ホイッパー・ビリー・ワトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホイッパー・ビリー・ワトソン
プロフィール
リングネーム ホイッパー・ビリー・ワトソン[1]
ビリー・ポッツ[1]
ホイッパー・ワトソン[1]
フーパー・ワトソン[1]
本名 ウィリアム・ジョン・ポッツ[1]
ニックネーム 鞭打ち男[2]
身長 177cm[1]
体重 102kg[1]
誕生日 1915年7月25日[1]
死亡日 1990年2月4日(満74歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州の旗 オンタリオ州トロント[1]
トレーナー Phil Lawson
デビュー 1936年[3]
テンプレートを表示

ホイッパー・ビリー・ワトソン"Whipper" Billy Watson)のリングネームで知られたウィリアム・ジョン・ポッツWilliam John Potts1915年7月25日 - 1990年2月4日)は、カナダプロレスラーオンタリオ州トロント出身のアイルランド系カナダ人。

地元のトロント地区では英雄的存在であり、力道山日本プロレスへの招聘を何度となく計画したが、本国でのスケジュールの問題で来日は実現しなかった[4]。実の息子もプロレスラーで、ホイッパー・ビリー・ワトソン・ジュニアを名乗って活動していた[5]

来歴[編集]

1936年英国でのトニー・ベアー戦でデビューといわれるが、1940年にデビューしたという説もある。1941年7月5日、自身初のタイトルとなるカナディアン・ヘビー級王座を獲得。翌1942年4月、トロントでNWA英連邦ヘビー級王座を奪取。1947年2月21日、ミズーリ州セントルイスで旧NWA(ナショナル・レスリング・アソシエーション)世界王者のビル・ロンソンに反則勝ちし、アソシエーション版のNWA世界ヘビー級王座を獲得するが、2か月後にルー・テーズに奪取された。

その後、フランク・タニーの主宰するトロントのメープル・リーフ・レスリングを主戦場に、1952年から1960年にかけて、NWAカナディアン・オープン・タッグ王座を再三獲得[3]グレート東郷&トシ東郷のトーゴー・ブラザーズともタイトルを争った[6]

1956年3月15日、トロントにてルー・テーズを破り、ナショナル・レスリング・アライアンス発足後のNWA世界ヘビー級王座を奪取。以降、「ルー・テーズを破りNWA王座に輝いた男」として紹介され、約8か月に渡って王座を保持。ゴージャス・ジョージハンス・シュミットレオ・ノメリーニジン・キニスキーキラー・コワルスキーフリッツ・フォン・エリックパット・オコーナースカイ・ハイ・リーハードボイルド・ハガティボボ・ブラジルジェス・オルテガエンリケ・トーレスビル・ミラーディック・ハットンバディ・ロジャースなどの強豪の挑戦を退けたが、同年11月9日、セントルイスにてテーズに敗れ王座転落[7]

陥落後はトロントをはじめバンクーバーカルガリーなどカナダ各地で活動し、ジョニー・バレンタインドン・レオ・ジョナサンザ・シークなどを相手に好勝負を演じた。1963年12月27日にはAWAのカナダでの拠点だったマニトバ州ウィニペグにて、バーン・ガニアと組んでキンジ渋谷&ミツ荒川日系悪党コンビと対戦している[8]1965年1月9日にはドン・レオ・ジョナサンをパートナーに、アル・コステロ&ロイ・ヘファーナンファビュラス・カンガルーズからマニトバ版のカナディアン・タッグ王座を奪取した[9]

1968年8月25日、トロントにてマーク・ルーインと組み、タイガー・ジェット・シン&ブル・カリーからトロント版のインターナショナル・タッグ王座を奪取したのが最後のタイトル戴冠となり、1971年に引退した[3]。以降もトロント地区のレジェンドとしてメープル・リーフ・レスリングに時折登場し、1978年12月17日には、トロント版NWAカナディアン・ヘビー級王座の初代チャンピオンとなったディノ・ブラボーにベルトを授与した[10]

1990年2月4日、心臓発作により74歳で死去[5]。現役選手時代のワトソンについて、ルー・テーズは「荒っぽくてファイトの塊のようなレスラーだった」と評しており、そのハードなファイトスタイルのために怪我も多く、全身68箇所を骨折していたが、それでもリングに上がっていたという[4]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ナショナル・レスリング・アソシエーション
  • NWA世界ヘビー級王座:1回
ナショナル・レスリング・アライアンス
メープル・リーフ・レスリング
スタンピード・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(カルガリー版):1回
NWAオールスター・レスリング
  • NWAブリティッシュ・エンパイア・ヘビー級王座(バンクーバー版):1回
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ダン・ミラー
  • NWAパシフィック・コースト・タッグ王座:3回(w / Roy McClarty、ミスター・クリーン、ベアキャット・ライト
アレックス・ターク・プロモーションズ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Whipper Billy Watson”. Wrestlingdata.com. 2013年8月13日閲覧。
  2. ^ 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P102(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c Wrestler Profiles: Billy Watson”. Online World of Wrestling.com. 2013年8月11日閲覧。
  4. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 100』P84-85(1981年、日本スポーツ出版社)
  5. ^ a b Whipper Billy Watson”. Canadian Pro Wrestling Hall of Fame. 2014年2月2日閲覧。
  6. ^ NWA Canadian Open Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月2日閲覧。
  7. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1956”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月30日閲覧。
  8. ^ The AWA matches fought by Whipper Billy Watson in 1963”. Wrestlingdata.com. 2015年1月30日閲覧。
  9. ^ Canadian Tag Team Title/International Tag Team Title [Manitoba]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月31日閲覧。
  10. ^ Wrestler Profiles: Dino Bravo”. Online World of Wrestling. 2015年2月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]