ジャクリーン・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャクリーン・ムーア
ジャクリーン・ムーアの画像
プロフィール
リングネーム ジャクリーン
ジャッキー・ムーア
ミス・ジャッキー
クイーン・モイシャ
ミス・テキサス
スウィート・ジョージア・ブラウン
本名 ジャクリーン・ムーア
ニックネーム 黒い女豹
身長 160cm - 162cm
体重 54kg - 59kg
誕生日 (1964-01-06) 1964年1月6日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州ダラス
スポーツ歴 テコンドー
トレーナー スカンドル・アクバ
デビュー 1989年
テンプレートを表示

ジャクリーン・ムーアJacqueline DeLois Moore1964年1月6日 - )は、アメリカ合衆国女子プロレスラーマネージャーテキサス州ダラス出身のアフリカ系アメリカ人

WWF女子王者WWEクルーザー級王者黒人ディーヴァの先駆者存在であり、WWEではトレーナーとしても活動していた。

来歴[編集]

ジェネラル・スカンドル・アクバのトレーニングを受け、1989年に地元テキサス州ダラスのGWFでデビュー。翌1990年3月、スウィート・ジョージア・ブラウンSweet Georgia Brown)のリングネームFMWに初来日。土屋恵理子森松由紀を下し、工藤めぐみともタッグを組んだ[1]

1991年より、テネシー州メンフィスUSWAに定着。ミス・テキサスMiss Texas)を名乗り、同じくテキサス出身のドクター・トム・プリチャードマネージャーを担当した。1992年3月2日にはUSWA女子王座の争奪トーナメントを制し、初代チャンピオンに認定されている[2]。以降、ムーンドッグ・フィフィルナ・バションらを相手にタイトルを争い、1996年にかけて通算14回に渡って同王座を獲得した[2]。USWAではクイーン・モイシャQueen Moisha)なる変名を用い、PG-13(J・C・アイス&ウルフィー・D)、シャキール・アリサー・モハメッドらによるオリジナル版ネーション・オブ・ドミネーションのメンバーにもなっている[3]

1997年J・J・ディロンの招きでWCWと契約。ファーストネームのジャクリーンJacqueline)をリングネームにケビン・サリバンのマネージャーとなり、ヒールのポジションでクリス・ベノワ&ウーマンのコンビと抗争、同年4月12日にはサリバンに帯同して新日本プロレス東京ドーム大会に来日した[4]。同年下期からはベビーフェイスに転向。8月9日のPPV "Road Wild 1997" では当時nWoと抗争していたハーレム・ヒートセコンドを務め[5]、10月26日の "Halloween Havoc 1997" では男性レスラーのディスコ・インフェルノと対戦して勝利を収めている[6]

1998年中盤、セイブルと喧嘩別れしたマーク・メロの新マネージャーとしてWWFに登場。再びヒールターンしてセイブルと抗争を展開する[7]。同年9月15日、当時空位だったWWF女子王座の王者決定戦でセイブルを破り新チャンピオンとなったが[8]、11月15日の『サバイバー・シリーズ1998』にてセイブルに敗退、王座から陥落した[9]

1999年テリー・ラネルズプリティ・ミーン・シスターズPretty Mean Sisters / PMS)を結成し、マーク・ヘンリーミートなどの男性レスラーを手玉に取る小悪魔キャラクターに変身[10]。PMS解散後はベビーフェイスに戻り、一時はファルーク&ブラッドショーアコライツ・プロテクション・エージェンシーに「女用心棒」として加入していた。2000年2月1日(2月3日放送)の『スマックダウン』では、女装してWWF女子王者となったハービーナことハービー・ウィップルマンを17秒で下し、王座に返り咲いている[8][11]

TNAではビアマネー・インクと共闘し、彼らのマネージャーを担当

2001年には新人選手オーディション番組『タフ・イナフ』第1シリーズの女性教官に起用され、以降WWEではトレーナーやレフェリーを兼任。2002年下期からは選手活動も再開し、12月15日の『アルマゲドン2002』では、王者ビクトリア&トリッシュ・ストラタスとのトリプル・スレット・マッチによる女子王座戦に出場[12]スティーブン・リチャーズなどの男性レスラーとも試合を行い、2004年5月4日にはチャボ・ゲレロを破りWWEクルーザー級王座を獲得している[13]

2004年6月にWWEを離れ、同年11月にTNAに初登場。2005年から2006年にかけてはインディー団体に単発出場し、2007年より "The Pride of Tennessee" をニックネームに、ジャッキー・ムーアJackie Moore)の名でTNAに再登場。2009年7月まで、ゲイル・キムとの抗争やビアマネー・インクのマネージャーなどで活躍した。その後、2011年6月から11月まで一時的にTNAに復帰、ODBことジェシカ・クレサのパートナーを務めた。

2016年3月14日、WWE殿堂に迎えられることが発表された[14]。4月2日に地元ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターにて行われた殿堂入り式典では、ダッドリー・ボーイズババ・レイディーボンがインダクターを務めた[15][16]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWE
USWA
  • USWA女子王座:14回[2]
UWF
  • UWF世界女子王座(ハーブ・エイブラハム派):1回[17]

脚注[編集]

  1. ^ Matches of Jacqueline 1990-1993”. Cagematch. 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c USWA Women's Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月9日閲覧。
  3. ^ Nation of Domination”. Online World of Wrestling. 2011年5月9日閲覧。
  4. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P98(2002年、日本スポーツ出版社
  5. ^ WCW Road Wild 1997”. pWw-Everything Wrestling. 2011年5月9日閲覧。
  6. ^ WCW Halloween Havoc 1997”. Pro Wrestling History. 2011年5月9日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Jackie Moore in 1998”. Wrestlingdata.com. 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ a b c WWE Women's Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月9日閲覧。
  9. ^ WWF Survivor Series 1998”. pWw-Everything Wrestling. 2011年5月9日閲覧。
  10. ^ Pretty Mean Sisters”. Online World of Wrestling. 2011年5月9日閲覧。
  11. ^ WWF SmackDown #25”. Cagematch.net. 2016年4月7日閲覧。
  12. ^ WWF Armageddon 2002”. pWw-Everything Wrestling. 2011年5月9日閲覧。
  13. ^ a b WCW-WWE World Cruiserweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月9日閲覧。
  14. ^ a b Jacqueline to be inducted into WWE Hall of Fame’s Class of 2016”. WWE.com. 2016年3月15日閲覧。
  15. ^ Trailblazing Jacqueline enshrined in her hometown of Dallas”. WWE.com. 2016年4月7日閲覧。
  16. ^ The Dudley Boyz to induct Jacqueline into the WWE Hall of Fame”. WWE.com. 2016年4月7日閲覧。
  17. ^ UWF Women's Title”. Pro Wrestling History. 2016年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]