ジェイク・ロバーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイク・ロバーツ
Jake Roberts 2013.jpg
ジェイク・ロバーツ(2013年)
プロフィール
リングネーム ジェイク "ザ・スネーク" ロバーツ
ジェイク・スミス・ジュニア
ザ・テキサン
エル・ディアブロ
本名 オーレリアン・ジェイコブ・スミス・ジュニア
ニックネーム ザ・スネーク
蛇男
身長 195cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 (1955-05-30) 1955年5月30日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州
クック郡ゲインズビル
トレーナー グリズリー・スミス
バック・ロブレイ
ムース・モロウスキー
ミスター・レスリング2号[1]
デビュー 1975年[1]
引退 2011年[1]
テンプレートを表示

ジェイク "ザ・スネーク" ロバーツJake "The Snake" Roberts、本名:Aurelian Jacob Smith, Jr.1955年5月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州ゲインズビル出身。

1980年代のスーパースターの一人で、DDTの開発者としても知られる[1]。父親の "グリズリー" ジェイク・スミス、異母弟のカウボーイ・サム・ヒューストン、異母妹のロッキン・ロビンも元プロレスラー[1]

来歴[編集]

ジェイク・スミスらのトレーニングを受け、1975年5月13日にデビュー[2]アメリカ南部から中西部太平洋岸北西部まで各地を転戦してキャリアを積み、1970年代末はスチュ・ハートが主宰していたカナダカルガリースタンピード・レスリングで活動[2]ベビーフェイスのポジションでミスター・サクラダミスター・ヒトネイル・グアイらと対戦し[3]1979年4月9日にビッグ・ダディ・リッターを破ってカルガリー版の北米ヘビー級王座を獲得した[4]

1979年1月、国際プロレスの『新春パイオニア・シリーズ』に初来日。アレックス・スミルノフが外国人エースを務めた同シリーズにおいて、1月16日に広島県立体育館にてラッシャー木村金網デスマッチを行っている[5]。翌1980年2月の『スーパー・ファイト・シリーズ』への再来日では、同時参戦した先輩格のマイク・ボイエッティ[6]と共に、ロックバンドのキッスを真似た白塗りのメイクアップを施しており、日本に登場した初のペイントレスラーとなった[7]。キャリア不足だったこともあって試合においては目立った活躍は果たせなかったものの、長身を活かしたスケールの大きなファイトスタイルとレスリングセンスの良さは当時から高い評価を獲得しており[8]、同年7月の『ビッグ・サマー・シリーズ』への来日時には、ラッシャー木村、大木金太郎アニマル浜口マイティ井上ジプシー・ジョースパイク・ヒューバーなどが出場したバトルロイヤルにおいて優勝を飾っている[9]

アメリカでは、父がブッカーを務めていたビル・ワット主宰のMSWAを主戦場とし、1981年5月31日にルイジアナ州シュリーブポートにてザ・グラップラー(リン・デントン)からミッドサウス版の北米ヘビー級王座を奪取[10]アーニー・ラッドスーパー・デストロイヤーポール・オーンドーフともタイトルを争った[11]。その後はジム・クロケット・ジュニアが運営していたNWAミッドアトランティック地区に進出、リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座にも挑戦したが[12]、中堅ベビーフェイスのポジションからオーバーすることはできなかった[13]

1982年8月、ヒールに転向してフロリダ地区に参戦し、ケビン・サリバンジム・ガービンと結託してバリー・ウインダムとの抗争を展開[14]。このヒールターンを機に、その独特の滑るような動きと細身の体型、そして無表情で陰湿なキャラクターから、「ザ・スネーク」の異名を付けられるようになる。以降、冷血系のヒールとして頭角を現し、ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングでは1983年11月6日にロニー・ガービンからNWAナショナルTV王座を奪取[15]ポール・エラリング率いる悪の軍団リージョン・オブ・ドゥームに加入してロード・ウォリアーズとも共闘した[16]

テキサス州ダラスWCCWではプレイボーイ・ゲーリー・ハートマネージャーに迎え、1984年10月27日にクリス・アダムス&ジノ・ヘルナンデスのダイナミック・デュオとのトリオでNWA世界6人タッグ王座を獲得[17]ケビンケリーマイクフォン・エリック兄弟と抗争を繰り広げた[18]。古巣のMSWAでは一時的にベビーフェイスに戻り、1986年1月から2月にかけて、ディック・スレーターと北米ヘビー級王座やTV王座を争っている[10][19]

