015, 1:28 PM
  8. ^ Who is Logan Paul? Embattled YouTube star wants to be the next big thing By Doug Criss, CNN Updated 1847 GMT (0247 HKT) January 4, 2018
  9. ^ a b c YouTube reprimands Logan Paul, star vlogger, over Japan 'suicide forest' video The Guradian, Thu 11 Jan ‘18 01.53 GMT Julia Carrie Wong
  10. ^ Madeline Berg 遺体動画で炎上のローガン・ポール「年収14億円」に与える打撃 2018/01/14 11:30
  11. ^ How many rounds is KSI vs Logan Paul and how heavy are the gloves?”. Metro (2018年8月23日). 2019年11月19日閲覧。
  12. ^ KSI v Logan Paul: why are YouTube’s biggest stars going to fight in the boxing ring?”. Mansion Global (2019年). 2019年11月19日閲覧。
  13. ^ KSI VS LOGAN PAUL: YOUTUBE STARS WEIGH-IN AHEAD OF 'BIGGEST INTERNET EVENT IN HISTORY'”. The Independent (2018年8月24日). 2019年11月19日閲覧。
  14. ^ Ring Announcer Michael Buffer Will Introduce the KSI vs Logan Paul Boxing Match”. Dexerto (2018年7月26日). 2019年11月19日閲覧。
  15. ^ HUGE NUMBERS KSI reveals his fight with Logan Paul sold over 1,000,000 pay-per-view buys, but dismisses excessive earnings reports”. talkSPORT (2018年8月29日). 2019年11月19日閲覧。
  16. ^ KSI vs Logan Paul betters Anthony Joshua’s 2019 pay-per-view sales, claims Eddie Hearn”. Metro (2019年11月12日). 2019年11月19日閲覧。
  17. ^ KSI vs Logan Paul 2: British YouTuber wins boxing fight against social media rival”. SKY NEWS (2019年11月11日). 2019年11月19日閲覧。
  18. ^ KSI vs. Logan Paul fight purses, salaries: Prize money each fighter on main card will take home”. CBS Sports (2019年11月10日). 2019年11月19日閲覧。
  19. ^ Logan Paul. KSI. YouTube. Fight. Logan Paul. KSI. Boxing.”. The New York Times (2019年11月8日). 2019年11月19日閲覧。
  20. ^ OPINIONS KSI vs Logan Paul 2: What Anthony Joshua, Deontay Wilder, Tyson Fury, Andy Ruiz Jr and Dillian Whyte have said about YouTuber fight”. talkSPORT (2019年11月9日). 2019年11月19日閲覧。
  21. ^ DAZN's Bold Play To Boost Subscriptions”. Boxing Scene.com (2019年11月17日). 2019年11月19日閲覧。
  22. ^ 人気YouTuberのボクシング対決が成功、「本物」選手の意見は二分”. AFPBB News (2019年11月11日). 2019年11月19日閲覧。
  23. ^ KSI vs Logan Paul had more PPV buys than Anthony Joshua vs Andy Ruiz Jr, says Eddie Hearn”. Mirror (2019年11月12日). 2019年11月19日閲覧。
  24. ^ Eddie Hearn: KSI vs. Logan Paul Did More Than Joshua-Ruiz”. Boxing Scene.com (2019年11月12日). 2019年11月19日閲覧。
  25. ^ a b [1]
  26. ^ a b [2]
  27. ^ 新ルール導入で“ユーチューバー難民”続出!?評価方法変更で脱落者必至”. 東京スポーツ新聞社 (2018年1月18日). 2018年4月5日閲覧。
  28. ^ YouTube Creator Academy での動画の日本語字幕[3]

外部リンク[編集]