ボブ・スウィータン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・スウィータン
プロフィール
リングネーム ブルーザー・ボブ・スウィータン
KO・コックス
ボブ・カーセン
ニックネーム ミスター・パイルドライバー
一発KO屋
身長 178cm
体重 123kg - 129kg
誕生日 1940年7月4日(75歳)[1]
出身地 カナダの旗 カナダ
アルバータ州の旗 アルバータ州カルガリー
スポーツ歴 ボクシング
デビュー 1965年[1]
テンプレートを表示

ボブ・スウィータンBob Sweetan、本名:Bob Carson1940年7月4日[1] - )は、カナダアルバータ州カルガリー出身の元プロレスラー[2]。生年は1943年とされる場合もある。

アメリカ合衆国中西部や中南部を主戦場に、ヒールラフファイターとして活躍した。

来歴[編集]

1965年ブルーザー・ボブ・スウィータン"Bruiser" Bob Sweetan)のリングネームでデビューし、地元カルガリーのスタンピード・レスリングを主戦場にヒールのポジションで活動。レオ・バークスタン・スタージャックと対戦し、1968年にはギル・ヘイズとのコンビでポール&ジョー・ルダックのルダック・ブラザーズと抗争した[3]

1969年からはアメリカ中西部NWAセントラル・ステーツ地区に進出し、KO・コックスK.O. Kox)を名乗りディック・マードックと組んで活躍[4]ボブ・ガイゲル&ザ・ヴァイキング、トーア・カマタ&ルーク・ブラウンなどのチームを破り、同地区版のNWA北米タッグ王座を2回獲得している[5]1971年5月にはボブ・カーセンBob Carsen)の名義で日本プロレスの『ゴールデン・シリーズ』に初来日、5月31日に札幌中島スポーツセンターにて大木金太郎アジアヘビー級王座に挑戦した[6]

以降はリングネームをボブ・スウィータンに戻し、セントラル・ステーツ地区を中心にミッドサウス(オクラホマルイジアナミシシッピアーカンソー)のトライステート地区、アラバマのガルフ・コースト地区などを転戦。トライステート地区では若手時代のスタン・ハンセン&フランク・グーディッシュ1975年にUSタッグ王座を争い[7]、ガルフ・コースト地区ではリップ・タイラーエディ・サリバンと抗争を展開、同年12月28日にはタイラーからNWAガルフ・コースト・ヘビー級王座を奪取している[8]

主戦場のセントラル・ステーツ地区では、1977年6月10日にテッド・デビアスを破りNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を獲得(以後、ランディ・オルズバズ・タイラーを下し、同王座には1981年12月にかけて通算5回戴冠)[9]。1977年下期にはブラック・アンガス・キャンベルとTV王座を争い[10]1978年10月14日にはボブ・ブラウンと組んでジェシー・ベンチュラ&タンク・パットンから同地区版のNWA世界タッグ王座を奪取した[11]

1979年よりマイク・ジョージタッグチームを結成。同年9月28日、ビル・ワット主宰のMSWAにてバトルロイヤルを制し、ミッドサウス・タッグ王座の初代チャンピオン・チームとなる[12]1980年10月30日にはセントラル・ステーツ地区でボブ・ブラウン&ルーファス・ジョーンズを破り、NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座を獲得した[13]。なお、MSWAではマイケル・ヘイズ&テリー・ゴディファビュラス・フリーバーズとも共闘し、ポール・オーンドーフジャンクヤード・ドッグバック・ロブレイなどのチームと対戦している[14]

1981年1月、マイク・ジョージとのコンビで国際プロレスの『新春パイオニア・シリーズ』に参戦、10年ぶりの来日を果たし、1月20日に大阪府立体育館アニマル浜口&マイティ井上IWA世界タッグ王座に挑戦した。シリーズ中に行われた「ルー・テーズ杯争奪戦」の前期予選にも出場し、同ブロックの寺西勇マッハ隼人に勝利したがホセ・アローヨに敗退、各ブロックの2位選手3名による敗者復活戦でジ・インベーダーを下すも、ラッシャー木村に敗れ予選通過は果たせなかった[15](同年7月開幕のシリーズを最後に国際プロレスは活動を停止したため、秋に開催されるはずだった決勝リーグは最終的には行われていない)[16]

