宇和野貴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇和野 貴史(うわの たかし、1976年10月3日 - )は、北海道札幌市出身の元プロレスラーリキプロ所属。身長184cm、体重102kg。

来歴[編集]

札幌南高校時代は柔道部に所属して、全国大会ベスト8の成績を残す。

大学推薦の道を断って上京し、新日本プロレスの入門テストを受けるが不合格。IWAジャパンの選手として1998年11月29日にプロレスデビューを果たした。IWA在籍時にはIWA世界タッグ王座を獲得するなど活躍したが、マイナー団体のため生活には困窮しアルバイトをしながらプロレスラーを続けた。プロレスに見切りをつけ引退も考えていた時にWJプロレスの選手募集告知を知り、長州力に師事しようと決意して2002年10月WJに移籍した。WJ崩壊後はリキプロへと移籍。

2008年2月29日、大阪IMPホールにて引退。

2017年11月4日、BRAVES・高島平区民館ホール大会にて限定復帰[1]

得意技[編集]

ジャーマン・スープレックス
ドロップキック
エクスプロイダー
STU
大外刈りが得意だった宇和野が開発した技。小川直也のSTOと名前が被ったのは偶然で、「札幌市・豊平区・宇和野」の略。

脚注[編集]

  1. ^ 超人勇者Gヴァリオン (2017年11月11日). “15年後に見た景色 〜15YEARS AFTER REUNION〜”. 2017年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]