ジャッジ金子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャッジ金子(ジャッジかねこ、1973年1月12日 - )、日本プロレスレフェリー。本名:金子 達(かねこ いたる)。東京都昭島市出身。

経歴[編集]

1993年SPWFへスタッフとして参加。当初はリングアナウンサーを希望していたが、代表の谷津嘉章からの提案もあって、レフェリーとなる。

レフェリーグデビューは1994年2月26日、SPWFの神奈川・いすゞ自動車大和工場体育館で行なわれたホッパーキング 対 デビルホッパー戦。

これまでの所属団体歴は、にSPWF(1993年)、レッスル夢ファクトリー(1995年)、SPWF(1995年 -1998年)、DDTプロレスリング(1998年 - 2003年)、ジャッジサポート(2003年 - 2013年)、プロレス佐野魂(2014年 -2015年)、アパッチプロレス軍(2015年-2016年)、フリー(2017年-)

関連書籍[編集]

  • 北島行徳『弾むリング』文藝春秋、2002年7月。ISBN 4-16-358710-1 - ジャッジ金子を取り上げたノンフィクション小説。
  • 『ただノリJAPAN』[1]英和出版社、2003年2月。ISBN 4-89986-322-5 - ジャッジ金子が、お見合いパブ評論家として登場しているムック。
  • 『実話VAMP!』[1]晋遊舎 - ジャッジ金子が、パチンココラムを連載していた雑誌。
  • 永島勝司『地獄のアングル プロレスのどん底を味わった男の告白』イースト・プレス、2004年12月。ISBN 4-87257-524-5 - ジャッジサポートとして取材協力。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関連会社、マッシュルームが編集

関連項目[編集]

外部リンク[編集]