チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダChampionship Wrestling from Florida、略称:CWF)は、アメリカ合衆国フロリダ州にて活動していたプロレス団体

NWA傘下の主要団体として、黄金期である1970年代からはエディ・グラハムが主宰者となり、ダスティ・ローデスをエースに擁して人気を博した。本部を構えていたタンパをはじめ、マイアミジャクソンビルセントピーターズバーグオーランドなどの各主要都市で興行を行い、昭和期の日本ではNWAフロリダ地区とも呼称された。

概要[編集]

創設から1960年代まで[編集]

NWA結成後の1949年プロレスラーのクラレンス・P・ラットレル( "Cowboy" Clarence P. Luttrell)を主宰者として、フロリダ州タンパチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダCWF)が創設される[1]。フロリダにはNWA結成以前の1930年代前半からプロレス団体があり、1934年よりフロリダ・ヘビー級王座が、1936年より南部ヘビー級王座が認定され、ラットレル自身も戴冠していたが、CWF創設後にフロリダ王座は南部王座に統合され、1966年まで封印されていた[2][3]

以降、1950年代から1960年代前半にかけては、フレッド・ブラッシーレイ・スティーブンスフレッド・アトキンスバディ・オースチンボリス・マレンコボブ・オートンボブ・エリスターザン・タイラー、そして後にオーナーとなるエディ・グラハムヒロ・マツダなどの強豪が南部ヘビー級王者に名を連ねている[3]。1966年にはフロリダ・ヘビー級王座がNWAの認定タイトルとして復活し、ワフー・マクダニエルジョニー・バレンタインジョー・スカルパレッド・バスチェンサイクロン・ネグロミスター・サイトージャック・ブリスコらによって争われた[2]。また、1960年代よりゴードン・ソリーが実況アナウンサーを担当したTVプログラムも高視聴率を獲得した。

エディ・グラハムの時代[編集]

ラットレルの養子だったエディ・グラハムは、1961年よりプロモーションの買収を始めており、1970年9月にCWFの全権を掌握。1970年代前半はフロリダ・ヘビー級王者のジャック・ブリスコがエース格となり、ジョニー・バレンタイン、ターザン・タイラー、クリス・マルコフサンダーボルト・パターソンラリー・ヘニンググレート・メフィストディック・マードックボビー・ダンカンオレイ・アンダーソンベアキャット・ライトポール・ジョーンズマッドドッグ・バションティム・ウッズバディ・コルトらを相手に防衛戦を展開。ジャック&ジェリー・ブリスコドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクの兄弟タッグ抗争なども人気を博した。

ジャック・ブリスコのNWA世界ヘビー級王座戴冠後は、それまでヒールのポジションにいたダスティ・ローデスが、マネージャーゲーリー・ハートおよびパートナーのパク・ソンとの仲間割れアングル1974年5月よりベビーフェイスに転向[4]。以降、アメリカン・プロレスを代表する大人気スターとなり、CWFも全米有数の繁栄テリトリーに発展。オーナーのエディ・グラハムは1976年から1978年までNWAの会長を務め[5]、1978年1月25日にはマイアミ・オレンジボウルにて、当時のNWA世界ヘビー級王者ハーリー・レイス対WWWFヘビー級王者スーパースター・ビリー・グラハムのダブル・タイトルマッチを『スーパーボウル・オブ・レスリング』と銘打って実現させるなどの手腕を発揮した[6][7]

ベビーフェイス陣営では、ペドロ・モラレスロッキー・ジョンソンボボ・ブラジルマニー・フェルナンデスなどがローデスの脇を固め、1970年代後半からはジャック・ブリスコもCWFに復帰。1980年代に入るとバリー・ウインダムマイク・ロトンドなどの新しいスター候補も誕生した。ベテランのワフー・マクダニエルやミスター・レスリング2号、有望株だったブルース・リードビリー・ジャック・ヘインズフェイスターンしたブラックジャック・マリガンバグジー・マグロー、ゲスト出場のアンドレ・ザ・ジャイアントもダスティ・ローデスと共闘し、ディック・マードックも時折参戦してテキサス・アウトローズを再結成した。

ヒール陣営では、ザ・ファンクスラーズ・アンダーソンボブ・ループキラー・カール・コックスザ・スポイラージョー・ルダックアーニー・ラッドレロイ・ブラウンドン・ムラコイワン・コロフニコライ・ボルコフバロン・フォン・ラシクディック・スレーターボビー・ジャガーズロン・バスケビン・サリバンマーク・ルーインらが活躍し、アブドーラ・ザ・ブッチャーブルーザー・ブロディもスポット参戦、サー・オリバー・フンパーディンクJ・J・ディロンなどの悪党マネージャーがローデスらベビーフェイス陣営との抗争を指揮した。東洋系ヒールの日本人選手ではミスター・サイトーをはじめ、キラー・カーンミスター・ヒトミスター・サト(ザ・グレート・カブキ)ミスター・サクラダ(ケンドー・ナガサキ)などが参戦。NWA世界ヘビー級王者のハーリー・レイスやリック・フレアーも定期的に登場して防衛戦を行った。

