世界ジュニア柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界ジュニア柔道選手権大会(せかいじゅにあじゅうどうせんしゅけんたいかい)は国際柔道連盟が主催するジュニア世代の世界選手権。以前は不定期開催だったが、1990年以降は偶数年開催となった。また、この年から女子の大会も始まった。さらに、2008年からは毎年開催となった(オリンピック開催年は除く)。2013年から団体戦も施行されることになった。

概要[編集]

1996年の大会までは、大会開催年の12月31日時点で男子は21歳未満、女子は19歳未満がジュニア年齢と規定されていたが、1998年の大会からは男女とも20歳未満となった。さらに、2013年からは男女とも15歳以上21歳未満に変更された[1]。2010年からは各国とも男女各階級で2名の代表を選出できたが、2013年からは男女ともに代表が最大で10名までに制限された[2][3]。試合時間はシニアの大会と異なり、本戦は4分、延長は2分となる。また、2010年の大会では優勝者に2500ドル、2位に1500ドル、3位に1000ドルが授与された[4]。2013年の大会では個人戦の優勝者に2000ドル、2位に1400ドル、3位に800ドル、団体戦の優勝チームには4000ドル、2位に2800ドル、3位に1600ドルがそれぞれ授与された[5]。2014年からはメダリストの他にそのコーチにも賞金が支給されることになった。そのため、メダリストの賞金は従来より2割減となった(個人戦の優勝者に1600ドル、そのコーチに400ドル、2位に1120ドル、そのコーチに280ドル、3位に640ドル、そのコーチに160ドル、団体戦の優勝チームに3200ドル、そのコーチに800ドル、2位に2240ドル、そのコーチに560ドル、3位に1280ドル、そのコーチに320ドル)[6]。なお、2014年からはシニアに続いてジュニアでも世界ランキングが創設されたことに伴い、このランキングに基づいて各階級のシード選手が決定される[7]。2017年からは世界ジュニアの成績もシニアの世界ランキングにポイントとして反映されることになった[8][9]

実施階級[編集]

個人戦
男子
55 kg 以下 55〜60 kg 60〜66 kg 66〜73 kg 73〜81 kg 81〜90 kg 90〜100 kg 100kg 超
女子
44 kg 以下 44〜48 kg 48〜52 kg 52〜57 kg 57〜63 kg 63〜70 kg 70〜78 kg 78kg 超
男女別団体戦(2013年ー2015年)
男子
66 kg 以下 66〜73 kg 73〜81 kg 81〜90 kg 90kg 超
女子
52 kg 以下 52〜57 kg 57〜63 kg 63〜70 kg 70kg 超

男女混合団体戦(2017年ー)

男子
60 kg 以下 60〜73 kg 73〜90 kg 90kg 超
女子
48 kg 以下 48〜57 kg 57〜70 kg 70kg 超

獲得ポイント[編集]

順位 ポイント
優勝 700
2位 490
3位タイ 350
5位タイ 252
7位タイ 182
ベスト16 112
ベスト32 84
1試合勝利 70
参加ポイント 6

メダル獲得の変遷[編集]

男子は1992年までコンスタントに金メダルを獲得していたが、後に全日本女子の監督となる吉村和郎がジュニアの監督になってからは、1994年、1996年と金メダルは獲得できずじまいに終わった。その後再び金メダルをコンスタントに獲得することになるが、吉鷹幸春が監督に就いた2006年、2008年はまたもや金メダルを獲得することができなかった。しかしながら、大迫明伸が新たに監督に就いた2009年には、全8階級の内4階級で金メダルを確保することに成功した。その後も2大会続いて過半数で金メダルを獲得するに至っている。

一方女子は、大会が始まった1990年こそ金メダルをとれなかったものの、その後はコンスタントに金メダルを取り続け、特に21世紀に入ってからは圧倒的な強さを示している。2009年には男子と同じく8階級の内4階級で金メダルを獲得しただけではなく、2000年に続いての全階級でのメダル獲得を達成した。この勢いは止どまらず、2011年の大会では前年と同じく各階級で2名がエントリーできたがその権利を行使せず、全階級1名しかエントリーしなかったにも関わらず、実に8階級のうち7階級で金メダルを獲得するまでに至った。男子は今までに33個、女子は40個の金メダルを獲得しているが、21世紀に入ってからは男子が17個に対して、女子は実に32個もの金メダルを獲得していることからも、女子の活躍が際立っていることが分かる。

