バリー・ウインダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バリー・ウインダム
バリー・ウインダムの画像
Barry Windham as "The Stalker" in 1996
プロフィール
リングネーム バリー・ウインダム
ブラックジャック・マリガン・ジュニア
ダーティー・イエロー・ドッグ
ザ・ウィドウメイカー
ザ・ストーカー
ブラックジャック・ウインダム
本名 バリー・クリントン・ウインダム
ニックネーム 蒼き狼
身長 198cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 (1960-07-04) 1960年7月4日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州
ノーラン郡スウィートウォーター
トレーナー ブラックジャック・マリガン
ハーリー・レイス
デビュー 1980年1月7日
テンプレートを表示

バリー・ウインダムBarry Clinton Windham1960年7月4日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州スウィートウォーター出身。父親はブラックジャック・マリガン、弟はケンドール・ウインダム、息子はジェシー・ウィンダム。ディック・マードックは義理の叔父、マイク・ロトンドは義兄弟にあたる。

父親譲りの長身の持ち主だが、大型ラフファイターだったマリガンとは対照的に、インサイドワークを駆使する技巧派として活躍した。1980年代から1990年代を全盛期に、NWAWCWWWFなど各メジャー団体で実績を残している。

来歴[編集]

ブラックジャック・マリガンのトレーニングのもと、1980年1月にエディ・グラハムが主宰するNWAフロリダ地区のCWFでデビュー。金髪と長身、そして甘いマスクを持ったベビーフェイスの新鋭として売り出され、同年には早くもバグジー・マグローミスター・サイトースーパー・デストロイヤーらを破り、同地区認定のTV王座を通算3回獲得した[1]

以降もCWFを主戦場に、ダスティ・ローデスやマリガンとのタッグで活躍。シングルでは1981年1月12日にドリー・ファンク・ジュニアからフロリダ・ヘビー級王座を奪取し[2]1982年12月18日にはグレッグ・バレンタインを下し南部ヘビー級王座を獲得[3]1980年代前半はリッキー・スティムボートポール・オーンドーフケリー・フォン・エリックブッチ・リードらと共に、次期NWA世界ヘビー級王者候補の一人として期待を集めた。

1983年11月、全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦ロン・フラーとの2メートル・コンビで初来日[4]。キャリア不足もあって勝ち星には恵まれなかったものの、リッキー・スティムボート以来の初来日選手に対するコールが起こった。なお、来日第1戦となる開幕戦(大阪府立体育館)で対戦し、リーグ戦の優勝チームとなったスタン・ハンセンブルーザー・ブロディの両者は、ジョージアテキサスなどアメリカ南部におけるブラックジャック・マリガンのライバルでもあった。

1984年10月、フロリダでのタッグパートナーだったマイク・ロトンドと共にWWFと契約。ロトンドとのタッグチームUSエクスプレスThe U.S. Express)と名付けられ、1985年1月21日にはノース・サウス・コネクション(ディック・マードック&アドリアン・アドニス)を破り、WWF世界タッグ王座を獲得した[5]。同年3月31日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで行われたレッスルマニア第1回大会にてアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフに敗れ王座から陥落するも、6月17日に奪還に成功[5]。しかし、8月24日にドリーム・チーム(グレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキ)にタイトルを奪われ、同年10月にWWFを離脱した[6]

1986年1月、ロトンドとのコンビで全日本プロレスに再来日[7]。その後は古巣のフロリダを経て、同年末よりジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区(ジム・クロケット・プロモーションズ)に定着、リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座に再三挑戦した[8]1988年3月にはフォー・ホースメンを脱退したレックス・ルガーと組んでアーン・アンダーソン&タリー・ブランチャードからNWA世界タッグ王座を奪取するが[9]、数週間後にルガーを裏切ってヒールに転向、ルガーと入れ替わる形でフォー・ホースメンの新メンバーとなった[1]

1988年11月、テッド・ターナーがクロケット・プロを買収してWCWが発足すると、一時WCWを離脱し1989年ザ・ウィドウメイカーThe Widowmaker)を名乗ってWWFに短期間登場[1][10]1990年には全日本プロレスへの3度目の来日を果たし、3月6日に日本武道館にてジャンボ鶴田三冠ヘビー級王座に挑戦[11]、その後WCWに復帰する。復帰後は再びホースメンに加わるも、1991年からはベビーフェイスに戻り、ダスティン・ローデスとの南部人タッグを結成した[1]。同年3月、当時WCWと提携していた新日本プロレスに初参戦し、1992年8月のGIクライマックスにも出場[12]1993年2月21日にはノースカロライナ州アッシュビルでグレート・ムタを破り、復活版のNWA世界ヘビー級王座を奪取している[13]

