スカンドル・アクバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スカンドル・アクバ
プロフィール
リングネーム スカンドル・アクバ
ジェネラル・スカンドル・アクバ
ワイルドマン・ウェーバ
ジミー・ウェーバ
本名 James Saied Whebbe
ニックネーム アラブの黒鷲
身長 178cm
体重 105kg - 120kg
誕生日 (1934-09-29) 1934年9月29日
死亡日 (2010-08-19) 2010年8月19日(満75歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州
ウィルバーガー郡ヴァーノン
デビュー 1963年
テンプレートを表示

スカンドル・アクバ"General" Skandor Akbar、本名:James Saied Whebbe1934年9月29日 - 2010年8月19日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州ヴァーノン出身のアラブ系アメリカ人。

ザ・シークの影響下にあった中東ギミックヒールであり、キャリア後期はマネージャーとしても活躍した[1]

来歴[編集]

1963年にジミー・ウェーバ(Jimmy Wehba)名義でデビュー後、1966年よりフリッツ・フォン・エリックの提案で[1]アラビア語で「アレキサンダー大王」を意味するスカンドル・アクバSkandor Akbar)に改名。1967年10月7日にはNWAトライステート地区にて、ダニー・ホッジと組んでトーゴー・シクマ&シャチ横内からUSタッグ王座を奪取している[2]

以降、シーク・スタイルのアラブ人ヒールとして、ジョージアフロリダなどNWA南部テリトリーで活動。ジョージアではビル・ドロモボブ・アームストロングとタイトルを争い[1]、フロリダではジャック・ブリスコヒロ・マツダと対戦した[3]。日本へは1970年1月に日本プロレス1973年6月に国際プロレスへ来日。国際プロレスへの来日時には、6月22日に酒田にてラッシャー木村と、6月30日に岐阜にてストロング小林と、それぞれ金網デスマッチで対戦している[4]1975年にはオーストラリアにも遠征、9月12日にムース・モロウスキーを破りNWA豪亜ヘビー級王座を獲得した[5]

1976年は4月から8月にかけて、WWWFを短期間サーキット。ボボ・ブラジルイワン・プトスキーケビン・サリバンチーフ・ジェイ・ストロンボービリー・ホワイト・ウルフトニー・パリシパット・バレットS・D・ジョーンズらと対戦し、スタン・ハンセンともタッグを組んだ[6]ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンでは、5月17日の定期戦において前WWWF世界タッグ王者ルイ・セルダンから勝利を収めている[7]

1977年より、ヒールのプレイング・マネージャーに転向。以降1980年代全般はダラスのWCCWを本拠地に、エディ・グラハム主宰のCWFビル・ワット主宰のMSWA(UWF)にも登場した。1990年代からはダラスの新団体GWFで活動[8]1995年には一時的にベビーフェイスとなり、旧敵ケビン・フォン・エリックのマネージメントを担当した。

20年強に及ぶマネージャー時代の担当選手には、若手時代のスティーブ・オースチンマーク・キャラウェイミック・フォーリージョン・レイフィールド武藤敬司など、後にプロレス界を代表するトップスターとなったレスラーも少なくない[9]

晩年はテキサス州ダラス郡ガーランドに居住、マネージャーとしてもテキサスのインディー団体にスポット出場していた[1]2010年8月19日前立腺癌のため75歳で死去[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAトライステート
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
  • NWA豪亜ヘビー級王座:1回[5]
  • NWA豪亜タッグ王座:1回(w / George Gouliovas)[13]

マネージャー担当選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Skandor Akbar”. Online World of Wrestling. 2014年10月9日閲覧。
  2. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月14日閲覧。
  3. ^ Skandor Akbar: Matches”. Cagematch.net. 2014年10月9日閲覧。
  4. ^ The IWE matches fought by James Wehba in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年12月19日閲覧。
  5. ^ a b NWA Austra-Asian Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月9日閲覧。
  6. ^ WWE Yearly Results 1976”. The History of WWE. 2012年2月14日閲覧。
  7. ^ WWWF at New York City 1976/05/17”. Cagematch.net. 2016年1月4日閲覧。
  8. ^ The GWF matches fought by Skandar Akbar in 1992”. Wrestlingdata.com. 2016年11月10日閲覧。
  9. ^ Skandor Akbar”. Wrestlingdata.com. 2016年1月4日閲覧。
  10. ^ NWA North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  11. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  12. ^ NWA Macon Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  13. ^ NWA Austra-Asian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]