ただし、今まで男女とも数多くの金メダルを獲得しているものの、シニアでもチャンピオンになった選手はそれほど多くないことから、ジュニアで大活躍した選手がシニアでも継続して活躍していけるような状況をつくり出すことが、今後の大いなる課題と言えるかも知れない。

歴代の大会[編集]

男子大会[編集]

月日 大会 開催都市, 国 最多獲得メダル国
1974年 9月15日 第1回大会 ブラジルの旗 リオデジャネイロ, ブラジル 日本の旗 日本
1976年 12月19日 第2回大会 スペインの旗 マドリード, スペイン 日本の旗 日本
1983年 6月10日 - 12日 第3回大会 プエルトリコの旗 マヤグエス, プエルトリコ 日本の旗 日本
1986年 4月11日 - 13日 第4回大会 イタリアの旗 ローマ, イタリア 日本の旗 日本

男女大会[編集]

月日 大会 開催都市, 国 最多獲得メダル国
1990年 3月30 - 4月1日 第5回大会 フランスの旗 ディジョン, フランス ソビエト連邦の旗 ソ連
1992年 10月9 - 11日 第6回大会 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス, アルゼンチン 日本の旗 日本
1994年 11月3 - 6日 第7回大会 エジプトの旗 カイロ, エジプト ロシアの旗 ロシア
1996年 10月3 - 10月6日 第8回大会 ポルトガルの旗 ポルト, ポルトガル オランダの旗 オランダ
1998年 10月8 - 10月11日 第9回大会 コロンビアの旗 カリ,コロンビア 日本の旗 日本
2000年 10月26 - 26日 第10回大会 チュニジアの旗 ナブール, チュニジア 日本の旗 日本
2002年 9月12 - 15日 第11回大会 大韓民国の旗 済州島, 韓国 日本の旗 日本
2004年 10月14 - 14日 第12回大会 ハンガリーの旗 ブダペスト, ハンガリー 日本の旗 日本
2006年 10月12 - 15日 第13回大会 ドミニカ共和国の旗 サントドミンゴ, ドミニカ共和国 日本の旗 日本
2008年 10月23 - 26日 第14回大会 タイ王国の旗 バンコク, タイ 日本の旗 日本
2009年 10月22 - 25日 第15回大会 フランスの旗 パリ, フランス 日本の旗 日本
2010年 10月21 - 24日 第16回大会 モロッコの旗 アガディール, モロッコ 日本の旗 日本
2011年 11月3 - 6日 第17回大会 南アフリカ共和国の旗 ケープタウン, 南アフリカ 日本の旗 日本
2013年 10月23 - 27日 第18回大会 スロベニアの旗 リュブリャナ, スロベニア 日本の旗 日本
2014年 10月22 - 26日 第19回大会 アメリカ合衆国の旗 フォートローダーデール, アメリカ合衆国 日本の旗 日本
2015年 10月25 - 29日 第20回大会 アラブ首長国連邦の旗 アブダビ, アラブ首長国連邦 日本の旗 日本
2017年 10月18 - 22日 第21回大会 クロアチアの旗 ザグレブ, クロアチア

