ボブ・スウィータン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボブ・スウィータン
プロフィール
リングネーム ブルーザー・ボブ・スウィータン
KO・コックス
ボブ・カーセン
本名 ロバート・カーソン
(出生名:Robert Beier)[1]
ニックネーム ミスター・パイルドライバー
一発KO屋
身長 178cm
体重 123kg - 129kg
誕生日 (1940-07-04) 1940年7月4日
死亡日 (2017-02-10) 2017年2月10日(満76歳没)[1]
出身地 カナダの旗 カナダ
サスカチュワン州の旗 サスカチュワン州グッドソイル[2]
スポーツ歴 アメリカンフットボール[2]
デビュー 1965年[3]
テンプレートを表示

ボブ・スウィータン"Bruiser" Bob Sweetan、本名:Robert Carson1940年7月4日 - 2017年2月10日[1])は、カナダサスカチュワン州出身のプロレスラー[2]

アメリカ合衆国中西部や中南部を主戦場に、ヒールラフファイターとして活躍した。

来歴[編集]

カナディアン・フットボール・リーグトロント・アルゴノーツに短期間所属した後、1965年カルガリースタンピード・レスリングにてデビュー[1]ブルーザー・ボブ・スウィータン"Bruiser" Bob Sweetan)を名乗るヒールとしてレオ・バークロッキー・ジョンソンと対戦し、1968年にはギル・ヘイズと組んでポール&ジョー・ルダックのルダック・ブラザーズと抗争した[4]

1969年からはアメリカ中西部NWAセントラル・ステーツ地区に進出し、KO・コックスK.O. Kox)をリングネームディック・マードックとのコンビで活躍[5][6]。5月8日にボブ・ガイゲル&ザ・ヴァイキング、6月19日にトーア・カマタ&ルーク・ブラウンを破り、同地区認定のNWA北米タッグ王座を2回獲得した[7]。同年下期から翌1970年にかけてはキラー・コックス(フレディ・スウィータン)[8]を新パートナーに、ガイゲルやザ・ストンパーダニー・リトルベアパット・オコーナーロニー・エチソンらと抗争した[9]

1971年5月、ボブ・カーセンBob Carsen)の名義で日本プロレスの『ゴールデン・シリーズ』に初来日、5月31日に札幌中島スポーツセンターにて大木金太郎アジアヘビー級王座に挑戦した[10]。シリーズ中はジャイアント馬場アントニオ猪木とのシングルマッチも行われ、フレッド・ブラッシーイワン・コロフと組んでメインイベントにも再三出場した[10](同年1月、KO・コックスとして国際プロレスに初来日する予定だったが、日本プロレスの妨害により来日中止となっている[11])。

以降はリングネームをボブ・スウィータンに戻し、セントラル・ステーツ地区を中心にミッドサウス(オクラホマルイジアナミシシッピアーカンソー)のトライステート地区、アラバマのガルフ・コースト地区などを転戦。トライステート地区では若手時代のスタン・ハンセン&フランク・グーディッシュ1975年にUSタッグ王座を争い[12]、ガルフ・コースト地区ではリップ・タイラーエディ・サリバンと抗争を展開、同年12月28日にはタイラーからNWAガルフ・コースト・ヘビー級王座を奪取している[13]

主戦場のセントラル・ステーツ地区では、1977年6月10日にテッド・デビアスを破りNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を獲得(以後、ランディ・オルズバズ・タイラーを下し、同王座には1981年12月にかけて通算5回戴冠)[14]。1977年下期にはブラック・アンガス・キャンベルとTV王座を争い[15]1978年10月14日にはブルドッグ・ボブ・ブラウンと組んでジェシー・ベンチュラ&タンク・パットンから同地区版のNWA世界タッグ王座を奪取した[16]

1979年よりマイク・ジョージタッグチームを結成。同年9月28日、ビル・ワット主宰のMSWAにてバトルロイヤルを制し、ミッドサウス・タッグ王座の初代チャンピオン・チームとなる[17]1980年10月30日にはセントラル・ステーツ地区でボブ・ブラウン&ルーファス・ジョーンズを破り、NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座も獲得した[18]。なお、MSWAではマイケル・ヘイズ&テリー・ゴディファビュラス・フリーバーズとも共闘し、ポール・オーンドーフジャンクヤード・ドッグらのチームと対戦している[19]

1981年1月、ジョージとのコンビで国際プロレスの『新春パイオニア・シリーズ』に参戦、10年ぶりの来日を果たし、1月20日に大阪府立体育館アニマル浜口&マイティ井上IWA世界タッグ王座に挑戦した。シリーズ中に行われた「ルー・テーズ杯争奪戦」の前期予選にも出場し、同ブロックの寺西勇マッハ隼人に勝利したがホセ・アローヨに敗退、各ブロックの2位選手3名による敗者復活戦でジ・インベーダーを下すも、ラッシャー木村に敗れ予選通過は果たせなかった[20](同年7月開幕のシリーズを最後に国際プロレスは活動を停止したため、秋に開催されるはずだった決勝リーグは最終的には行われていない)[21]

