ニール・アダムス (柔道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・アダムス(Neil Adams)
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 柔道
オリンピック
1980 モスクワ 71kg級
1984 ロサンゼルス 78kg級
世界柔道選手権
1981 マーストリヒト 78kg級
1983 モスクワ 78kg級

ニール・アダムスNeil Adams1958年9月27日 - )は、イギリス柔道家。49歳で柔道8段に昇段。

プロレスラーのクリス・アダムスは実兄である。

来歴・人物[編集]

兄の影響でレスリングおよび柔道を始める。イギリス人男子として初の柔道世界王者になり、オリンピックで銀メダルを二度獲得。1981年の世界選手権では、決勝で日本加瀬次郎を破り、史上初めて日本から中量級の金メダルを奪った(日本が不参加のモスクワオリンピックを除く)。ヨーロッパ選手権5回優勝。

特に寝技では、アダムス式腕挫十字固などを駆使する名手であった。

引退後[編集]

ヨーロッパ各国の強化コーチを歴任し、現在はベルギー・ナショナルチームの監督およびスポーツ・コンサルタント。

外部リンク[編集]