ワルドー・フォン・エリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルドー・フォン・エリック
プロフィール
リングネーム ワルドー・フォン・エリック
ワルドー・フォン・ジーバー
カール・フォン・ジーバー
ワイルドマン・ズィム
ザ・グレート・ズィム
ザ・グリーン・ホーネット
ミスターM
エル・ティグレ
本名 ウォルター・ポール・ジーバー
ニックネーム 冷血鬼
電撃男[1]
身長 193cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1933年10月2日
死亡日 2009年7月5日(満75歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州トロント
トレーナー アル・スピットル
ホイッパー・ビリー・ワトソン
デビュー 1950年
引退 1979年
テンプレートを表示

ワルドー・フォン・エリックWaldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダオンタリオ州トロント出身のプロレスラー

フリッツ・フォン・エリックの「弟」を名乗り(実際には血縁関係はない)、ナチスギミックの冷酷なドイツ人ヒールとして悪名を轟かせた。

来歴[編集]

YMCAにてレスリングのトレーニングを積み、1950年カルガリーにて17歳でデビュー[2]。ワルドー・フォン・ジーバー(Waldo Von Sieber)またはカール・フォン・ジーバー(Karl Von Seiber)の名義でカナダ各地を転戦後にアメリカへ進出し、1950年代後半にフリッツ・フォン・エリックと邂逅。ワルドー・フォン・エリックWaldo Von Erich)と改名してフリッツとの兄弟タッグチームを結成し、1958年10月にミッドアトランティック地区NWA南部タッグ王座を獲得した[3]

フリッツとのコンビを一時解消後、1960年代初頭は、ミスターM(Mr. M)、ザ・グレート・ズィム(The Great Zim)、ザ・グリーン・ホーネット(The Green Hornet)、エル・ティグレ(El Tigre)などのリングネームで覆面レスラーに変身したこともある[4]。素顔のワルドー・フォン・エリックに戻っての1963年には、中西部の各地にてウイルバー・スナイダーカウボーイ・ボブ・エリスクラッシャー・リソワスキーザ・シークらと対戦した[5]

1964年ニューヨークWWWFに参戦。8月22日、9月21日、10月19日のマディソン・スクエア・ガーデン定期戦において、ブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に連続挑戦した[6]。翌1965年2月4日にはジン・キニスキーと組んでジェリールークのグラハム兄弟からUSタッグ王座を奪取[7]。同年8月2日のMSG定期戦では、当時WWWFでベビーフェイスのポジションにいたジョニー・バレンタインと対戦している[6]

1966年より、フリッツ・フォン・エリックがテキサス州ダラスにて設立したNWAビッグタイム・レスリングにてフォン・エリック・ブラザーズを再結成。1967年2月21日にアル・コステロ&カール・フォン・ブラウナー、9月11日にブルート・バーナード&マイク・パドーシスを破り、NWAアメリカン・タッグ王座を2度に渡って獲得した[8]

その間の同年4月、日本プロレスの『第9回ワールドリーグ戦』に「ドイツ代表」として初来日。ザ・デストロイヤーに次ぐ外国人陣営の2番手となって優勝戦線を撹乱した[9]。5月開幕の『アイアンクロー・シリーズ』にも残留出場し、シリーズのエースとして参戦したフリッツとの兄弟タッグを日本でも実現させ、5月23日に大阪府立体育館にて、ジャイアント馬場&吉村道明インターナショナル・タッグ王座に挑戦している[10]。翌1968年1月には、グレート東郷のブッキングでTBS体制下の国際プロレスに来日、ナチス・ギミックの先達であるハンス・シュミットともタッグを組んだ[11]

1960年代末はオーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征。1969年4月4日、シドニーにおいてマリオ・ミラノと組み、ドン・レオ・ジョナサン&アントニオ・プリエーゼからIWA世界タッグ王座を奪取している[12]。帰米後は1971年3月、中南部のNWAトライステート地区にてカール・フォン・ブラウナーをパートナーに、ビル・ワット&ビリー・レッド・ライオンを下して同地区のUSタッグ王座を獲得した[13]

以後、1970年代はシングル・プレイヤーとしての活動に専念し、1971年4月より五大湖エリアのNWFに登場。同年11月20日、オハイオ州クリーブランドにてジョニー・パワーズを破り第2代のNWF世界ヘビー級王者となった(12月8日にドミニク・デヌーチに王座を奪われるが、翌1972年1月5日に奪回。6月9日にアーニー・ラッドに敗れるまでタイトルを保持した)[14]

