ローガン・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2016年10月のニューヨーク・コミコンでのローガン・ポール

ローガン・アレクサンダー・ポール (Logan Alexander Paul、1995年4月1日[1]-)は、アメリカ合衆国オハイオ州生まれ[2]のインターネット・セレブリティ。ポールの動画の多くはスタントや公共の場でのいたずらの要素がある[3]。ブランドの広告にも出演[4]。弟のジェイク・ポール英語版も、インターネット・セレブリティとして知られている。

フォックス放送の2017年ティーン・チョイス・アワード male web star/comedy web star/Youtuber受賞[5]

来歴[編集]

ポールは弟のジェイク英語版とともに中学校時代から趣味でYouTube動画製作をしていた[3]

オハイオ在住時にポールはVineに動画を投稿し[6]90万人以上のフォロワーを得た[3]。ビッグになるためオハイオ大学を中退してロサンゼルスに拠点を移し[7]、後にYouTubeFacebookへのコメディ動画投稿に注力した[8]。ポールはYoutubeが資金を提供する番組に出演し[9]、ポールの動画は有料番組配信サービスYouTube Red英語版プログラムにも含められていたが[9]、2017年12月末に日本の青木ヶ原で撮影した死体の動画に非難が集中(後述)し、広告ラインアップ Google Preferredから除名された[9][6]

年収14億円相当といわれる(2018年時点[10])。フォーブスによればポールはFacebook投稿1回で15万ドルを稼ぐ[4]

不祥事[編集]

青木ヶ原「自殺死体動画」[編集]

ポールは知人らとともに来日し、2017年12月末に青木ヶ原を散策し、男性の死体を発見。それらの様子の一部始終を撮影しており、死体にモザイクをかけて12月31日、Youtubeにアップロードした。また、動画の中でポールと一行はすぐに警察に通報し、遺体の様子にショックを受ける反面、この動画を「これは、YouTubeの歴史に残る瞬間になる」としたり、冗談を言い合う場面も見られた[11][12]

この動画はYouTubeで何百万人もの視聴者が見ることになり、ポールに対する批判も殺到。動画は即座に削除された。俳優のアーロン・ポールは「気分が悪い。多くの若い人がお前を尊敬しているなんて信じられない。(中略)お前は完全にゴミクズだ」とポールを強く批判。ピューディパイやフィリップ・デフランコといった他のYoutuber達からも、本件でのポールの態度が不謹慎であるとされ、また、日本で行った数々のいたずら行為を撮影した動画もまた批判の対象となった。

ポールはその後、謝罪文[11]や謝罪動画[12]をアップロードした。

なお、この事件をきっかけに「YouTubeは動画収益化の条件を更に厳格化する」ことになったと東京スポーツは報道しているが[13]、YouTube側は俗説だと公式に表明しており、長期的に検討を加えた結果で、たまたまポールの問題とタイミングが合っただけであるとしている[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]