メダル獲得数の国別一覧[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 94 46 64 204
2 ロシアの旗 ロシア 22 16 33 71
3 大韓民国の旗 韓国 18 19 38 75
4 フランスの旗 フランス 18 18 39 75
5 ブラジルの旗 ブラジル 11 16 31 58
6 ジョージア (国)の旗 ジョージア 11 8 12 31
7 キューバの旗 キューバ 11 4 9 24
8 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 8 5 11 24
9 オランダの旗 オランダ 7 9 22 38
10 イギリスの旗 イギリス 7 6 19 32
11 ハンガリーの旗 ハンガリー 5 7 16 28
12 中華人民共和国の旗 中国 4 12 17 33
13 ドイツの旗 ドイツ 4 8 29 41
14 スペインの旗 スペイン 4 7 7 18
15 オーストリアの旗 オーストリア 4 1 8 13
16 ウクライナの旗 ウクライナ 3 9 13 25
17 ベルギーの旗 ベルギー 3 7 6 16
18 ルーマニアの旗 ルーマニア 3 5 10 18
19 アメリカ合衆国の旗 アメリカ 3 2 8 13
20 クロアチアの旗 クロアチア 3 0 3 6
21 ポーランドの旗 ポーランド 2 6 15 23
22 カザフスタンの旗 カザフスタン 2 6 10 18
23 チュニジアの旗 チュニジア 2 1 4 7
24 東ドイツの旗 東ドイツ 2 1 3 6
25 チェコの旗 チェコ 2 0 1 3
26 コソボの旗 コソボ 2 0 0 2
27 イタリアの旗 イタリア 1 5 7 13
28 モンゴル国の旗 モンゴル 1 5 6 12
29 カナダの旗 カナダ 1 4 5 10
30 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 1 3 4 8
31 ベラルーシの旗 ベラルーシ 1 3 2 6
32 トルコの旗 トルコ 1 2 13 16
33 チャイニーズ・タイペイの旗 チャイニーズ・タイペイ 1 2 7 10
34 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 1 1 8 10
35 ギリシャの旗 ギリシャ 1 1 3 5
36 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 1 0 0 1
ラトビアの旗 ラトビア 1 0 0 1
スロバキアの旗 スロバキア 1 0 0 1
39 スロベニアの旗 スロベニア 0 5 9 14
40 イスラエルの旗 イスラエル 0 3 3 6
41 イランの旗 イラン 0 3 2 5
42 ポルトガルの旗 ポルトガル 0 1 3 4
43 リトアニアの旗 リトアニア 0 1 2 3
44 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 0 1 1 2
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0 1 1 2
46 ペルーの旗 ペルー 0 1 0 1
ベネズエラの旗 ベネズエラ 0 1 0 1
48 スイスの旗 スイス 0 0 7 7
49 アルジェリアの旗 アルジェリア 0 0 3 3
エジプトの旗 エジプト 0 0 3 3
51 ブルガリアの旗 ブルガリア 0 0 2 2
エストニアの旗 エストニア 0 0 2 2
西ドイツの旗 西ドイツ 0 0 2 2
54 アルメニアの旗 アルメニア 0 0 1 1
チリの旗 チリ 0 0 1 1
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 0 0 1 1
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 0 0 1 1
エクアドルの旗 エクアドル 0 0 1 1
モルドバの旗 モルドバ 0 0 1 1
スウェーデンの旗 スウェーデン 0 0 1 1
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 0 0 1 1

ジュニア及びシニア双方の世界大会で優勝した選手[編集]

