レッド・バスチェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レッド・バスチェン
プロフィール
リングネーム レッド・バスチェン
フライング・レッド・バスチェン
テキサス・レッド
本名 ローランド・バスチェン[1]
ニックネーム 赤毛の悪魔[2]
身長 183cm[3]
体重 110kg(全盛時)[3]
誕生日 1931年1月27日[1]
死亡日 (2012-08-11) 2012年8月11日(81歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースダコタ州の旗 ノースダコタ州
ボティノ郡ボティノ[1]
スポーツ歴 レスリング[1]
デビュー 1956年[4]
引退 1979年[4]
テンプレートを表示

ローランド "レッド" バスチェンRolland "Red" Bastien1931年1月27日 - 2012年8月11日)は、アメリカ合衆国プロレスラーノースダコタ州ボティノ出身[1]

現役選手時代は技巧派のベビーフェイスとして実績を築き、引退後はプロレスラーのOB会 "Cauliflower Alley Club" の会長を長年に渡って務めた[1][2]

来歴[編集]

ハイスクール時代よりレスリングのトレーニングを開始し、サーカスに出場するカーニバル・レスラーを経て、朝鮮戦争従軍後にプロに転向[1][3]。その特徴的な赤毛とアクロバティックな空中技を得意とすることから、"フライング" レッド・バスチェン"Flying" Red Bastien)をリングネームに、異父兄弟のルー・バスチェン(ルー・クライン)とのバスチェン・ブラザーズで活動。1960年にはWWWFの前身であるNWAノースイースト地区のキャピトル・レスリング・コーポレーションにて、偽兄弟チームであるジェリーエディのグラハム・ブラザーズやアル・コステロ&ロイ・ヘファーナンファビュラス・カンガルーズを相手に、USタッグ王座を巡る抗争を展開した[5]

ルー・バスチェンとのコンビ解消後はサンフランシスコカナダバンクーバーを経て、1967年オーストラリアジム・バーネット主宰のワールド・チャンピオンシップ・レスリング)に進出。マリオ・ミラノをパートナーに、キラー・コワルスキー&スカル・マーフィーの凶悪コンビと世界タッグ王座を争った[6]。翌1968年4月30日にはフロリダにてジョニー・バレンタインからNWAフロリダ・ヘビー級王座を奪取している[7]。同年9月、日本プロレスに初来日。10月10日に福山にてバディ・モレノと組み、吉村道明&大木金太郎アジアタッグ王座に挑戦した[8]

1970年代前半はバーン・ガニアAWAを主戦場に、1971年5月15日、ヘラクレス・コルテス(コーテッツ)と組んでマッドドッグ・バション&ブッチャー・バションからAWA世界タッグ王座を奪取[9]。同年7月23日にコルテスが自動車事故で死去してからは、8月よりクラッシャー・リソワスキーを新パートナーに防衛戦を続け、翌1972年1月20日にニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスに敗れるまでタイトルを保持した[9]

その間の1971年9月、AWAとの提携ルートで国際プロレスに来日。9月13日に大阪府立体育館、9月20日に福岡市九電記念体育館にて、ストロング小林IWA世界ヘビー級王座に連続挑戦している[10]。タッグではビル・ハワードをパートナーに、シリーズ開幕戦の9月7日に大田区体育館にてサンダー杉山&ラッシャー木村を破り、空位となっていたIWA世界タッグ王座を獲得するなど外国人エースとして活躍した[10][11]

AWAを離れてからは、フリッツ・フォン・エリックが運営していたテキサス東部のダラス地区で活動し、1972年3月8日にホセ・ロザリオからNWAテキサス・ヘビー級王座を奪取[12]。6月24日にスタン・スタージャックに敗れてタイトルを失うも[12]、同地区ではビリー・レッド・ライオンとのタッグチーム、フライング・レッドヘッズThe Flying Redheads)でも活躍した[1]

