古賀若菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランプリ
2019 モントリオール 48kg級

古賀 若菜(こが わかな、2001年6月28日 - )は、福岡県久留米市出身の、日本女子柔道選手。階級は48kg級。身長154cm。リーチ162㎝。バスト87㎝。握力は右39㎏、左37㎏。組み手は左組み。血液型はO型。段位は初段。得意技は背負投寝技[1][2]。憧れの選手は中村美里[3]

経歴[編集]

5人兄弟の長女で、柔道は4歳の時に長男に続いて始めた。弟3人もその後に続いた[2]。高武館に所属していた上津小学校5年の時に全国小学生学年別柔道大会40kg級で優勝した。柔志学舎の所属となった6年生の時には45kg級で優勝を飾った[1][3]。田主丸中学に進むと、1年の時には早くも全国中学校柔道大会40kg級で優勝を果たした[1]。2年の時には44kg級に出場して2連覇を達成した[1]近代柔道杯でチームは2位だったが、決勝で技あり優勢勝ちした以外は全て一本勝ちをしたことから一本勝ち大賞に選ばれた[4]。なお、中学の1年先輩には素根輝がいた[2]。3年の時には全日本カデでも優勝を飾った[1]。全国中学校柔道大会には48kg級に出場するが、決勝で吉野中学3年の中馬梨歩に有効で敗れて日下部基栄以来となる大会3連覇、史上初の3階級制覇はならなかった。団体戦では準決勝で大成中学と対戦すると、個人戦の63kg級で優勝した小山遥佳を有効で破るなど48kg級の選手ながら大活躍してチームを決勝に押し上げるが、広陵中学戦では引き分けて2位にとどまった[2][5]

南筑高校へ進むと、1年の時には全日本カデの初戦で敗れた。金鷲旗では決勝で夙川学院高校と対戦すると、先鋒戦で1階級上の阿部詩に技あり2つを取られると、他のメンバーも阿部に次々と敗れ去った。しかし、大将の素根輝が阿部を始めとした相手チームのメンバー5人全員に一本勝ちする大活躍によりチームは優勝を飾った[6]インターハイでは決勝で富士学苑高校2年の野村真希をGSに入ってから技ありで破って1年生にして優勝を果たした[2][7]。2年の時には全日本カデの決勝で国分中央高校2年の中馬に腰車の技ありで敗れて2位だった。金鷲旗では決勝の大成高校戦で引き分けるも、その後に素根が3人を破って2連覇を達成した[8]。インターハイでは準決勝までオール一本勝ちすると、決勝では熊本西高校2年の白石響を指導2で破って2連覇を果たした[2][9]講道館杯では決勝まで進むも、57kg級世界チャンピオンの芳田司の妹である比叡山高校3年の芳田真送襟絞で敗れて2位だった[2][10]。3年の時には選抜体重別決勝で自衛隊体育学校山崎珠美大内刈で破って、シニアの全国大会初優勝を飾った[2][11][12]。7月のグランプリ・モントリオールでは準決勝でリオデジャネイロオリンピック金メダリストであるパウラ・パレトGSに入ってから反則勝ちすると、決勝ではポルトガルのカタリナ・コスタを8分以上の戦いの末に背負投の技ありで破って、IJFワールド柔道ツアー初出場で優勝を飾った。この際に、「全ての大会で優勝して、東京五輪に近づけるように頑張っていきたい」とコメントした[13][14][15]。なお、福岡県からオリンピックなど国際大会での活躍を目指す「ふくおかアスリート育成強化事業」の特別強化指定選手に選ばれた[16]。金鷲旗では4回戦の埼玉栄高校戦で大将として登場すると、相手副将の体重が100kgある比嘉萌を大内刈の技ありで破る健闘を見せるも、大将同士の対戦で70kg級の佐藤星麗七に指導2で敗れて大会3連覇はならなかった[17][18]。8月のインターハイでは昨年に続いて決勝で白石と対戦すると、GSに入ってから反則勝ちを収めて、2007年に旭川南高校上野巴恵が70kg級で成し遂げて以来史上2人目となる大会3連覇を達成した[19][20][21]

IJF世界ランキングは700ポイント獲得で、54位(19/8/12現在)[22]

戦績[編集]

44kg級での戦績

48kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ a b c d e f g h 「解体新書 古賀若菜」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年7月号 32頁-35頁
  3. ^ a b 柔道少女 久留米から世界へ
  4. ^ 「第29回近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年5月号31項
  5. ^ 「全国中学校柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年10月号 12-16項
  6. ^ 南筑の素根、圧巻の決勝5人抜き「気持ちが結果につながった」/柔道 サンケイスポーツ 2017年7月23日
  7. ^ 1年の古賀、多彩な柔道で女子48キロ級制す「インターハイ3連覇したい」/高校総体 サンケイスポーツ 2017年8月11日
  8. ^ 獅子奮迅の背中、私が継ぐ 南筑の連覇支えた2年生、古賀若菜選手 素根選手追い入学「次は3連覇」 西日本新聞 2018年7月23日
  9. ^ 古賀(福岡南筑)2連覇 柔道女子48キロ級 全国高校総体 西日本新聞 2018年8月11日
  10. ^ 平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  11. ^ 丸山、阿部一破り連覇=男子73キロ級は大野-選抜体重別柔道 時事通信 2019年4月7日
  12. ^ 17歳古賀高校生V YAWARAちゃん以来 西日本新聞 2019年4月8日
  13. ^ 高藤、古賀が優勝=柔道グランプリ大会 時事通信 2019年7月6日
  14. ^ 柔道 高3の古賀若菜、リオ五輪女王倒し鮮烈デビューV シニア国際大会初出場 デイリースポーツ 2019年7月6日
  15. ^ シニア優勝デビューの18歳・古賀若菜「緊張した、うれしかった」 柔道女子48キロ級のホープYAWARAの道を進め スポーツ報知 2019年7月9日
  16. ^ 特別強化に古賀、野田選手 ふくおかアスリート育成事業 西日本新聞
  17. ^ 南筑3連覇ならず 48キロ級大将古賀、100キロ投げた 西日本新聞 2019年7月23日
  18. ^ 金鷲旗 女子
  19. ^ 高校総体、古賀若菜が3連覇 柔道女子48キロ級 日本経済新聞 2019年8月12日
  20. ^ “令和のヤワラちゃん”古賀若菜が史上2人目の高校総体3連覇 五輪逆転出場目指す デイリースポーツ 2019年8月13日
  21. ^ 柔道 | 南部九州総体
  22. ^ World ranking list

外部リンク[編集]