日本とは、当初はNWAルートで全日本プロレスと接点を持っていたが、ブッカーのヒロ・マツダの仲介で1978年より新日本プロレスと提携[8]1980年4月16日にはマイアミビーチにて、アントニオ猪木ボブ・バックランドに挑戦したWWFヘビー級王座のタイトルマッチが行われた[9]。後にドリー・ファンク・ジュニアがブッカーに就任したこともあり、1982年以降は再び全日本プロレスと提携している[10]

エディ・グラハム死後[編集]

1984年よりWWFビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米侵攻を開始し、アメリカのプロレス界における旧来のテリトリー制が崩壊しつつある中、金融投資の失敗でアルコール依存症に陥ったエディ・グラハムが1985年1月21日にピストル自殺[11][12]。グラハムの死後はデューク・ケオムカとヒロ・マツダが団体の運営を引き継ぎ[1]、新日本プロレスとの提携も再開、1986年にはアメリカ修業中のホワイト・ニンジャこと武藤敬司ケンドール・ウインダムとNWAフロリダ・ヘビー級王座を争った[2]

ヘクター・ゲレロジェイ&マーク・ヤングブラッドジェシー・バーリック・ルードヘラクレス・ヘルナンデスなどが台頭し、ロン・シモンズレックス・ルガーなどの大型ルーキーも輩出したが、WWFの全米侵攻の余波で観客動員は落ち込み、1987年2月にジム・クロケット・ジュニアがCWFを買収。同じ南東部の主要テリトリーだったジョージア地区と同様、ジム・クロケット・プロモーションズに吸収合併されることになった[1]

CWF売却後、エディ・グラハムの息子マイク・グラハムはジム・クロケット・プロモーションズを離脱し、1988年4月、新たにフロリダ・チャンピオンシップ・レスリングFCW)を設立[13]。7月30日にはタンパにて、NWA王座に代わるフラッグシップ・タイトルとして新設されたFCWフロリダ・ヘビー級王座の決定トーナメントが行われ、決勝でディック・スレーターを破ったダニー・スパイビーが初代王者に認定された[14]。その後、FCWはプロフェッショナル・レスリング・フェデレーションPWF)と名称を変更し、ダスティン・ローデスやケンドール・ウインダムがヘビー級王座を獲得したが、1991年に活動を停止した[13]

なお、FCWの名称は、長年フロリダを主戦場としていたスティーブ・カーン主宰のWWEの下部団体に引き継がれた。

タイトル[編集]

  • NWAフロリダ・ヘビー級王座
  • NWAフロリダ・ジュニアヘビー級王座
  • NWAフロリダ・タッグ王座
  • NWAフロリダ女子王座
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版)
  • NWA南部タッグ王座(フロリダ版)
  • NWA南部女子王座(フロリダ版)
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版)
  • NWAインターナショナル・ヘビー級王座(フロリダ版)
  • NWAバハマズ・ヘビー級王座
  • NWAグローバル・タッグ王座
  • FCW(PWF)フロリダ・ヘビー級王座
  • FCW(PWF)フロリダ・タッグ王座

脚注[編集]

  1. ^ a b c Championship Wrestling from Florida”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月2日閲覧。
  2. ^ a b c NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月2日閲覧。
  3. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月2日閲覧。
  4. ^ Manager/booker Gary Hart dies”. SLAM! Sports. 2015年3月2日閲覧。
  5. ^ Eddie Graham”. Online World of Wrestling. 2015年3月2日閲覧。
  6. ^ NWA Superbowl of Wrestling”. Cagematch.net. 2015年3月2日閲覧。
  7. ^ WWE Yearly Results 1978”. The History of WWE. 2015年3月2日閲覧。
  8. ^ 『Gスピリッツ Vol.19』P70(2011年、辰巳出版ISBN 4777808920
  9. ^ CWF at Miami Beach 1980/04/16”. Cagematch.net. 2015年3月2日閲覧。
  10. ^ 『Gスピリッツ Vol.37』P65(2015年、辰巳出版、ISBN 4777815862
  11. ^ 『Gスピリッツ Vol.18』P48(2010年、辰巳出版、ISBN 4777808661
  12. ^ Tampa Bay Tribune: Self-inflicted gunshot kills Eddie Graham”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月2日閲覧。
  13. ^ a b Florida Championship Wrestling/Professional Wrestling Federeation”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月2日閲覧。
  14. ^ FCW/PWF Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]