同年11月には国際プロレスに再来日し、11月7日に宮城県スポーツセンターにてストロング小林のIWA世界ヘビー級王座に挑戦[13]。11月29日には東京体育館にて豪州での盟友マリオ・ミラノと組み、国際プロレスに友情参戦していたジャイアント馬場とタッグマッチで対戦した[13]1973年10月には国際プロレスへの3度目の来日を果たし、11月2日に前年と同じ宮城県スポーツセンターでストロング小林に再挑戦[14]。ラッシャー木村&グレート草津が新王者となっていたIWA世界タッグ王座にも、11月22日に福生にてワフー・マクダニエルと組んで挑戦した[14]

1975年1月には全日本プロレスに初参戦[3]。全日本のリングでのタイトル挑戦機会はなかったものの、1976年2月5日にテキサス西部のアマリロにてロード・アル・ヘイズと組み、アメリカ遠征中だったジャイアント馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座に挑戦している[8]。アマリロ地区では、当時ジャック・ブリスコテリー・ファンクが保持していたNWA世界ヘビー級王座にも度々挑戦した[15][16]

その後、1977年ロサンゼルス地区で覆面レスラーテキサス・レッドTexas Red)に変身。9月7日にチャボ・ゲレロを破りNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得し[17]、12月にはザ・デストロイヤーとの覆面コンビで全日本プロレスの世界オープンタッグ選手権に出場した[18]WWFにもテキサス・レッドのギミックで登場し、1978年12月18日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてアントニオ猪木の世界マーシャルアーツ・ヘビー級王座に挑戦している[19]

現役引退後はカリフォルニアに居住し、トレーナーとしてシオネ・ヴァイラヒスティーブ・ボーデンジム・ヘルウィッグタイラー・メインらを指導[1]1980年代後半はWWFのロード・エージェントを担当していた[20]

1989年にはFMW大仁田厚と共にWIN(レスリング・インターナショナル・ネットワーク)なるインディー団体の連合組織を結成。翌1990年1月7日、後楽園ホールにてFMWが開催した第1回総合格闘技オープントーナメントに立会人として来日した。ブッカーとしても、コナン・エル・バルバロなどをFMWに来日させている。

近年は2000年から2007年にかけて、プロレスラーのOB会 "Cauliflower Alley Club" の会長を務めていた[1]

2012年8月11日、死去[1]。81歳没。晩年はアルツハイマー病を患っていた[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

キャピトル・レスリング・コーポレーション
アメリカン・レスリング・アライアンス
  • AWA世界タッグ王座(インディアナ版):2回(w / ルー・バスチェン)
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
アメリカン・レスリング・アソシエーション
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
NWAオールスター・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ジム・ヘイディ)
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回[7]
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):1回
NWAビッグタイム・レスリング
NWAハリウッド・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Red Bastien dead at 81”. SLAM! Sports. 2012年8月12日閲覧。
  2. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P271(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c d 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P55(2002年、日本スポーツ出版社)
  4. ^ a b Wrestlers Database: Red Bastien”. Cagematch.net. 2012年8月13日閲覧。
  5. ^ a b Capitol-WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  6. ^ a b IWA World Tag Team Title: Australia version”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  7. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  8. ^ a b 『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P155-156(1986年、ベースボール・マガジン社
  9. ^ a b c AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  10. ^ a b The IWE matches fought by Red Bastien in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  11. ^ a b IWA World Tag Team Title: IWE version”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  12. ^ a b c NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  13. ^ a b The IWE matches fought by Red Bastien in 1972”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  14. ^ a b The IWE matches fought by Red Bastien in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  15. ^ The Amarillo matches fought by Red Bastien in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  16. ^ The Amarillo matches fought by Red Bastien in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  17. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。
  18. ^ The AJPW matches fought by Red Bastien in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  19. ^ Events Database: WWWF”. Cagematch.net. 2014年12月20日閲覧。
  20. ^ 『プロレスアルバム(67) ガッツ・シリーズNo.33 ザ・WWF』P35(1986年、恒文社
  21. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月20日閲覧。
  22. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月13日閲覧。
  23. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]