1972年の秋には日本プロレスに再来日し、10月18日に高崎にて坂口征二UNヘビー級王座に挑戦している[15]1973年から1974年にかけては再びオーストラリアにて活動、スパイロス・アリオンからNWA豪亜ヘビー級王座を奪取し[16]、タッグではヒロ・トージョーことサムソン・クツワダとの日独戦犯コンビで活躍した[17]1975年は第2次政権時代のブルーノ・サンマルチノの首を狙い、フレッド・ブラッシーマネージャーに迎えて久々にWWWFに登場[18]。8月27日にはペンシルベニア州ハンブルクにてアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した[19]

1976年9月、NWFでの抗争相手でもあったアブドーラ・ザ・ブッチャーと共に全日本プロレスに来日。9月30日に岩手県営体育館にて、ブッチャーと組んで馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑み、大木金太郎アジアヘビー級王座にも2回挑戦した。1977年には覆面レスラーのザ・グレート・ズィムとして、NWAトライステート地区にてテッド・デビアスから北米ヘビー級王座を奪取したが、同年3月1日、ディック・マードックに敗れて王座から陥落[20]。これが最後のタイトル戴冠となり、1979年に引退した[2]

晩年は地元オンタリオのケンブリッジを拠点とするインディー団体ICWに参画していた[2]2009年7月5日、オンタリオ州キッチナーの病院にて死去[21]。75歳没。

なお、1980年代後半にダラスのWCCWでワルドーの息子と称するランス・フォン・エリック(ウィリアム・ヴォーン)がフォン・エリック兄弟(ケビンケリー)の従兄弟として活動していたが、フリッツとワルドーの兄弟設定と同様にギミック上のフィクションであり、ワルドーやフォン・エリック・ファミリーとの血縁関係はない[22]。 

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回[23]
  • NWAテキサス・ブラスナックル王座:2回[24]
  • NWAアメリカン・タッグ王座:2回(w / フリッツ・フォン・エリック)[8]
NWAトライステート
  • NWA北米ヘビー級王座(トライステート版):1回[20]
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / カール・フォン・ブラウナー)[13]
スタンピード・レスリング
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
ナショナル・レスリング・フェデレーション
  • NWF世界ヘビー級王座:2回[14]
  • NWF北米ヘビー級王座:1回[26]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)

脚注[編集]

  1. ^ 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P107(1988年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c Canadian Hall of Fame: Waldo von Erich”. SLAM! Sports. 2009年12月29日閲覧。
  3. ^ a b NWA Southern Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月18日閲覧。
  4. ^ Waldo Von Erich”. Online World of Wrestling. 2009年12月29日閲覧。
  5. ^ The matches Waldo Von Erich fought at USA in the year 1963”. Wrestlingdata.com. 2015年12月31日閲覧。
  6. ^ a b WWE Specific Arena Results: MSG 1963-1969”. The History of WWE. 2009年12月29日閲覧。
  7. ^ a b WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月18日閲覧。
  8. ^ a b NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月18日閲覧。
  9. ^ JWA 1967 The 9th World Big League”. Puroresu.com. 2015年5月1日閲覧。
  10. ^ JWA 1967 Iron Claw Series”. Puroresu.com. 2015年5月1日閲覧。
  11. ^ The IWE matches fought by Waldo Von Erich in 1968”. Wrestlingdata.com. 2014年12月1日閲覧。
  12. ^ a b IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  13. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  14. ^ a b NWF World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月18日閲覧。
  15. ^ JWA 1972 The 3rd Annual NWA Tag Team League”. Puroresu.com. 2015年12月31日閲覧。
  16. ^ a b NWA Austra-Asian Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  17. ^ 『Gスピリッツ Vol.22』P87-88(2012年、辰巳出版ISBN 4777809846
  18. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2009年12月29日閲覧。
  19. ^ WWWF TV-Taping at Hamburg”. Wrestlingdata.com. 2015年5月1日閲覧。
  20. ^ a b NWA North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月18日閲覧。
  21. ^ Waldo von Erich dies suddenly”. SLAM! Sports. 2009年7月6日閲覧。
  22. ^ Lance Von Erich”. Online World of Wrestling. 2009年12月29日閲覧。
  23. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  24. ^ NWA Texas Brass Knuckles Title [East Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  25. ^ NWA Canadian Heavyweight Title [Calgary]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  26. ^ NWF North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。
  27. ^ NWA Austra-Asian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]