1982年からはミスター・パイルドライバーMr. Pile Driver)をニックネームにテキサス州サンアントニオのSCWに定着。翌1983年2月27日にタリー・ブランチャード、5月20日にアドリアン・アドニスを破り、サウスウエスト・ヘビー級王座を2回獲得している[17]。SCWではベビーフェイスのポジションに回り、モンゴリアン・ストンパーキラー・カーンとも対戦した[18]

1983年の下期はプエルトリコWWCに登場し、10月23日にキング・トンガからプエルトリコ・ヘビー級王座を奪取した[19]1984年4月には、同じくSCWを主戦場としていたテリー・ファンクのブッキングにより、第1次UWFの旗揚げシリーズ『UWFオープニング・シリーズ』に外国人エースとして参加、前田日明ともシングルマッチで対戦している[20]

セミリタイア後は、1985年ルイジアナ・スーパードームで行われたMSWAのビッグイベントにおいて、テッド・デビアス&スティーブ・ウィリアムスジェイク・ロバーツ&ザ・バーバリアン戦のスペシャル・レフェリーを務めた。1987年には旧敵リップ・タイラーがガルフ・コースト地区で主宰していたWOW(ワールド・オーガニゼーション・レスリング)にてカムバックを果たし、団体のエース格となってジェリー・スタッブスビッグ・ババなどと対戦した[21]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • スタンピード・インターナショナル・タッグ王座:4回(w / ザ・ビースト、フレッド・スウィータン、ギル・ヘイズ、ポール・ペラー)[22]
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAトライステート / MSWA
  • NWAブラスナックル王座(トライステート版):2回[23]
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):4回(ジークフリート・スタンキー、プリンス・タプー、キラー・カール・コックス、トニー・ロコ)[7]
  • ミッドサウス・タッグ王座:1回(w / マイク・ジョージ)[12]
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAガルフ・コースト・ヘビー級王座:1回[8]
NWAサンフランシスコ
  • NWA USヘビー級王座(サンフランシスコ版):2回[24]
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:1回[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Bob Sweetan”. Wrestlingdata.com. 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P313(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ The Stampede matches fought by Bob Sweetan in 1968”. Wrestlingdata.com. 2014年5月8日閲覧。
  4. ^ Wrestler Profiles: Dick Murdoch”. Online World of Wrestling. 2009年11月6日閲覧。
  5. ^ a b NWA North American Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2014年5月8日閲覧。
  6. ^ JWA 1971 Golden Series”. Puroresu.com. 2015年4月18日閲覧。
  7. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  8. ^ a b NWA Gulf Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  9. ^ a b NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  10. ^ a b NWA Central States Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  11. ^ a b NWA World Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月20日閲覧。
  12. ^ a b Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  13. ^ a b NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  14. ^ The UWF matches fought by Bob Sweetan in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年6月15日閲覧。
  15. ^ IWE 1981 New Year Pioneer Series”. Puroresu.com. 2015年4月18日閲覧。
  16. ^ 『Gスピリッツ Vol.16』P76(2010年、辰巳出版ISBN 4777808017
  17. ^ a b SCW Southwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  18. ^ The SCW matches fought by Bob Sweetan in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年11月8日閲覧。
  19. ^ a b WWC Puerto Rico Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月15日閲覧。
  20. ^ The UWFi matches fought by Bob Sweetan in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年5月8日閲覧。
  21. ^ World Organization Wrestling”. Classic Wrestlings Online. 2012年1月10日閲覧。
  22. ^ Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  23. ^ NWA Brass Knuckles Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  24. ^ NWA United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。
  25. ^ SCW Southwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]