SPWF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SPWF(エス・ピー・ダブリュー・エフ)は、日本プロレス団体。正式名称は「Social Professional Wrestling Federation(ソーシャル・プロフェッショナル・レスリング・フェデレーション、社会人プロレスリング連盟)」。後に「Super Professional Wrestling Federation(スーパー・プロフェッショナル・レスリング・フェデレーション、スーパープロレスリング連盟)」に改称。

社会人プロレスリング連盟[編集]

1992年6月、SWS崩壊後に元所属選手の谷津嘉章が設立。

1993年8月21日桐生市民体育館で旗揚げ戦を開催。

元々のコンセプトは仕事の余暇を利用してプロレスを開催するというものであり、そのため旗揚げ当初はプロレスラーだけでなく学生プロレスや社会人プロレスにも門戸を開いて第1部はプロレスラー、第2部は学生プロレス、社会人プロレスなどのアマチュア、第3部は素人と別れてカードを組んでいた。谷津も群馬県で中古車販売業を営んでいたため仲野信市がコーチを勤めて結果によっては上の部にランクアップするシステムとなっていた。そのため興行は土曜日と日曜日限定で開催して第2部と第3部は会員制となっていた。またデビューした丸山昭一(現:KAMIKAZE)、ホッパーキング(現:スーパーライダー)なども社会人として働くかたわらプロレスを行っていた。後に第2部に上がっていた多くの者がプロレスラーとしてデビューしたことからアマチュアの社会人プロレスと学生プロレス出身者にプロレスラーとしての門戸を開くきっかけを与えた先駆けのプロレス団体ともいえる。

ただ時代がまだ早かったためか「プロとアマチュアを一緒のリングに上げるのはどうしたものか」という批判やプロレスラーの危険な大技を素人が使う事の危険性も考慮して(実際にライガーボム等の大技を出したアマチュア選手もおり以前はYouTubeなどの動画サイトでみることが出来た)マスコミは第2部と第3部の試合は扱わないという結論に至った。また第2部と第3部の選手が、もし試合中に怪我をした場合は一切の保障をしないと言う事も「無責任ではないか」と云う意見が出るなど批判が相次いだ。

そのコンセプトから主に谷津の働く群馬県を中心とした関東地方で興行を開催していたが前述の理由でマスコミがほとんど取り扱わなかったことから観客動員は伸び悩んだ。さらに中古車販売業もうまくいかなくなったことから谷津は仲野とともに新日本プロレス平成維震軍自主興行に参戦するようになりSPWFと距離を置くようになった。

1994年8月、事務局長を務めてSPWFを切り盛りしていた高田龍が退社。高田を慕っていた所属選手の茂木正淑三浦博文神風(現:KAMIKAZE)、覆面太郎も谷津に反発して退団。

1995年3月31日、高田と元所属選手達がレッスル夢ファクトリーを旗揚げする。レッスル夢でデビューしたコスモ☆ソルジャー死神怨霊藤崎忠優(現:富豪富豪夢路)などは第2部にあがっていた選手である。

スーパープロレスリング連盟[編集]

谷津嘉章は事務所を東京都に移して同時に第2部と第3部を廃止して団体名も「社会人(Social)のS」から「スーパー(Super)のS」に名称を変更して純粋にプロレスラーのみの試合となる。

1995年選手が大量離脱し夢ファクトリーを旗揚げした日を境に、SPWFに矢口壹琅が加わり神格闘十字軍を結成、谷津との抗争が始まり、ブームを呼び、再び活性化する。谷津は新日本プロレスからフェードアウトしたため主に関東地方で興行を続けた。後にアメリカ南部のテリトリーより独自のルートで外国人選手を多数呼んで日本を巡業するスタイルとなる。

1997年7月、SPWF女子部を設立して初の現役女子高校生レスラーの千春をデビューさせてプロレス界のみならず一般マスコミにも話題になった。

1998年7月、千葉県長生郡一宮町に道場を設立。後に阿部拓巳(現:超人勇者Gヴァリオン)、猪熊裕介増田圭祐がデビュー。またI.W.A.JAPAN宇和野貴史西山秀紘岸勝也が所属のまま道場に入門。11月、千春がSPWFに参戦していた野沢一茂(現:NOSAWA論外)と結婚して妊娠6ヶ月であることを発表。千春はSPWFを引退した。

1999年6月、所属女子選手全員が退団。

2001年、最後の女子練習生が退団したためSPWF女子部は消滅。

2002年11月、谷津が高智政光と宇和野貴史を連れてWJプロレスに移籍。残された所属選手は月1回の道場マッチを中心として活動を続けることになる。この頃、谷津体制のSPWFオフィシャルページと残された所属選手のSPWFオフィシャルページの両方に併存しており裏では相当の内紛が有ったのではないかと思われる。

2006年4月22日西調布格闘技アリーナ大会で残って活動を続けていたGヴァリオンらほとんどの所属選手とスタッフが退団して事実上の活動停止。8月、最後の所属選手であった増田によって最後の道場マッチを開催。

2010年11月30日、谷津の引退により、その引退興行をSPWF解散式も兼ねて新宿FACEで開催してSPWFは完全に消滅。

2011年2月9日、道場が解体された[1]

2017年7月15日BRAVES高島平区民館ホール大会「NEW GENERATION SPWF FINAL」のメインイベントで谷津とGヴァリオンのシングルマッチが行われてGヴァリオンが勝利[2]

タイトル[編集]

トーナメント戦

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

脚注[編集]