ワールド・レスリング・アソシエーション (ロサンゼルス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワールド・レスリング・アソシエーションWorld Wrestling Association、略称:WWA)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスを本拠地に活動していたプロレス団体。本項では後継団体であるNWAハリウッド・レスリングNWA Hollywood Wrestling)についても記述する。

概要[編集]

ボクシングのプロモーターでもあったカル・イートンとアイリーン・イートンの夫妻が1958年に設立したNAWA (North American Wrestling Alliance)を前身に、1961年に誕生した[1]。もともとはワールドワイド・レスリング・アソシエーツWorldwide Wrestling Associates)という名称で[1]、イートン夫妻が運営していたオリンピック・オーディトリアムを常打ち会場として興行を開催した。オーナーシップはアイリーンと前夫との息子であるマイク・ラベールが引き継ぎ、ブッカーは元プロレスラーのジュリアス・ストロンボーが担当した[2]

1960年代には、NWAAWAWWWFと共にアメリカの4大メジャー団体の一角を占め、フラッグシップ・タイトルのWWA世界ヘビー級王座は、NWA世界ヘビー級王座AWA世界ヘビー級王座WWWF世界ヘビー級王座と並び、「4大世界王座」と呼ばれていたこともあった。歴代王者には、NAWA時代からのチャンピオンであるエドワード・カーペンティアフレッド・ブラッシーをはじめ、力道山ザ・デストロイヤーベアキャット・ライトディック・ザ・ブルーザーカウボーイ・ボブ・エリスペドロ・モラレスルーク・グラハムバディ・オースチンボボ・ブラジルルー・テーズマーク・ルーインキム・イルマイク・デビアスなどの強豪が名を連ねている[3]。このうち、力道山は東洋人レスラー初、デストロイヤーは覆面レスラー初、ライトは黒人レスラー初の世界ヘビー級王者であるなど、他地区とは一線を画す独自のマッチメイクを展開していた[2]

このほか、アントニオ・ロッカリッキー・スターハードボイルド・ハガティドン・レオ・ジョナサンニック・ボックウィンクルロード・ブレアースゴリラ・モンスーンキラー・カール・コックスヘイスタック・カルホーンサンダーボルト・パターソンカール・ゴッチマッドドッグ・バションアル・コステロ&ロイ・ヘファーナンザ・ファビュラス・カンガルーズジェイク・スミス&ルーク・ブラウンのザ・ケンタッキアンズ、さらには晩年のプリモ・カルネラサンダー・ザボー西海岸地区のレジェンドだったゴージャス・ジョージなども参戦した[4]メキシコ系住民の多い地域特性から、エンリケ・トーレスジェス・オルテガリッキー・ロメロ、そしてミル・マスカラスも招聘されて人気を博した[2]

しかし、次第に団体側の思惑による不可解な王座の移動や剥奪などが行われるようになり、ファンや関係者からは「マット界の伏魔殿」とも揶揄された[5]1968年10月、NWAに吸収合併される形で傘下団体となり[6]NWAハリウッド・レスリングNWA Hollywood Wrestling)に改称した[7]。タイトルはNWAロサンゼルス地区のローカルタイトルに降格させられた。1970年代前半はミル・マスカラスやビクター・リベラ、1970年代後半からはチャボ・ゲレロをエース格に、WWF新日本プロレスとも提携していたが、ハリウッド・レスリングも1970年代末より観客動員が落ち込んで経営状態が悪化し、1982年に活動を停止した[7]

WWA世界ヘビー級王座の後任タイトルであるNWAアメリカス・ヘビー級王座には、WWA認定時代のパンピロ・フィルポを初代王者に、マイク・デビアス、マーク・ルーイン、フレッド・ブラッシー、ミル・マスカラス、ボボ・ブラジル、ザ・シークグレート小鹿ロッキー・ジョンソンキンジ・シブヤジョン・トロスキラー・コワルスキー、ビクター・リベラ、アーニー・ラッドテリー・ファンクパク・ソンポークチョップ・キャッシュ、エドワード・カーペンティア、グレッグ・バレンタインドン・ムラコレス・ソントン、チャボ・ゲレロ、ロディ・パイパーザ・ハングマンドクター・ヒロ・オオタドリー・ファンク・ジュニアトール・タナカキース・フランクスマンド・ゲレロテキサス・レッドヘクター・ゲレロムーンドッグ・ロニー・メインレロイ・ブラウンアル・マドリルブル・ラモスパット・パターソンロン・スタークリス・アダムスピーター・メイビアグラン浜田スウィート・ブラウン・シュガーエイドリアン・ストリートキッド・コビーサイクロン・ネグロなどが戴冠している[8]

日本との関わり[編集]

WWAの実質的な活動期間は7年間ほどであったものの、力道山が世界ヘビー級王座を獲得するなど、日本とは縁の深い団体でもあった[5]日本プロレスとは密接な提携関係を築き、ジャイアント馬場をはじめとする日本人選手も遠征に出向いた。日本プロレスに所属していた選手では、力道山のほかにも大木金太郎豊登もWWA世界ヘビー級王座を獲得したことがある(ただし、豊登についてはタイトルの移動が認められておらず、彼を王者としてカウントするかは諸説ある)[3]

後継団体のNWAハリウッド・レスリングは、日本プロレス崩壊後は新日本プロレスと提携し、初期の新日本プロレスにおける外国人招聘ルートの主軸となった[9]アントニオ猪木をはじめ、坂口征二藤波辰巳長州力ら主力選手も海外遠征でハリウッド・レスリングに出場し、NWFヘビー級王座北米タッグ王座WWFジュニアヘビー級王座の防衛戦もオリンピック・オーディトリアムにて行われた[10]1981年から1982年にかけては、当時の新日本所属選手だったグラン浜田小林邦昭(キッド・コビー)がフラッグシップ・タイトルのNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得しており[8]、NWAアメリカス・タッグ王座には、1978年上田馬之助(ミスター・イトー)&木村健吾(パク・チュー)、1982年にラッシャー木村(ミスター・トヨ)&剛竜馬(ミスター・ゴー)が戴冠している[11]

タイトル[編集]

  • WWA世界ヘビー級王座[3](後のNWAアメリカス・ヘビー級王座[8]
  • WWA世界タッグ王座[12](後のNWAアメリカス・タッグ王座[11]
  • WWA USタッグ王座[13]
  • WWAブラスナックル王座[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b Worldwide Wrestling Associates”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  2. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.18』P68(2010年、辰巳出版ISBN 4777808661
  3. ^ a b c WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  4. ^ 『フレッド・ブラッシー自伝』P132(2003年、エンターブレインISBN 4757716923
  5. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.18』P90(2010年、辰巳出版、ISBN 4777808661
  6. ^ 『Gスピリッツ Vol.20』P84(2011年、辰巳出版、ISBN 4777809218
  7. ^ a b Hollywood Wrestling”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  8. ^ a b c NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  9. ^ 『Gスピリッツ Vol.32』P8(2014年、辰巳出版、ISBN 4777813304
  10. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P158-161(1986年、ベースボール・マガジン社
  11. ^ a b NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月25日閲覧。
  12. ^ WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月25日閲覧。
  13. ^ WWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月25日閲覧。
  14. ^ WWA Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]