WWF時代

1986年3月、WWFに移籍[2]。再びヒールとなって、リッキー "ザ・ドラゴン" スティムボートとの「龍対蛇」の抗争を開始する[1]ビンス・マクマホンによって「ザ・スネーク」のキャラクターには更に肉付けがなされ、蛇のデザインが施されたロングタイツや蛇皮のブーツを着用し、ペットのニシキヘビダミアンDamien)」を麻袋に入れてリングに持ち込むサイコパス系の怪奇派ヒールとなった[1]。また、スネーク・ピットThe Snake Pit)なるインタビューコーナーのホストも担当した[20]

WWFにおいてもトップ選手の一人として、スティムボートとの抗争終了後はベビーフェイスに転向。異色の人気スターとなり、ホンキー・トンク・マンリック・ルードアンドレ・ザ・ジャイアントテッド・デビアスバッドニュース・ブラウンリック・マーテルらと抗争を展開した(アンドレには「蛇嫌い」という設定がなされた)[1]1990年には10年ぶりの来日が実現、4月13日に東京ドームで行われた日米レスリングサミットにおいてビッグ・ボスマンから勝利を収めている[21]1991年9月よりヒールに戻り、ランディ・サベージと抗争を繰り広げたが、WWFではベビーフェイスでの活動期間が長かったこともあり、ハルク・ホーガンアルティメット・ウォリアーとの本格的な抗争は行われなかった[1]。このヒールターン時には、当時売り出し中だったジ・アンダーテイカーと怪奇派コンビを結成するが、ほどなくして仲間割れ。1992年4月5日のレッスルマニア8で対戦するも敗退し、この試合を最後にWWFを去った[1]

その後、8月よりWCWに登場。大物ヒールとして迎えられ、スティングと抗争を展開したが、WCWに定着することはなく、同年11月までの短期参戦で終わる[1][22]。翌1993年9月、新日本プロレスの『G1クライマックス・スペシャル』に来日。9月23日の横浜アリーナ大会では橋本真也とのDDT対決が行われた[23]。9月26日の大阪城ホール大会では、WWFでの盟友ブルータス・ビーフケーキと組み、スコット・ノートン&ヘラクレス・ヘルナンデスのジュラシック・パワーズと対戦している[24]。以降インディー団体を転戦し、ポール・ヘイマン主宰のECWジム・コルネット主宰のスモーキー・マウンテン・レスリングにも出場した[2]1994年メキシコAAAに参戦、5月27日にエル・トレオで行われた "TrippleMania II-C" のメインイベントにてコナンヘアバンド・マッチを行うが敗退し、髪の毛を刈られている[1][25]

ハンター・ハースト・ヘルムスリーと対戦するロバーツ(1996年)

1996年1月26日、ロイヤルランブルへのサプライズ出場でWWFに復帰[1]。実生活で新生キリスト教徒となったことから、以前とは正反対の敬虔なクリスチャンギミックに変わっての、ベビーフェイスとしての参戦だった[1]。同年6月23日のキング・オブ・ザ・リングではベイダーを破って優勝戦に進んだが、決勝でストーン・コールド・スティーブ・オースチンに敗退[26]。試合後の優勝者インタビューにおいて、オースチンはロバーツのギミックを逆手に取り、ヨハネの福音書3章16節をもじって "Austin 3:16 says I just whipped your ass! " と発言[20]。この台詞は "Austin 3:16" として彼のキャッチフレーズとなり、結果としてロバーツは、オースチンが大ブレイクするきっかけを与えたこととなった[20]。その後はジェリー・ローラーとの抗争を経て、翌1997年2月、WWFを解雇された[1]

以降は表舞台から姿を消すが、1999年公開のドキュメンタリー映画ビヨンド・ザ・マット』において、ローカルなインディー団体への出場を続けるロバーツのインタビューが収められた。この映画の中で、ロバーツは複雑な家庭環境で育った少年時代[27]、絶縁状態となっている娘との関係、ドラッグやアルコール中毒など、自身が抱えている問題の数々を告白した[1]

その後、ヨーロッパでの活動を経て、2005年3月14日、WWERAWにゲスト出演、アンダーテイカーとの対戦を控えたランディ・オートンRKOの餌食となった[1]2006年TNA2007年にはフル・インパクト・プロにも登場した[1]。破滅的で暗いイメージが付きまとうが、レイヴェンをはじめCMパンクブレイ・ワイアットなど、彼から影響を受けた選手は少なくない[28]