1982年からはミスター・パイルドライバーMr. Piledriver)をニックネームにテキサス州サンアントニオのSCWに定着、バック・ロブレイや若手ヒール時代のジム・ドゥガンと共闘し、同地区ではベビーフェイスのポジションにいたブルーザー・ブロディディック・スレータースコット・ケーシーらと抗争[22]。同年下期からは自身もベビーフェイスに転向してモンゴリアン・ストンパーキラー・カーンとも対戦[23]。翌1983年には、2月27日にタリー・ブランチャード、5月20日にアドリアン・アドニスを破り、サウスウエスト・ヘビー級王座を2回獲得した[24]

1983年の下期はプエルトリコWWCに登場、10月23日にキング・トンガからプエルトリコ・ヘビー級王座を奪取した[25]1984年4月には、同じくSCWを主戦場としていたテリー・ファンクのブッキングにより、第1次UWFの旗揚げシリーズ『UWFオープニング・シリーズ』に外国人エースとして参加、前田日明ともシングルマッチで対戦している[26]

セミリタイア後は、1985年ルイジアナ・スーパードームで行われたMSWAのイベントにおいて、テッド・デビアス&スティーブ・ウィリアムスジェイク・ロバーツ&ザ・バーバリアン戦のスペシャル・レフェリーを務めた。1987年には旧敵リップ・タイラーがガルフ・コースト地区で主宰していたWOW(ワールド・オーガニゼーション・レスリング)にて一時的にカムバックを果たし、団体のエース格となってジェリー・スタッブスビッグ・ババなどと対戦した[27]

2017年2月10日、76歳で死去[1][2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • スタンピード・インターナショナル・タッグ王座:4回(w / ザ・ビースト、フレディ・スウィータン、ギル・ヘイズ、ポール・ペラー)[28]
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAトライステート / MSWA
  • NWAブラスナックル王座(トライステート版):2回[29]
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):4回(ジークフリード・スタインク、プリンス・タプー、キラー・カール・コックス、トニー・ロコ)[12]
  • ミッドサウス・タッグ王座:1回(w / マイク・ジョージ)[17]
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAガルフ・コースト・ヘビー級王座:1回[13]
NWAサンフランシスコ
  • NWA USヘビー級王座(サンフランシスコ版):2回[30]
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:1回[25]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 'Bruiser' Bob Sweetan dies at 76 years old”. Wrestling Observer Newsletter (February 24, 2017). 2017年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 'Bruiser' Bob Sweetan leaves a complicated legacy”. SLAM! Sports (February 23, 2017). 2017年3月1日閲覧。
  3. ^ Bob Sweetan”. Wrestlingdata.com. 2014年4月3日閲覧。
  4. ^ The Stampede matches fought by Bob Sweetan in 1968”. Wrestlingdata.com. 2014年5月8日閲覧。
  5. ^ Dick Murdoch”. Online World of Wrestling. 2009年11月6日閲覧。
  6. ^ The CSW matches fought by Bob Sweetan in 1969”. Wrestlingdata.com. 2017年3月4日閲覧。
  7. ^ a b NWA North American Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2014年5月8日閲覧。
  8. ^ Freddie Sweetan”. Wrestlingdata.com. 2017年3月4日閲覧。
  9. ^ The CSW matches fought by Bob Sweetan in 1970”. Wrestlingdata.com. 2017年3月4日閲覧。
  10. ^ a b JWA 1971 Golden Series”. Puroresu.com. 2015年4月18日閲覧。
  11. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol8 』P40(2015年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583622699
  12. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  13. ^ a b NWA Gulf Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  14. ^ a b NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  15. ^ a b NWA Central States Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  16. ^ a b NWA World Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月20日閲覧。
  17. ^ a b Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  18. ^ a b NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  19. ^ The UWF matches fought by Bob Sweetan in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年6月15日閲覧。
  20. ^ IWE 1981 New Year Pioneer Series”. Puroresu.com. 2015年4月18日閲覧。
  21. ^ 『Gスピリッツ Vol.16』P76(2010年、辰巳出版ISBN 4777808017
  22. ^ The SCW matches fought by Bob Sweetan in 1982”. Wrestlingdata.com. 2017年3月1日閲覧。
  23. ^ The SCW matches fought by Bob Sweetan in 1982 (2)”. Wrestlingdata.com. 2017年3月1日閲覧。
  24. ^ a b SCW Southwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  25. ^ a b WWC Puerto Rico Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  26. ^ The UWFi matches fought by Bob Sweetan in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年5月8日閲覧。
  27. ^ World Organization Wrestling”. Classic Wrestlings Online. 2012年1月10日閲覧。
  28. ^ Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  29. ^ NWA Brass Knuckles Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  30. ^ NWA United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  31. ^ SCW Southwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]