クリス・アダムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・アダムス
プロフィール
リングネーム "ジェントルマン" クリス・アダムス
"ジュードー" クリス・アダムス
"ブラックベルト" クリス・アダムス
マスクド・アベンジャー
本名 クリストファー・アダムス
ニックネーム 英国の弾丸児
身長 185cm
体重 103kg(全盛時)
誕生日 1955年2月10日
死亡日 (2001-10-07) 2001年10月7日(46歳没)
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ミッドランズ都市州
ウォリックシャー
スポーツ歴 レスリング柔道空手
トレーナー ビッグ・ダディ
トニー・セント・クレアー
デビュー 1978年
テンプレートを表示

"ジェントルマン" クリス・アダムス"Gentleman" Chris Adams、本名:Christopher Adams1955年2月10日 - 2001年10月7日)は、イギリスウォリックシャー出身のプロレスラーモスクワロサンゼルスの両オリンピック銀メダルを獲得した柔道家のニール・アダムスは実弟である。

1980年代から1990年代にかけて、アメリカ合衆国テキサス地区を主戦場に活躍。その甘いマスクで女性ファンの人気を獲得する一方、ジノ・ヘルナンデスとのヒールタッグチームダイナミック・デュオThe Dynamic Duo)でも悪名を売った。ストーン・コールド・スティーブ・オースチンの師匠としても知られている。

来歴[編集]

少年時代から格闘技に励み、柔道空手の段位も取得[1]。イギリスを代表するプロレスラーのビッグ・ダディやトニー・セント・クレアーのトレーニングを受け、1978年に英国でデビュー。武道のバックグラウンドをキャラクターに活かし、当時は "ジュードー" クリス・アダムスまたは "ブラックベルト" クリス・アダムスなどと名乗っていた[2]

1980年からアメリカのマット界に進出し、ロサンゼルス地区のNWAハリウッド・レスリングに参戦。1981年3月、ボボ・ブラジルを破りNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得[3]ジョン・トロスともタイトルを争った。同年5月、ロサンゼルスとの提携ルートで新日本プロレスに初来日し、MSGシリーズ第4回大会に出場[4]。リーグ戦ではキャリア不足と軽量が響き白星配給係となったが、そのフレッシュでイキのいいファイトスタイルで高評価を獲得。以降も新日本プロレスの常連外国人となり、藤波辰巳初代タイガーマスクと好勝負を展開した[5]。また、新日本のブッキングでメキシコLLIにも遠征し、1981年10月18日にペロ・アグアヨからWWFライトヘビー級王座を奪取している[6]

1983年より "ジェントルマン" クリス・アダムスを名乗り、フリッツ・フォン・エリックが主宰するテキサス州ダラスのWCCWに定着[2]。英国からやって来たフォン・エリック兄弟の友人としてベビーフェイス人気を獲得し、ジミー・ガービンファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズテリー・ゴディバディ・ロバーツ)と抗争、リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座にも挑戦した[7]。しかし1984年9月、ケビン・フォン・エリックとの仲間割れアングルが組まれヒールに転向。翌1985年には同じ色悪系の"ゴージャス" ジノ・ヘルナンデスと "ダイナミック・デュオ" を結成し、NWAアメリカン・タッグ王座を巡ってケビン&ケリー・フォン・エリックと抗争を繰り広げた[8]

1986年2月にヘルナンデスが急死してからはベビーフェイスに戻り、リック・ルードとの抗争を開始。同年7月4日にはルードからWCWA(WCCW)世界ヘビー級王座を奪取している[9]1987年にはビル・ワット主宰のミッドサウス版UWFにも参戦し、2月7日に行われたUWF世界タッグ王座決定トーナメントにテリー・テイラーと組んで出場。決勝で若手ヒール時代のスティング&リック・スタイナーを破り、チャンピオン・チームとなった[10]

1988年の末からはダラスでプロレスリング・スクールを開校し、スティーブ・オースチンらを育成する[2]。ダラスのWCCWがテネシー州メンフィスCWAと合併し1989年USWAが発足すると、同団体にて弟子のオースチンの抗争相手も務めた[11][12]。USWAではエディ・ギルバートブライアン・クリストファーとも対戦している。

1991年WWFのトライアウトを受けるが契約は見送られ、ダラスの新団体GWFに定着[2]アイスマン・パーソンズブラック・バートを抗争相手に、1993年12月と1994年7月の2度に渡り、同団体認定の北米ヘビー級王座を獲得した[13]。以降もメンフィスのUSWAやシカゴのAWFなどのインディー団体を転戦し、1997年にはWCWに登場。ロード・スティーブン・リーガルと英国人コンビを組んだが本格的なタッグチーム結成には至らず、ミッドカードに出場するジョバーのポジションに甘んじ、1999年にWCWを解雇された[2]

その後はダラス周辺のインディー団体に単発参戦していたが、2000年4月、ドラッグとアルコールの過剰摂取で愛人と一緒に無意識状態になっているところを知人宅で発見される。愛人は数時間後に死亡、アダムスは故殺罪に問われたが、裁判を控えた2001年10月7日、酒の上での喧嘩がもとで友人に正当防衛として射殺された[2][14]。46歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAハリウッド・レスリング
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング
ユニバーサル・レスリング・アソシエーション
ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
グローバル・レスリング・フェデレーション
  • GWF北米ヘビー級王座:2回[13]

脚注[編集]

  1. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P54(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f Chris Adams”. Online World of Wrestling. 2014年11月16日閲覧。
  3. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年7月30日閲覧。
  4. ^ NJPW 1981 The 4th Madison Square Garden Series”. Puroresu.com. 2015年11月1日閲覧。
  5. ^ The NJPW matches fought by Chris Adams in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年11月16日閲覧。
  6. ^ a b WWF World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年11月14日閲覧。
  7. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1984”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月16日閲覧。
  8. ^ a b NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年7月30日閲覧。
  9. ^ a b WCWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年7月30日閲覧。
  10. ^ a b UWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年7月30日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Chris Adams in 1990”. Wrestlingdata.com. 2014年11月16日閲覧。
  12. ^ オースチンはアダムスの前妻ジーニー・クラーク(レディ・ブロッサム)をマネージャーに付けて彼を挑発、恩師を裏切った男としてのヒール・イメージを醸成した。オースチンとクラークは1992年に実際に結婚したが、後に離婚。
  13. ^ a b GWF North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年7月30日閲覧。
  14. ^ ストーンコールド・スティーブ・オースチン『ストーンコールド・トゥルース』P69(2004年エンターブレインISBN 4757719302
  15. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月16日閲覧。
  16. ^ NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月16日閲覧。
  17. ^ NWA Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月16日閲覧。
  18. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title [World Class]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月16日閲覧。
  19. ^ World Class Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]