2014年4月5日、WWE殿堂に迎えられる[20]。ルイジアナ州ニューオーリンズスムージー・キング・センターで行われた殿堂入り式典ではダイヤモンド・ダラス・ペイジがインダクターを務めた。

得意技[編集]

2016年2月、オンタリオ州キッチナーレスリング・アカデミーにてセミナーを開講
開発者として知られている[20]。「ザ・スネーク」のキャラクターに合わせ、技を繰り出した後は尻餅状態のまま滑るように後ずさりをして背中でフォールをするのが特徴。ジョージア時代からの盟友アーン・アンダーソンや、ロバーツへのリスペクトを公言しているレイヴェンなども得意技としていた。
至近距離から放つラリアット。
愛蛇ダミアンを使っての攻撃。入場時に麻袋に入れて持ち込んだダミアンをリングサイドに置いておき、ピンチに陥った際に袋から出して対戦相手を威嚇し、勝利後には相手の体に巻きつけるのが見せ場となっていた。1991年末のランディ・サベージとの抗争時は、コブラをサベージの腕に噛み付かせたこともある[1]

獲得タイトル[編集]

2014年4月、WWE殿堂入り
スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座:1回[4]
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • ミッドサウス北米ヘビー級王座:2回[10]
  • ミッドサウス・ルイジアナ・ヘビー級王座:1回[29]
  • ミッドサウスTV王座:1回[19]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAナショナルTV王座(ジョージア版):2回[15]
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング
スモーキー・マウンテン・レスリング
  • SMWヘビー級王座:1回[31]
ワールド・レスリング・エンターテインメント
オールスター・レスリング・ネットワーク
  • AWN世界ヘビー級王座:1回
アメリカン・レスリング・フェデレーション
  • AWFプエルトリカン・ヘビー級王座:1回
バッド・ボーイズ・オブ・レスリング
  • BBOWヘビー級王座:1回

脚注[編集]

2016年4月、レッスルマニア32アクセスにて
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Jake Roberts”. Online World of Wrestling. 2014年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d Jake Roberts: Places”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  3. ^ The Stampede matches fought by Jake Roberts in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  4. ^ a b Stampede Wrestling North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  5. ^ IWE 1979 New Year Pioneer Series”. Puroresu.com. 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ Mike Boyette”. Online World of Wrestling. 2014年12月19日閲覧。
  7. ^ 『プロレスアルバム51 これぞプロレス ワンダーランド!!』P11(1984年、恒文社
  8. ^ 『Gスピリッツ Vol.11』P59「実録・国際プロレス」(2009年、辰巳出版ISBN 4777806502
  9. ^ The IWE matches fought by Jake Roberts in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  10. ^ a b c North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  11. ^ The UWF matches fought by Jake Roberts in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  12. ^ Ric Flair vs. Jake Roberts”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  13. ^ The WCW matches fought by Jake Roberts in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  14. ^ The CWF matches fought by Jake Roberts in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  15. ^ a b NWA National Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  16. ^ The GCW matches fought by Jake Roberts in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  17. ^ a b NWA World 6-Man Tag Team Title [World Class]”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  18. ^ The WCCW matches fought by Jake Roberts in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  19. ^ a b Mid-South Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  20. ^ a b c d e f Jake "The Snake" Roberts Bio”. WWE.com. 2014年4月17日閲覧。
  21. ^ WWF/AJPW Wrestling Summit”. Cagematch.net. 2014年10月29日閲覧。
  22. ^ The WCW matches fought by Jake Roberts in 1992”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  23. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P47(2002年、日本スポーツ出版社
  24. ^ The NJPW matches fought by Jake Roberts in 1993”. Wrestlingdata.com. 2014年10月29日閲覧。
  25. ^ AAA Sin Limite - TripleMania II - C”. Cagematch.net. 2014年10月29日閲覧。
  26. ^ WWF King Of The Ring 1996”. Cagematch.net. 2014年10月31日閲覧。
  27. ^ Jake 'The Snake' DVD doesn't disappoint”. SLAM! Sports (December 5, 2005). 2014年11月8日閲覧。
  28. ^ Jake Roberts: The Master Of Ring Psychology”. WWE News. 2014年10月29日閲覧。
  29. ^ Louisiana Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  30. ^ World Class Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。
  31. ^ Smoky Mountain Wrestling Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]