ディック・マードック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディック・マードック
プロフィール
リングネーム ディック・マードック
"ダーティ" ディック・マードック
ロン・カーソン
ジ・インベーダー
ザ・トルネード
本名 リチャード・マードック
ニックネーム 狂犬
キャプテン・レッドネック
スーパー・ロデオ・マシーン
身長 190cm
体重 126kg(全盛時)
誕生日 1946年8月16日
死亡日 (1996-06-15) 1996年6月15日(満49歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ワクサハチー
スポーツ歴 レスリング
ボクシング
アメリカンフットボール
トレーナー フランキー・マードック
パット・オコーナー
キラー・カール・コックス
デビュー 1965年
テンプレートを表示

ディック・マードックDick Murdoch、本名:Hoyt Richard Murdoch1946年8月16日 - 1996年6月15日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州ワクサハチー出身。

来歴[編集]

父のフランキー・マードックもプロレスラーだったことから、幼少期からレスリングの英才教育を受け1965年テキサス州アマリロの「ファンク道場」に入門しプロレス入り。そのほかにもウエスト・テキサス州立大学アメリカンフットボールの選手として活動したとされているが、実際には大学には入学しておらず、勝手に出入りしていたらしい。また、ボクシングの心得もあったとされ、そのキャリアはアメリカ海兵隊時代に身につけたものといわれている。ドリー・ファンク・ジュニアテリー・ファンクとは幼なじみである。

キャリア開始直後はドン・カーソンの弟と称しカーソン・ブラザースでデビュー、その後キラー・カール・コックスとタッグを組み、垂直落下式ブレーンバスターを伝授されている。

1968年2月に日本プロレスに初来日。同年10月にダスティ・ローデスタッグチームテキサス・アウトローズ」を結成し、全米各地区を転戦し活躍した。また、1971年の来日の際には、12月4日には宮城県スポーツセンターにおいてアントニオ猪木の持つUNヘビー級王座に挑戦している。また、1972年の「第14回ワールド・リーグ戦」にも来日している。

1971年7月、「チェーン・デスマッチの鬼」グレート・ボリス・マレンコチェーン・デスマッチを行ったことがある。この試合でマードックは豪快な勝ちを収め、怖いもの知らずのアウトロー振りを発揮した。

1973年6月、国際プロレスにテキサス・アウトローズとして初参戦。シングルでは6月29日に半田にてストロング小林IWA世界ヘビー級王座に挑戦し、テキサス・アウトローズでは6月30日に岐阜市民センターにてラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦した[1]。7月4日には富山市体育館にて、小林との金網デスマッチも行われている[2]

1973年10月には全日本プロレスにも参戦した。全日本ではローデスと組んでジャイアント馬場ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座に挑戦(1975年)したほか、1980年には鶴田を破りUNヘビー級王座を獲得。オープン選手権でのパット・オコーナー戦、ホースト・ホフマン戦。コックスとのブレーンバスター対決、ビル・ロビンソン戦(1976年12月)。ハーリー・レイスとのNWA世界選手権(1979年5月)。キラー・トーア・カマタ(1980年3月)との凄惨な流血戦など、名勝負も多く残している。また、覆面レスラーザ・トルネード」に変身してのザ・デストロイヤー戦(1974年)覆面十番勝負などもある。1974年11月5日に馬場のPWFヘビー級王座に挑戦した際には回転エビ固めで敗れている。なお、覆面が結構気に入ったのか持ち前の茶目っ気故か、新日本時代にはアンドレ・ザ・ジャイアントがジャイアント・マシーンになったのを見て「俺もマシン軍団に混ぜてくれ」と言っていたという。

1981年新日本プロレスに移籍。以降も常連レスラーとなり、猪木や藤波辰巳らと激闘を展開した。新日本時代はタッグでの活躍が目立ち、スタン・ハンセンアドリアン・アドニスマスクド・スーパースターらとのチームでは日本勢を大いに苦しめた。シングルでは1986年には猪木とIWGP優勝戦を争っている。また、当時は幻とされていたローデスとのアウトローズも復活させファンの喝采を浴びている。

1984年WWF入りし、アドニスとのタッグチーム「ノース・サウス・コネクション」で活動、同年4月17日にロッキー・ジョンソン&トニー・アトラスを破りWWF世界タッグ王座を獲得した。

1989年FMWに参戦し、以降1990年代の日本での活動はインディー団体を中心に転戦した。アメリカではWCWディック・スレーターブルーカラーギミックの「ハード・ライナーズ」を結成した。

晩年はテキサスのプロレス復興に取り組んでいたが、その矢先の1996年6月15日に心臓麻痺により急死。49歳没。

エピソード[編集]

日本プロレス・国際プロレス・全日本プロレス・新日本プロレスといった昭和のメジャー団体からFMWなどのインディー団体まで、日本の各プロレス団体を渡り歩いた数少ないプロレスラーの一人。通算来日回数は54回を数え、銀座の裏通りに行きつけの焼き鳥屋を持つほどの日本通となった。

全日本プロレスでは、無欲な性格とブッチャーとの因縁関係を馬場が考慮してか、チャンピオン・カーニバル世界最強タッグ決定リーグ戦等のリーグ戦にエントリーされることはなく、唯一例外は1975年のオープン選手権のみである。