階級  優勝選手  国籍 シニアの世界大会優勝年
第1回大会(1974年) 0名
第2回大会(1976年) 1名
男子93kg超級 山下泰裕 日本の旗 日本 1979年世界選手権
第3回大会(1983年) 2名
男子60kg級 金載燁 大韓民国の旗 韓国 1987年世界選手権
男子95kg級 アウレリオ・ミゲル ブラジルの旗 ブラジル 1988年オリンピック
第4回大会(1986年) 2名
男子71kg級 古賀稔彦 日本の旗 日本 1989年世界選手権
男子95kg超級 ラファウ・クバツキ ポーランドの旗 ポーランド 1993年世界選手権
第5回大会(1990年) 7名
男子60kg級 ニコライ・オジョギン ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1995年世界選手権
男子65kg級 中村行成 日本の旗 日本 1993年世界選手権
女子48kg級 レグナ・ベルデシア  キューバ 1993年世界選手権
女子56kg級 曺敏仙 大韓民国の旗 韓国 1993年世界選手権
女子66kg級 ケイト・ホーウェイ イギリスの旗 イギリス 1997年世界選手権
女子72kg級 ウラ・ウェルブルック  ベルギー 1996年オリンピック
女子72kg超級 ダイマ・ベルトラン  キューバ 1997年世界選手権
第6回大会(1992年) 2名
男子60kg級 園田隆二 日本の旗 日本 1993年世界選手権
女子72kg超級 袁華 中華人民共和国の旗 中国 2000年オリンピック
第7回大会(1994年) 1名
男子71kg級 ビタリー・マカロフ ロシアの旗 ロシア 2001年世界選手権
第8回大会(1996年) 1名
女子66kg級 エディス・ボッシュ オランダの旗 オランダ 2005年世界選手権
第9回大会(1998年) 4名
男子66kg級 ティアゴ・カミロ ブラジルの旗 ブラジル 2007年世界選手権
男子100kg級 鈴木桂治 日本の旗 日本 2003年世界選手権
男子100kg超級 アレクサンドル・ミハイリン ロシアの旗 ロシア 2001年世界選手権
女子63kg級 前田桂子 日本の旗 日本 1999年世界選手権
第10回大会(2000年) 6名
男子60kg級 ジョアン・デルリ ブラジルの旗 ブラジル 2005年世界選手権
男子90kg級 ズラブ・ズビャダウリ ジョージア (国)の旗 ジョージア 2004年オリンピック
女子48kg級 アリナ・ドゥミトル  ルーマニア 2008年オリンピック
女子57kg級 ユリスレイディス・ルペティ  キューバ 2001年世界選手権
女子63kg級 リュシ・ドコス フランスの旗 フランス 2005年世界選手権
女子78kg超級 塚田真希 日本の旗 日本 2004年オリンピック
第11回大会(2002年) 3名
男子100kg級 穴井隆将 日本の旗 日本 2010年世界選手権
女子52kg級 佐藤愛子 日本の旗 日本 2011年世界選手権
女子63kg級 上野順恵 日本の旗 日本 2009年世界選手権
第12回大会(2004年) 5名
男子66kg級 秋本啓之 日本の旗 日本 2010年世界選手権
男子73kg級 金宰範 大韓民国の旗 韓国 2010年世界選手権
男子100kg級 石井慧 日本の旗 日本 2008年オリンピック
女子48kg級 福見友子 日本の旗 日本 2009年世界選手権
女子52kg級 西田優香 日本の旗 日本 2010年世界選手権
第13回大会(2006年) 2名
男子100kg超級 テディ・リネール フランスの旗 フランス 2007年世界選手権
女子48kg級 ヤネト・ベルモイ  キューバ 2005年世界選手権
第14回大会(2008年) 7名
男子60kg級 アルセン・ガルスチャン ロシアの旗 ロシア 2012年オリンピック
男子100kg級 ルカシュ・クルパレク  チェコ 2014年世界選手権
男子100kg超級 テディ・リネール フランスの旗 フランス 2007年世界選手権
女子48kg級 サラ・メネゼス ブラジルの旗 ブラジル 2012年オリンピック
女子57kg級 ラファエラ・シルバ ブラジルの旗 ブラジル 2013年世界選手権
女子70kg級 田知本遥 日本の旗 日本 2016年オリンピック
女子78kg級 ケイラ・ハリソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2010年世界選手権
第15回大会(2009年) 6名
男子66kg級 森下純平 日本の旗 日本 2010年世界選手権
男子81kg級 ロイク・ピエトリ フランスの旗 フランス 2013年世界選手権
男子100kg級 ルカシュ・クルパレク  チェコ 2014年世界選手権
女子48kg級 サラ・メネゼス ブラジルの旗 ブラジル 2012年オリンピック
女子52kg級 マイリンダ・ケルメンディ コソボの旗 コソボ 2013年世界選手権
女子70kg級 田知本遥 日本の旗 日本 2016年オリンピック
第16回大会(2010年) 5名
男子55kg級 エルドス・スメトフ  カザフスタン 2015年世界選手権
男子73kg級 アレクサンダー・ヴィーツェルツァック ドイツの旗 ドイツ 2017年世界選手権
男子81kg級 アブタンディル・チリキシビリ ジョージア (国)の旗 ジョージア 2014年世界選手権
男子100kg級 羽賀龍之介 日本の旗 日本 2015年世界選手権
女子78kg級 マイラ・アギアル ブラジルの旗 ブラジル 2014年世界選手権
第17回大会(2011年) 3名
男子60kg級 高藤直寿 日本の旗 日本 2013年世界選手権
男子73kg級 大野将平 日本の旗 日本 2013年世界選手権
女子78kg級 梅木真美 日本の旗 日本 2015年世界選手権
第18回大会(2013年) 1名
男子60kg級 アン・バウル 大韓民国の旗 韓国 2015年世界選手権
第19回大会(2014年) 1名
女子48kg級 近藤亜美 日本の旗 日本 2014年世界選手権
第20回大会(2015年) 1名
女子48kg級 渡名喜風南 日本の旗 日本 2017年世界選手権

個人記録[編集]

Category 男子 女子
最多優勝 2回 2回
最多メダル獲得者 4個 4個
最年少優勝
最年長優勝
  • モンゴルの旗 ウルジバヤル・ドゥレンバヤル : 20歳267日(2014年100kg超級)
最年少メダリスト
  • ポーランドの旗 イレーナ・トカルツ : 15歳57日(1990年61kg級2位)
  • オランダの旗 マウレーン・フルーフセマ : 15歳57日(2006年52kg級2位)
最年長メダリスト
  • ポーランドの旗 ヤヌス・ザウス : 20歳353日(1976年93kg級3位)
  • ロシアの旗 ディアナ・ジガロス : 20歳296日(2015年63kg級2位)
親子優勝
兄弟優勝

脚注[編集]

外部リンク[編集]