1994年のWCW退団後はしばらくマット界から離れていたが、1996年末より密猟者ギミックのベビーフェイス、ザ・ストーカーThe Stalker)としてWWFに登場。翌1997年からは父マリガンと同様の黒ずくめのカウボーイ・スタイルとなり、ジャスティン・ブラッドショーを相棒にニュー・ブラックジャックスThe New Blackjacks)を結成[14]。かつて父がブラックジャック・ランザとのコンビで一世を風靡した名タッグチーム、ザ・ブラックジャックスをリメイクした。同年の暮れには全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に、ニュー・ブラックジャックスとして参加[15]。1983年の初来日以来、14年ぶりの最強タッグ出場を果たしている。

1998年にブラッドショーとのコンビを解消してヒールに転向、ジム・コルネットがWWF内で結成した「NWA軍」に加入するがファンの反応は鈍く、同年よりWCWに復帰する。しばらくは前座のポジションに甘んじていたものの、1999年カート・ヘニングボビー・ダンカン・ジュニア、実弟のケンドール・ウインダムらと共に、カウボーイ・ユニットのウエスト・テキサス・レッドネックスThe West Texas Rednecks)を結成[16]。同年2月21日にはヘニングと組みトーナメント決勝でクリス・ベノワ&ディーン・マレンコを、8月23日にはケンドールとの兄弟チームでハーレム・ヒートスティービー・レイ&ブッカー・T)をそれぞれ破り、WCW世界タッグ王座を2回に渡って獲得した[17]

1999年にWCWを離れ、プエルトリコWWCテッド・デビアスがプロデュースしたWXOなどを転戦。2000年にはケンドールとのウインダム・ブラザーズで全日本の世界最強タッグ決定リーグ戦に来日、通算3回目の出場を果たした[18]2001年からはダスティ・ローデスが興したTCWに参加、以降はセミリタイア状態となり、各地のインディー団体へのスポット参戦を続けた。2004年5月にはIWAジャパンに来日。マイク・ロトンドの引退試合に三宅綾を加えたトリオで出場した[19]

2006年、プロデューサーとしてWWEと契約したが、2008年に解雇されている。2012年、リック・フレアー、アーン・アンダーソン、タリー・ブランチャードおよびマネージャーJ・J・ディロンと共に、フォー・ホースメンとしてWWE殿堂に迎えられた[20]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・フェデレーション / ワールド・レスリング・エンターテインメント
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / ケンドール・ウインダム)
NWAサザン・チャンピオンシップ・レスリング
ミュージック・シティ・レスリング
  • NWA北米ヘビー級王座:1回
NWAニューイングランド
  • NWAニューイングランド・ヘビー級王座:1回
ターンバックル・チャンピオンシップ・レスリング
  • TCWヘビー級王座:2回

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Barry Windham”. Online World of Wrestling. 2009年9月30日閲覧。
  2. ^ NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  3. ^ NWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  4. ^ The AJPW matches fought by Barry Windham in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  5. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月29日閲覧。
  6. ^ WWE Yearly Results 1985”. The History of WWE. 2015年3月28日閲覧。
  7. ^ The AJPW matches fought by Barry Windham in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  8. ^ フレアーはウインダムを手の合ったライバルの一人として認めており、その試合巧者ぶりを「自分と技術で渡り合える数少ないレスラー」「60分フルタイム闘っても苦にならない相手」などと高く評価している。また、酒と女にも強く、何度も負かされたとも語っている(DVD『リック・フレアー アルティメット・コレクション』DISC-1 / 2004年、ジェネオン・エンタテインメント)。
  9. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月29日閲覧。
  10. ^ The WWE matches fought by Barry Windham in 1989”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  11. ^ The AJPW matches fought by Barry Windham in 1990”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  12. ^ The NJPW matches fought by Barry Windham in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  13. ^ NWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月29日閲覧。
  14. ^ The WWE matches fought by Barry Windham in 1997”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  15. ^ The AJPW matches fought by Barry Windham in 1997”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  16. ^ カート・ヘニングの父ラリー・ヘニングとウインダムの父ブラックジャック・マリガン1970年11月、国際プロレスにチームを組んで来日し、IWA世界タッグ王座を奪取している。また、ボビー・ダンカン・ジュニアの父ボビー・ダンカンとブラックジャック・マリガンは、ウインダムがデビューした1980年にNWAミッドアトランティック地区で抗争を繰り広げた仲だった。
  17. ^ WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月29日閲覧。
  18. ^ The AJPW matches fought by Barry Windham in 2000”. Wrestlingdata.com. 2015年3月28日閲覧。
  19. ^ IWA Japan Mike Rotundo Retirement Show”. Cagematch.net. 2015年3月28日閲覧。
  20. ^ WWE Hall of Fame”. WWE.com. 2012年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]