新日本プロレス移籍後は、MSGシリーズ&タッグリーグ戦(後にIWGP)にほぼ毎回エントリーされるようになった。優勝経験は無いものの、アドリアン・アドニスマスクド・スーパースター 等、タッグパートナーに恵まれていたこともあり、優勝争いには必ず絡んできた。そういった経緯から、日本マット界での実績は新日本プロレス参戦時の印象が今尚強い。

アドリアン・アドニスとタッグを組み勝利した際には、向かい合って両手を互いにクロスして握り、それを素早く引き・押しし合うという独特の勝利のパフォーマンスを見せていた。お約束のムーブとしてTV中継もそこまで行うという流れになっていた。

垂直落下式ブレーンバスター(特に滞空時間の長い)やカーフ・ブランディング(仔牛の焼印押し)といった必殺技で日本のプロレス界に与えた影響は大きい。喧嘩っ早い性格である一方で、どこか抜けた所があり、ファンから愛された。ゆるめのレスリングパンツを履いていたので、場外乱闘からリングインする時にうしろから藤波にパンツをつかまれ、藤波とともに「半ケツ状態」になるのがお約束のムーブだった。

本気になればNWA世界ヘビー級王座も夢ではないといわれ続けながら、本人はあくまでマイペースな活動を続けた。酒、特にビールをこよなく愛しており、サインをする時に自身の名前の横に、好物として『beer』と書き加えることもあったという。ある日当時実況担当の古舘伊知郎と飲み、古舘がこれ以上飲めない(食えない)という状態で店を出て、ホテルに帰るのかと思いきや、生卵を2個ずつ落とした屋台ラーメン4杯を平然と平らげたというエピソードが古舘の自叙伝に記されている。

ガチンコ(シュート)にも相当の自信があったようで、ちょうど同時期に新日本に参戦していた前田日明に「お前プロレスがやりたいのか喧嘩がやりたいのか、はっきりしろ」と言ったこともあるという。山本小鉄も、1986年4月29日の前田対アンドレ・ザ・ジャイアントのシュートマッチについて「もし新日本が本気で前田を潰そうとしていたらアンドレではなくマードックを送り込んでますよ」と語っていたという。

全日本から新日本に移籍した後も、時々馬場のところに顔を出しては「一杯おごってくれや」と言っては朝まで付き合わせたりしていたそうで、「憎めない奴だった」と馬場は回想している。また、輪島大士のプロレスデビューを受けて、その対戦相手に立候補するために1986年、全日復帰を宣言したことがあるが、1985年末に両団体が結んだ「引き抜き防止協定」に基づいて実現しなかった。

アントニオ猪木とは好敵手でありながら友好関係もあった。1987年新日本プロレスで勃発したNEWリーダー(長州力藤波辰巳前田日明木村健吾スーパー・ストロング・マシン)対NOWリーダー(アントニオ猪木坂口征二マサ斎藤星野勘太郎藤原喜明武藤敬司)の対抗戦では、ゴングが鳴らんとする直前に猪木がマイクを持ち、「おーい出て来い」のGOサインで花道から現われ、星野に代わるNOWリーダーの助っ人として活躍した。

私生活[編集]

アレン・コージの明かしたところによれば、マードックはその生涯を通してクー・クラックス・クランのメンバーだった。

得意技[編集]

垂直落下式ブレーンバスター
マードックのフィニッシュ・ホールドであり、「ブレーンバスター!」と予告してから決める。月刊プロレス(週刊プロレスの前身)でのインタビューによると、「元祖のキラー・カール・コックスから直接教えてもらった」とのこと。マードックの新日時代にはすでに垂直落下式を使う選手は少なくなっており、解説の山本小鉄が「これが本当のブレーンバスターなんです」と言ったことがある。
カーフ・ブランディング(子牛の焼印押し)
UWFから出戻った前田日明や新日本プロレスの藤波辰爾に仕掛けたこともある。
エルボー・ドロップ
仰向けの相手の頭部をリングのエプロンから出した状態で仕掛けた。
脇固め
フライング・ヘッドシザース
ナックル・パンチ
相手をヘッドロックした状態から両目の間(鼻の付け根あたりの急所)へのパンチを放つことが多く、レフェリーからよくクレームを付けられていた。石頭である藤原喜明も、この反則技には非常に苦しめられていた。
ブルドッギング・ヘッドロック

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ヘビー級王座:3回
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング(デトロイト)
NWAビッグタイム・レスリング(ダラス)
  • NWAアメリカン・タッグ王座:1回(w / ダスティ・ローデス)
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAインターナショナル・ヘビー級王座(アマリロ版):3回
  • NWAブラスナックル王座(アマリロ版):3回
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:2回(w / ボビー・ダンカン、ブラックジャック・マリガン
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
NWAトライステート / ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
ナショナル・レスリング・フェデレーション
  • NWF世界タッグ王座:1回(w / ダスティ・ローデス)
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
ワールド・レスリング・フェデレーション
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座:1回
  • WWC世界TV王座:2回

入場テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『忘れじの国際プロレス』P101(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  2. ^ IWE Big Summer Series - Day 14”. Wrestlingdata.com. 2014年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]