ケビン・フォン・エリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケビン・フォン・エリック
ケビン・フォン・エリックの画像
WWE殿堂入り式典(2009年)
プロフィール
リングネーム ケビン・フォン・エリック
本名 Kevin Ross Adkisson
ニックネーム The Golden Warrior
鷹の爪
身長 188cm
体重 107kg
誕生日 (1957-05-15) 1957年5月15日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州の旗 イリノイ州ベルビル
トレーナー フリッツ・フォン・エリック
デビュー 1976年
引退 1995年
テンプレートを表示

ケビン・フォン・エリックKevin Von Erich、本名:Kevin Ross Adkisson1957年5月15日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックの息子(次男。レスラーのフォン・エリック兄弟としては長男)である。

現役選手時代は空中技を得意とするベビーフェイスとして、フォン・エリック・ファミリーでは唯一シューズを履かず素足でファイトしていた。

2012年には長男ロス・フォン・エリック、二男マーシャル・フォン・エリックプロレスリング・ノアへ入団し、プロレスラーとしてデビューしている。また、これに合わせてケビン本人も同団体のGHCタイトル管理委員に任命されている。

来歴[編集]

ノース・テキサス大学アメリカンフットボールの選手として活動後、1976年にデビュー。父フリッツの主宰するテキサス州ダラスNWAビッグタイム・レスリング(後のWCCW)にてキャリアを積み、1978年12月にブルーザー・ブロディからNWAアメリカン・ヘビー級王座を奪取[1]中西部セントルイス地区でも活躍し、1979年11月にはディック・マードックを破りNWA世界王座への登竜門であるミズーリ・ヘビー級王座を獲得、翌1980年4月にケン・パテラに敗れるまで保持した[2]

日本へは1979年5月にNWAルートで全日本プロレスに初来日。1981年5月の再来日では弟デビッドとのタッグでグレート小鹿&大熊元司極道コンビからアジアタッグ王座を奪取したが、シリーズ中に石川隆士&佐藤昭雄に破れ短命王者に終わった[3]

以降もアメリカではWCCWを主戦場に、1980年代前半は弟のデビッドやケリーと組んでファビュラス・フリーバーズやダイナミック・デュオ(ジノ・ヘルナンデス&クリス・アダムス)などと抗争した。1985年からはWCCWと新たに提携を結んだ新日本プロレスにケリーと共に参戦。藤波辰巳&木村健吾の持つWWFインターナショナル・タッグ王座に挑戦している。

WCCW(WCWA)ではブッカー業務も兼任し、1986年10月にはブラック・バートを破りWCWA世界ヘビー級王座を獲得[4]アル・マドリルジョン・ノードキング・パーソンズらを抗争相手に防衛戦を行ったが、WWFの全米侵攻でテリトリー制が崩壊した1980年代末にセミリタイアし、1995年に引退。

引退後は母親や妻子とともにハワイカウアイ島に居住し[5]、プロレス業界からは完全に身を引いていたが、2009年4月4日にフォン・エリック・ファミリーとして父や兄弟たちと共にWWE殿堂入り。インダクター(プレゼンター)は、かつて抗争を繰り広げたフリーバーズのマイケル・ヘイズが務めた。

2011年12月8日、長男のロス・フォン・エリックと次男のマーシャル・フォン・エリックが、2012年1月にプロレスリング・ノアに入団することが発表された[6]。2012年にはケビンも約24年ぶりに来日し、1月14日に息子たちとともに入団会見に登場[7]、1月15日にはGHC管理委員に就任することが発表された[8]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ヘビー級王座:1回[2]
NWAビッグタイム・レスリング / WCCW
NWAサウスウエスト
  • NWA北米ヘビー級王座:1回[11]
全日本プロレス

フォン・エリック・ファミリー[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリッツ・フォン・エリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャック・アドキッソン・ジュニア
(幼少期に死去)
 
ケビン・フォン・エリック
 
デビッド・フォン・エリック
 
ケリー・フォン・エリック
 
マイク・フォン・エリック
 
クリス・フォン・エリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロス・フォン・エリック
 
マーシャル・フォン・エリック
 
 
 
レイシー・フォン・エリック

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  2. ^ a b NWA Missouri Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  3. ^ a b All Asia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月24日閲覧。
  4. ^ a b WCWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  5. ^ Where Are They Now? Kevin Von Erich”. WWE.com. 2015年2月7日閲覧。
  6. ^ ロス・フォン・エリック&マーシャル・フォン・エリック 入団のご報告 プロレスリング・ノア オフィシャルサイト
  7. ^ エリック一家来日&公開入団記者会見の模様 プロレスリング・ノア オフィシャルサイト
  8. ^ GHCタイトル管理委員会よりご報告 プロレスリング・ノア オフィシャルサイト
  9. ^ WCWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月31日閲覧。
  10. ^ WCWA World 6-Man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月31日閲覧。
  11. ^ NWA North American Heavyweight Title: Post-1993 NWA Version”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]